クリエイティブRPG

ワールドホライゾン

【Terra D】彷徨える海上遺跡(前編)

リアクション公開中!

 67

【Terra D】彷徨える海上遺跡(前編)
基本情報

マスター:半間浦太
ワールド:ワールドホライゾン
 
 

料金

MC参加:250ポイント
LC参加:200ポイント
フェロー追加:100ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:不可

スケジュール

2021年04月27日公開!

シナリオガイド

与那国島近海に現れた海上遺跡を探索せよ!

シナリオ名:【Terra D】彷徨える海上遺跡(前編) / 担当マスター:半間浦太




 与那国島の近海に突如として現れた謎の遺跡。
 それは、異界デモン・ルアに存在する遺跡が地球に出現したものでした。
 ダークロイド・ラビリンスと雇用契約を結んだ相魔フルフルは、自前の知識を如何なく発揮して説明します。
「あの遺跡の通称は、彷徨える海上遺跡。世界中のあちこちに現れては消え、消えては現れるもの。更には内部構造が定期的に変化するため、めったなことでは外部の探索者を受け付けん」
 ダークロイド・ラビリンスは、不敵な笑みを浮かべました。
「ふふっ……。面白そうだな……」
「そんな遺跡がどうしてここに現れたんだ?」
 九曜 すばるの問いかけに対し、フルフルは答えました。
「今この瞬間に海上遺跡が現れたことは、偶然ではないのかもしれんぞ」
「必然か。誰かがそう仕組んだか、もしくは手助けしてくれている……と考えるべきかな」
 呟くすばるの傍ら、松永 焔子と雇用契約を結んだサレオスは雄々しく声を上げました。
「わしらも子細は知らぬ遺跡じゃ。番人や罠の類は残っておるじゃろうが、宝物も存在する。共に探索を楽しもうぞ、ニンゲンよ!」
 特異者たちは顔を見合わせました。
「ま、行くしかないか」
「そうしよう。あの遺跡には大きな力が眠っているようだしな」
 キョウ・イアハート九曜 すばるは意見をすり合わせ、海上遺跡を目指すことにしました。


 こうして、特異者たちは彷徨える海上遺跡の探索に乗り出しました。
 海上遺跡を探索して、レヴィアタンに対抗するための力を手に入れましょう!


担当マスターより

▼担当マスター:半間浦太

マスターコメント

 お久しぶりです、または初めまして、半間 浦太です。
 本シナリオガイドをお読みくださり、ありがとうございます。ワールドホライゾンの小世界【Terra D】のシナリオガイドをお届けします。
 【Terra D序章】並びに【Terra D】は、【Terra】の直接的な続編となります。【Terra D】以降のシリーズは独立性が高いシナリオ群となっているため、【Terra】シリーズをご存じでない方でもお楽しみ頂けます。
 現時点では【Terra D】は全4~6話程度を予定しています。今回は2話目となります。
 原則として、シナリオ参加者全員に招待状をお届けします。

★シナリオ招待者一覧

九曜 すばる(SAM0000947)様
シルノ・アルフェリエ(SAM0001320)様
明菫 綺朔(SAM0069140)様
影野 陽太(SAM0071144)様
キョウ・イアハート(SAM0004239)様
サキス・クレアシオン(SAM0009018)様
松永 焔子(SAM0040459)様
優・コーデュロイ(SAM0046649)様
天津 恭司(SAM0066135)様
ダークロイド・ラビリンス(SAM0070806)様
ジェノ・サリス(SAM0009643)様
砂原 秋良(SAM0057159)様
スレイ・スプレイグ(SAM0065869)様
ユファラス・ディア・ラナフィーネ(SAM0066631)様
柊 恭也(SAM0000017)様

 シナリオ招待者はシナリオガイドに登場する場合もございます。
 下記は、現時点で明らかになっている基本情報となります。

●世界観
 かつて、神は「光あれ」と言いました。そうして生まれたのが、並行世界の地球【Terra】です。
 時は流れ、現在。【Terra】に相魔(そうま)と呼ばれる存在が現れ、徐々に日常が侵食されつつあるようです。


●アバターについて
 【Terra D】では、全てのアバターとスキルとアイテムが使用できません。
 その代わりに、【Terra D】では、このシリーズにのみ使用可能なアイテムや契約可能な相魔が出現します。


●特異者とアイドルの扱いについて

 また、【Terra】では、特異者やアイドルの扱いに若干の違いがあります。

・転移者(ローランド以前から三千界に召喚された特異者):転移者から見たTerraは、召喚元の地球によく似た地球です。特異者の思い出から構成された新しい地球ですので、『特異者が来た地球』とは別の地球となります。
・転生者(ローランド以降から三千界に召喚された特異者):転生者から見たTerraは、召喚元の地球とは異なりますが、召喚元の地球とほぼ同じという扱いになります。
・契約者(蒼空のフロンティアReの契約者):契約者から見たTerraは、別次元の地球です。Terraでは、ゆる族は着ぐるみとして認識され、機晶姫は最新のAIを搭載したアンドロイドとして認識されます。
・アイドル(ヒロイック・ソングス!のアイドル):アイドルから見たTerraは、別次元の地球です。Terraでは、『ヒロイック・ソングス!』のアバターは駆け出しのアイドルやプロデューサーとして認識されます。

 また、ゼルカディアとゼルカディアPに言及したアクションは、【Terra D】シリーズでは全く参照されません。


 基本事項は以上となります。
 【Terra】に向かった特異者たちは、与那国島近海に現れた海上遺跡を探索することになります。
 以下は、各パートの説明となります。


【1】遺跡内部(浅層)を探索する
 遺跡内(浅層)を探索します。
 このパートに参加したPCは、【狼の紋章が掲げられた部屋】、【蝙蝠の紋章が掲げられた部屋】、【角の紋章が掲げられた部屋】、【七つの蛇の紋章が掲げられた部屋】、【獅子と鷲の紋章が掲げられた部屋】のいずれか1つを選んで、アクション欄に記載してください。アクションに記載がなかった場合、自動的に【狼の紋章が掲げられた部屋】で探索を行います。
 いずれの部屋にも、番人として任命された相魔が出現しますので、各自、戦闘もしくは交渉するための準備をしておくと良いでしょう。一定の実力を示せば番人役の相魔は道を開けてくれますが、意図的に番人役を死亡させた場合においても話は進行します。また、番人として出現する相魔の傾向は、紋章に対応しているようです。
 また、今回は特殊ルールとして、各階ごとに踏破率が採用されています。PCが遺跡を探索する最中、仕掛けや罠を解除したり、PC側が多くの部屋を探索できた場合、踏破率が上昇します。
 踏破率が上昇すると、今回と次回において、隠された部屋や階段や宝物を発見できる確率が上昇します。
 今回のシナリオで上昇した踏破率は、マスターコメントで公表されます。
 もしも有用なアイテムを入手できた場合、入手した旨を個別コメントにて発行いたします。
 このパートでは、何人かのNPCが登場します。


【2】遺跡内(中層)を探索する
 遺跡内(中層)を探索します。
 このパートに参加したPCは、【松明の紋章が掲げられた部屋】、【蝗の紋章が掲げられた部屋】、【月の紋章が掲げられた部屋】、【日没の紋章が掲げられた部屋】のいずれか1つを選んで、アクション欄に記載してください。アクションに記載がなかった場合、自動的に【松明の紋章が掲げられた部屋】で探索を行います。
 いずれの場所にも、番人として任命された相魔が出現しますので、各自、戦闘もしくは交渉するための準備をしておくと良いでしょう。一定の実力を示せば番人役の相魔は道を開けてくれますが、意図的に番人役を死亡させた場合においても話は進行します。また、番人として出現する相魔の傾向は、紋章に対応しているようです。
 また、今回は特殊ルールとして、各階ごとに踏破率が採用されています。PCが遺跡を探索する最中、仕掛けや罠を解除したり、PC側が多くの部屋を探索できた場合、踏破率が上昇します。
 踏破率が上昇すると、今回と次回において、隠された部屋や階段や宝物を発見できる確率が上昇します。
 今回のシナリオで上昇した踏破率は、各階ごとにマスターコメントで公表されます。
 もしも有用なアイテムを入手できた場合、入手した旨を個別コメントにて発行いたします。
 このパートでは、何人かのNPCが登場します。


【3】遺跡内(浅層)で相魔と交渉する
 このパートの参加者は、遺跡内部(浅層)の入口付近で相魔と交渉を行います。
 どのような交渉を行うのかは参加者に託されます。報酬をちらつかせるなりして、上手く仲間として引き入れてください。
 交渉成功に漕ぎつければ、相魔が契約を交わしてくれます。
 また、【Terra D】においては、シナリオ参加者がピンチになった場合はステファヌが助けてくれます。
 もしも有用なアイテムを入手できた場合、入手した旨を個別コメントにて発行いたします。
 また、相魔と交渉したり、契約することは、【Terra D】シリーズ全体において可能です。


 いずれのパートも、時間帯は【昼・三日月】となります。

遺跡内部(浅層)を探索する

6

遺跡内(中層)を探索する

7

遺跡内(浅層)で相魔と交渉する

4