三千界のアバター

ヴォルテックス低層、クエスト危機

リアクション公開中!

ヴォルテックス低層、クエスト危機
基本情報

マスター:冬神雪羅
ワールド:RWO
 
 

料金

MC参加:100ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2018年02月27日公開!

シナリオガイド

突如現れたレプリカントからクエストフラグを守れ!

シナリオ名:ヴォルテックス低層、クエスト危機 / 担当マスター:冬神雪羅



 ――RWO、“ヴォルテックス・オブ・カオス”
 日々拡大を続ける巨大ダンジョンですが、第50層までの低層では
 新規冒険者達がレベル上げなどを行う、修行場でもありました。
 
 そして今日も、この低層では多くの初心者がこまごまとしたクエストをこなしているのでした。
 
 ■ ■ ■
 
 ヴォルテックス第30層付近。
 
 山木 瞳は、最近RWOの調査へやってきた特異者で、
 ヴォルテックス見学も兼ね、自身のキャラクター、アレッシアを操作しながら
 クエストを行っていました。
 
クエスト:ラネルのお願い を達成しました

 操作画面にそう表示されると、軽快なSEが鳴りました。
 
 アレッシアの受けていたクエスト【ラネルのお願い】は、
 道中雑魚モンスターを倒しながら第30層付近にある素材屋:ラネルの元にお使いに行くという、
 簡単ながらそこそこの数のモンスターを倒さなければならないもので、
 操作慣らしや、手っ取り早くレベルを上げられることで、初心者には人気のクエストでした。
 
 そのため、アレッシアの近くには同じクエストを受けたであろうキャラクターが複数人おり、
 クエスト完了報告のため来た道を戻ってゆくキャラクター、もう少しこの場にとどまるキャラクターなど
 それぞれがRWOを楽しんでいるようです。
 
 アレッシアはひとまずクエスト完了報告のため、サルマティアの街へ戻ろうとしました。
 
 が、オープンチャットがにわかに騒然とし始め、
 思わずその足を止めます。
 
「おいおいなんだよこれ……」
「やべえwwwつよいwwwww」
「バグ?^^;」

 オープンチャットの盛り上がりと共に、同じクエストを受けたと思われるキャラクター達が
 より奥のダンジョンへ進んでいきます。
 何事かと思ったアレッシアも、踵を返しもう少し先へ進みました。
 
「これは……!」

 アレッシアが歩みを進めたその先では、ダンジョンを破壊しようとしているレプリカントの集団と、
 低層には現れるはずのない、強力なモンスターである大ムカデがプレーヤーを襲っていました。
 
「ど、どうにかしないと……!」
 
 周りにいるのは初心者プレーヤーばかりで、レプリカントやモンスターを掃討できるとは思えません。
 アレッシア自身も自分だけでどうにかできるとは思えませんでしたが、
 特異者としてこの状況を見逃すわけにもいかず、モンスターに立ち向かったのでした。
担当マスターより

▼担当マスター:冬神雪羅

マスターコメント

 ガイドをお読みいただきありがとうございます。
 本シナリオの目的は「低層に現れたレプリカントと強力モンスターを倒す」ことになります。
 
 特異者である(RWO名:アレッシア)は、
 調査とレベル上げを兼ね、ヴォルテックスの低層でクエストを受けていました。
 
 クエスト自体は滞りなく完了したのですが、
 ダンジョンを破壊しようとするレプリカントと、
 低層には出現しないはずのモンスターに遭遇してしまいました。
 
 この階層には初心者プレーヤーも多く、またこのままでは
 クエストを完了するためのNPCが殺されてしまい、シナリオが進行出来なくなってしまう可能性もあります。
 
 レプリカントやモンスターが現れた理由は分かりませんが、
 一刻も早く、この状況を収束する必要があります!


【第30層付近のダンジョン】
 ヴォルテックスの低層に分類される場所で、そこまで難易度の高いダンジョンではありません。
 地面は乾燥した土ですが、壁面は蔦や植物に覆われています。
 小さな草むらが点在しており、普段ならばそこから雑魚モンスターなどが飛び出してきますが、
 現在はレプリカントや大ムカデの出現により、雑魚モンスターの気配はありません。
 
 また、街ほどの規模ではありませんが、
 露天など、簡易的な店舗を経営しているクラフターが数人います。
 その中には、今回のクエストを受注しているNPCもいます。


【レプリカント】
 ダンジョンの破壊や、露天、その露天の店主(NPC)、その他一般プレーヤーを襲っています。
 剣や盾などを使用した物理攻撃がメインで、そこまでの強さはなさそうですが
 複数人で襲い掛かられると手こずる可能性があります。
 全体数は明らかになっていませんが、1~2人程度ではないことは明らかです。
 
【大ムカデ】
 低層のレベル帯からは外れた強モンスターですが、
 レベル帯的には、中堅冒険者向けのモンスターです。
 
 体は大きく、足の一つ一つは鎌のようになっており
 相手を切り裂くことが出来ます。
 また、尻尾は二股に分かれており、その先端からは毒針を飛ばします。
 
 素早さがありますが、その体の大きさゆえ小回りなどは聞きません。
 また目は退化しており、ほとんど視覚を頼りませんが、
 ピット器官に似たようなものがあるようで、動くものは全て敵とみなします。
 
 また頭や尻尾を切り落としても、一定時間は意志とは関係なく暴れますので、
 完全に絶命するまで油断は大敵です。
 

【1】レプリカントの対処をする 難易度:2
 レプリカントを倒します。
 レプリカントが発生した理由は分かりませんが、
 その強さから元になっているプレーヤーは初心者~低レベルプレーヤーだと思われます。
 ただし、レプリカントなので油断は大敵です。
 
 レプリカントたちに意思はなく、ダンジョンや露天を壊そうとしていたり、
 目に入るプレーヤーやNPCに対して、無作為に攻撃を仕掛けています。
 
 今回、アレッシアが受けたクエストのNPC:ラネルも近くにおり、
 このままラネルの露天やラネル自身が倒されてしまったら、
 初心者クエストのフラグが折れてしまい、ゲームに影響を及ぼしかねません。

【2】大ムカデを倒す 難易度:3
 突如現れた大ムカデを倒します。
 中堅者向けのモンスターである大ムカデは、普段ならばこの30層付近には出現しないため、
 大ムカデに対処できる冒険者がいない状態です。
 
 現場にいた初心者プレーヤーや低レベルプレーヤーは逃げ出したり、
 何とか対処できるレプリカントに立ち向かっていますが、
 中には、無謀にも大ムカデに挑むものや、瞳のように適正レベル帯でなくとも特異者として
 大ムカデに立ち向かっているキャラクターもいます。
 
 
 

レプリカントの対処をする

2

大ムカデを倒す

3