クリエイティブRPG

GJT-グレート ジィチャン トミオ-【第1話/全3話】

リアクション公開中!

GJT-グレート ジィチャン トミオ-【第1話/全3話】
基本情報

マスター:イヴェール
ワールド:RWO
 
 

料金

MC参加:200ポイント
LC参加:不可
フェロー追加:不可
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2020年07月07日公開!

シナリオガイド

RWOで脱がせようとする鳥やドラゴンと戦いながら、頂上を目指そう!

シナリオ名:GJT-グレート ジィチャン トミオ-【第1話/全3話】 / 担当マスター:イヴェール


※こちらのシナリオはリレー形式のシナリオとなっております。
また、各話は第1話:イヴェール、第2話:青砥文佳、第3話:北織 翼となる予定です。





 ここはワールドホライゾンのとある場所に温泉がありました。そこはタオルを巻いては入れる混浴の温泉でした。


「いやぁ~、極楽極楽。体に染みるわ」


 あなたたちはたまたま知り合った梅山 十三雄(うめやま とみお)とともに温泉を楽しんでいました。

 その裏ではオワリ専務が画策を行っていました。


「ついに発明したぞ・・・・・・これで大儲けだ」


 オワリ専務が運んでいたのは謎のウォーターベッドでした。

 しかし、大きさがあるため引きずっているうちに疲れ、地面に置きました。


「ちょっと休憩しよう。なんか飲むものないかな」


 オワリ専務が離れ、その場にはウォーターベッドだけが残っていました。

 そこに梅山が湯から上がり、ウォーターベッドへ近づきました。


「すっかりのぼせてしまったわ。あ、こんなところに。丁度いい」


 梅山はそれに寝ようとすると、頭の近くにいくつかのボタンを見つけました。


「なんだこれは? マッサージ機能でもついてんのか?」


 ボタンを適当にいじると枕部分に頭を乗せ、梅山は眠りました。

 すると、ウォーターベッドが眩しく光り、あなたたちごと包み込みました。

 そして、眩しい光の中から声が聞こえてきました。


「・・・・・・これから様々なワールドを仮想体験していただきます。なお、行き先等の設定は起動した方の脳内や経験値を分析した結果に基づいて決定させていただきます」



 *     *     * 




 しばらくして目が覚めると、あなたたちはいつの間にかタオルからなぜか『バスローブ』姿になっていました。


「こりゃ良いバスローブじゃねぇか。この優雅な俺様にはピッタリだぜぇ」


 一方、梅山の方はバスローブである事実をすんなり受け入れていました。

 ふと、振り返ると目の前には見上げるほど高い巨塔に立っていました。

 その巨塔は「RWO(レディアントワールズオンライン)」にあるスパイラル・コスモスでした。

 梅山は初めて見るスパイラル・コスモスに大興奮です。


「うわぁ、なんじゃこりゃ! よし、頂上まで誰が早く着くか競争だ!!


 彼は意気揚々とスパイラル・コスモスへ走って入っていきました。

 彼を良く見ると、バスローブが僅かに透け、身体のラインが見え始めていました

 彼の姿に呆れていると、背後から五月蠅い鳴き声がしました。

 振り返ると、そこに鷲やドラゴンがいました。中には目からピンクの光線を放つ鳥もいます。

 すると、突然あなたたちを突いたり噛みついたりしてきました。しかも、バスローブをやたらと狙ってきます。


あなたたちはスパイラル・コスモスに入った梅山を追いかけつつ、
なぜかバスローブを狙う鳥類やドラゴンたちから逃げなければならなくなってしまいました。



担当マスターより

▼担当マスター:イヴェール

マスターコメント

 特異者であるあなたたちは梅山 十三雄によって(のせいで?)様々なワールドを行き来する仮想世界に入ってしまいました。
 しかも、温泉に入っていたため、衣服や道具などはほとんどありません。
 自分の身と僅かな物で次々と襲い来る危機を乗り越えていきましょう。


【リレーシナリオ『GJT-グレート ジィチャン トミオ-』について】

本シナリオは、複数のゲームマスターによるリレー形式のシナリオです。
第1話に参加された方のみが最終話まで招待を受け参加するシナリオとなりますので、ご注意下さい。


〈シナリオテイスト〉
「GJT」シリーズは、基本的にPvPタイプのシナリオとなりますが、ハプニングを楽しむギャグテイストのシナリオです。
マスターによっては、公序良俗に反しない「ギリギリのライン」を狙ってのリアクションとなる場合がございます。
キャラ崩壊などには至らないよう細心の注意を払いますが、発生するハプニングや皆様のアクション内容によってはその一歩手前までマスターが攻める場合もございます。
参加を検討される際は、皆様のPC様の性格などとよくよくご相談の上でお願いいたします。

〈GJT特別ルール〉

●この「GJT」シリーズは、全3話のリレー形式のシナリオとなっております。
 各話の担当及び展開ワールドは、
 第1話:イヴェール(RWO)
 第2話:青砥文佳(セフィロト)
 第3話:北織 翼(アーキタイプ)
 となる予定です。
 第1話にご参加頂きましたMC様には、最終話まで招待を出させて頂きます。

●リレー形式のシナリオではございますが、各話毎に順位や勝敗を引き継ぐ予定はございません。
 ただし、結果次第では梅山の妄想の産物として「何か」をもらえるPC様も出る・・・・・・かもしれません。
 ※なお、仮に「何か」をもらっても、「GJT」シリーズ及び今後梅山がNPCとして登場するシナリオ以外では使用出来ない限定品となります事をご了承下さい。

●各ワールドは、あくまで装置が梅山の脳内や経験値を分析した結果に基づいて叩き出した「梅山にオススメのワールド」です。
 そのため、彼がこれまで足を運んだ事のないワールドが優先的に選ばれている模様です。
 仮想ワールドではありますが、各世界専用のアバター・スキル・アイテムが最も効果を発揮する事には変わりありません。
 また、各ワールドとも、
 使用できるアイテム・スキルはそれぞれ1つだけ
 です。
 スキル及び武装欄を全て埋めてアクションを提出された場合、それぞれの「1」欄に装備されたもののみをリアクションで採用いたします。
 アクション投稿の際にはくれぐれもご注意下さい。

●参加される皆様の衣装は、純白のバスローブ一枚のみです。バスローブは純白でフカフカ、ループパイル地の上質素材です。ただし、極度に興奮したり体温が急激に上昇したりすると徐々にスケスケになってしまう不思議なバスローブです。バスローブが完全にスケスケになった場合は、必ず大事な部分は隠しましょう

●全話共通で、如何な状況であろうと全裸フィニッシュは許されません。
 大事なので二度言います、全裸フィニッシュは許されません

●梅山の妄想は3つのワールドでの活動が完結するまで終わりません。
 よって、皆様も最終話を終えるまで解放されません。

●その他の細かいルールについて
 各話毎にワールドやロケーションが違いますし、何より梅山の妄想(いわゆる「俺様ルール」)がまかり通る状況でございますので、各話のマスターコメントに掲載されますルールをよくご確認下さいますようお願いいたします。


〈NPC紹介〉

・梅山十三雄 (うめやま とみお)
 還暦パーティ中に特異者になりました。
 短気・豪快・強引で目立ちたがり屋な色黒行動派男です。
 若人に負けないよう、日々身体を鍛えています。

・オワリ専務(おわり せんむ)
 一応特異者です。
 地球では動画サイトの業界でちょっとした有名人だったようですが、特異者になってからはほぼ誰にも認知されていません。
 かなりのイタズラ好きで、梅山と皆様を仮想ワールドに引きずり込んだ「謎のウォーターベッド」を開発した張本人ですが、今回の騒動には巻き込まれておらず、皆様が梅山と共に動く仮想ワールドには登場しません。


【第1話RWO編について】

 第1話では梅山を追いかけながらスパイラル・コスモスを登っていく「障害物レース」のようなシナリオになっております。
 あくまで仮想世界なので、とても強い敵が登場することはありません。

 中空エリアでは気流の流れが激しいため、地形を伝い登りつつ、バスローブが飛ばないように気をつけましょう。

 また、大きな鷲やドラゴンがなぜかバスローブを狙い攻撃してきます。
 ・攻撃方法としては、噛みつき、引っ掻き。
  中にはピンクの光線を放つ者もおり、それを浴びてしまうとなぜか脱ぎたくなってしまいます。

 襲われたら一発で全て取られるわけではありません(無抵抗なら別ですが)。上手く抵抗できないと袖や裾を破られます。
 アクション、スキル、アイテムで対処していきましょう。

 先に頂上まで降りてこられた3名は梅山から素敵なプレゼント(?)をもらうことができます。

鳥やドラゴンと戦いながら、頂上を目指す

2

鳥やドラゴンと戦いながら、頂上を目指す

2