三千界のアバター

狂気のバイオレンス美女を追え!

リアクション公開中!

狂気のバイオレンス美女を追え!
基本情報

マスター:箸矢
ワールド:ガイア
 
 

料金

MC参加:100ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:不可

スケジュール

2018年09月20日公開!

シナリオガイド

傷だらけの双子と心を通わせて、可憐な暴力美女を捕えろ!

シナリオ名:狂気のバイオレンス美女を追え! / 担当マスター:箸矢


メトロポリス第一層の隔離地区にて――。
同じ姿形をした複数の汽人たちが、いたるところで強盗や暴力を振るう事件が発生しました。
迷惑な汽人たちを製作した人物を調べると、アリアという名前の可憐な女性が浮上。

「こんな華奢で美しい女性が?」
「信じられない、何かの間違いじゃないのか?」
「昔の彼女を知っているけど、こんなに凶暴な人ではなかった。むしろ病気がちで大人しい女性だったはず――」

人々がそう語るのもつかの間――アリアはその可憐さとは裏腹に、暴力行為を繰り返しながら汽人を引き連れて逃走します。
青い髪は美しく、儚げな雰囲気をまとって可憐ではありますが、その容姿に惑わされてはいけません。


――また、ギルドはアリアの指名手配を行うと同時に、彼女の家族である双子の兄妹を重要参考人として保護したのですが……。

「おねえちゃんは悪くないんだ!」
「そうよ、おねえちゃんは本当はすっごく優しいんだから!」

男の子はリオン、女の子はリーア。小さな双子の兄妹はアリアのことを庇うばかりで、何の情報も聞き出せません。
ですが双子の身体は傷だらけ。明らかな人の手形による打撲根があるので、それが「おねえちゃん」の仕業であることは安易に想像できます。

アリアは無言で汽人を使って抵抗してくるし、双子は心を開かず傷の手当てもさせてくれない始末。

このままでは事件の解決が難しい――そう判断したギルドは、特異者たちに依頼を出しました。

依頼内容は、地下通路に逃げたアリアを追い詰めて捕縛することと、双子からアリアについての情報を引き出すこと。

「「おねえちゃんに酷いことしないでっ!」」

小さな双子が傷の痛みを我慢してまでアリアを庇うのには、一体どんな理由があるのでしょうか?

担当マスターより

▼担当マスター:箸矢

マスターコメント

初めまして、この度ゲームマスターを務めさせていただきます箸矢です。よろしくお願いいたします。
本シナリオの目的は、ガイアで起きた姉とその弟妹にまつわる事件を解決すること。

・汽人を倒してアリアを一人にし、追い詰めて捕縛する
・双子と心を通わせて、詳しい話を聞かせて貰う

このどちらか一つでも欠けてしまえば、事件の真相は闇に包まれたままです。
力自慢な武闘派の方、頭脳派で心優しい方、どちらにもご協力いただければと思います。

■地下通路を逃げるアリアについて

アリアが逃げた地下通路は入り組んでいますが、一本道で出入り口は西と東の二つだけ。
二手に分かれて追い詰めれば挟み撃ちが可能です。
アリアは通路の奥にある何か大切なものを守っているようなので、その場所まで追い詰めれば捕縛も難しくないでしょう。
ただしアリアは激しく抵抗してきますし、攻撃力のある汽人も複数体います。
どうやって挟み撃ちにするか、アリアを追い詰める過程でどれだけ汽人の数を減らせるかが事件解決のカギとなります。

■双子について

双子はアリアをとても慕っているので、彼女を悪く言う人を警戒して心を閉ざしてしまうようです。
根は素直ないい子たちですから、優しく寄り添って話をすれば心を開いてくれるはず。
セージのスキルやアーティフィサーとしての技量を見せてあげると、信頼して色々話してくれるかもしれません。
双子に事件のことを聞くのであれば、二人の服装や傷の具合を観察したり、事件との関連性について考えた質問をしてみると、一気に核心に迫れるでしょう。
また、双子はまだ傷を負ったままです。回復スキルをお持ちの方は、彼らが心を開いたタイミングでそれを使ってあげると喜んでくれます。

■現時点で判明している事件の詳細について

・汽人たちが盗んだのは、食料品や子ども用の衣料品、その他生活に必要な雑貨類。
・汽人たちが暴力を振るったのは、嫌味だったり意地悪だったりと近所でも評判の悪い人ばかり。
・アリアたち三兄妹の両親はすでに他界。三人は貧しい生活を送っていた。
・アリアは汽人の製作依頼を請け負うウィザードだったが、事件が起きる少し前から休業していた。
・以前からアリアを知る人によると、彼女は病気がちで最近は満足に歩けないほど弱っていたのに、最近になって人が変わったように暴れ始めたとのこと。

双子に詳しい話を聞く

2

地下通路で汽人を率いるアリアを追う

5