三千界のアバター

ノルトマルク避難民輸送作戦

リアクション公開中!

ノルトマルク避難民輸送作戦
基本情報

マスター:古代かえで
ワールド:テルス
 
 

料金

MC参加:100ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2017年10月06日公開!

シナリオガイド

虐げられた避難民の命を救え!

シナリオ名:ノルトマルク避難民輸送作戦 / 担当マスター:古代かえで



相克の世界テルス

魔力豊かな惑星スフィアと過酷な環境にある小惑星群ワラセア。
二つの大きく性質を異にする地域は対立し、
ワラセアで興ったグランディレクタ共和国の、
スフィアにあるラディア王国への侵攻という事態に発展していたのです。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇


ラディア軍 エアロシップ

「避難民の回収ポイントまであと3000! 敵影ありません」
「了解。警戒を怠るな」

青い海の上を、複数のエアロシップが列をなして走っていました。
ノルトマルクの町から脱走したラディア国民たちから救援信号がどいたのは数刻前。

小隊長であるリベルテは、ラディア軍からその任を受け、急遽避難民達との合流ポイントへと向かっていました。
戦争の最前線ではないとはいえ、回収ポイントはグランディレクタ軍の領内。
エアロシップの中には、緊張が張り詰めていました。

程なくしてエアロシップ小隊は避難民の回収地点に到着しました。
しかし、着陸の準備を進めようとしたとき、オペレーターの一人が声を上げました。

「レーダーに感アリ! 北東に敵のメタルキャヴァルリィらしき機体です!
 反応からしてこちらには気づいていませんが、このままですと、あと数分で敵機視界に入ります!」


―――その数刻前、サフル大陸西部 ノルトマルク市街地外れ

「もう少し行けば草地を抜けるぞ……そこまでいけば合流地点は目の前だ……!」

腰の高さほどの茂みの中を数名の男女が歩いていました。
そこはノルトマルクの町から少し離れた草原、人の手があまり入ってこなかったその場所では、たびたびモンスターの姿も目撃されています。

開戦直後に、グランディレクタ軍によって占拠されたノルトマルクの町では、市民の不満が高まっていました。
町の人々は不当な扱いこそ受けていませんでしたが、少なからずある監視の目や、グランディレクタからの人の流入による立ち退きなど、脱走の理由としては十分すぎるものでした。

脱走した人数は、老若男女合わせて200人強、彼らは見つかる危険性を下げるため、少人数に分かれて、
合流地点へと向かっていました。

「よかった、お前たちも無事だったか!」
「途中モンスターに見つかりそうになったが、なんとかな!」

合流地点にはすでにかなりの数の避難民が集まってきており、
皆の無事を喜びあっていました。

「おい! あれ、ラディア軍のエアロシップだ!!」

そんな中、一人の避難民が海の上を見て指をさします。
そこには海上を進むエアロシップの姿がありました。
 その甲板には、協力している高杉大介が立っています。彼はワールドホライゾンの特異者に、今回の輸送作戦について依頼をしていました。
担当マスターより

▼担当マスター:古代かえで

マスターコメント

◇ ◇ ◇基本的な状況◇ ◇ ◇


環境に不満を持った市民たちが、ノルトマルクの町から脱走し避難民として救助を要請しました。
それを受けたリベルテは高杉大介を通して、特異者にも依頼を出し、複数の輸送船、護衛戦を連れて救助に向かいました。

今現在的には見つかっていませんが、レーダーには敵機の反応が現れています。
このままいくと、残り数分で敵メタルキャヴァルリィの補足範囲に入ってしまいますので、戦闘力のない避難民たちを無事に逃がすため、その前に対処をする必要があります。

また、周囲では何度かモンスターも目撃されており、避難活動中に襲い掛かってくる可能性もございます。
何とか無事に避難民たちをエアロシップへと乗せ、ラディア領へと輸送してください。

以上が、今回のシナリオの大まかな状況です。
今回、主にやることは

・敵哨戒班を引き付ける
・避難民の誘導を行う

上記2つの行動となります。

リベルテは、ノルトマルクから脱走した避難民達からの連絡を受けた、軍本部によって派遣され、特異者たちは高杉大介と共に彼に協力する形で作戦に参加します。

皆さんはその声に応じて集まった、もしくはノルトマルクの町から逃げてきた避難民としてアクションをかけることができます。

【1】敵哨戒班を引き付ける 難易度:3

 リベルテ達が避難民を無事に救出できるよう、敵哨戒班の注意を引き付けてください。
 敵哨戒班は脱出した避難民たちを探すべく派遣されたファントム小隊です。
 今回の作戦において、避難民たちに戦闘力は皆無で、襲われた場合すぐに捕まる、もしくは殺されてしまうでしょう。
 自身が脱出することを考えながらも、極力敵を遠くにひきつけることが大切だと考えられます。
 
 本シナリオにおいては未だ敵に見つかっていない状態からのスタートになりますので、
 敵に隠れた隠密行動も可能です。
 ただ、回収地点は人間の腰ほどの高さしかない草が生い茂った地点の為、メタルキャヴァルリィやエアロシップで近づけばすぐに気づかれてしまうでしょう。
 

【2】避難民の誘導を行う 難易度:2
 エアロシップから下船し、避難民たちの誘導を行ってください。
 200人近い人数がおり、輸送用の小型エアロシップに乗ります。
 輸送用の小型エアロシップは武装がついていない代わりに、200人を乗せることが可能です。
 ただし、装甲も客船並みですので、きちんと護衛する必要があります。
 
 また、合流地点はモンスターの生息が確認されており、
 人が集まる場所へ食料などを求めて出没する可能性があります。
 そうなった場合、モンスターや慌てる避難民達への対処も必要です。

 以上が、基本的な状況になります!!

・戦功について
 本シナリオでは活躍したPCに戦功として、

・活躍に応じた戦功称号
※能力のプラスあり
・上級アバター“センチュリオン”のチェンジ用のアイテム

 などがプレゼントされる場合がございます。
 その際、戦功一覧ページでお名前を掲載させて頂く予定です。
 内容的に戦うキャラクターがメインと見えるかも知れませんが、軍人でないとしても、活躍された場合は戦功の対象となります。


 多くの避難民の命を救えるのか!!
 それはあなたも活躍次第です。
 どうぞ奮ってご参加ください!

【1】敵哨戒班を引き付ける

3

【2】避難民の誘導を行う

2