クリエイティブRPG

エルフを蝕む謎の病

リアクション公開中!

 117

エルフを蝕む謎の病
基本情報

マスター:片桐 夕鶴
ワールド:アーク
 
 

料金

MC参加:100ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:不可
LC/フェロー最大追加数:1
文字数追加:不可

スケジュール

2022年04月01日公開!

シナリオガイド

ユッピテルの樹液を入手し、病に苦しむエルフを助けよう!

シナリオ名:エルフを蝕む謎の病 / 担当マスター:片桐 夕鶴



 シャングリラへの入植が進められる中、“木の浮遊大陸”ユッピテルの住人であったエルフたちの中で、とある病が流行っていました。
 症状は風邪によく似ていましたが、種族が違うためか一般的な治療方法では治らないようです。
 
「たしか、ユッピテルの樹液を使った薬があったはずです」
 
 謎の病について、エルフの入植を先導していたカレンが言います。
 ユッピテルの木の内部にある樹液は、様々な不調に使われてきたものだそうで、今回も効果があるのではないかと考えているようです。

「樹液は木の内部にあって、特別な星素や星詩がなければ開けない通路があります。
 ユッピテルを象徴するをイメージし、かつ生命を象徴した詩です」
 
 カレンは続けます。
 
「開かない通路は少なくとも1つ……、全てでどれだけあるかは、分かりません。
 ただ、内部を守っているゴーレムはいなかったはずです」
 
 カレンが言うには、木化を解き、エルフがアークへ乗り入れた時からバルバロイの襲撃は激減しているようです。
 しかし全くいないわけではなく、再びユッピテルに人が戻ったと分かれば、襲撃してくる可能性は高いと言います。
 
「木化やバルバロイたちから仲間を救ってくれたうえに、新天地まで提供してもらっている中申し訳ないけれど、
 ユッピテルで樹液を取り、薬を作ってきてもらえないかしら」
 
 カレンは眉を下げ、騎士団員や外法のもの達に頭を下げます。
 こうして有志によって、再びユッピテルの地へ向かうことになったのでした。

担当マスターより

▼担当マスター:片桐 夕鶴

マスターコメント

 シナリオガイドをご覧いただき、ありがとうございます。
 「エルフを蝕む謎の病」をお送りします。
 
 シャングリラに到達したアークは続々と入植を進めており、ユッピテルよりアークへ移住したエルフもまたそれに続いていました。
 しかしそんな中、エルフの間では風邪のような症状を訴える者が現れ、あっという間にエルフの中で流行しました。
 様々な対症療法、薬などを試しましたが、一向に良くなる様子はありません。
 
 カレンは環境が一変したことへの疲労やストレスなど、心因性のものではないかと考えていますが、原因は分かっていません。
 
 そこでカレンは、ユッピテルの内部にある樹液を思い出しました。
 この樹液は様々に加工され、薬やサプリメント的な使い方をしてきたそうです。
 
 樹液は採取後、ユッピテルに残っているエルフの長コモンルーに渡せば、薬に加工してもらうことができます。

 
◇各パートについて
 【1】樹液の採取に向かう
  ユッピテルの木の内部に潜入し、樹液を確保します。
  木の内部は多少入り組んでいますが、そこまで複雑ではありません。ただし狭いため、ドラグーンアーマーやスタンドガレオンを含む大型の乗り物は運用が困難となり、基本的にサイズM以下でしか参加できません。
  
  途中、いくつか進行を阻むようにツタが絡み合い、通り抜けることができない箇所があります。
  そこはやや広い空間になっており、特別な星素や星詩を展開することでツタが解け、進行が可能になるようです。
  カレンが言うには、
  木と生命をイメージした星素や星詩 が必要とのことです。
  
  内部にゴーレムやバルバロイはおらず、戦闘になることはまずありませんが、【2】でバルバロイへの警戒がなければ、内部まで侵攻される可能性はあります。
  
  
 【2】バルバロイの警戒・迎撃をする
  浮遊大陸の周囲でバルバロイの襲撃を警戒します。
  アークに移住以降、ユッピテルに大規模なバルバロイの襲撃はありませんが、比較的小型のバルバロイがたまに周囲を旋回していることがあります。恐らく、エルフや人の気配を窺い、襲撃のタイミングを図っているようです。
  バルバロイは素早いスライサー型と、固く遠距離攻撃が可能なツインカノン型ですが、大群ではなく、一塊2~3匹の小規模なものです。
  基本的にはバルバロイが突撃してくるのを迎撃する形になるので空中戦になりますが、樹上や枝の上で戦うこともできます。その場合、火属性の攻撃を行う場合は、木への延焼に気を付ける必要があります。
  
 ※どちらのパートも、各騎士団の有志のサポートが受けられます。
  また、シナリオはユッピテル到着後からスタートし、シャングリラへの行き来は有志の騎士団員によって行われます。



樹液の採取に向かう 【現在のMC参加人数:8】

4

バルバロイの警戒・迎撃をする 【現在のMC参加人数:12】

4