クリエイティブRPG

禁断の魔素ドール

リアクション公開中!

 103

禁断の魔素ドール
基本情報

マスター:来栖彰
ワールド:バイナリア
 
 

料金

MC参加:100ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:2
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2022年09月27日公開!

シナリオガイド

危険な魔素を売りさばく裏切り者を隠密に粛清せよ!

シナリオ名:禁断の魔素ドール / 担当マスター:来栖彰


 ここは東トリス某所にある、小さなアパートの一室。
 市松柄の床の上にゴシックアンティークな家具が並べられ、壁一面には真紅の布が貼られている。
 大きな作業机の前に座っているのは、煌めくようなサラサラの白髪頭をした小柄な青年だった。

「やっと……完成したのに…………ボクの手では……もう……ドールを……作れない…………」

 青年は作業机を見つめながら涙を流す。
 
 「ごめんね、マルニ…………約束を守れなくて…………」
 
□■□


「魔素汚染による疾患?」
 A機関の支部、という事にして使われているバーにて、エージェントのルタが同僚に聞く。
「魔素で作った魔素粘土で生きた人形を作ろうとしたんだと。で、両手が魔素に汚染されて思うように動かせなくなっちまったんだとさ」
「恐ろしいな……おそらく魔素への耐性が無い人間が安易に手を出してしまったんだろう。しかし、なんのために人形を作ろうとしたんだ? 何か企みがあったなら看過できないが……」
「自作の人形で人形劇をやりたかったらしい。子供達に生きた人形による人形劇を見せる事を生業にしたかったとか言ってたな」
「悪意があったわけではないんだな。不憫だ」

 少し間を置いて、ルタの同僚が話し出す。
「実はな、その青年がA機関に対して『一度だけ恋人が経営する孤児院で魔素人形の劇を手伝って欲しい』と依頼してきたんだ。まあ、俺達がやる事じゃねえし、当然引き受けなかったんだが……」
 そう言いながら、ルタに対してメモを渡す。
「…………それは、仕方ないな」
 そう言いながら、ルタはメモを受け取った。
 
 メモの内容は以下の通り。
 
 魔素粘土に使われた魔素を提供したのはA機関の裏切り者・レスター。
 この魔素は流通禁止となっている“レジスタンス・ドラッグ”で、これを若者に“合法で有能な魔素”と偽って売って金儲けをしている。
 レスターが儲けた金を戦争強硬派に献金したという事実が確認された。
 確実に仕留めるため、A機関の一部の人間にこの事実を共有している。
 口の堅いエージェントを集めて、レスターを隠密に始末して欲しい。

 
担当マスターより

▼担当マスター:来栖彰

マスターコメント

 お久しぶりです! 来栖彰です。
 今回は流通させてはいけない魔素を売って金儲けしていたエージェントを隠密に退治して欲しいという依頼になります。
 A機関の評判に傷をつけないために、外部への情報流出は絶対NGとなっています。
 また、魔素によって手が動かなくなった人形作家・ヴィートの代わりに、生きた人形を作るお手伝いをしてくれる人も探しています。
 近々、ヴィートの恋人・マルニが経営する孤児院で『赤ずきん』の人形劇を披露する予定です。
 皆さまには『赤ずきん』に登場する人形を作っていただきます。
 よろしくお願いします!

 アクション解説
 【1】レスター討伐
  どの機関でも流通させてはいけない違法な魔素を売りさばいていた裏切り者・レスターを隠密に始末してください。
  ・レスターは昨年までA機関の支部として使われていた廃ビルに拠点を構えています
  ・廃ビルは2階建てで、防音設備がしっかり機能していて、頑丈な造りになっています
  ・レスターはともにA機関を裏切った部下を2名連れています
 
 【2】魔素粘土でドール作り
  人形作家の青年・ヴィートが作った魔素粘土で“生きた人形”を作ってください。
  ・違法な魔素を取り除いてから作ってください
   〇魔素の構成は次の通りです。
    └1.物質に所有者の命令を伝達し操る魔素
    └2.強力過ぎる違法な魔素
   〇違法な魔素は電気に弱いです
  ・マルニの孤児院で『赤ずきん』の演劇をする予定なので、必要そうな人形は全て作ってください
   ※材料はたくさんあるので、いくつでも人形を作成可能です
  ・人形はクオリティーよりもわかりやすさが重要視されています。子供が赤ずきんの登場人物とわかるデザインで作ってください
  ・関節が動くようになど、複雑な作業をしなくても命令通り動く人形は作れます

【1】レスター討伐 【現在のMC参加人数:5】

5

【2】魔素粘土でドール作り 【現在のMC参加人数:5】

3