三千界のアバター

神多品学園都市

冬休みはキャンプで満喫でしょ?

リアクション公開中!

冬休みはキャンプで満喫でしょ?
基本情報

マスター:祢児
ワールド:神多品学園都市
 
 

料金

MC参加:100ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:不可

スケジュール

2014年01月23日公開!

シナリオガイド

冬のさなかのアウトドアで、身も心も暖まろう!

シナリオ名:冬休みはキャンプで満喫でしょ? / 担当マスター:祢児



―――ここは、神多品学園都市。

 楯無高校とリージョン・ユニバース両校の中間に位置するこの楯無公園は、休日になると生徒達がスポーツや散歩を楽しむなど、地域に根差した定番の遊び場であり憩いの空間です。
 高槻 榛名の提案により“面白いことをしよう”と、不規則な生活に陥りやすい冬休みの真っ只中、このような彼は誰時に招集されたのでした。

「こんな早朝に集まってくれてありがとうございます。今日はとても寒いけど、防寒はしっかりして来ましたか?」
榛名がそう言うと、咄嗟に自身の服装チェックを始める面々。
「寒すぎですよ。まだ、辺りも暗いですし…」
厚着はしているものの、首周りや手足の装備が甘いオリヴィア・ヴァレンシュタインは、両の肩を抱えてぶるぶると震えています。
「どうして、マフラーも手袋もしていないんですか…」
「だって、あの…夜明け前がこんなに寒いだなんて思わなかったんですよぉ…」
「まったく~。オリヴィアでも抜けてるところがあるなんてっ…! とにかくですね! 今日は皆で暖をとるために、冬キャンプをしようと思って集まってもらったんです!」
「冬キャンプ? 冬に、キャンプ? …正気なんですか!?」
「普通に正気ですけど! 一応シェルターやストーブも用意しておきましたし、食材なんかも現地の天然冷蔵庫に保管してあるので、動物達に奪われていなければ、昼食は皆でお鍋でもして暖まりましょう」
「う…うーん。…無事だと良いですね、食材…」
「いくら裾野とはいえ冬山だからねっ、雪合戦なんかも出来ると思うし温泉もあるので、ここよりは暖かくなれる筈です。思いっきり遊んで、体を動かしましょう! でも、日が暮れる前には戻りたいから、朝が早かったというわけなんです」
びしっと人差し指を立てる榛名。
「なるほどねえ」
「そんなわけで! 本格的なキャンプでもないので、気軽に遊びましょう。ご近所ですしねっ」
「えっ? ご近所!?」
「はいっ、わりとすぐそこですよ! 到着までには明るくなります、多分。ではでは、出発です~!!」
 榛名は、後方に聳える神多品山を指し示し、にこりと笑うのでした。

「面白そうな企画ですね。出会いもありそうですし、みんなに知らせましょう」
 リージョン・ユニバースで冬キャンプの話を耳にした陸奥 純平は、ワールドホライゾンの特異者に参加を呼び掛けました。
担当マスターより

▼担当マスター:祢児

マスターコメント

 神多品学園都市北部に堂々と聳え立つ神多品山には、スキー場や温泉などの観光スポットがあります。
 今回は敢えてスキー場へは行かず、山裾にある拓けた空き地のようなスペースをキャンプポイントとし、全力で遊びましょう。
 キャンプの後は、疲れた体を癒せるよう、全員で温泉に行きたいと思います。
 戦闘色のないまったりシナリオで、新世界である学園都市・神多品を、まずは観光気分で楽しみませんか?

 ※シナリオ参加にあたり、ご留意いただきたいポイントがございます。
・NPCの二人は両校の抗争を嘆き、争いは望んでおりませんので、一先ず冷戦状態とさせていただきたいと思いますが、
 動物に遭遇し危険回避のために殺さず退散させたりするなどの軽いバトルシーンであれば、喜んで承らせていただきます。
・キャンプですので、全員で協力しあって楽しめるよう、単独行動や敵対行為などは避けましょう。
・昼食時と温泉につきましては、全員参加とさせていただきますので、こちらのアクションも記入していただけますと、
 更に盛り上がるかと思います。勿論、未記入でも構いません。
・事前に設営しましたシェルターの中に、キャンピングテーブルセットや寝具を用意しておりますので、
 ご休憩や体調を崩された場合などにご利用ください。
 ストーブも設置していますので、エイヒレを焼いたり、寒さに耐え切れない方の避難所としてもお使いいただけます。


 以上です。
 皆で楽しい冬休みの思い出を作れると良いですね。

木の実や枝で小物作り

2

昼食作り

1

雪遊びをする

1