三千界のアバター

ピヨーキング・デッド

リアクション公開中!

ピヨーキング・デッド
基本情報

マスター:革酎
ワールド:ゴダム
 
 

料金

MC参加:100ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:2
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2018年01月28日公開!

シナリオガイド

君はピヨになるのか、ならないのか

シナリオ名:ピヨーキング・デッド / 担当マスター:革酎



 ゴダムの一地方、アトレアルト――そこは、ある特殊なスポーンの大群に支配されつつありました。
 この地に生息するスポーンは、その外観は人間の頭ぐらいの大きさのヒヨコ型生物なのですが、意外な程の怪力と、集団行動での数的制圧戦術を得意とするところから、現地に住まうひとびとからは大いに恐れられていました。
 現地民はこのヒヨコ型スポーンを、ピヨーカーと呼んでいます。
 ピヨーカーどもは自分達の支配圏を拡大すべく、集団を成して人間の住む町や村を次々と襲撃しています。
 誠に恐ろしいことに、ピヨーカーの嘴に突っつかれた人間は、その者もまたピヨーカーへと変貌してしまうのでした。
 ピヨーカーを無力化する為には、トサカ状の頭部羽毛を引っこ抜くか切り落とすしか方法が無く、それ以外の攻撃は一切通用しません。
 しかしながら、大軍団で襲いかかってくるピヨーカーの群れに対処するのは生半なことではなく、彼等を撃退することは不可能に近いといって良いでしょう。
 つまり、ピヨーカーの群れに襲われた者が無事に生き延びる為には、ひたすら逃げるしか手はありません。
 そしてこの日――アトレアルト内の郊外にある寂れた廃工場にて、ある特異者の女性が数名の現地民を助けようと奮闘していました。
 彼女の名は、樫原さん(年齢不詳)。
 セリアンのアバターを身に纏っているにも関わらず、鬼のような強さを発揮している樫原さんは、まさに鬼神のカピバラでした。
 シンプルなデザインの可愛らしい衣服をピヨーカーの返り血ならぬ返り羽毛で汚しまくり、真っ黒に変色した血糊がべったりとこびりついているモーニングスターをぶんぶんと振り回しています。
 ひとびとは、そんな樫原さんの勇者的な行動に感動しつつも、自分達の置かれた危機的な状況に、ただただ絶望するばかりでした。
 そんな折、廃工場のすぐ近くで開いたゲートがひとつ。
 決して少なくない数の特異者がこの地を訪れ、樫原さんと共に現地民をピヨーカーの魔の手から救う為に、戦いを挑もうとしていました。
担当マスターより

▼担当マスター:革酎

マスターコメント

 本シナリオガイドをお読みくださり、ありがとうございます。
 ガイド本文に登場する樫原さんとピヨーカーは、もりさわともひろ絵師様と更科雫絵師様よりご了解を頂いた上で、使用させて頂いております。
 お二方とも、ありがとうございます。

 本シナリオでは、基本的には樫原さんと協力して現地民を廃工場から脱出させることがメインミッションとなりますが、敢えてピヨーカーに襲われて自らもピヨーカー化するお約束展開もアクションとして出して頂くことが可能となっています。
 が、幾つかの問題点がございます。簡単に死亡フラグならぬピヨーフラグを立てることは出来ません。
 以下の条件をよくお読みになってご参加下さい。

・樫原さんは寡黙な女性という訳ではありませんが、全く空気を読まない発言が多く飛び出します。
・樫原さんはその英雄的思想から現地民のみならず、味方の特異者が危機に陥る(ピヨーカーに襲われる)場合でも全力で助けようとします→故意にピヨーカー化しようとすると、「あんた何やってんの」的な勢いで軽ーく救出されてしまいます。
・ピヨーカー化すると、アトレアルト地方では今後、ピヨーカーとして行動しなければなりません。
・ピヨーカーは意外と力持ちで、4~5羽も集まれば成人男性を担いで走り回る程度は朝飯前です。

 それでは、皆様からのピヨピヨしたアクションをお待ちしております。

ピヨーカー化希望

7

とりあえず常識人

3