三千界のアバター

形見の武器を取り戻せ!

リアクション公開中!

形見の武器を取り戻せ!
基本情報

マスター:しか男
ワールド:アルテラ
 
 

料金

MC参加:100ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:不可

スケジュール

2013年12月07日公開!

シナリオガイド

盗賊に奪われた女傭兵の父の形見の剣を取り戻す手伝いをしよう。

シナリオ名:形見の武器を取り戻せ! / 担当マスター:しか男



「街の平和と我々の勝利に乾杯!」
 アルテラ、コルリス王国の交易都市ステイティオ。
 冒険者たちのたまり場になっている酒場では賑やかな宴が行われていました。街の行商隊を狙う盗賊どもの撃退に成功した祝宴です。

 しかし、そんなムードの中で女傭兵のアルベルタだけが沈んだ顔でいました。酒はおろか食事にも手をつけていないようです。
「どうしたの? 元気ないね」
 ご機嫌にご馳走に舌鼓を打っていた棗 蕾奈は、そんなアルベルタが気になって声をかけました。
「あなたか……。さすがに命の恩人には詮索しないでくれとは言えないね」
 さきほどの戦闘で冷静さを失い、敵の首領に特攻したアルベルタの命を救ったのは棗でした。

「私のヘマのせいで取り逃がした敵の首領がいただろう。下品な笑みの男だ。――駆け出しの傭兵だったころ、今日と同じような盗賊退治を引き受け、今日と同じようにあの男と刃を交えたことがある
「結果は?」
「――失敗さ。額に一撃を食らい、父親の形見だった剣も奪われてしまった。人生の汚点だよ」
 アルベルタは額の古傷を押さえながら言いました。
「あいつが使っていた剣がその形見の?」
 盗賊の得物にしては場違いな上物の長剣だったので棗も記憶に残っていました。だ「そう。……別にたいした剣じゃあないけどさ。父の形見の剣が悪事に使われているってのが許せなくてね。このときを思ってずっと傭兵してきたっていうのに、悔しいね全く……」
「――じゃあ、取り戻そう! 私も手伝う」
 棗は両手でアルベルタの手を掴むと、力強くそう言いました。
「取り戻すって――そりゃそうするつもりだけど、あの男は相当な手練だし、何人か捕まったとはいえ手下だってまだ残ってる。二人じゃどうしようもない。申し出は嬉しいけどバカな特攻に巻き込みたくは無いんだ。悪いね」
「ふっふーん。任せて。私、人脈には自信があるんだ」

担当マスターより

▼担当マスター:しか男

マスターコメント

 女傭兵が駆け出しの頃に奪われた、父親の形見の剣を盗賊の手から奪い返すためのシナリオです。敵として盗賊の首領や複数の手下が登場します。
 棗 蕾奈の依頼で、彼女が同行します。もしくは、酒場で棗とアルベルタとの会話が聞こえてきてという参加方法もあります。
 
 アジトの場所は既に捕虜になった手下から聞き出しているのですが、盗賊団もそのことは気づいているはずなので、夜逃げされないようにその日の夜のうちに強襲することになります。地の利や夜目の利きでは盗賊の方に部があるかもしれません。


■盗賊について
 交易都市ステイティオの行商隊を襲っていた盗賊団でしたが、交易都市ステイティオの雇う自警団によって撃退され、数人が捕らえられました。
 捕虜から聞き出した情報によると廃棄された森の中の館を根城にしているようで、総勢も20人に届く大所帯のようです。また、『自警団に報復するために腕の立つ用心棒を数人雇い入れたという情報』もあるようです。気をつけてください。

■盗賊の頭領について
 駆け出しの頃のアルベルタを返り討ちにし、形見の剣を奪った張本人です。大所帯を取り仕切る統率力のみならず、剣の腕前もなかなかの手練のようです。常に腕の立つ幹部数人と行動しているようです。

■形見の剣について
 アルベルタにとっては掛け替えのない宝物であり、決して安物ではありませんが、典型的な長剣で、特別な魔剣や聖剣の類ではありません。また、盗賊の頭領はこの剣が気に入っているらしく基本的に肌身離さず持ち歩いています。

■アルベルタについて
 額に古傷のある、見目麗しい歴戦の女傭兵です。本来であればその強さを遺憾なく発揮するところですが、今回は宿敵との再会に少し冷静さを失っているようです。

1.形見の剣を奪還する

3

2.盗賊を一網打尽にする

2

3.盗賊団の幹部と戦う

3