クリエイティブRPG

新クレギオン

【ワールド・ニブノス第1回】我らの照灯

リアクション公開中!

【ワールド・ニブノス第1回】我らの照灯
基本情報

マスター:糸畑要
ワールド:新クレギオン
 
 

料金

MC参加:300ポイント
LC参加:200ポイント
フェロー追加:100ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2020年09月07日公開!

【!】このシナリオは同世界以外の装備が制限されたシナリオです。
シナリオガイド

連邦分裂の危機を回避できるか?

シナリオ名:【ワールド・ニブノス第1回】我らの照灯 / 担当マスター:糸畑要






 ロンバルト・コッペル准将はは総司令部より、突然の呼び出しを受けました。
 
「食品健康被害のほうは、カタがついただろう。緊急でやってほしい案件がある」
 巌の如き骨格の歴戦の大将、ニブノス連邦軍総司令官ボスロフはコッペルに告げました。
 
「バノテスカヤですか、それとも元通関局の賊退治ですか」
「そのどちらでもない。君の仕事はNF57系から買い付ける新型戦艦の艤装委員長だ。喜べ、ニブノス最大最強の軍艦の艦長候補だ」

「艦長なら大佐職でしょうし、どこから買うかも決まってない船では……食品被害の始末も兵士救済も終わってはいません」
「君はオメガ部隊襲撃への関与を疑われている。君は政治にのぼせすぎている。ほとぼりと頭を冷ましてこい」

 連邦における最大の統合的な官僚組織である軍には2つ問題を抱えています。
 ひとつは政情不安鎮圧のために派遣したオメガ部隊が現地住民からの攻撃を受け、大規模反撃をおこなってしまったことです。これによりバノテスカヤ小惑星府は情勢鎮圧のために戒厳令を発令し、現地鎮撫を最優先として、上納金・軍の供出を引き上げていることです。
 もうひとつはメネディアとのFTA締結により、それまで通関業務で私腹を肥やしていた仕事を失い、海賊への武器横流しを名目とした大規模な監査を食らった通関局が大規模サボタージュに入っていることだ。一部は船ごと離反宣言をしている。改革派民間団体が委託で代行したり、保守派有志がサボタージュを脱し、業務を行っているが、業務の停滞、混乱がはじまっています
 
 ニブノス連邦軍は、基本的にフォースプロバイダーは各小惑星府、フォースユーザーは連邦軍総司令部の建て付けとなっているため、連邦予算の不足が発生すると、活動の不活性化が危惧されている。それらの重要業務から外したのは明確な左遷人事でした。

「全く政治というのは厄介なものだ」と部屋から出たコッペルはボヤキを残しました。
 クレソンの評議会入りを助けた結果は覚悟していましたが、これからの身の振り方には細心の注意を払わなければ、火の粉はかれの身を焼くことに成るでしょう。


 
 あらたに評議会入りしたクレソン・ナムはニブノス内で力になってくれた有力者、ドラコス評議員の下を訪れていました。
「ミセス、現在のニブノス連邦が抱えている問題はなにか?」

「まずは統一の回復、次に適切でそれなりに合理的な中央・地方関係の構築が必要です。バノテスカヤ平等党には【油種】の供与で説得しましょう」
「あいつらは発掘資金を出していない。先に投資したものには利益があるのは鉱山の常識だ。自分もそれで身を立てたのだ」

 現在発見された【油種】の管理は発掘を主導した、ヴァーツラフ・クラマーシュの管理下にあります。
「どのみち、持ち出しも複製も簡単なものなら。量産すれば、いずれ秘密は漏れ、盗用されるようになります。それくらいなら早くに提供して適正な利用料をとったほうが有益になるでしょう。それに植物栽培なら他に適した国もあります」
「その相手はメネディアか?随分と信用しているな?」

「メネディアが信用できないなら、NF57系のアラコスあたりに利用権限を売ってもよいでしょう。軍艦購入代金をそこから出しましょう」
「それでは、あまりにもニブノスにとって旨味がない。旨味が無ければ配る金も足りなくなる」

「ニブノスの基幹産業は鉱業と交易船団であり、未来に向けて積み上げる力です。偶然のロステク発展の恵みは交易活発化による比較劣位で経営している食品よりは、いくらかましな業態へ転業できることで十分です。あまり突発的な要因に依存しないのは経営の基本でしょう」
「考え方は理解したが、それでうまくいくなら経営に苦労はせん。経営とは思いがけないことの連続だよ、とくに組織が小さいときにはな」

 ドラコスはそう言うと机のモニターをつけた。

 ライアーの水と燃料の安価供給によって、アレイダ近隣市場の混乱で大損した投資家の話。ライアーがニブノスに大使館移転にともなう警備力増員を申請していること。なかなか解決しない病院の渋滞。ブレドム政変によって明らかになったラジェンドラ政権の悪行といった問題が次々と表示される。
 
「これはブレドムから送られてくる『戦争難民』だが……」
 いささかすぎるほどに艶やかな格好をさせられた若い女たちの動画が映し出される。

「表向きは難民船ということになっているが、『花嫁船団』と呼ばれているらしい。実態はまぁ……旦那つきという名目で国なり親なりに売り飛ばされたということだ。戦争中の国から娘を逃すという親心かもしれんが。男社会で慢性的な嫁不足のわが連邦にとって、商業的価値を有する交易物のひとつとなっているらしい。ブレドム情勢の変化にあわせて、帰還など対応が必要になるかもしれない」
 そこまでいってドラコスは息を吐いてみせた。

「商品の返品となれば、相応の不満も生じる。この問題に対応しなければならない。娘を抱える親ならわかると思うが、このような国にはしたくないものだな」

「ひとつ伺ってもよろしいでしょうか、あなたの愛人のなかに、ブレドム難民出身者は?」
「3人ほどいる。人には幸せになる権利がある。どんな状況からでも」

「罪悪を覚えたことは?」
「ない。人の上にたつものは、幸せであると見せる義務がある。どんな手段をつかってでも」

「よくわかりました」
「よい仕事を期待している。クレソン評議員」

担当マスターより

▼担当マスター:糸畑要

マスターコメント

 この度は新クレギオン、ワールドシナリオ、ニブノス編にご関心をいただき、ありがとうございます。

 通関局は交易に関わる航宙に関わる警察権、実力部隊を保持しており、その機能不全によって収入の減退や、私兵化がすすんでいます。特に注目されている、離反した7隻のフリゲートの行方は探索中です。メネディア航路帯での妨害活動が予測されています。
 オメガ部隊に対するバノテスカヤにおける「襲撃」行動、悪意による食品汚染を行ったテロリストへ兵器供与によって、軍内では対ファントップ・平等党に対する強硬論が勢いを持っています。
 小惑星府ではそれぞれ濃淡があれども、連邦政府に対する不信が蓄積されはじめています。

また、現状の詳細な情報については

プレシナリオのリアクション
【ワールドプレ】「鉱星の太陽(前編)」
【ワールドプレ】「鉱星の太陽(後編)」

原作、ナレッジネットワーク社のアレイダについてのガイド

同、新クレギオン用のデータサイト、ワールドシナリオ資料

などをご参照下さい。


★新クレギオンワールドシナリオの参加にあたっての注意事項
(招待形式)
新クレギオンワールドシナリオは、政治・軍事を扱い旧作PBMクレギオンに近い判定方式をとるシナリオです。
ワールドシナリオは全4回の予定であり、シナリオに継続性があることから、「ほぼ」全員を継続で招待とします。
白紙、それに近いアクション、不適当とマスターが判断したアクションには招待を行いません。
ワールドシナリオ、ニブノス編に参加したキャラクターは、後発するブレドム編の抽選において劣位となります。

(シナリオ内の死亡判定とその処理)
シナリオ内の死亡判定が発生します。死亡判定以後の招待は行いません。
死亡判定後、設定を変えて再エントリーすることなどは可能ですが、マスター裁量でアクションを全没とする場合があります。

(参加料金について)
リアクションの文字数制限なし設定のため、MC200P、LC200P、FW100P(ニブノス初回のみ抽選なしMC300)となります。
参加人数に空席がある場合の途中参加は可能です。シナリオ予約はできません。
ブレドム、ニブノスを同一キャラクターで並行プレイすること、
ならびに一人で同一シナリオに多数のMCをエントリーすることはご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

(PvP型シナリオについての注意)
 PvP要素のある新クレギオンにおいては、他プレイヤーの妨害アクションによるアクション失敗の可能性があります。
また、ワールドシナリオにおいて、なんらかの戦闘状況が起きるかどうかは確定していません。戦闘状況の発生は各アクションに大きく依存します。

(ワールドシナリオの難易度設定について)
 ワールドシナリオにおいてアクションの難易度は、想定される判定失敗の可能性の高さを意味し、必ずしも戦闘における敵の強さやキャラクターレベルの要求を意味するものではありません。

(遊び方の注意)
 プレイヤー間での事前調整、グループアクションは歓迎しますが、必須ではありません。一人のアクションによってグループアクションが覆えされることもあるかもしれません。アクションの当否に関わらず、ゲームを共にするプレイヤーに対する敬意を忘れぬように心がけて参りましょう。


(ワールドシナリオにおける地位の設定について)
 ★クレギオンワールドシナリオにおいて、キャラクターは、その社会において相応の社会的地位を持つことができます。
 ※条件がプレシナリオから緩和されていますのでご注意ください。プレ参加の人はこれに合わせ、昇進・栄進してかまいません。
 
例)・軍にあって大佐程度の役割(軍艦艦長、連隊規模の陸戦指揮官など)
  ・情報機関のエージェント
  ・各種官庁の局長クラスの役職
  ・議会、評議会などの中堅クラスの議員
  ・地方政府の長(ニブノス小惑星府の首長など)
  ・アレイダにおける中規模会社(業界シェア15%程度まで)の経営者
  ・アレイダ近傍の大規模会社の在アレイダ駐在員
  ・アレイダ近傍国家の在アレイダ外交官、駐在武官など
  

 ※例示したものを超える地位や、特殊な地位についてはマスター判定で弱体化や不採用の処理を行うことがあります。その他、マスターが必要と判断した場合にリアクションなどで調整を行う場合があります。ゲームの展開によって、地位は上下することがあります。
 
 当該設定につきましては、自由設定欄を利用して、以下のようにご記載いただくことを推奨します。
【クレギオンワールド】ニブノス連邦宇宙軍中佐、特設軽空母<ルネッサンス>艦長(小惑星ベナード供出艦)
 他ゲームの都合などでプロフィールの自由設定欄を使えない場合は、アクション内に記載しても結構です。

(他シナリオとの関係)
 当該記載は、ワールドシナリオ以外では、書かれた身分に基づく影響力を行使することは基本的にできません。
 メインシナリオとか他プライベートでおきていることは、そのキャラクターが生きた「ある時間」で起きていたこととして扱い、ワールドシナリオにおける「今」の出来事としては処理しません。


連邦政府の強化や外交問題に関与する

2

バノテスカヤ情勢の沈静化に関与する

3

通関局の離反・サボタージュの対策・鎮圧をおこなう

4

ニブノスの産業政策に関与する(含経営・交易)

2

情報組織・テロ捜査などの行動に従事する

5

その他

7