三千界のアバター

ポイント追加

ワールドホライゾン

ゲームマスター
  • 甲斐やまと
    (かいやまと)
  • 最終更新日:2017年12月07日
  • 作品数:18
  • シナリオ一覧

プロフィール

12月13日(水)にお久しぶりのシナリオガイドを発表します。
例のアレの続編です。ゆるっとお過ごしください。


■自己紹介

 2013年夏よりマスターとして活動させていただくことになりました、甲斐やまとと申します。

 得意ジャンルは特にありませんが、以下のものを主な養分としてすくすくむくむくと育ちましたので、どんなジャンルを扱ったとしてもこういうテイストになりそうです。

・スチームパンク、80~90年代サイバーパンク、バイオパンク
・他SF、ミステリー、ホラー
・民俗学、文化人類学、神話、人外、妖怪
・日本史、中国史(網野善彦先生ラブ)
・特に平安時代&大正浪漫! 中国なら前漢(武帝時代)
・能、歌舞伎、講談を中心に日本古典芸能、古典じゃないけど活弁。
・第二次世界大戦(日本陸軍)
・武器、銃火器、戦略、戦術(国・時代問わず)

 北欧に住んだ経験があるほか、現在でも日本在住の北欧の方や現地の方と交流があるので、ユグドラシルの情景や風習、空気感や、それらを前提にしたPCさんの行動・心情等は比較的リアルに表現できると自負しております。

 好きな作家は星の数ほどいて困っちゃうんですが、文体や世界観の構築まで含めて影響を受けたのは、神林長平さん、岡本かの子さん、吉川英治さん、古橋秀之さん、田中芳樹さん、石田衣良さん、笙野頼子さん、最近だと酉島伝法さん。
 緩急のつけ方、体言止めの使い方が上手な方の文に惹かれます。また、自分でもそういう文を書こうと心がけています。

 本業の予定がなかなか読めない、というよりも急に忙しくなることがよくありまして、リアクションの公開日を通常よりお時間をいただく設定にする場合が多々あります。悪しからずご了承ください。

 twitterやってます。@ka1yamat0


■リアクションの特徴

□地の文多めです。多いです。お お い で す(だいじなことなので二度

□スキルは基本的に地の文で発動の過程や効果を描写します。スキル名自体は出てこないこともあります。
 スキルが成功したかどうか、ぱっと見てすぐにわかりにくい点は非常に申し訳ないのですが、スキル名のみの羅列による「ゲームやってる感」があまり好きではないのです。PCさんが単にゲームの中でコントロールされているのではなく、その世界で意志を持って動き、戦っていることを臨場感をもって描きたいので、あえてこの形をとっています。
(スキル名の表記を希望される方は、アクション欄に一言お書き添え下さい)

□GA指定以外にもキャラクターをどんどん絡ませていきます。お友達を増やしたい方はぜひ。

□戦闘系シナリオではわりと敵が死にます。「倒した」だけでなく息絶えるまでの説明もありますので、そういう方面が苦手な方は私のその手のシナリオには参加しないほうがいいかもしれません。油断するとすぐ殺しちゃうので、無力化や牽制だけにとどめたい場合はその旨をお書き下さい。

□私のリアクションでは、PCさんが一度きりでなく、いろいろな場面に点々と登場することが多いです。二度目以降の登場の際は、名前の表記はファーストネームのみ、PCページへのリンクなしになります。皆さまの大切なPCさんのご活躍を見逃さないよう、どうぞご注意下さいませ。

□心がけていることは、「アクションが失敗しても、そのキャラらしく、かっこよく」です。


■アクション提出の際のご注意

□アクションは以下の3点をわかりやすくお書き下さい。

「目的」(そのパートの中で、結局何をしたいのか)
「動機」(どうしてそれをしたいのか。それをする意図は何なのか。そこにはどんな心情が働いているのか)
「手段」(どうやってそれをするのか。いつ、どこで、何を、どうするのか。具体的な行動)

 なお、この3点でもっとも重視するのは「手段」です。「目的」「動機」がはっきりしていても、「手段」つまり行動が、それにそぐわない、明記されていない、行動自体していない、GMに丸投げしている(丸投げ可なシナリオ以外)、失敗もしくは不正解と判定された場合は、活躍は少なめになります。
 文中に心情描写はもちろん入れますし、アクションも膨らませてお返しするようにしておりますが、まずは行動あってのことですのでご理解下さい。

 ただ、ギリギリで失敗になった判定が、「目的」「動機」により成功に底上げされることはあります。また、成功・正解でも失敗・不正解でも、活躍の度合いは「目的」「動機」がはっきりしている方のほうが大きいです。
 失敗・不正解でも、個性的だったり、シナリオ全体を大きく盛り上げることになったりするアクションは、活躍が多くなります。

 日常系シナリオは成功も正解もへったくれもないので、下記の注意事項を守っているアクションであれば基本的にはすべて採用し、アクションに見合った描写を致します。

□キャラクターの雰囲気をより確実に掴むために、セリフがあるとありがたいです。PCさんの口調でアクションを書いていただくのでもかまいません。

□ダブルアクションは「目的」「動機」「手段」に矛盾がない場合と時系列的に無理がない場合のみ、採用することもあります(必ず採用するわけではありません)。

□確定前提のアクションや物語の進行を指定するようなアクションは採用できないことがあります。

□世界観やその設定に明らかにそぐわないアクション、シナリオガイドで提示した設定や条件から外れたアクション、公序良俗を無視しているとこちらで判断したアクションは採用できません。


■おまけ

私のシナリオにおけるプレイングのコツです。ご参考までに。

○通したい条件はひとつにこだわる。せいぜいふたつぐらいまでにする。

○理想の結果像をつくりすぎない。「だいたいこんな感じになればいい」というぐらいのほうがうまくいく。

○現実の自分(スキル、装備、アバターなどの特性とその使い方)をきちんと把握した上でプレイングすると、アクションの成功率が上がる。


 それではどうぞよろしくお願い致します。


<リアクション公開済シナリオ>
★は運営チームとして参加
2016年
7月22日 バーかいさん
4月27日 時計じかけの休暇

2015年
10月27日 バイヤーズ・ハイ
8月31日 ゴダム・ロックフェス -shout them down!!-
6月10日 君が屍に花腐しの雨が降る
5月7日 消えたサーカスの少女

2014年
12月29日 女王陛下のサーカス団
9月19日 量子の海のセイレーン
8月11日 ★学園都市からの刺客(【2】高槻榛名探検隊に参加する を担当)
7月18日 白夜の夏至祭
5月28日 ユプサラ防衛戦
4月14日 アコー・ファミリーと1日マフィア体験
1月29日 ブラッディ・ウェディング

2013年
12月30日 47人のヒットマン
11月19日 人よ、神の名に抗え
9月27日 子供の領分
9月18日 血色の木蓮
9月10日 ★幽玄の京へようこそ(【1】京の街を見て回る・夕凪サイド/お買い物組、工房見学組、京で新規開店!? を担当)
8月26日 ゴダム・ロックフェス
7月12日 ★ホライゾン・ビーチで遊び尽くそう!(キャンパスアイドルオーディション を一部担当)