クリエイティブRPG

腰痛の老猫又と影を喰らう怪魚

リアクション公開中!

腰痛の老猫又と影を喰らう怪魚
基本情報

マスター:夜月天音
ワールド:大和
 
 

料金

MC参加:100ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:不可

スケジュール

2014年06月29日公開!

シナリオガイド

腰痛に苦しむ猫又を救い怪魚を退治せよ!

シナリオ名:腰痛の老猫又と影を喰らう怪魚 / 担当マスター:夜月天音


 昼の大和、津久紫のとある古ぼけた屋敷。

「にゃぁ、海の怪魚を何とかしなきゃならにゃいのに」
 布団に横になっている雌の老猫又は最近突如として発生した問題に顔をしかめていました。
「……影鰐(かげわに)。海面に映った船乗りの影を飲み込み、奪われた者は死ぬ……退治したらしたで四散して退治者に致命傷を与える。人間や妖関係にゃく……こんな事前にゃかったのに、話し合って住人が捧げる植物の影で落ち着いたはずなのに……植物に飽きたとか何があったのかにゃ」
 老猫又房江はぶつぶつと問題を整理し起きた異変に溜息を吐くばかり。
 その間も一切微動だにせず布団から出ないのは
「腰痛で動けにゃいから誰か呼んで来るにゃ。事情はこれに書いているから受けてくれそうな者に見せるにゃ……腰が大丈夫なら自らやるし他の縄張り担当の猫又、通称猫又組合の皆に会えるのに……明星妖市の親睦会にも行けにゃかったし」
 酷い腰痛のため。それ故、出来る事はお付きの化け猫に事情を記した木簡を託し協力者を頼む事だけでした。
「にゃーー」
 お付きの化け猫達は元気に協力者捜しに駆け出しました。

 化け猫達を見送った後。
「……もう年で隠居したいのに……後継者候補も……はぁ、儂に出会う前に妹分は姉貴分に助けられてから姉貴分もその時から互いが一番でそれ以外は師匠の儂でも二番だし……仲は良いし、儂の事を嫌ってはいないらしいけど。いつも二匹一緒に行動ばかりして依存中だし、あの状態で仕事を受け継がせるのは不安だし……頭も腰も痛くて死にそうにゃ」
 房江は二匹の後継者候補の事を思い出していました。性根はいいが、何をするのも姉妹の事を優先し師である自分の事は後回し。今回も本来ならどちらか一匹が自分の世話に残るべきなのにそれもなく師としては涙が出そうな状態です。
「……にゃぁ、腰痛いし隠居したいにゃ」
 起き上がれないほど疼く腰痛にすっかり弱気になっていました。
 その間も突如現れた怪魚のせいで海に出られない漁師や海を生活範囲とする妖達は困り果て解決する誰かを切望していました。

 その頃の海は怪魚が蠢いているとは思えないほど恐ろしく静かでした。

担当マスターより

▼担当マスター:夜月天音

マスターコメント

 再び大和シナリオとなります。本日は怪魚退治と弟子に放置された老猫又の腰痛治療が主な活動となります。もちろん怪魚が活発になった理由調査に動いても構いません。とにかく海と腰痛を解決して村人と猫又を安堵させてあげて下さい。

【活動について】
・怪魚退治
怪魚は影を飲み込みますが怪魚自身は実体のある魚です。大きさは大小様々で形はワニではなくサメです。ガイドの通りなので捕獲でお願いします。捕獲であればどのような手段でも構いません。当然標的の影が現れない限り姿は見せません。人語は話しませんが解します。捕獲後は説得しても構いませんが、房江に丸投げしても問題有りません。

・腰痛治療
あまりの腰痛に起き上がる事が出来ませんので治療をしてあげて下さい。塗り薬や指圧など出来る事はしましたが、年齢的なものもあるのか深刻のようです。動けない事や後継者について鬱々としていますので話し相手をしたり気晴らしにと騒いでも構いません。

・異変の原因調査
ガイドの通り植物の影で落ち着いていたのが突然人や妖の影を飲み込み奪うようになりました。ただ植物に飽きたのか何者かが介入しているのか原因を調べ再発防止に努めて頂ければと思います。付近の人間や海の妖などに聞き込みは可能です。

【NPCの動向について】
・房江
結構なおばあちゃん猫又で年齢のためか身体の節々に支障を持ち隠居を希望していますが後継者が現在の悩みです。割と実力者で性格も穏やかですが弟子達の優先順位が低い事が切なく悲しい毎日です。

【猫又組合について】
大和の各所に組合に所属する猫又達が縄張りを張って平和のために人や妖に害をなすものの退治や人との交流の他に猫又だけの内密の仕事をしています。縄張りは一定期間で場所替えをし時折開催される親睦会で結束を深めています。
組合名は特になくただの通称でしかなく便宜上使用しているだけです。当然所属していない者もいます。
房江以外のメンバーの一部については『人と交流する妖市を楽しもう』をご覧下さい。

怪魚退治

2

腰痛治療

1

異変の原因調査

1