クリエイティブRPG

師匠と神童の和解

リアクション公開中!

 0

師匠と神童の和解
基本情報

マスター:イヴェール
ワールド:エデン
 
 

料金

MC参加:100ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:不可

スケジュール

2018年11月29日公開!

シナリオガイド

不当な売買を阻止せよ!

シナリオ名:師匠と神童の和解 / 担当マスター:イヴェール




 セクターEのとある一画、最近そこに秘密の賭場が出来ていました。
 廃墟同然の建物の中では中古のルーレットが回り、人々がチップを握りしめ集まっています。

「さぁ、そろそろ賭けは終了ですよ」

 ディーラーの声に人々は数字の上にチップを並べていくと、ボールをルーレットの縁へ転がしました。
 やがて、数字の書かれているポケットに入り、人々は一喜一憂しました。
 その中で、悔しさのあまり膝をつき床を叩く男がいます。

「クソクソッ。また負けてしまった……もうお金がない」

「それは残念です。何か代わる物があれば良いのですか」

 ディーラーの言葉に男は自分の回りに幻影で出来た鍵盤を浮かび上がらせます。

「私はかつて神童と呼ばれた作曲家だぞ。その名誉のある一曲をここで披露しよう」

 そう言うとディーラーは拍手をしました。

「かしこまりました。他のお客様も今は静かにお願いいたします」

 他のお客が注目する中、男は演奏し始めます。
 それと同時にディーラーは後ろ手にある小さな機械のボタンを押しました。


 *     *     * 



 決闘者見習いのアトゥは偉人のパンおじさんと共に師匠の元へ向かっていました。
 セクターEの平和のため戦う彼は現在、獅子 サイガの計らいでナンネル・マリアンナの元で修行をしていました。
 アトゥがナンネルの自宅兼訓練所へ到着すると、彼女が声をかけてきます。

「アトゥか。遅かったね」
「サイガ様から任務を師匠に伝えるようお願いされたので」

 そう話すアトゥは俯きがちでした。ナンネルが不思議そうに見つめていると、パンおじさんが口を開きました。

スネイキー一味の数人が刑期を経て釈放されたそうだ」

「なるほどね。敗者嫌いはスネイキーだけだったから、命令されたからやったと言われれば刑は軽くならざるをえないからね。
 また悪さしなければいいけど」

 ナンネルが話をしていると、アトゥは手のひらサイズの機械を取り出しました。
 それは、テープに録音する機器でした。

「サイガ様からセクターFから密輸され、
 セクターE内で秘密裏に行われている芸術品の売買を取り締まってほしい
とのことです」

「芸術品の販売?」

「公園で絵や彫刻などが高値で売っているそうです。でも、誰が作ったか分からないものがあって
 この機械に入っているのは音楽みたいなんですが……」

 アトゥがボタンを押すと、曲が流れ始めました。美しいピアノソナタの旋律にナンネルは酔いしれました。

「これはアタシの偉人『ヴォルフ』が弾いていた曲だ。ヴォルフが騙されたり脅迫されてたりして曲を弾いてるってことなの?」

「いや、違うかもしれない」

 ナンネルの質問にパンおじさんが話し始めました。

「我輩が行く賭場に似た容姿の男がいてな、そいつは負けると楽器を演奏して、それでチップを交換しているようだ」

 それを聞いたナンネルは顔をしかめました。

「つまりヴォルフはギャンブルしたいがために、曲を弾いていたっこと……ヴォルフめ、ちゃんと演奏料もらってきなさいよ」

 ナンネルは武器を具現化させ、怒りを顕にするように構えました。その勢いにアトゥとパンおじさんは呆然としています。
 そんな彼らにナンネルは呼び掛けました。

「アトゥ、アンタたちはその賭場に行って、ヴォルフにお仕置きしてきなさい」

「師匠は?」

「アタシはサイガ様に頼まれた任務があるからね。じゃ、よろしく!」

 ナンネルはそう言い残し走り出しました。その後ろ姿にアトゥはため息をつきました。


担当マスターより

▼担当マスター:イヴェール

マスターコメント

今回はセクターFで高価な芸術品を販売している組織を取り締まること、それに関わった師匠の偉人を捕まえるシナリオになります。


ナンネル・マリアンナについて
 アトゥの師匠にあたる女性です。普段はセクターEの平和のために活動しています。
 彼女は楽器(地球でいうバイオリンのようなもの)を武器にしていますが、帯刀者であるため鈍器として扱っています。


ヴォルフについて
 ナンネルの偉人で、地球では「神童」と呼ばれた作曲家でした。しかし、アトゥたちは見たことがなく、
 名前もナンネルが略して呼んでいるようです。
 幻影のピアノの旋律で眠らせたり虜にしたりする攻撃が主なので、基本的に逃げることが予想されています。
 最近はナンネルの元よりもギャンブルにはまってしまい、そこにいることがほとんどとのことです。
 ナンネル自身は捕まえると同時にお仕置きをしてほしいそうですが……。


アトゥとパンおじさんについて
 セクターEの平和を守る少年と偉人です。決闘者、勝者としてはまだ駆け出しです。
 調律者で具現化したトランプで攻撃と防御を行います。


賭場芸術品販売をしている組織について
 賭場はセクターEの廃墟同然の場所にあります。チップを買うためにお金は必要ですが、
 チップがお金に換金されることはありません。

 しかし、そのギャンブル性からはまってしまう人々も多いとのことです。
 その中にはヴォルフのような芸術家の偉人もいるそうです。
 一方、芸術品販売をしている組織は、セクターEの十字街の片隅にあるプレハブ小屋で売買をしています。
 そこで売られている芸術品は地球出身である特異者にとっては有名な物ばかりです。
 しかし、セクターEの人々にはとても珍しく大金を出して皆買っていくそうです。

 また、その賭場や芸術品販売の人間は勝者がほとんどで、特異者の中には彼らに見覚えがある勝者がほとんどで、
 特異者の中には彼らに見覚えがある者もいるとのことです。


1.ナンネルと芸術品販売を取り締まる

5

2.アトゥと賭場へ行き、ヴォルフを捕まえる

4