クリエイティブRPG

新クレギオン

深き密林に紛れしモノ

リアクション公開中!

深き密林に紛れしモノ
基本情報

マスター:
ワールド:新クレギオン
 
 

料金

MC参加:100ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2020年08月26日公開!

【!】このシナリオは同世界以外の装備が制限されたシナリオです。
シナリオガイド

行方不明、未開拓地、謎の泉? 早速調査開始!

シナリオ名:深き密林に紛れしモノ / 担当マスター:




 混沌の星――ヴェイスⅡ。
 郊外部の未開拓地に、一人のトレジャーハンターが探索に乗り出すことになりました。
 そこは大戦時代の遺跡や財宝、ロステクが眠っているかもしれない密林です。

「引き受けるのはいいが、今回は一人って訳にもいかねえよな……」

 何故なら、探索には人捜しも兼ねているからでした。
 彼、探検家(トレジャーハンター)のライナルト・ヘルツェンバインは未踏地域故のリスクを案じています。
 少ない情報と、頼りになるのは手元にある未完成な地図のみ――。
 ライナルトはグラスの中身を飲み干すと、目の前に座っている情報屋(ジャーナリスト)の男に改めて目を向けます。
 彼の話によると、
 未踏地域を拓く開拓者(パイオニア)数名が、足を踏み入れた密林で凶暴な野生動物に襲われてしまい、
 参加したうちの二人が未だ戻らず行方不明になっているとのことでした。

「未開拓地の探索は丁度良い案件だが、行方不明者の捜索もしてくれって……やること山積みだな。
 はぁ……人集めて班を編成した方が効率的か」

 フリーランスのトレジャーハンターであるライナルトは基本的に単独での依頼を受けることが多く、
 こういったチーム制は気乗りしないのが本音でした。

「――ま、今回は俺が行きたかった場所でもあるし、厄介なのが住み着いてる以上仕方ねえか」
「あなたの腕は信用していますが、くれぐれもこの情報を無駄にしないようにお願いしますね」
「分かってるって。情報提供ありがとな」

 情報屋との話を終えると、
 一見寂れたような雰囲気の喫茶店に一人残ったライナルトは早速未開拓地へ踏み込む算段をつけるのでした――……。 



担当マスターより

▼担当マスター:

マスターコメント

こんにちは、または初めまして。
GMの茸です。
今回の舞台はクレギオンの世界となります。
是非奮ってご参加下さい!



*詳細*


今回挑む未開拓の密林は木々が生い茂り見通しが悪く、方向感覚をも狂わせます。
その密林の発生にはロステク(ロストテクノロジー)が関わっている可能性があり、
野生動物が凶暴化したのもロステクの影響を受けたのではないかと推測されます。
凶暴な野生動物を目撃した開拓者の話によると、それはクマのような姿をしていたようです。


【1】行方不明者の捜索
開拓に適した場所かどうかの調査に入っていた開拓者たちは密林で野生動物に襲われてしまいました。
地図には入口(少し開けた場所)から600メートル先の中央と右翼、左翼側の3ヶ所に赤い×印がついています。
そこまでの範囲が調査済みという印で、実際のポイント地点にも簡易な立札と黄色いロープが張ってあるようです。
※それより先の地図に記されていない場所は彼等も足を踏み入れていない、未踏地域ということになります。
2名の行方不明者は野生動物から逃げて何処かに身を隠している可能性もあり、怪我をして動けなくなっている場合もあります。
あらゆる可能性を考慮し、しっかり準備を整えて捜索に当たってください。
捜索範囲は1キロメートル圏内。奥に行くほど危険を伴うのでそれより先には行っていないと推測されます。
野生動物がまだ近くに潜んでいる可能性もありますが、無理して戦わず人命救助を優先してください。
動物たちのテリトリーである密林から出てしまえば襲ってくる心配はまず無いでしょう。
また、密林から生還した開拓者の一人が捜索に協力してくれる手筈になっています。


【2】未開拓地の探索
ここでは地図に無い、赤い×印より先の未開拓地(未踏地域)の探索をして頂きます。
ライナルト・ヘルツェンバインの目的もここにあります。
密林のどこかにあるとされる泉の探索です。
信憑性が薄く眉唾物の情報ではありますが、なんでも『黄金に輝く泉』がこの付近に存在するとか……。
野生動物が縄張りにするのも、近くに水があるからではないかとライナルトは考えました。
依頼を受ければ調査中の密林を堂々と探索できる上に未完成とはいえ地図も手に入る。
これが捜索を引き受けた理由です。
途中までは地図を頼りに進めますが、それより先は参加者の知識や能力が頼りとなります。
奥に行くほど野生動物と遭遇する確率が高くなります。
探索は入口から2キロメートル圏内の未踏地域となります。
泉がその範囲にあるとは限りませんが、手負いの開拓者に代わり未開拓地を調査するための探索なので、
泉が見つからずともそこ一帯の確認さえできれば依頼失敗にはなりません。

調査内容は開拓に適した場所――凶暴な野生動物以外で危険な物や場所、ロステク含め不可解な物がないかの確認が主になります。
また、凶暴な野生動物に出くわす可能性が非常に高いので状況を見て挑んで頂いて問題ございません。

※ここではライナルト・ヘルツェンバインが登場します。



*****


*主なNPC*


・ライナルト・ヘルツェンバイン 30歳
愛称:ライ
フリーランスのトレジャーハンター。
一匹狼ではあるが人当たりはそう悪い方ではない。
接近戦と木登りが得意。




行方不明者の捜索

3

未開拓地の探索

4