三千界のアバター

バファロー農場と隠しダンジョン

リアクション公開中!

バファロー農場と隠しダンジョン
基本情報

マスター:天ノ土竜
ワールド:RWO
 
 

料金

MC参加:100ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2018年04月24日公開!

シナリオガイド

農場の地下に潜む謎を追え!

シナリオ名:バファロー農場と隠しダンジョン / 担当マスター:天ノ土竜


「農場の下がこんなことになっているとは知らなかったな」
 バファロー農場の農場主、イニック=バファロー氏は驚きの表情で暗い地下を覗き込みました。

 農場を荒らすモンスターの退治の依頼を受けたWHの冒険者のコタロー(小山田 小太郎)やジュノ(ジェノ・サリス)らは、農地の一角を掘り進んで地下に何かがあることを発見しました。
 バファロー氏の話では、今の農場の場所には小さなお城があったということです。
 といっても森の中に遺跡としてわずかな柱や城壁の名残があっただけで、その地下に空間があることはわからなかったということでした。
「元々は山賊に襲われたときに隠れるための避難場所だったのかもしれない」
 ただ地下は思ったより深い場所に広がっているらしく、慎重に調べる必要がありました。
 バファロー氏はすぐさま追加で調査を行う依頼を出しました。

 すると、クラン【スリーパー】の連中が自分たちも調査に加わると言い出しました。
 クヨウ(九曜 すばる)は【スリーパー】は警戒する必要があると感じますが、調査にはできるだけ人数が必要でした。

 「こういった場合その奥にお宝があるのがお約束だからな」
(つまり、彼らはバファロー農場には何かがあることに気がついていたわけだな……)
 彼らに同行していた四柱 狭間は彼らの会話から彼らの思惑に気づきました。
 地下にはグラウンドビーストのボスがいる可能性があり、それで【スリーパー】は今まで手を出せないでいたのですが、能力が高いWHの冒険者らに同行することでお宝まで辿り着けると考えたようです。

「私はちょっと暗くて狭いのはダメだなぁ」
 マスカットは地下へ向かう人のために自分ができることとして武器の手入れなどの準備を手伝うことにしました。


 一方、バファロー家でも騒動が起こっていました。
 長女のレイラが弟や妹たちの姿が消えたことを冒険者のゼファ(春日 晄一朗)に訴えたのです。
「周りで騒ぐから叱って部屋から追い出したの。だけど、気がついたらどこにもいなくて……」
 ゼファはそのことをセガライルに相談すると、セガライルはすぐさま周囲にいたマイカ(邑垣 舞花)らにも協力を要請しました。
 そしてマイカが作業員らに尋ねたところ、「ロマが整備用の工具を借りにきた」という話がありました。
 また、バファロー農場にはいくつかの倉庫があり、それらを手分けして調べると今は使われていない倉庫の床下に狭い空間があるのが見つかりました。
 空間がある場所は荷物で隠してあり、どうやらロマが時々「秘密基地」として入り込んでいた場所のようです。
 さらにその床が一箇所腐って崩れたようになっており、その奥に地下に降りられる階段がありました。
「まさか、この中に?」
 マイカが不安を口にしますが、入り口から呼びかけても返事がありません。
「先に見つかったお城跡の地下とはかなり離れているが、中でつながっている可能性はあるかもしれない」
 セガライルは厳しい表情を見せました。
「もちろん子供達がこの穴に降りたとは限らないが、夜になればモンスターが出てくるかもしれない。
どちらにしても、早く見つけて連れ戻さなければ」
 セガライルのその言葉にレイラは今にも泣き出しそうに両手を強く握りしめて震えていました。
担当マスターより

▼担当マスター:天ノ土竜

マスターコメント

お世話になっております。天ノ土竜です。
今回は「バファロー農場のモンスター退治」の後編となります。ですが、どなたでもお気軽にご参加いただける内容となっております。
ガイドに登場していただいた方が参加された場合、ガイドに関わらずアクションをかけていただいて構いません。
モンスターを退治し、子供たちも無事発見してください。
一方で農場の仕事もいろいろあります。マイペースに農場ライフを満喫してくださっても良いでしょう。

地下の空間は人が3人並んで歩ける程度の通路が入り組んでいます。明かりは一切ありません。
希望すればバファロー農場から手持ちのランプを借りることはできます。ただあまり明るくはありません。
ところどころ5〜10平方メートル程度の部屋があり、ドアや棚といった木製のものは朽ち果てていますが、古い武器や防具、何か陶器のような入れ物やボロボロの書物などが残されています。
通路の壁の一部が崩れていて、そこからグランドビーストが出入りしているようです。
通路にはまだ50体程のグラウンドビーストが隠れています。これらのグラウンドビーストを倒さなければボスは姿を見せないようです。


出現するモンスターグラウンドビーストは背中に3〜4本の触手を生やした大きめのモグラのような怪物です。夜に群れで活動し作物を食い荒らします。
生き物も見境なく襲い、戦闘が長引くと凶暴化するので注意が必要です。
鋭い爪と牙があり、動きはあまり素早くはありませんが相手を触手で捕らえて攻撃してきます。
触手には棘があり、毒があります。触手を数メートルまで伸ばして捉えた相手を痺れさせて動きを鈍らせます。
大抵は母親とその子供らしい5〜6体前後の集団で農場に現れます。最近その群れの数が増えています。
モンスターは単独で倒すのは困難で大怪我をする場合があります。
群れを束ねるボスの雄は巨大な躰で10数メートル伸ばせる触手を5本持っているという噂です。
地下空間でのグラウンドビーストとの戦いは地上に比べて難しくなります。回復方法を確保して臨む必要があるでしょう。

今回は以下の行動を選ぶ事ができます


【1】地下空間に向かう/モンスターを倒す

地下空間を捜索し、グラウンドビーストとそのボスを倒すパートです。
ボスを早くおびき出すには地下空間の通路内にいるグランウンドビーストを倒す必要があります。

【2】バファロー家の子供たちを探す

姿が見えなくなったロマ、トーニン、クレル、ミミルの4人の子供たちを探します。
農場の倉庫の地下の穴から子供たちは地下に入って中で迷子になった可能性があります。
早く全員を見つける必要があります。

【3】農場を守る/農場の仕事を手伝う

作業員の多くは農場の外に避難させていますが、最低限農場を維持し作物や家畜の世話をする人が必要です。
農場での作業を行ったり、農場に関わる範囲で自由に過ごすことができます。

2パート、3パート共通で地上を移動する場合に限り馬を使うことができます。
ただし農場の馬は戦闘行為には使用できません。またバファロー農場の範囲外へは行けません。
2パート、3パートでもグラウンドビーストが出没する可能性は0ではありませんが、日中の地上では動きが悪いので警戒して対処できれば心配はありません。


■NPC

《農場側のゲームNPC》
イニック=バファロー…バファロー農場の主人。猟銃を扱うアタッカー。常に馬に乗り農場の周囲を見回っている。
ベロア=バファロー…イニックの妻。ヒステリックな面がありいろいろと口うるさい。子供には甘い。
レイラ…13才。しっかりした長女。ただ本当のことを言わない。冒険者を使用人としか思っていない。
ロマ…10才。マイペースな長男。防具作りには興味が有る。
トーニン…7才。アタッカーに憧れるわんぱくな次女。気が強い。
クレル…3才。ミミルと双子の次男。泣き虫で甘えん坊。
ミミル…クレルと双子の三女。クレルの真似ばかりしている。
マコラ…屋敷の使用人。料理や冒険者の身の回りの世話をしている大柄な女性。
セガライル…バファロー農場の農夫兼監視員。元はイニックの助手のアタッカーだったが大きな傷を負って農作業の手伝いだけをするようになった。


マスカット…WHのプレイヤーで、真面目でクラフターとして修行するためいろいろな依頼を受けている。
16歳の黒髪の短髪、中性的な容姿の女性でツナギの衣服に耳カバー付きの帽子を被っている。


クラン【スリーパー】…20代後半〜30代の男性の集まりでそれぞれバリィクレイボーロと名乗っている。
プレイヤーの間でもあまり評判が良くないクランで農場の依頼の常連。
年長者のボーロを中心に癖のある風貌の者たちで宿舎にまるで自分達の住居のように居座っている。
バリィがヒーラー、クレイがタンク、ボーロがアタッカーとしてコンビネーションでモンスターを倒す。それぞれ腕は確か。
農場の地下に目的があって来ていたらしい。警戒心が強く他のクランや冒険者には協力的ではない。
危険な時は他の冒険者を見捨てて撤退するという噂がある。



■注意事項

※情報共有について
今回からの参加者の方が前編の参加者の方から何か情報を得た場合情報共有した旨を双方でアクションに記述してください。
クラン(GA)を組んだ場合は自動的に情報を共有できているとします。

※アバターとジョブの変更について
前編から引き続き参加される場合、今回アバターとジョブを変更して構いません。
ただその場合クランやGAを組む他の方との齟齬がないようご注意ください。

※『RWO世界以外のもの』を察知するとアンチボディが出現する場合がありますのでご注意ください。


【1】地下空間に向かう/モンスターを倒す

5

【2】バファロー家の子供たちを探す

3

【3】農場を守る/農場の仕事を手伝う

2