クリエイティブRPG

ようこそ、ロディニアへ!

リアクション公開中!

ようこそ、ロディニアへ!
基本情報

マスター:夜月天音
ワールド:ロディニア
 
 

料金

MC参加:100ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2020年12月24日公開!

シナリオガイド

夜の遊園地で遊んじゃおう!

シナリオ名:ようこそ、ロディニアへ! / 担当マスター:夜月天音


 快晴の夕方、カディヤックヒル、ユートピア内に佇む休園中の小さな遊園地『ピアリィ・ランド』の前。

「初めまして、またはお久しぶり! 私は悪戯屋の田畑 歌織(たはた・かおり)だよ。悪戯屋は悪戯で世界に笑顔と陽気を与えるために活動する特異者がほとんどの団体で、ここには宣伝と挨拶回りに来たんだよっ!!」
「私はエルビア・カーマインです。よろしくお願いします」
 エグゼクター姿の20歳ほどの女性とプロフェッサー姿をした30歳の女性が、声を掛けて集めた人達に自己紹介をしていました。
「みんなに声を掛けたのは、夜に来る彼らに頼まれたからだよ! 何か気晴らしをしたいって」
 歌織は楽しそうに言いました。
 続いて
「彼らというのは、妖精、ミュータント、デーモンです。日頃の制約に不満があったり、他の種族に関心があったり、この遊園地を懇意にしていたりと多くの中でいる事が息苦しいと思っている方達ばかりです……この世界での宣伝を始めてすぐに頼まれたのです」
 エルビアが説明不足を補うように言葉を重ねました。
「で、悪戯屋たる私達が力になろうと思ってね!! ここを選んだのは単純に楽しそうだから!! 食べたり飲んだり騒いだりテントを張ったり私達が用意した物は、自由に使っていいよ! 遊園地の利用許可は貰ってるけど、安全面から遊具を動かす事は出来ないから注意してね。見て回ったりとか触ったりは大丈夫だよ」
 歌織は楽しくなる予感に一層声を弾ませ、説明を終わりにし
「個人的な事で大変申し訳ありませんが、元の世界にいる夫と子供に土産話が出来るように、写真と動画を撮らせて貰います。もし、欲しい方がいれば気軽に声を掛けて下さいね。差し上げますので」
 エルビアは撮影機器を皆に見せながらお願いごとをしました。
 とにもかくにも、遊園地に足を踏み入れました。

 入園してから時間はあっという間に過ぎ
「カディヤックヒルの人と仲良くするきっかけにいいかもな」
「他の種族に異邦人、楽しくなる予感♪」
「遊園地を休園するなんて、毎日退屈で死にそう」
「奪うよりも作ったりする方がずっと楽しいのに」
「夜の遊園地って事なら、どこかに隠れて脅かしてみようかな」
 様々な種族の住人達が、日々の鬱憤を晴らすために姿を現しました。
 食べたり飲んだりお喋りに溢れる賑やかな夜がやって来ました。

担当マスターより

▼担当マスター:夜月天音

マスターコメント

 今回の舞台は、ロディニアとなっております。悪戯屋の企画に参加したり娯楽に興じたりと新たな世界を満喫してみて下さい。
 悪戯屋の詳細についてはマスターページを参照して下さい。

【遊園地について】
規模は小さいですが、遊園地に存在する一般的な遊具や施設は揃っています。
休園しているため、遊具を動かしたり施設に入る事は出来ません。
テントや飲食物、ランタンや花火など遊ぶのに必要な道具は悪戯屋から貰って下さい。
悪戯屋の道具の中には襲って来る攻撃的なお菓子、音楽を雨のように降らしたりなどおかしな効果を持つ物もありますので、利用したい道具がありましたらアクションに記載をお願いします。

【活動について】
・遊園地
この世界の当たり前に馴染めなくなった住人達にひとときの癒しを与えて下さい。
飲食したり商売をしたり園内を散策したり音楽を披露したり、遊具や施設を壊さない程度に活動して下さい。

・ユートピア
悪戯屋のイベントには参加せず、ユートピア内で飲食したり映画館や劇場などの施設で遊んだりと娯楽に時間を費やして下さい。

【NPCについて】
下記の二人との交流は可能です。

田畑歌織
悪戯屋として雑用に励んでいます。

エルビア・カーマイン
個人的な事情もあり撮影係としてあちこち動き回っています。

※活動時間は夜になります。
※こういう人物と交流したいや利用したい施設など活動に必要な事がありましたらアクションに記載をお願いします。
※公式のNPCとは交流出来ません。


遊園地

1

ユートピア

1