クリエイティブRPG

ヒロイックソングス!

マッドネス・ホラーショウ

リアクション公開中!

 0

マッドネス・ホラーショウ
基本情報

マスター:トヨシロ
ワールド:ヒロイックソングス!
 
 

料金

MC参加:100ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:2
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2019年08月16日公開!

シナリオガイド

恐怖の館はあなたのご来訪を心より歓迎いたします

シナリオ名:マッドネス・ホラーショウ / 担当マスター:トヨシロ

 錆びた門に歓迎されて、荒れ果てた庭を抜けた先には、蔦で覆われた洋館が新たな犠牲者を求めるように待ち構えていました。
 一つだけカーテンの開いた窓に人影を錯覚します。屋根に止まった鴉の鳴き声は不気味に響きます。

「ふっふっふー、まさに恐怖の館じゃな」

 郊外に建てられた洋館を見上げて、ルイズ・リックマンは満足そうに頷きます。
 元々は住居として使用されていましたが、持ち主が手放した後にフェイトスターアカデミーの所有物件となり撮影やイベントに活用されています。
 現在の不気味な佇まいは、ルイズが主催する『マッドネス・ホラーショウ』のためにスタッフがおどろおどろしく飾り立てたためです。

「ホラー演出も得意ですよ、ライブはお任せください」

 ルイズが神多品学園都市でスカウトした三枝 智奈(さえぐさ ちな)が、えっへんと胸を張ります。

「何を言っておるのじゃ? MCは任せるからのう」
「ん~~!?!?!?」
「顔芸はやめるのじゃ」

 ルイズはアイドルがしてはいけない顔をする智奈の頬を両手で引っ張ります。

「ふぁに、ふるんへふか」
「ほれ、今日は時間が押しておるのじゃ。さっさと中も回るぞ」
「しくしく、おうぼーなプロデューサーですよー」

 泣き真似をする智奈の背中を押しながら、ルイズは洋館へと入りました。

* * *


 パーティ用の大ホールは、すっかりアイドルのステージへと姿を変えていました。
 しかし、一度、ディメンションシフトを起動すれば、恐怖の館が牙を剥きます。
 スモッグや血糊、凶器のイミテーション、蠢く亡者、地獄の業火、悪魔の囁きなど様々な演出が仕込まれており、古今東西の恐怖が詰め込まれていました。

「ホラーをテーマにステージイベントをやってもらうのはもちろんじゃが、東館が空いておるからのう折角の飾り付けじゃ、『お化け屋敷』でも楽しんでもらおうと思うのじゃ」
「この屋敷で肝試しなんて洒落にならないですよ。何か曰く付きだったりしませんよね?」

 智奈の疑問にルイズは怪しげに笑います。

「実は持ち主だった家族が非業の最期を遂げておるのじゃ。白いワンピースのよく似合う長女は家族で隠れんぼをしていると誰にも見付けられずそのまま行方不明となり、人形好きの次女は中庭の池で遊んでおると何かに引きずり込まれて水の中に姿を消し、両親は二人を探し続けるが遂に見付けられず母は病気で亡くなり父は事故で亡くなった……だが、今でも両親は屋敷の中を彷徨い二人の子どもを探し続けておる…………という設定のお化け屋敷をやるつもりじゃ」
「やめてください。今の屋敷には似合い過ぎて想像してしまいましたよ」
「安心せい……何も、何も起こってはおらん」
「意味深な言い方は禁止です」

 ルイズが無言で背を向けて去るので、智奈は背筋に悪寒が走り慌てて追い掛けました。

「ふっふっふ」
「意味深な笑いも禁止です」
「…………」
「何も喋らないで意味深な顔も禁止です」

* * *


 特異者である三枝智奈が中心になってワールドホライゾンから繋がる多くの世界にも宣伝が行われたため、フェスタ所属のアイドルだけでなくゲートを通して異世界のアイドルの出演も決定しました。
 アイドルのファン以外にも、ホラーイベントを目的した者にも情報は伝わっていきます。
 準備とリハーサルで忙しない日々が過ぎていき、そして遂にマッドネス・ホラーショウ開催の当日を迎えました――
担当マスターより

▼担当マスター:トヨシロ

マスターコメント

【挨拶】
 『ヒロイックソングス!』では初めまして、トヨシロです。
 太陽弾ける夏フェスも良いですけど、冷気たっぷり恐怖を添えた納涼フェスはいかがでしょうか。

【概要】
■状況
・日時は特に指定がなければ当日の夜になります
・開催当日の天気は晴れで月も星も見えますが、空気を読んで雲に陰る時もあります

■マッドネス・ホラーショウ
 郊外の洋館を飾り付けた『恐怖の館』で開催されるホラー系の総合イベント。
 メインイベントは雰囲気重視で夜に実施されます。
 フェスタ出身に限らずワールドホライゾン経由で多くの世界から参加者が集まっています。
 ステージイベントなどに出演するのには、特にアイドルとしてのアバターである必要はありません。
(※すべてのパートで運営側、観客側どちらでも参加できます)
 ●大ホール:本館に併設されたパーティ用の別館でステージイベント会場になっています。
 ●東館・中庭:お化け屋敷として仕掛けが施されている
 ●本館・西館:控室や休憩室があり、その他の部屋をイベント用に開放している

【1】大ホール:ステージイベントに参加 難易度:2
 三枝智奈が司会進行を務めています。
 ヒロイックソングス!のアイドルに限らず、どの世界の出身でも出場できます。
 ライブに限らず、恐怖の体験談や虚実に限らず怪談話を語ったり、呪いのアイテムを持ち込んでみたり、怖いものを語り合ったりとホラーを題材にしていればトーク系や舞台劇など形式は問われません。
 ホラーテイストを求められていますが、それは観客を恐怖させるというだけの意味ではなく、例として「ゾンビメイクをして歌ってみるが可愛く観える」という形や「恐怖体験のオチが勘違いでお笑いだった」というのでも問題ありません。
 舞台装置でホラー系の演出はある程度は自由に扱えます。
 同じ演目内で出演する場合はグループアクションなどで分かりやすい形でご記載ください。

【2】東館・中庭:お化け屋敷に参加 難易度:1
 東館と中庭はお化け屋敷になっており、シナリオガイド中で語った『持ち主だった家族の悲劇』をテーマに仕掛けや脅かし役が配置されています。
 玄関ホールの東館への扉をスタートにして、東館内と中庭を抜けてまた入り口に戻ってくるルートです。
 お客さんとして回っても良いですし、脅かしたり仕掛けを用意する側のスタッフと参加しても問題ありません。
 誰かと一緒に回りたい場合はグループアクションなどで分かりやすい形でご記載ください。

【3】本館・西館:その他の会場 難易度:1
 上記の2つ以外にも多くのブースが存在しており、各々に盛り上がっています。
 スペースの余裕はまだあるので、独自の持ち込み企画なども実施できます。
 やらかし過ぎると運営スタッフが動きますのでご注意ください。
 難易度は1と設定してますが行動によって変化します。


【登場人物】
■ルイズ・リックマン
 フェイトスターアカデミー出身の見た目は幼い年齢不詳のプロデューサー。
 『マッドネス・ホラーショウ』の主催者。
 ワールドホライゾンに繋がるとすぐに異世界でスカウトを開始したためスタッフには多くの特異者がいる。
 イベント成功のために当日はあちこち奔走している。

■三枝 智奈(さえぐさ ちな)
 神多品学園都市出身の特異者。16歳。
 リージョン・ユニバースのタレント学科。
 見た目だけは清楚な大和撫子。黙って顔芸しなければ美人。
 ルイズから誘いを受けて、アイドルの世界で自分を試すため活動している。
 ライブパフォーマンスよりもトークとリアクションを評価されて芸人扱いを受けている。
 「冴え(三)てる智奈」で「サエチナ」を自称するが誰も呼んでくれない。

【1】大ホール:ステージイベントに参加 【現在のMC参加人数:5】

2

【2】東館・中庭:お化け屋敷に参加 【現在のMC参加人数:14】

1

【3】本館・西館:その他の会場 【現在のMC参加人数:0】

1