三千界のアバター

終わってしまった世界の始まり全10回(第4回)

リアクション公開中!

終わってしまった世界の始まり全10回(第4回)
基本情報

マスター:井上かおる
ワールド:アルテラ
 
 

料金

MC参加:150ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:35ポイント
LC/フェロー最大追加数:5
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2014年02月20日公開!

シナリオガイド

世界ガ終ワルトイウコト

シナリオ名:終わってしまった世界の始まり全10回(第4回) / 担当マスター:井上かおる



「そちらがこれを我々と共に食べるというならば、食す」

再び対話に応じたセリアンの長・アルフレッド。

情報と引き換えに特異者たちが渡した食べ物を見て、
アルフレッドはそう条件を出しました。

聖樹の下で眠っていた子供たちは特異者たちを受け入れ、
自分たちのことを話してくれました。

両親たちにこの聖樹の下に連れてこられたという子供たちは
特異者たちに尋ねました。

「ここにいればお迎えが来るからねってママたち言ってたけど、
ママたちは後から来るの?」

一方、小さな小さなデモニスは大きな大きな胸で気絶した
仲間を救おうと果敢?に戦い、
巨獣を追いかけた人はより大きな巨獣と遭遇しました。

滅んだ世界でなぜか馬車を発見した人もいる中、セリアンたちは
不思議なことに畑作も狩猟もせずに暮らしてるのがわかりました。

ワールドホライゾンにはもう小世界についての資料は何も無く、
明夜も今まで話した以外に答えられることはないとのことです。

聖樹の下にあるベースキャンプ『エスペランス』は着々と
整備されています。

ログハウスが出来、畑が出来ているようですが、それらの継続、
保持もあり、これ以上発展させるには人手が足りず、
また各方面で水の確保が問題になっているようです。

担当マスターより

▼担当マスター:井上かおる

マスターコメント

こんにちは、井上かおるです。

地味に進んでいます当シナリオですが、そろそろ折り返し地点です。

決まった終着点の定まっていないシナリオです。
みなさんの手で世界を作っていってください。

このシナリオは参加者様全員に招待が出されておりますので、予約は無しになっております。
欠員が出たときのみ、ご参加いただけます。

今回もどうぞよろしくお願いいたします。

セリアンたちと食べる?

2

聖樹の子供たちと関わる

4

ベースキャンプ作り

2

調査・接触の続行

3