クリエイティブRPG

ポイント追加

ワールドホライゾン

ゲームマスター
  • 九里原 十三里
    (くりはら じゅうさんり)
  • 最終更新日:2020年08月27日
  • 作品数:14
  • シナリオ一覧

プロフィール

 初めまして、そしてお久しぶりです!
 九里原十三里(くりはらじゅうさんり)と申します!

 最近は運営シナリオのリアクション作成をずーっとやっていましたが、再開希望もいただいていますのでスケジュールを見ながら、個人シナリオも出していきます。
 よろしくお願いいたします!

<よくやる個人シナリオのネタ>
・大規模なライブイベント
・ファッションショー
・飲み会
・遺跡探索
・火災の中での戦闘
・餃子パーティー

<お客様にお願いしたいこと>
1 アクションは「一点集中」のほうがいいです
 CRPGでは「ダブルアクション禁止」と言われますが、他社のPBW作品ではこういうことがないのでぴんと来なかったり、「ダブルアクションてそもそも何?」という方もいるかと思います。
 ですが、皆さんの「あれもこれもやりたい!」を叶えたくても叶えられず、頑張って書いていただいたアクションの大部分を泣く泣く不採用にしなければいけなくなることもとても多いです。
 なので、「本当にやりたい事を一点集中」で書いていただけるとしっかり活躍場面も書けて大変ありがたいです(マスタリングもしやすいです)

 ご参考までに……九里原がマスタリングしていて気になるのは下のような例です。

 例1)ボスを倒すために攻撃する。だがもし負傷者がいれば救出に行き、手下を倒すメンバーが足りなければ手下を攻撃し、率先して味方をかばう

 これは、「ボスを攻撃する」「負傷者を救出する」「手下を攻撃する」「味方をかばう」の4つの行動がはいっています。
 もう、「ダブルアクション」ならぬ「クワトロアクション(?)」になる可能性があります(シナリオによるかもしれませんが)

 例2)敵に街を破壊する理由について問う。そしてスキルを使いながらこう諭す「お前たちの認識は間違っている! 今すぐ破壊をやめて帰れ!」そしてもし攻撃してくるなら容赦なく反撃し、無事に事件を解決出来たら捕らえられた村人の開放に向かう。

 これも「敵と話をする」「敵を諭す(説得する)」「敵に攻撃する」「村人の開放に向かう」で4つの行動が発生しています。
 あらゆることを想定し「タラレバ」でアクションを書きたくなるかもしれませんが、シナリオによってはダブルアクションかそれ以上と判定され、アクションの大部分が不採用になる可能性もあると思います。

2 GAでの参加の際は「みんなのやりたい事」を頑張ってまとめてください
 GAでシナリオに参加される際、マスターがマスタリングしていて一番困るのは「AさんとBさんの目指してることが全然違う」状況に遭遇することです。
 なかなか話し合う時間が取れなかったり、GAの人数がすごく多い場合などはまとめるのが大変な事もあるかもしれませんが、明らかにメンバーの意見がばらばらなまま参加すると、リアクションが完成した時に「なんでこうなったんだろう?」となる結果になりかねませんのでご注意ください。

 過去に九里原がマスタリングしていて気になった事の例を挙げておきます(実際のアクションとは変えてあります)

 例)「街を破壊する敵との戦い」でのとあるGAのアクション(メンバー:Aさん、Bさん、Cさん、Dさん)
 
 Aさん:敵を倒すために容赦なく攻撃する。隙をついて殺せるくらいの大ダメージを狙う
 Bさん:Aさんのサポートをし、敵の隙を作るように動く
 Cさん:負傷した際の回復のために動き、GAの仲間の戦闘をサポートする
 Dさん:今回の敵とは傷つけあいたくないため、心を動かすような歌を歌い、何とか戦う意思を鎮めてもらうよう働きかける

 みんなのアクションを話し合う過程で意見の違いが起きてしまったのでしょうか……Dさんだけ「敵と戦いたくない」となってしまっています。
 この場合、リアクションではほかの3人が全力で戦っている間、Dさんは悲しい思いで戦闘を見つめながらずっと1人で歌っていなければならなくなる可能性があります(マスターもマスタリングしていて切ないです……)
 GAで参加する場合、「まずそれぞれが何をやりたいのか」を確認してからのご参加をお願いします。