クリエイティブRPG

恒久は罪であるか?

リアクション公開中!

恒久は罪であるか?
基本情報

マスター:朱坂理樹
ワールド:アルテラ
 
 

料金

MC参加:100ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2019年05月13日公開!

シナリオガイド

歳をとらない少女は何を想う。行方不明になった少女を追え

シナリオ名:恒久は罪であるか? / 担当マスター:朱坂理樹


生徒の1人が行方不明、先生達の一斉捜索に加勢、そして危険地域での護衛ね——
 ワッフルは出された紅茶をテーブルに置くと、依頼主からの紙を受け取りました。
 雇われ屋としてやってきたその依頼は、行方不明になった人を助けて欲しいといった良くある内容で。
 ただ、気になる記載がありました。
「……歳をとらない少女?」
 
 行方不明になった少女の名前はルノンといい、
 歳をとらない摩訶不思議な少女との事で、好奇心旺盛な科学者や、生き血を狙ったハンター達に襲われることも度々あるそうです。

 依頼主の村長は、村としても大事なルノンであるため保護したいと言います。
 ワッフルは少し嫌な顔を浮かべ、少し考え込むと小さく頷きました。

「この依頼受けるわ。断る理由も無いしね」

 それから数時間後——。
 ワッフルの目の前には古ぼけた大きな城がそびえ立っています。
 ルノンがここに入っていくのを見たのだと村人は証言します。
 
 しかし、ワッフルは相変わらず不機嫌な表情を浮かべていました。
「ユミのバカ。折角さそったのに……」

   §

「……ここから入れるよ」

 あの城の側にある、古ぼけた小さな小屋。その扉を子供達は数人がかりで開けました。
 中には闇へと潜っていく深い階段があります。

「うん。気をつけて」
 小学生らしいこども達の後ろをリリィは付いていきます。
 この階段は、どうやら城の中へと続いているらしいです。
 彼女達もまた城の中へと向かっています。歳をとらない少女を助けるために。

担当マスターより

▼担当マスター:朱坂理樹

マスターコメント

 初めまして。または結構お久しぶりです。朱坂理樹です。
 今回は大人達、子供達、それぞれ別々の意思で城の中にいる少女の元を目指しているようです。
 いつまでも歳をとらない少女、ルノン。その顛末は皆様の行動次第です。
 今回もGMとして皆様が楽しんで頂けますよう努めて参りますので、是非ご参加頂けますと幸いです。

■このシナリオの概要、目指す所について
 色んな所でルノンの保護に関する依頼が張り出されています。是非参加いただければと思います。
 なお、このシナリオは、どんな結果であれ歳をとらない少女と称される、”ルノン”までたどり着く事で終了となります。
 また、出発地点のみ以下の様に絞らせていただきます。
 ①先生、大人達と共に城へと突入する<ワッフルが同行>
  多数の大人達と共に少女を保護するため、正門、1階から突入します。
 ②子供達と共に城へ突入する<リリィが同行>
  同級生である少女の元を目指し地下からこっそり侵入します。
  ただし、子供達は大人の事を信じていません。
  大人が側に居れば、即座に逃げようとするでしょう。
  ※こちらの行動は見た目、年齢が子供でなければ同行不可とします。
   (後述の呪いを利用すれば同行可)

 それぞれ、常に同行する必要はありません。

■不思議な力「子供化」、行動に関する大人との違い
 この屋敷には”規律を破れば子供になってしまう”不思議な力による呪いがあります。
 〜規律〜
 ・城内を走らない
 ・大人は子供達を助けてはならない。
 ・ルノンの気分を損ねてはならない

 
 上記、規律を破ってしまうと、その瞬間から”子供化”してしまい
 考え方、思考力が少しだけ子供っぽくなってしまい、仕掛けを解く事が出来なくなってしまいます。
 (逆に大人の状態のほうが、仕掛けや侵入は進みやすいものと考えて下さい)

 逆に子供の場合、以下の事が出来るようになります。
 ・通気口を通る。(突破口が増えます)
 ・ルノンに警戒されにくい。(ルノンは子供に対しては決して傷つけたりしません)

■城や敵について
 城はゴブリンなどデモニス達の住処となっているため
 子供、大人関係無く侵入するものはもれなく敵と見なして攻撃される事が予測されます。
 また、先述しましたハンターや研究者が我先と、ルノンを目指しています。こちらも留意するに越したことは無いでしょう。
 さらに至る所に城の旧持ち主による様々な罠が存在します。罠にも警戒することをお勧めします。

■人物について
〜ワッフル〜
(前作登場:ユミの決意
 剣としての腕を磨くため、
 とある師と共に腕っ節の強い(諸説あり)雇われ屋として、各地を転々としています。
 “コルリスの紅き雷”ルキアにあこがれ、兵団に入ることを夢見ている。
〜リリィ〜
(前作登場:氷雪少女と獣達の遊び
 自分に出来る事を探すため、若くも旅をしています。
 パグとピグという獣を連れていますが、どうやらはぐれてしまったようです。
 街でこれから起きる事からエリカや街の人々を守りたいと考える反面。
 街中を回り、至る所に現れては、自分なりに理解、解決をしようとしています。

〜子供達〜
 クラスメイトでもあるルノンを助けるために立ち上がった総勢20人の小学生達です。
 クラスメイトだからこそ、ルノンに対しての親愛、
 また、大人達のルノンに対する視線に疑問を抱いています。
 何を見てきたのか、大人達は信じられないという子供達が大半のようです。

先生達に同行する

3

子供達に同行する

3