クリエイティブRPG

双つ名のテゴナ店、本日のメニュー

リアクション公開中!

 111

双つ名のテゴナ店、本日のメニュー
基本情報

マスター:伊勢 朗
ワールド:ロディニア
 
 

料金

MC参加:100ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:不可

スケジュール

2021年03月08日公開!

シナリオガイド

扉の先の試練を乗り越え、奇妙な店から脱出せよ!

シナリオ名:双つ名のテゴナ店、本日のメニュー / 担当マスター:伊勢 朗


 ある日の午後、道行くあなたの鼻先に芳しい香りが漂ってきます。
 それは嗅いだことのないものでした。
 不思議な匂いに誘われて、足は自然とそちらへ向きます。
 気付けば、アンダープレートの街の一画にある、キューブ状の建物の前まで来ていました。
 恐る恐る中へ入ると、長い白髪を後ろで束ねた紳士が出迎えます。
 紳士の背中には、蝶のような羽と蝙蝠のような羽が一枚ずつありました。
 
「いらっしゃいませ。どうぞ、こちらの席へ」

 席へ案内されるあなた。間もなくして、ティーカップが運ばれて来ます。
 そこから香る匂いは、先ほど外で嗅いだのと同じものに違いありません。
 しかし奇妙なことに、カップは空です。
 これは一体? と首を傾げたとき、強烈な睡魔に襲われました。
 それは抗い難い衝動。どのような能力も体質も関係なく、まぶたが重くなります。

 「それでは、ごゆっくり。当店のメニューを心ゆく迄お楽しみくださいませ」

 薄れ行く意識の中で聞こえたのは、穏やかでありながらも、どこか不気味な声でした。

  
* * *


 目を覚ますあなた。見覚えのない、暗く広い廊下で椅子に座っています。
 そばには、同じような経緯でやってきたセイヴァーたちがいました。
 誰も縛られたりはしていません。体調も変わりなく、物を盗られてもいないようです。
 ただ一つ困ったことに、出口が見当たりません。
 振り返ると、果ての見えない闇が広がっています。
 魔法や道具で灯りを点けても、暗いままでした。
 どうやら「そういう空間」と理解するほかないようです。
 他に道もないため、あなたは廊下を直進し、ダウンライトで仄暗く照らし出された、三つ並んだ扉の前まで行きます。
 すると暗がりから、虹色の蝶が現れ手に留まりました。
 そして次の瞬間、革張りのメニューブックへと姿を変えます。
 開くと、次のように記されていました。

 「本日のメニューは以下のようになっております。

 右の扉は『力』。それは道を切り開く剣。
  己の影と相対し、鍛えし技を平伏させよ。

 中央の扉は『夢』。それは原点となる光。
  凍える心に火を灯し、阻む悪夢を晴らすべし。

 左の扉は『美』。それは生き様の彫刻。
 磨きし感性を手に、双貌の悪魔へ才を示せ。

 注文がお決まりの方は、どうぞお進みくださいませ」
担当マスターより

▼担当マスター:伊勢 朗

マスターコメント

 「奇妙な店からの脱出」が本シナリオの目的となります。
  ただし脱出のためには、三つの扉から一つを選び、試練をクリアしなければなりません。

 以下は、扉の先で待ち受けるものの詳細となります。


 1.『力』の扉で待ち受けるもの

 こちらでは、自身の影と戦います。
 つまり「ご参加頂く際のMCやLCと同じスキル・武器を使用する敵」ということになります。
 同じスキルを使用しますが、防具やアイテムはなく、強さも本物には大分劣ります。

 アクションを書く際は「参加時、自らのセットしたスキル・武器へどのように対処するか」を考えることになります。
 「対処しやすいスキルをセットする」「セットしたスキルに有効そうな、別のスキルをセットしておく」「防具やアイテムの効果で防ぐ」などです。

 もちろん、MCに対してLCで対処する、またはその逆も有りです。
 GAを組み有利な対面を作り出す、という方法もあるでしょう。

 各スキルに関して、お願いがございます。
 あまりにも本来の効果からかけ離れた使い方、拡大解釈の過ぎるものは、アクションの再現が難しいと思います。
 ですので、なるべく本来の効果に沿った形でご使用いただけると、助かります。

 『力』の扉は以上となります。
 自らの影を打倒し、脱出を果たしてくださいませ。


 2.『夢』の扉で待ち受けるもの

 『夢』では、各々が悪夢と対峙します。

 こちらのアクションを選ばれる方は「悪夢」の内容を、まず書いて頂きたいです。
 そして次に、それを打ち払う願いや方法を記すこととなります。


 例えば、悪夢を「仲間が全滅した光景」とした場合。
 「誰も死なせない」という願いのもと、癒しや防御に特化したブレイブアタックを使用して悪夢を打ち払う、といった感じになります。

 方法はスキルに限りません。
 悪夢を払うに値するセリフや行動があるのでしたら、それを書いてくだされば大丈夫です。

 悪夢の内容を書く際に、お願いがございます。
 他のシナリオや不参加のMC・LCに関連・参照するものは再現できない可能性が高いです。
 特に人物は難しいです。それと、余りにグロテスクな描写も厳しいです。
 
 ただ人物は、姿形などの特徴で匂わす程度なら可能かと思います。
 「〜の世界で見た覚えのある顔、〜という服装の友人によく似た人物」などという感じで。

 ですので、もし書かれる際はその辺りをご配慮いただけると助かります。

 『夢』の扉は以上となります。
 みごと悪夢を克服し、脱出を果たしてくださいませ。


 3.『美』の扉で待ち受けるもの

 相対するは、この店の主です。
 彼は倒すことができず、攻撃もして来ません

 こちらのアクションでは「格好良い、可愛い、美しい何かを見せる」ことになります。
 それに店主が納得すれば、無事脱出です。

 見せるのは、技でも物でも構いません。
 芸術的な何かを創作しても良いですし、何らかのパフォーマンスをやるのも有りです。
 創作に必要だけれど足りないものがある場合、世界観の許す範囲で店主が用意します。

 倒せはしませんが、攻撃も手段の一つです。
 幾つもの技を連続で繰り出し、その一連の動きで店主に「美しい、格好良い、可愛い」と思わせれば勝利です。
 倒すための行動でなく魅せるための行動、ということです。

 極端な話「かっこいいポーズをとる」のような感じでも、多分クリアできます。
 その場合、ポーズの内容を書いて頂いた方が描写量は増えると思います。

 『美』の扉は以上となります。
 多彩な美で店主を唸らせ、脱出を果たしてくださいませ。


 各アクションに関する詳細はこれにて終わり、なのですが。
 すみません。最後にもう一つだけ、お願いが。
 ブレイブアタックをご使用の際は、コストが足りているか念の為ご確認を。

 コスト超過で技が決まらないのは、少し寂しいですので。
 よろしくお願い致します。


 以下は、アクションにはあまり関係のない情報です

 ■店主について

 テゴナ/カハヒラコという二つの名を持つ青年です。
 妖精とデーモンのハーフで、腰まである白髪を後ろで一つに束ねています。
 客を招いては試練を課し、それを観察し楽しむ傍迷惑な人物です。
 自分の本質はどこにあるかを、いつも考えています。
 皆様がどのように試練を突破したかで、彼の人生観に変化が訪れる、かもしれません。

 選んだアクションパートに関係なく、脱出時に一発殴れます。
 拳、平手打ち、どちらも可能です。迷惑された方は遠慮なくどうぞ。

 ただ、これはシナリオ上では意味、影響のない行動ですので、希望される場合は一言添えて頂く程度で大丈夫です。


 お伝えすべきことは、これで全てになります。
 では皆様、どうかよろしくお願い致します。

『力』の扉で己の影と対峙する

3

『夢』の扉で悪夢を克服する

2

『美』の扉で店主を唸らせる

1