三千界のアバター

ありがとうの花束を

リアクション公開中!

ありがとうの花束を
基本情報

マスター:抹茶
ワールド:エデン
 
 

料金

MC参加:100ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:不可

スケジュール

2018年12月19日公開!

シナリオガイド

聖なる日に、感謝をこめて。

シナリオ名:ありがとうの花束を / 担当マスター:抹茶



 十字街では、傭兵にあてた依頼が毎日たくさん舞い込んでいます。
 冬も始まり、一段と冷えこむようになったある日、そんなたくさんの依頼に埋没するように、ちょっと変わった依頼が表示されました。

『急募:孤児院主催 クリスマスパーティの参加者を募集!
 募集対象:十字街の傭兵さんならどなたでも
 特別報酬:昼食をごちそういたします。また、こどもたちから手作りのプレゼントをご用意しております。
 詳細:孤児院に住むこどもたちと一緒に、楽しいパーティを開催しようと計画しています。
    職員が用意するお食事を食べながら、こどもたちの演奏や演劇を楽しんでいただける方はおられませんか?
    こどもたちと輪になって踊って頂ける方や、一緒に演目に出演してくださる方も大歓迎。
  恥ずかしながら私たち職員の出演演目もありますので、大人の方も遠慮はなさらないでくださいね。
    こどもたちは、普段お世話になっている十字街の傭兵さんたちにお礼がしたいと申しております。
  そんなこどもたちの気持ちをくんでくださる方、一緒に楽しんでくださるかたのご応募をお待ちしております。
 追伸:実は職員の人手が足りておりません……。当日早い時間から来ていただける方、よろしければお手伝いをお願いできませんか?
    お料理できる方、飾り付けを手伝って下さる方、大歓迎です! アイデアなどご提案いただくのも嬉しいです!』

 依頼主は、十字街の町はずれにある孤児院の職員で、ルナウとあります。


 この依頼に注目したのは、十字街の傭兵たちだけではありませんでした。

「ルナウ……」

 セクターEの片隅で、一人の女がつぶやきました。
 その手には、傭兵に向けた依頼が表示されるデバイスが握られています。

「……どうして貴様だけ、そう平和でいられるんだろうな」

 女の名はリナル
 かつてはセクターDで何十人もの部下を従えていた彼女ですが、今はたった一人。身に着けるものも華美とは程遠い鈍い色の衣装になり、化粧も施してはいないようです。
 彼女は美しい造作をしていますが、頬の片側が焼けただれ、それを隠すようにマスクをつけているようです。

「約束したじゃないか。私たちは一緒だ。病める時も、健やかなる時も……死の瞬間ですら。なのに、貴様はひとり逃げ出した……」

 彼女は、静かにデバイスをたたみました。

「……殺してやる」

 暗い瞳でそう呟いて、彼女は歩き出します。
 その足は、孤児院へとまっすぐに向かっていました。

担当マスターより

▼担当マスター:抹茶

マスターコメント

 皆さま、こんにちは。新人マスター抹茶です。
 今回は皆様を、楽しいクリスマスパーティにご招待したいと思います。
 パーティに向けた補足を、私の方から少しさせていただきますね。

--------------------------------------------

▽手作り感満載のカジュアルなパーティです。ラフな服装でお越し下さってもいいですし、飾りまくっていただいても構いません。
 規模感としては保育所や幼稚園のお遊戯会+がんばって作った手作りお食事会を想像していただければ大体あってます。

▽孤児院の人員構成は職員五名程度、こども三十名程度。すべて非戦闘員です。

▽こどもたちの中で三名、栄具の所持が確認されています。共通して「おほしさまのかけら」と呼称している結晶型の栄具です。これを使用することで、使用者本人を含めた任意の存在に特異者たちと変わらないほどの俊敏さを一時的に与えます。あときらきらします。

▽孤児院はさほど大きくなく、三階建ての建物で、屋上が存在します。町はずれにあり、住宅街からも遠いため、普段はあまり人目につきません。

▽リナルについてはエデンDBに以下の情報が掲載されています。犯罪者としての告知の意味もあり、低いレベルで閲覧可能な情報ですので掲載いたします。
 セクターD所属。敗者。セクターDによるエデン全体の統治を望んでいた一派で、多くの部下を従えていた時期がある。
 セクターEから女性を誘拐するなど犯罪歴あり。フェイタル・ゲームでは早い段階で敗北しており、現在は多数いた部下からも見捨てられた様子。
 使用栄具は鏡。光と鏡の性質を利用した幻の使い手で、過去の戦いでは自身の姿を模した幻を複数展開させ、虚実をごまかす実例が見られた。この幻は偉能力までもコピーするため外観および偉能力の差異での判別は難しい。
 今後は同じ性質を利用した別の使用方法を展開する可能性も否めない。
 かなりの怪力。

--------------------------------------------

 以上です。
 今のままでは、せっかくのパーティに血の雨が降ってしまうことでしょう。
 皆様のアクションによってどんな変化がもたらされるか、とっても楽しみにしております。
 それでは、今回もよろしくお願いいたします!

パーティに参加する

2

リナルと戦闘する

4