クリエイティブRPG

巨大迷路の危険なかくれんぼ

リアクション公開中!

巨大迷路の危険なかくれんぼ
基本情報

マスター:日野ひいろ
ワールド:ローランド
 
 

料金

MC参加:100ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:不可

スケジュール

2020年11月05日公開!

シナリオガイド

巨大迷路を攻略し、子どもたちを救出せよ!

シナリオ名:巨大迷路の危険なかくれんぼ / 担当マスター:日野ひいろ



 プリシラ公国のとある町にて。
 
「子どもたちを助けてください!」

 協会に青ざめた顔の女性が飛び込んできました。
 聞けば、かくれんぼをすると言っていた自身の子どもたちが、町のはずれの洞窟に入っていってしまったそうです。

「あの洞窟には魔物が出るんです! 危ないと言ったのに……」

 頭を抱え、倒れ込んだ女性を支えながら、協会の者はすぐに依頼を出しました。

 ◆ ◆ ◆

 一方その頃、件の洞窟にて、ニタニタと笑う影がありました。

「ケケ……獲物が迷い込んだようダ。ちょうど魔物たちのエサが欲しかったんダ」

 魔物を使役する魔族である彼は、さっそくスライムを洞窟内に放ちました。

 そんなことなど知る由もない子どもたちは、思い思いの場所に隠れていました。

「もう~いい~よ!」
「わたしも、もう~いい~よ!」

 声をあげますが、誰も探しにくる様子はありません。
 それもそのはず、彼らは鬼も決めずに隠れてしまったのです。

「ぜったいみつからないよ! だって、はいってきたとこがみえないもん!」
「し~! しずかにしてないとみつかっちゃうんだよ!」

 子どもたちが、かくれんぼで迷い込んでしまった洞窟は、魔族の罠。入ったら最後、出ることができない巨大迷路でした。
 探しにくるのはかくれんぼの鬼ではなく、魔物です。
 早く助けないと洞窟内に巣くう魔物たちに食べられてしまいます!

担当マスターより

▼担当マスター:日野ひいろ

マスターコメント

 探索、救出、戦闘シナリオです。
 子どもたちの救出が最優先となります。


◆子どもたちについて

 見つかるまで隠れてじっとしています。


◆舞台:洞窟(巨大迷路)について

 非常に入り組んだ洞窟で、何の策もなく進めば迷う可能性が高いです。
 魔族が魔物にエサを与えるために仕掛けた罠です。
 洞窟内には罠が複数設置され、魔物が徘徊しています。
 基本的に道中はそれなりの広さがあり、足場は少しぬかるんでいる様子です。
 壁をよく見るとヒビがところどころ見当たります。
 薄暗いですが、所々人を導くように壁に松明が設置されています。
 どう見ても自然にできた洞窟ではない様子を確認した冒険者は、魔族の気配に気づいても不自然ではありません。
 ちなみに、宝箱も存在するようですが、この洞窟全体が魔族の罠であるということをよく考えて行動した方がよいでしょう。


◆道中遭遇する魔物について

 スライム系が主となります。
 多くのスライムは小型で、倒すのは難しくありません。
 しかし、毒を持っている個体も存在するので注意が必要です。



◆洞窟にいる魔族について

 魔物を使役する魔族です。
 戦闘になった場合、巨大なポイズンスライムを使役して攻撃させ、自身も守らせます。
 魔族が直接攻撃してくることはないようです。
 基本的には隠れて侵入者の様子をうかがっています。
 獲物が逃げ出そうとすることに気づくと追いかけてくるかもしれません。
 アクションによっては無視して逃げることも可能です。


◆巨大ポイズンスライムについて

 取り込まれると、その体内で、時間をかけて溶かされてしまいます。
 透き通った体の中心に丸い玉のようなものが浮いて見えます。


 情報は以上となります。
 皆様のご参加をお待ちしております。
 
 ※アクションパートはあくまでも一例であり、必ずしも正解というわけではないのでご注意ください。

隠れている子どもたちを探す。

2

見つけた子どもたちを守る。

3

隠れている魔族を倒す。

4