クリエイティブRPG

【アルカナ】The roseate fullmoon~薔薇色満月~

リアクション公開中!

【アルカナ】The roseate fullmoon~薔薇色満月~
基本情報

マスター:寺岡志乃
ワールド:セフィロト
 
 

料金

MC参加:100ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:2
文字数追加:不可

スケジュール

2020年07月30日公開!

シナリオガイド

3年に1度、月は薔薇色に染まる

シナリオ名:【アルカナ】The roseate fullmoon~薔薇色満月~ / 担当マスター:寺岡志乃




   輝く星々の称賛を受け 白銀の月王が空を渡る
   地に咲く花々はうたう
   美しい夜の訪れを
   その静寂を
   今宵花開くは麗しき月華の女王
   二人の邂逅が世界を薔薇色に染める
   時を止める 言葉などいらないように



●薔薇色の花

 かつて小世界アルカナの中心と呼ばれていた光国から大緑海を挟んで西に位置する大陸に、ダーリシア共和国はあります。
 平地部が多く、緑地保護政策に長年力を入れたこの国は自然が豊かで景観の美しさから、特にこの時期には多くの観光客が訪れています。
 中でも今年は例年の数倍の観光客が訪れると予想されています。
 国花でもあるロフロスの花の開花時期にあたるためです。
 ロフロスは別名大地の花とも呼ばれており、国の全域で見ることができます。水辺に咲き、大きさは大人の手のひらほど。花弁はあざやかな紅色のグラデーションをしており、蓄光によってほのかに発光しています。昼間はほとんどわかりませんが、暗闇の中では顕著です。
 夜に開花する夜花で、開花すると花粉も発光していることがわかります。この花粉を夜風に乗せて飛ばすため、群生地である湖や池であれば、あざやかな紅色の発光体が宙に舞っている様子を観察することができます。
 3年周期で起きるその美しい光景を見るため、人々はこの国へ集うのでした。


●王獣の谷

 ダーリシア西方には、宝石獣(ジュオウル)と呼ばれる、小型の竜に似た獣がいます。
 その巨大さ、鋼も通さないウロコ、背骨に沿って生えているトゲ、湾曲した爪の立派さ等から獣の王、王獣と呼ばれています。ただ、見た目が竜に見えるといっても翼はなく、空を飛んだり火を噴いたりすることもないので、巨大トカゲと言う人も少なくありません。特徴は、額のウロコが鉱石化していること。色は個体差がありますが、宝石のような美しさであることからその名がつきました。
 昔からそのウロコ(玉鱗)を狙う人間が後を絶たず、特に200年ほど前に個体数が激減する出来事があってからは彼らを保護しようという動きが生まれて、現在では国立保護区に設定されている場所もあります。
 アース・フェインという名の谷もそのうちの一つで、保護区では最も広大な場所です。
 生息するジュオウルの多さから王獣の谷とも呼ばれ、むしろこちらが通名として、正式名称より知れ渡っています。

 この谷から少し離れた場所に、プレアリという名の村があります。国から谷を保護する役目に任命された者たちである、現地駐在管理員が家族とともに移り住んだことが村の始まりでした。そのため村人のほとんどがレンジャーで、何かしら谷を保護する仕事に代々ついています。
 ソラスリュクス兄弟もそうです。15歳と8歳という幼さでも、立派に谷のガイドとして活躍していました。

「今日は月がロフロスの花粉で薔薇色に染まる、めずらしい夜だ!
 しかもジュオウルたちの姿が見える上、めったに聞けないきれいな鳴き声も聞けて、すごくロマンチックでお得だよ!」
「兄さんはすごいんだ! 他のガイドが知らない、ジュオウルたちが必ず見られる場所を知ってるんだから!」

 ここでしか見られないという薔薇色満月を見るために村を訪れる大勢の旅行客に向けて、ソラスとリュクスが呼び込みの声を張り上げます。
 事実二人は(というか、ソラスは)大人顔負けの腕を持つ良心的なガイドとして、村でも評判でした。
 宿や酒場の者たちも、「ガイドを雇うならソラスがいいよ」と勧めるほどです。


 夜風に吹かれたロフロスの花粉で谷中が薔薇色に染まる満月の夜。
 ジュオウルのうたうような鳴き声に包まれた、このロマンチックな時間を、あなたは誰とすごしますか……?
 
担当マスターより

▼担当マスター:寺岡志乃

マスターコメント

 こんにちは、またははじめまして。寺岡志乃といいます。
 こちらは小世界【アルカナ】のシナリオですが、前2話とのつながりはありません。気軽に参加していただけたらと思います。


【今回の目的】
 王獣の谷で薔薇色満月を楽しむ。

 お月見ツアーです。
 谷底へは行けませんが、岩壁を削って作られた見学用通路の要所に休憩地が設けられていますので、そこでシートを広げて料理に酒にと、月見を楽しむことができます。
 ただ、調理場はないのでその場で調理は難しいでしょう。
 保護区なので火気厳禁。武器も基本持ち込み禁止です。(小型の万能ナイフ程度の大きさなら可)


【NPCについて】
・ソラス(15歳)
 谷のガイド。幼いころからガイドの父にくっついて谷を回り、1年前、父の後を継いでガイドになりました。谷について知らないことはないと豪語しています。仕事には厳しく、谷のガイドであることを誇りにしています。
 両親を亡くして今は弟と二人暮らし。弟思いで、思考も行動も常に弟中心で回っています。

・リュクス(8歳)
 ソラスの弟。ぶかぶかのターバンを巻いており、これに触られることを嫌っています。やんちゃで、いつも何かと動き回っていて、疲れ知らず。人見知りなく、冒険心にあふれて、無茶をしてはソラスに怒られて、でも気にしない快活な子。兄が大好き。

・ユン(17歳)
 アーキタイプのとある部族の少女で協会に登録しているトレジャーハンターです。右腕に「ドリュー」という名前の火蜥蜴のパラサイトが癒着しています。
 異母兄で行方不明の青年・ツィルを捜してアルカナへ通う日々。しかし2年を経ても手がかりの少なさに焦燥感にかられています。
 今回、ハジメに勧められて息抜きで谷のツアーに参加しています。



それでは、皆さんのご参加をお待ちしております。

恋人とお月見を楽しむ

1

友達とお月見を楽しむ

1

ジュオウルを見たい

1

その他

1