クリエイティブRPG

華の流れは大河になりて:4

リアクション公開中!

華の流れは大河になりて:4
基本情報

マスター:泉 楽
ワールド:ガイア
 
 

料金

MC参加:100ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:不可

スケジュール

2020年09月08日公開!

シナリオガイド

首都へ迫る青龍教、そして波乱の後宮姫君歓迎会。

シナリオ名:華の流れは大河になりて:4 / 担当マスター:泉 楽


 西の地方で広がりつつある青龍教は、その信者を増やしながら首都・燕京(えんきょう)へ向かっていました。
 教主・陈 立志(チェン・リーヂー)の言い分はこうです。
「この国には今、神がいない。それは、相応しい人間が皇帝ではないからだ。相応しい者に皇帝になってもらおう」
 華(か)の守護神は、水の神様と言われています。水不足からの飢饉が起きたり火蜥蜴が大量発生するのは、神様がいないからだ、というのです。
 彼らは燕京に向かう道すがら、困った人に手を差し伸べ、奴隷を救いました。
 いつしか、青龍教は一大勢力になりつつありました。
 
 
「勝手に飛び出して行っただと!?」
 燕京では、大臣・王 宝(ワン・バオ)が呆れた声を出していました。
 俞 奇奇(ユー・チーチー)将軍が、青龍教を討伐するため、一人で馬に乗っていったというのです。もちろん、命令違反ではありますが、彼女を――物理的に――止めることが出来る唯一の人物が、火蜥蜴退治からまだ戻っていません。
「仕方がない……抜きでも何とかなるだろう」
 実は近く、朱禁城で舞踏団を招くことになっていました。新たに入った二人の姫君、萬 美燕(ワン・メイイェン)葉 玉莉(イェ・ユーリー)の歓迎会として、王宝が開くのです。
 この会には皇帝と二人の姫君、王大臣と尹 一刀(イン・イーダオ)のみが参加します。他の姫君たちは文句を言っていますが、彼女たちは前の皇帝の寵姫なので、一刀が断ったのでした。
「さあて、どうなるかな……」
 王大臣はにやりと笑いました。
 
 
「本当に、これが終われば帰れるのですか?」
 少年は、一刀に尋ねました。美しい糸で編んだ服を纏った彼は、心配そうな顔をしています。一刀は、頷きました。
「無論だ。約束通り、帰してやろう。褒美もたんまりとやる」
 少年の顔がぱっと輝きます。この少年は、誘拐され、行方不明だった一人です。
 一刀はこの少年――范 勇 (ファン・ヨン)――を皇帝の影武者として買ったのでした。
 王大臣が「何か」企んでいることは、一刀も気付いています。大臣が姫君たちの歓迎会を開きたいと言い出したとき、その「何か」を知る、またとないチャンスだと一刀は思いました。
 危険ではありますが、だからこそ、やる価値はあります。
「……さて、どうなるか」
 そうと知らず、一刀は王大臣と同じセリフを口にしていました。
担当マスターより

▼担当マスター:泉 楽

マスターコメント

お待たせしました。「華の流れは大河になりて:4」のシナリオガイドをお届けします。
今回のメインは二つ。
1.都に迫りつつある青龍教への対応
俞奇奇将軍が単独で向かっています。命令が出ていないので、部下はほとんど連れていません。ついていきたい人は、アクションにその旨お書きください。なお、勝手な行動なので昇進はありません。
前回、城 廷華(チャオ・ティンファ)将軍の火蜥蜴退治についていったPCも、本来なら遠く離れた場所にいますが、こういうゲームですので、問題なく参加できます。城将軍の部隊自体は、怪我をした兵の治療や火蜥蜴の後片付けで動けません。城将軍自身は燕京にも青龍教にも間に合わず、どんなに急いだとしても着くのは物語の一番最後でしょう。
なお、青龍教側についたり、前回、調査に出かけた星導士の皆さんもこのパートになります。星導士としての仕事は主に状況報告ですが、臨機応変に動いてくれて構いません。


2.二人の姫君の歓迎会
舞踏団を招いての歓迎会です。参加するNPCは、王宝、尹一刀、皇帝の影武者の范勇、萬美燕、刘 姐姐(リィゥ・ジェジェ)、玉莉となります。心玉(シンユー)は別室で待機中。
皇帝が影武者であることは、PL情報となりますので、基本、PCの皆さんは知らないこと前提で行動してください。気付いた人は、どうして気付いたかをアクションに書いてください(内容に無理がある場合は、不可となります)。
侍女や護衛等で参加できますが、誰の護衛をするかを明確に記してください。ただし、近衛兵など本物の皇帝の顔を知っているPCは、一刀に断られる可能性が高いのでお気を付けください。


それ以外のアクションは「その他」になります。こちらの難易度は1になっていますが、アクション次第で難易度は上がります。

それでは、皆様のご参加をお待ちしています。

〇登場予定のNPC
・王 宝(ワン・バオ):大臣。西太皇后の側近。安族出身。
・尹 一刀(イン・イーダオ):二十歳。文官。宦官。漢族。皇帝の側近。
・范 勇 (ファン・ヨン):一刀のところにいる貧民街の少年。売られてきました。十歳ですが小柄。皇帝の影武者。どことなく本物の皇帝に似ています。
・萬 美燕(ワン・メイイェン):朋族の姫君です。年は十歳。見た目はほとんど人間と同じですが、兎の耳と尻尾があります。嗅覚が鋭いです。
・刘 姐姐(リィゥ・ジェジェ):美燕姫の筆頭侍女。美燕姫を守るため、他を排除しています。侍女として、歓迎会に参加します。
・葉 玉莉(イェ・ユーリー):月姫と呼ばれる少女。十二歳。吴 宜雅(ウー・イーヤー)の娼館にいましたが、天 美娟(ティェン・メイジュェン)を後ろ盾にして、後宮に入りました。
・心玉(シンユー):異人の猫娘。十四歳。一刀の奴隷。首輪をしています。今回は別室で待機。
・俞 奇奇(ユー・チーチー):将軍。灰族出身。戦闘狂いの酒豪。青龍教を討伐するため、単独で飛び出しました。女性です。
・陈 立志(チェン・リーヂー):西の地方で広がりつつある青龍教の教主です。自称「預言者」。名前以外は何も分かっていません。気のいいあんちゃんといった感じです。
・水流 三郎(つる・さぶろう):皇国出身のB級星導士。青龍教の動向を燕京に報告しています。

都に迫りつつある青龍教への対応

3

二人の姫君の歓迎会

3

その他

1