三千界のアバター

ワールドホライゾン

三千界枕投げ王決定戦

リアクション公開中!

三千界枕投げ王決定戦
基本情報

マスター:三千界のアバター運営チーム
ワールド:ワールドホライゾン
 
 

料金

MC参加:100ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2019年03月07日公開!

シナリオガイド

世界を股にかけた枕投げ大会開催! “五大枕”となるのはキミだ!

シナリオ名:三千界枕投げ王決定戦 / 担当マスター:三千界のアバター運営チーム



眠りこそ健康の源。ならば。
――眠りと特訓を両立させれば、いいんじゃない?

■□■


ワールドホライゾン。

広場にある長ベンチに、

・ルキア
・イサミ
・マンフレッド
・ノエル
・巻髪


の5名が座っていました。
なぜか揃いも揃ってコックリコックリと、今にも眠りそうでした。
彼らは覚醒と睡眠のはざまで、ある言葉を受けていました。

『三千界枕投げ最強決定戦を行うのだ。
チームの色を決めよ』


「……赤、だな」

「青で」

「絶望の黒に決まっているだろうが!」
※マンフレッドの後ろの是空が言いました。

「白……ですね」

「金に決まってます……わ」

■□■


翌日、広場には模擬戦を行うルキアとイサミがいました。

「いやああっ!!」

「――当たらない」

ルキアが枕の剣を避けると、イサミがフォトンガンを構えます。
しかし、そこから撃ちだされたのは枕の弾です。
二人は一進一退の攻防を続けます。

その様子を見てマンフレッドが呟きました。

「枕投げとは言っても、

・普段使用している武器が全部枕になる
・ダメージが蓄積すると寝てしまう


以外は実戦同様だな。
しかし、大会は我々が各色のチームリーダーとして特異者で対抗戦か」

「ですけど。
優勝チームには賞金山分けで、最終枕戦争で最後まで起きていた方に、

・三千界枕投げ王

の栄冠が。
そして、各チームの功労者に、

・五大枕

の称号が贈られるのですよね?」

ノエルの言葉に巻髪が頷きました。

「そうですわ。どんなに激しい戦いをしても、

・負けたら寝るだけ!

これからトコトン戦えますわね!」

五人とも、三千界枕投げ王決定戦が行われることを全く不思議に思ってないようです。
しかし。

(いったい何が起きているのでしょうか。
まあ、危険そうな気配はないですし。

シヴァの脅威が迫っている今、特訓できるのであれば
それにこしたことはないですから)

様子を見ていたクロニカは事態を見守ることにしたのです。

こうして、ワールドホライゾンを舞台にした、
枕投げ最強の決定戦が行われることになりました。

参加アバターを問わない、チーム戦です。

優勝するチームは、
そして最後まで起きていられる特異者は一体誰なのでしょうか!?

担当マスターより

▼担当マスター:三千界のアバター運営チーム

マスターコメント

『三千界枕投げ王決定戦』をお届けします。

本シナリオはクリスマスキャンペーンのお願いキャンペーンで、

●綾瀬智也(SAM0039884)様
●成神月鈴奈(SAM0038657)様

のお願いを元に作られました。
※お二人にはご招待を出させております!

本シナリオは、世界を問わない、気軽に楽しめるチーム対抗戦となっております!

●基本的な状況
何者かの陰謀(?)によって三千界最強を決める枕投げ大会が開催されることになりました。

五人の特異者がチームリーダーとなる対抗戦です。
本大会では特異者たちも下記のいずれかに所属して戦うことになります。

レッドピロー(リーダー:ルキア)
ブルーピロー(リーダー:イサミ)
ブラックピロー(リーダー:マンフレッド)
ホワイトピロー(リーダー:ノエル)
ゴールドピロー(リーダー:巻髪)


●大会の形式について
会場はワールドホライゾンの広場です。
アバター(ワールド)、参加チームの制限などは一切ございません。

ただし、

・攻撃方法が全て枕になってしまいます。

例:
剣は剣の形をした枕となる。
銃や砲は枕の弾を撃つ。
火の魔法は火の枕を投げる

などなど……。
何をやっても全部攻撃が枕になってしまいます。
そしてダメージを受けると眠くなっていき、
普段の戦闘でHP0くらいになると寝ます。
大会終了まで起きません。
※眠り耐性、眠り解除効果のあるアイテム・スキルは本大会に限りなぜか効果を発揮しません。

チームの勝利は、

・自チーム以外が全員寝る

であり仮に起きている人がいても

・リーダーが寝てしまうとチーム員も睡眠
※チーム別チームを攻撃していて最後まで起きていた場合も、最終枕大戦(後述)時までには寝てしまいます。


となります。
ただしリーダーは
お腹に鍵の刺さったさんぜんねこ風の羊、

・ガードシープ

10体ほどに守られています。
ガードシープは攻撃はせずリーダーを守るのに全力を尽くします。
パート選択の難易度5はガードシープの強さとなります。
リーダーそのものはLV50で得意のアバター・攻撃で枕投げをしてきます。

●アクションの書き方
基本的に本枕投げはリーダーを巡る攻防となります。
そのためアクションの頭に、

【赤攻撃】
【青攻撃】
【黒攻撃】
【白攻撃】
【金攻撃】
【リーダー防衛】

のいずれかをお書きください。
参加チームへの攻撃は無効となります。
その他記述がルールに沿ってない場合、
参加パートの色を選んでいた場合はマスターが判断させて頂きますのでご了承ください。

また、各色での攻防が終わった後、起きている者たちのバトルロイヤル、

・最終枕戦争(マクラゲドン)

が行われます。
最終枕投戦争で最後まで起きていたリーダーのチームが優勝チームとなります。
そして、その中で更に枕を投げあって起き抜いた人が、三千界枕投げ王となるのです!
※最終枕戦争用のアクションを書くことも可能です。

●勝者に豪華プレゼント

最後まで起きていた、あるいはリーダーが倒されなかったチームの参加メンバー全員で、

・100万G山分け&記念称号

がプレゼントされます!
※山分けは参加キャラ単位で行われます。記念称号はLCも含まれたチーム参加PC全員に贈られます。

そして最終枕戦争で最後まで起きていた人に、

・三千界枕投げ王

の称号が贈られます。
また各チームで一番貢献した人1名ずつを選んで、

・五大枕

の称号が贈られます。
三千界枕投げ王にも追加で贈られます。
※「三千界枕投げ王」「五大枕」はいずれも能力値付き称号となります。

それではみなさんのご参加をお待ちしております。


【2019年2月5日10:30 修正・追記】

・ブラックピローに是空はいますが、リーダーではない一般参加です。
※本人は黒幕と言い張っています。
・枕投げ決定戦の参加はサイズは問わず、世界ごとの特殊ルールも使用可能です。
ただ、全部枕に変換されます。
・勝敗ですが表記が分かりづらい箇所がございましたので、
 以下のように整理させて頂き、関連箇所を修正させて頂きました。大変申し訳ございません。

 ・最後までリーダーが起きていたチーム:優勝チーム
 ・各チームで最も貢献していたと判定された方:五大枕
 ・最終枕戦争で最後まで起きていた人:三千界枕投げ王
 ※三千界枕投げ王と五大枕双方に選ばれる場合もある。


 優勝賞品などについては変更ございません。


【2019年02月12日18:30 変更】リアクション公開予定日を『2019年03月07日』に変更いたしました。

レッドピローで参加

5

ブルーピローで参加

5

ホワイトピローで参加

5

ブラックピローで参加

5

ゴールドピローで参加

5