クリエイティブRPG

廃村は闇の中

リアクション公開中!

廃村は闇の中
基本情報

マスター:白井梨恵
ワールド:神州扶桑国
 
 

料金

MC参加:100ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:2
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2020年02月07日公開!

シナリオガイド

『一夜村』と呼ばれる村で起きた悲劇を調査せよ

シナリオ名:廃村は闇の中 / 担当マスター:白井梨恵


 扶桑市の近郊にある小さな村で、その悲劇は起きました。
 
 「長、どうか正気に戻ってください!」
「お願い、この子だけは見逃して!!」
「どうか優しいあなたに戻ってください、長……!」
 普段はのどかなはずの村からは、それとはかけ離れた悲痛な叫びがこだまし、次々に村人たちが傷つけられていきました。
 その惨劇を生むのは一人の男、本来ならば村人たちを束ていたはずの立場から『長』と呼ばれている者でした。長は手にした斧を振り下ろしては、女も子供も見境なく危害を加え、その度に悲鳴が一つ、二つと上がっていきます。
 か弱い立場の者を守ろうと勇敢に立ち向かった者たちもいましたが、通常では考えられない長の力に到底敵うはずもなく、無力さに呻きをあげます。
 そしてよく見ると、長の周囲でも何らかの存在が徘徊しており、それらが傷つき倒れた者を次々と殺めているのでした。
 
 こうして、平和だった村はたった一夜にして崩壊し、『一夜村の惨劇』として瞬く間に人から人へと噂が広がるのでした。
 
 「――という事件が、3日ほど前に起きたの。小さな村で起こった事件とは言え、それなりの衝撃を持って伝えられたものだから……。たった数日しか経っていないにもかかわらず、世間はこの話題で持ちきりみたいね」
 一織流の師範を務める女性、一織 朱音が、修祓隊隊士として活動するあなたたちに、世間を震わせる事件の概要を伝えてくれます。
「こんな事件を起こせるのは、マガカミ以外にないわね。村の長がマガカミに憑依された結果、このような事態になったというわけよ。ところで、先行して情報収集にあたっている者から、マガカミたちが村の外に出ようとする動きがあるという話も受けているわ。キミたち修祓隊隊士には、至急この村へと向かってもらい、事態の収拾を行ってほしいの。……事件が起こってからまだ数日、もしかしたら長だけは除霊で助けられるかもしれないわね」
こうして依頼を受けた修祓隊隊士たちは、今や廃村となってしまった村への調査と向かうのでした。
 
担当マスターより

▼担当マスター:白井梨恵

マスターコメント

ご覧いただきありがとうございます。
以下、補足情報となります。

■基本的な情報
 事件が起こった村はあまり大きな村ではありませんでしたが、『困っている相手がいればたとえ悪人であろうと一夜の寝床を提供してくれる』という善良な人々が住んでおり、本当はそこから転じて『一夜村』と呼ばれていました。
 ですが、運命のいたずらによって『一夜村』の意味合いは大きく変貌することになりました。あるいは、そんな平和な村だったからこそ、マガカミに狙われることになったのかもしれませんが、今となっては真相は不明です。
 そうした背景があるため、今回の事件はよりセンセーショナルなものとして伝わるのが早かったようです。
 長に憑依したマガカミ以外にも数体のマガカミがいることも確認されており、それらもまた惨劇に加担したものと思われます。これらのマガカミは一般的に悪霊と呼ばれている類のもので、禍々しいオーラを纏った幽霊のようなものを想像していただくとわかりやすいかもしれません。
 今回の作戦ですが、皆さまは村へ突入したことろから行動開始となります。
 村への突入は昼頃を予定しているため、明るさには困らないでしょう。また、村は樹木に囲まれた緑豊かな場所ですが、視界が覆われるような心配は特にありません。
 その代わり、長のところへ向かおうとすれば、長に憑依したマガカミ以外との戦闘は避けられません。かつ、それらを見逃してしまえば近隣の集落へどんな影響があるかはわかりませんので、必ず倒すようにしてください。
 長自身は、村の中心にある広場に留まっているという情報があります。

■各パートの詳細情報

・村を徘徊するマガカミを倒す
村を悲劇に陥れた、憎むべき相手です。前述のように、人型の幽霊の姿をして徘徊しています。
村への襲撃時は固まって行動していたようですが、今はそれぞれが独立して行動しており、仮に行動を主にするような個体がいても連携はしません。
村もそれほどの広さではありませんので、ある程度の人数で行動すれば全滅させられるでしょう。

・長と戦い、除霊を試みる
長は見た目が40代後半くらいの大柄な男性です。
事件が起こった日の昼頃に、近隣の村に住む友人のお見舞いに行くために村を出たという噂があるので、その間にマガカミに関するトラブルに巻き込まれた可能性があります。
また、村のまとめ役になる前は木こりとして生計を立てていました。そのため、長年愛用してきた斧を使った攻撃を仕掛けてくるようです。
除霊可能とはありますが、ある程度弱らせてからでないと返り討ちに遭い、失敗に終わる可能性もありますので、その点は十分に気を付けてください。

村を徘徊するマガカミを倒す

2

長と戦い、除霊を試みる

4