クリエイティブRPG

ヒロイックソングス!

不味いお料理・食レポアイドルコンテスト

リアクション公開中!

不味いお料理・食レポアイドルコンテスト
基本情報

マスター:夜月天音
ワールド:ヒロイックソングス!
 
 

料金

MC参加:100ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2020年06月25日公開!

シナリオガイド

作って、食べよう、不味い料理!

シナリオ名:不味いお料理・食レポアイドルコンテスト / 担当マスター:夜月天音


 快晴の朝、オルトアース、食神都市オーサカの料理ステージ。

「俺はシェンド・ローク。好きな物は不味い料理だ」
 ミュージシャン姿の20歳の青年特異者が、声を掛けて集めた特異者達に自己紹介をしてから
「みんなに出て貰いたいコンテストは、『不味いお料理・食レポアイドルコンテスト』だ。不味い料理を作ったり食べたりして欲しい」
 声を掛けた時には、省いたコンテストの詳細を話し始めました。
「何でも今までとは違う刺激的なコンテストで見ている人を驚かせたいらしいのと、アイドルが顔を歪めて困る姿が見たいと言う者がいるとかで」
 シェンドは、近くにいる番組スタッフ達の方を一瞥しました。
「ただ、美味しい物に溢れ、美味しく食べる事が尊ばれているこの世界では、なかなか人が集まらないらしくてさ。俺が人集めを手伝った。何せ、刺激が無いと困っていた彼らに企画を提案したのは、この俺だからな」
 シェンドはどんと、誇らしげに胸を叩きました。どう考えても一般的には、はた迷惑でしかない企画ですが。
「今日はみんなで作って食して存分に不味いを堪能しよう」
 シェンドは料理が待ち遠しいのか嬉しそうな顔で、話を締めました。

 打ち合わせ後、『不味いお料理・食レポアイドルコンテスト』が生放送番組として開催されました。

担当マスターより

▼担当マスター:夜月天音

マスターコメント

 今回の舞台はオルトアースです。アイドルとして料理コンテスを盛り上げて頂いたりまったりとひとときを過ごしてみて下さい。シェンドについての詳細はマスターページを参照して下さい。

【料理ステージについて】
割と広く観客席との距離は近いです。
調理スペース、食事スペース、食材スペースなど必要な設備は全て揃っています。
一般的な物から貴重な物までオルトアース中の食材が揃っています。

【コンテストについて】
朝に料理をして昼に食べる流れになります。
不味い料理を作って食べて下さい。『お料理・食レポアイドルコンテスト』の不味い料理版になりますので、作る時や食べる時などにいかに不味いのかをアイドルとしてレポートして下さい。

【活動について】
・コンテスト
不味い料理を作ったり食べたり観客として見守ったり裏方として番組を手伝ったりとコンテストを盛り上げて下さい。作るだけ、食べるだけでも参加可能です。口直しに美味しい料理を作る事も可能です。
ただし、食を大切にする世界なので残さず食べて頂ければと思います。

・コンテスト以外
食神都市オーサカで食べ歩きをしたり商売をしたり『不味いお料理・食レポアイドルコンテスト』を視聴者として見たりと自由に過ごす事も可能です。

【NPCについて】
シェンド・ローク
コンテストに大変浮かれ主に食べる方で活動しますが、それ以外も可能です。
不味い料理が大好きなた陽気な青年。ちなみに味覚はまともです。
三千界に召喚された理由は、異世界の不味い料理に憧れを抱いていたためでそれが叶った現在は特に叶えて欲しい願いは抱いていません。

※作る料理やこういう特異者や住民と交流したいなど、活動に必要な事がありましたら、アクションに記載をお願いします。

コンテスト

1

コンテスト以外

1