三千界のアバター

ポイント追加

ワールドホライゾン

ゲームマスター
  • 半間浦太
    (はんまうらた)
  • 最終更新日:2019年11月08日
  • 作品数:57
  • シナリオ一覧

プロフィール

 初めまして、2013年7月よりゲームマスターをさせて頂くことになった「半間 浦太」と申します。


●告知のようなもの
 11月20日に『【ゼルカディアP第四期最終話】Prologue』のシナリオガイドが公開される予定です。



------------

■傾向
 地文中心で台詞の量はそこそこ、アドリブ少なめとなります。場合によっては会話シーンが多いこともあります。プライベートスペシャルの場合は、アドリブ多めとなります。
 『三千界のアバター』の基本的設定に反する設定や、スキル・アイテムを拡大解釈したアクションは、描写が不可能となります。
 (※三千界のアバターの基本的設定については、公式サイトのマニュアルをご覧ください)

 実現不可能なアクションやシナリオ上で禁止されているアクションは、こちらである程度の修正、あるいは部分的に不採用とさせて頂きます。
 また、自由設定を前面に押し出してシナリオを有利に進めようとするアクションはマイナス評価となります。
 自由設定の扱いに関しては公式マニュアルの【自由設定について】と【自由設定の注意事項】に書かれていますので、改めてご参考下さい。
 参照URL:http://s-avatar.jp/manual/scenario/index.html#nav14、http://s-avatar.jp/manual/profile/index.html#nav12

 他のマスターの方が採用した設定やアクションを必ず採用できるとは限りません。
 シナリオ展開の都合上、当時は問題は無くても後に問題が発生し、それらの設定やアクションを採用できなくなってしまうというケースもありますので、ご了承ください。



■アクションに関するお願い
 キャラクターの雰囲気や口調、他人の呼び方を書いて頂けると助かります。


■特異者の方々に対するお願い

・ごく希にですが、意図不明なアクションや、ダブルアクション、装備していない道具を使用するアクションが見られます。
 これらのアクションは描写不可能となってしまうため、ご注意下さい。

・キャラクターの性格・口調・各種設定については、大変申し訳ないのですが、意図を上手く把握できずに判断に迷うケースもあります。



■独自判定について
 独自判定の扱いはシナリオによって異なります。アクションをかなり厳しく判定しているシナリオもあれば、アクションを甘めに判定しているシナリオもあります。
 以下は、独自判定の内容の一部となります。

・成功する時は成功しますし、失敗する時は失敗します。
 マスタリングの話となってしまうため、成功と失敗の理由はプレイヤー同士で考察して頂けますと助かります。

・シナリオにあまり関係のないアクションは描写しない傾向にあります。
 これもマスタリングの話となってしまうため、同上です。

・原則として、私のプライベートシナリオで登場するNPCは、PCと恋愛関係になったり、PCのLCになることはありません。
 この独自判定に関しては、以下の解説を参照して頂けますと分かりやすいかもしれません。
 PC側がNPCと積極的に絡む行為は、ゲームマスター側としては何ら問題はありません。と言いますのも、NPCは話の起点として配置されている要素ですので、NPCと関わる行為自体は推奨されるためです。メタ的視点から言うと、アバター覚醒用のフェロー(NPC)がいなければ、PCはアバターには覚醒できません。その点においても、PCが行動する動機としてNPCとの関わりは重要だと私個人は考えています。
 ただし、大世界を移動することができないNPCがいますので、大世界を自由に移動できるPCとの恋愛・結婚は設定上かなり難しいです、という意味合いが上記の文章には含まれています。NPC自体がPCに対して友情や恋愛感情を抱くことはありますし、結婚したいと思うこともあるでしょう。しかし、そこを踏み越えて『恋愛関係』になることはかなり難しいです。ゲームマスター個人が保有するNPCのLC化に関しては以上の問題に加えて別の問題がありますが、こちらはマスタリングの話になるため省略させて頂きます。
 逆に言うと、GM側が意味もなくNPCをシナリオに配置させることはほぼ無いとも言えます。これは、シナリオの主役はPCであって、NPCは話を始動させたり、シナリオの構成上どうしても説明不足になってしまう部分を説明したり補完する役として配置しているためです。
 この辺りの事情を知って頂けますと、半間浦太という人物が担当するプライベートシナリオをより楽しんで頂けるかと思います。

・GMとしての立場上、平常シナリオでPK(プレイヤーキル)行為を容認してはいません。なので、基本的にPCのPK行為は描写されない傾向にあります。ただし、PK要素が前面に押し出されたシナリオでは、PK行為有りとして判定及び描写を行っています。
(PK要素があるシナリオでは、シナリオガイドにその旨を記載しております)

・ゼルカディアシリーズに登場する【鋼獣】の契約/認証の解除は、PK行為に該当する場合がございます。
 この独自判定に関しては、以下の解説を参照して頂けますと分かりやすいかもしれません。
 鋼獣自体に善悪は無く、PCの育て方や環境によっては鋼獣が善にも悪にもなるため。また、それを予期することは不可能なため、パートナー機体の契約/認証の解除は暫定的にPK行為として判定しています。
 なお、エピローグシナリオでパートナー機体の契約/認証を解除した場合、PK行為にはなりません。普通に野生の鋼獣になります。

・原則として、【鋼獣】はワールドホライゾンや大世界や他のゲームマスターが担当されている小世界には移動できません。
 この独自判定に関しては、以下の解説を参照して頂けますと分かりやすいかもしれません。
 現時点では【鋼獣】の挙動に問題があるため。
 以上です。

・判定と描写は別というスタイルで執筆しております。

・ダブルアクションや確定アクションは、判定の段階でカットされ、基本的にはリアクションで描写されません。


■過去に担当したシナリオ


●パブリックシナリオ
・「ホライゾン・ビーチで遊び尽くそう!」パート【1】の一部(大きな桃と小さな桃 ~みんな違ってみんな良い~)と、パート【3】全体
・「水虎島の戦い!」のパート【2】
・「ハロウィンパニック(後編)」のパート【1】のヴォーパルに関わる箇所
・「旧時代の遺産 後編」のパート【1】
・「アバターに慣れる訓練」
・「続・アバターに慣れる訓練」
・「アバターに慣れる訓練R」


●長期プライベートシナリオ(大世界):クティーラ編(仮称。全17話)
・「クトゥルフを継ぐ者、“リトルC”」
・「贖罪の方法」
・「元の姿に戻れなくなったクティーラ」
・「赤の星からの脱出(前編)」
・「赤の星からの脱出(後編)」
・「クティーラとステラのお茶会」
・「曲線館に囚われたクティーラ」
・「クティーラと修行だ!」
・「【ジーン・ダイン編1】遺物修理屋のザド」
・「【ジーン・ダイン編2】突入作戦」
・「【ジーン・ダイン編3】魔の海域の底へ」
・「【マーズ編1】宇宙船に積み込むべきは?」
・「【マーズ編2】ローザ会談」
・「【マーズ編3】いつか来たるフォトンベルト」
・「【マーズ編4】ラヴォルモス潜入」
・「【マーズ編5】独立の日へ」
・「【マーズ編後日談】追憶」


●長期プライベートシナリオ(小世界):ゼルカディア編(全12話+番外編4話)
☆本編1話目:「鋼獣の小世界ゼルカディア」
☆本編2話目:「第10回ゾディアックバトル・トレミーカップ予選開催!」
☆本編3話目:「第10回トレミーカップ本戦開催!」
☆本編4話目:「記憶食いの魔狼と蟹の器」
★番外編1話目:「【ゼルカディア番外編1】ゼルカディアの日常」
☆本編5話目:「【ゼルカディア本編5話】内包された破滅」
★番外編2話目:「【ゼルカディア番外編2】転送ステーション14の日常」
☆本編6話目:「【ゼルカディア本編6話】世界救済の方法」
★番外編3話目:「【ゼルカディア2章番外編1】ゼロからのスタート」
☆本編7話目「【ゼルカディア2章本編1話】炎に染まる大海」
★番外編4話目:「【ゼルカディア2章番外編2】ゾディアックバトル!」
☆本編8話目:「【ゼルカディア2章本編2】牡牛座と始祖の遺跡」
☆本編9話目:「【ゼルカディア3章本編1】水の力、星は融け落ちて」
☆本編10話目:「【ゼルカディア3章本編2】第四の月が果てる時」
☆本編11話目:「【ゼルカディア4章本編1】第三の曙光は憧憬」
☆本編12話目:「【ゼルカディア最終話】未来の希望」


●大世界の内、ゼノス・ルーグ(NPC)が主に関わったプライベートシナリオ
・「謎の穴」
・「残念で残酷なトモカヅキ」
・「千なる噂、千なる現実」


●単発プライベートシナリオ
・「王国兵の意地」
・「ためらい街の特異者たち」
・「ザムザスの未確認IF」


●連続プライベートシナリオ
・「【光と闇の合流点 第0話】双子」
・「【光と闇の合流点 第1話】死を越えて」
・「【光と闇の合流点 第2話】あの空を目指して」
・「【光と闇の合流点 第3話】闇の破壊」
・「【光と闇の合流点 第4話】ロストアヴァル」
・「【光と闇の合流点 最終話】結魂」


●長期プライベートシナリオ(小世界):ゼルカディアP
・「【ゼルカディアP1話】楽園の目覚め」
・「【ゼルカディアP2話】ウムルアとタウィル」
・「【ゼルカディアP3話】次代へ」
・【ゼルカディアP第二期1話】原始時代からの出発
・「【ゼルカディアP第二期2話】文明接触」
・「【ゼルカディアP第二期3話】光獣襲来」
・「【ゼルカディアP第三期1話】鋼獣無き世界」
・「【ゼルカディアP第三期2話】誰がための思い出」
・「【ゼルカディアP第三期3話】惑星解体」


---小世界について---

 ●ゼルカディアPについて
 【ゼルカディアP】は、ゼルカディアの並行世界を扱ったシナリオ群となります。
 タイトルに【ゼルカディアP】という名称が含まれているシナリオは、全て、【ゼルカディアP】系列のシナリオとして扱います。

●D系列の鋼獣について
 名前にDの冠を付けた鋼獣は、ディメンジョン・ジェネレーターを搭載した鋼獣です。
 D系列の鋼獣は、自身の生命力を使って、ディメンジョン・ジェネレーターを制御しています。
(以降、D系列の鋼獣をD鋼獣と略します)


●ライフゲージについて
 D鋼獣は自身の生命力を使ってディメンジョン・ジェネレーターを制御しています。
 D鋼獣の生命力はライフゲージとして可視化され、サブモニターに表示されます。
 ライフゲージは、行動する度に少しずつ減少していきます。
 平常時のD鋼獣は、ピースモードと呼ばれる状態に意識を変性させています。ピースモードではライフゲージがあまり減少しません。また、ピースモード時ではライフゲージが自然回復するため、ライフゲージがほぼ100%に保たれます。
 戦闘時のD鋼獣は、コンバットモードと呼ばれる状態に意識を変性させています。コンバットモードに移行するとライフゲージが自然回復しなくなり、また、ライフゲージが減少しやすくなります。
 戦闘時にD鋼獣のライフゲージが50%を切ると、50%を切ったその瞬間に、コンバットモードが解除されます。この時、コンバットモードが解除されたD鋼獣とそのパイロットは、戦闘から除外され、シナリオ終了時まで時間が停止します。
 D鋼獣は、コンバットモードが解除されている時に限り、ライフゲージが徐々に回復していきます。
 シナリオ終了時に、D鋼獣のライフゲージは自動的に100%まで回復します。


●機体引継ぎについて
 【ゼルカディア】では生存している生物種が、【ゼルカディアP】では絶滅しているということがあります。
 そのため、機体引継ぎを行う場合、【ゼルカディアP】で生存が確認されている生物種に自動変換されます。
 例として、竜のような幻獣系は【ゼルカディアP】では絶滅しているという設定ですので、竜型の鋼獣を引き継ぎする場合、竜ではなく恐竜系に変換されます。


●補足事項

~ アーマーの扱いについて ~
 エクス系統の鋼獣に装着するアーマーは、参加者全員で共有するという仕組みになっています。また、耐久度も共有されます。 
(例……シナリオ参加者が20人で、かつ、シナリオ参加者全員のパートナー機体がエクス系統だったとしても、全員が同じアーマーを装着させることができる。もしもアーマーが壊れる場合、判定上では『シナリオ終了時』に破壊されることになる)

~ 進化とリミットキーについて ~
 進化に使うためのリミットキーは、1回使う度に消費する形式となっております。
 同一属性での進化を推し進めたい場合は、進化用の技をを『保留している技』から『技』の一覧に一度移し替えた後、該当する技を使用すると進化します。
(例:リミットキー03【青玉の階】を入手すると、シナリオ終了時に、『保留している技』の一覧に青玉の階が追加される。次回シナリオ参加時に、青玉の階を、『保留している技』から『技』に移し替えた後、同シナリオ内で青玉の階を使用すると、青玉の階と引き換えにパートナー機体が進化する。これを繰り返すことで、最終形態まで進化することができる)
 ただ、現状だと技を覚えたかどうかが誤表記なのか分かりにくいため、新規に技を覚えた場合は、該当する項目欄に(NEW!)というような記載をさせて頂きます。



~ 特異者が使用可能な施設 ~

★アームドチャンバー
説明:アーマーを換装する施設です。自走能力を持ち、エクス系統の鋼獣のアーマーを換装してくれます。

★記録館
説明:後にこの世界を訪れた人のために用意された施設です。この世界で起きた出来事を記録として記憶させ、スクリーンに映し出すことが可能です。

★スーパーラグジュアリーキャッスル
説明:城です。温泉と露天風呂とサウナと温水プールと室内プールと温感エステと砂風呂があります。宿泊設備や調理設備も併設、温泉タマゴだって作れちゃう、一大ラグジュアリー施設です。

★リフレッシュメモリ
説明:アーマーの耐久度を回復するための施設です。各シナリオ終了時に、アーマーの耐久度が最大値まで回復します。

★アイギスシールド
説明:ZP02【ヒュペルボレア】に結界を張って、他の並行世界からの侵入を防ぐ施設です。他の並行世界と接触したり、侵攻された場合は、警報を鳴らしてくれます。お友達がこの世界に入りたい時は、結界が勝手にどいてくれます。現在、ZP02【ヒュペルボレア】とお友達登録されている世界は、ワールド・ホライゾンとクロノ・ガードとなります。

★エレメンタルタワー
説明:全ての鋼獣、並びに特異者が使う『技』のダメージ量を2倍します。ダメージ量以外の要素(効果範囲など)には影響を及ぼしません。

★造幣局
説明:エネルギーカプセルを自動的に生産します(数量の上限あり)。エネルギーカプセルは疑似的な通貨として使用可能です。また、エネルギーカプセルは他の並行世界に持ち込んで、貨幣として使用することが可能です。

★世界移動器官
説明:ZP02【ヒュペルボレア】が、ゼルカディアバース内の別の世界に移動するための器官です。

★自動人形工房(おーとまた・ふぁくとりー)
説明:自動人形(おーとまた)を製造する工房です。現在、メイド型自動人形(おーとまた)が1人配置されています。

★D解放器
説明:小型宇宙戦艦を模した、ディメンジョン・エネルギー解放承認装置です。
どの特異者も、この施設を1シナリオにつき1回だけ使用可能です。この施設を使用すると、ごく短時間に限り、自身のパートナー機体の攻撃力と攻撃範囲が1段階上昇します。ただし、この効果を使用するとパートナー機体のライフゲージが1%になり、強制的に戦闘から除外されます。この効果でパートナー機体や操縦者が死ぬことはないため、敵の強力な攻撃に対する緊急回避手段としても使用可能です。

★Pリアライザー
説明:LCを生身で行動可能にするための大型装置です。Pリアライザーが作用するゼルカディアP最終話において、LCはホログラムではなく、ペンギンの姿で実体化します。
アクション欄に『生身の姿は元種族の姿に近づけたい』という記載がある場合のみ、元種族をモチーフとした姿で実体化します。なお、元種族を確認できなかった場合はペンギンの姿で実体化します。
この施設は、最終話でのみ使用可能です。

★ライフバリア
説明:生命力(ライフ)を集約して放出する装置です。
この施設は、最終話で自動的に使用されます。



~ 今までに創造したアーマー ~

 独自アバター【殻星者】は、エクス・デライトという特性を装備している場合に限り、エクス系統専用アーマーを【武器】扱いにして装備することが可能です。
【殻星者】がエクス系統専用アーマーを装着する場合、エクス系統専用アーマーは人間用の大きさに変化します。また、【殻星者】はシナリオ中1回に限り、アームドチャンバーを使って、別のエクス系統専用アーマーに換装することができます。


★アサルトヘビーエクスエーマー
特徴:青色、鋼獣にフィットする、壊れにくい
追加武装:ブースター
耐久度:20/20
説明:突撃用の重装甲アーマーです。相当な重量物ですが、推進器としてブースターが搭載されています。このアーマーは、エクス系統のD鋼獣かエクス・デライトを装備した殻星者のみ換装可能です。

★ダークエッジエクスエーマー
特徴:とても黒い、不規則にカットされた結晶のような装甲、触ると切れそう、隠密性が高い、太陽っぽい力
追加武装:単分子カッター
耐久度:5/5
説明:接近戦用のアーマーです。単分子カッターが装着される部位は、鋼獣の頭部となります。このアーマーは、エクス系統のD鋼獣かエクス・デライトを装備した殻星者のみ換装可能です。殻星者が装着した場合、単分子カッターは手持ち式の単分子カッターに変化します。

★リアクティブエクスエーマー
特徴:蟹の赤色、攻撃を受けると弾け飛ぶ、ざらざら、跡形もなく壊れる
追加武装:なし
耐久度:1/1
説明:攻撃を1回受けると弾け飛んで壊れる、衝撃分散用のアーマーです。このアーマーは、エクス系統のD鋼獣かエクス・デライトを装備した殻星者のみ換装可能です。

★バスターエクスエーマー
特徴:紫色、エアダクト、放出ノズル、エネルギーを吸収する、エネルギーを放出する、太陽っぽい力、力の転換
追加武装:デライトキャノン
耐久度:10/10
説明:砲撃用のアーマーです。周囲からエネルギーを吸収・保存した後、デライトキャノンから大出力のビームとして発射することができます。デライトキャノンが装着される部位は、鋼獣の背中となります。このアーマーは、エクス系統のD鋼獣かエクス・デライトを装備した殻星者のみ換装可能です。殻星者が装着した場合、デライトキャノンは手持ち式の砲身に変化します。

★デッキエクスエーマー
特徴:銀色、壊れにくい、物を乗せられる
追加武装:レーザーポインター
耐久度:20/20
説明:鋼獣の背中に甲板を搭載したアーマーです。このアーマーは、エクス系統のD鋼獣かエクス・デライトを装備した殻星者のみ換装可能です。

★フライングエクスエーマー
特徴:白色、なめらか、風の翼、飛行できる
追加武装:シルフィーガン
耐久度:10/10
説明:飛行用のアーマーです。飛行できない鋼獣も飛行が可能となります。飛行している最中は、ライフゲージを少しずつ消費します。シルフィーガンが装着される部位は、鋼獣の両肩か頭部側面となります。このアーマーは、エクス系統のD鋼獣かエクス・デライトを装備した殻星者のみ換装可能です。殻星者が装着した場合、シルフィーガンの形状は、手持ち式のハンドガン(風属性)に変化します。

★フルードポイズンエクスエーマー
特徴:白色、流体性を持つ、毒を持つ
追加武装:ポイズンシューター
耐久度:5/5
説明:流体化した毒の装甲を擁するアーマーです。触れたものに毒を与えます。ポイズンシューターが装着される部位は、鋼獣の背中となります。このアーマーは、エクス系統のD鋼獣かエクス・デライトを装備した殻星者のみ換装可能です。殻星者が装着した場合、ポイズンシューターの形状は、手持ち式のハンドガン(毒を与える効果あり)に変化します。

★バーストミサイルエクスアーマー
特徴:マットブラック、誘導ミサイル、大量のミサイル、重い
追加武装:誘導ミサイルコンテナ×8
耐久度:1/1
説明:8基のミサイルコンテナを搭載したアーマーです。ミサイルコンテナ1基につき平均16発のミサイルが搭載されています。このアーマーは、エクス系統のD鋼獣のみ換装可能です。殻星者が装着した場合、ミサイルコンテナを体のあちこちに装着することになります。

★シザーズエクスアーマー
特徴:燃えるような赤色、サブアーム、挟む、守る、発射できる、有線式ワイヤー
追加武装:ラウンドシールド&アダマントシザー×2
耐久度:8/8
説明:サブアームに一対のラウンドシールドを取り付けたアーマーです。ラウンドシールドの裏側にアダマント鉱石製のカニのハサミ【アダマントシザー】が内蔵されています。
アダマントシザーは有線式ワイヤーで繋がっており、近距離から中距離にかけての発射並びに回収が可能です。
このアーマーは、エクス系統のD鋼獣かエクス・デライトを装備した殻星者のみ換装可能です。
殻星者が装備した場合、両肩にラウンドシールド&アダマントシザーが装着されます。



---独自アバターについて---

 【ゼルカディアP】では、独自アバターが存在します。
 【ゼルカディアP】のシナリオに参加される方は、以下のアバターにチェンジして行動することになります。


●【殻星者】
 【殻星者】は、職業系アバターです。
 ゼルカディアPでは、守護獣という存在がいます。守護獣が抜け殻となったものを、デライト殻と呼びます。殻星者は、守護獣のデライト殻に刻印されている【技】と【特性】をその身に宿して行動します。
 守護獣の力をその身に宿すためか、殻星者は絶大な力を持っているようです。そのため、殻星者は光獣と互角に渡り合えるようです。それどころか、道を究めた殻星者は山や海を吹き飛ばすとも言われています。その反面、殻星者は守護獣と意思疎通することができません。
 また、殻星者は圧倒的な武力を背景として敵を倒していく職業であるためか、職業戦士や武官に好かれる傾向にあります。
 シナリオ中では、殻星者専用パートが用意されています。殻星者専用パートに参加したPCは、強制的に【殻星者】にアバターチェンジします。

~ ルール上の判定 ~

1)殻星者は、大世界やワールドホライゾンに属する道具やスキルを装備できません。
 殻星者が装備できるものは、PC(プレイヤーキャラクター)側が【ゼルカディアP】で獲得した特殊な道具のみとなります。
 初期段階では、殻星者は【フォーマルハウト】という武器と、【アル・アプスゥ】というデライト殻を装備しています。
 殻星者の装備は、アクション投稿時に変更することができます。

2)殻星者のステータスは、装備するデライト殻の性能に依存します。
 デライト殻を一切装備していない場合は、極端にステータスが低下します。
 また、殻星者のステータスは非公開となっています。

3)殻星者は、武器を1個まで装備することができます。
 殻星者は、デライト殻を2個まで装備することができます。

4)殻星者は、装備しているデライト殻の【技】を、同一シナリオ中において、合計2回まで発動することができます。
 例として、デライト殻を2つ装備した場合、異なる種類の【技】を2つ装備したことになります。
 このとき、同じ技を2回発動させても構いませんし、2種類の技を1回ずつ発動させるということも可能です。

5)殻星者は、装備しているデライト殻の【特性】を、シナリオ開始時からシナリオ終了時まで、自動的に発動させます。
 例として、デライト殻を2つ装備した場合、異なる種類の【特性】を2つ装備したことになります。
 この場合、2つの【特性】が同時に効果を発揮します。
 【特性】は使用回数に制限がないため、使用回数に気を配る必要はありません。

6)今までの【ゼルカディアP】のシナリオに参加されている方は、殻星者にアバターチェンジしている場合に限り、パートナー機体をデライト殻として扱うことが可能です。
 パートナー機体をデライト殻として扱い、なおかつ、それを装備している場合に限り、パートナー機体の【技】と【特性】を生身で使えるようになります。
 なお、殻星者にアバターチェンジしている最中は、パートナー機体と意思疎通できません。殻星者にアバターチェンジしている最中は、パートナー機体は別の場所で安全に生活しているとお考えください。

7)殻星者の装備構成は、シナリオの途中で変更することができません。
 アクション投稿時にのみ、殻星者の装備構成を変更することが可能です。

8)同一シナリオ中に、殻星者から感応者にアバターチェンジすることはできません。

9)アクション投稿時に殻星者の装備構成を変更したい場合、アクション欄にて、明確に装備構成を記入する必要があります。
 サンプルアクションにテンプレートを用意しましたので、お使いください。
 装備構成等に特に指定や変更が無い場合は、サンプルアクションに記載されているテンプレート通りの装備構成で行動することになります。

10)殻星者としてシナリオに参加した場合、LCやフェローを追加しても、LCとフェローは登場せず、パートナー機体も登場しません。
 LC追加をする場合、LCのアクション欄を文字数追加として扱って頂いて構いません。


●【感応者】
 【感応者】は、職業系アバターです。
 ゼルカディアPでは、鋼獣や守護獣と意思疎通ができる人たちがいます。そういった人たちは【感応者】と呼ばれています。
 今までのゼルカディアPのシナリオに参加されていた方が、同じスタンスで以降のシナリオに関わる場合、【感応者】として扱われます。
 道を究めた【感応者】は、鋼獣や守護獣の声を理解できる他、空間における認識能力が高まったり、他人の思考を勝手に読み取ったりするようです。異なる文化圏の言語を上手い具合に翻訳することができるため、交渉の場で重宝されるとも言います。
 【感応者】は感性に重点を置いた職業であるためか、詩人や文官に好かれる傾向にあります。
 シナリオ中では、感応者専用パートが用意されています。感応者専用パートに参加したPCは、強制的に【感応者】にアバターチェンジします。

~ ルール上の判定 ~

1)【感応者】は、ゼルカディアPの第一期~第二期までにおけるPCの立場と全く同一です。特にこれと言って、ルール上の変更があるわけではありません。
 ただ単に、鋼獣乗りという存在がこの世界では【感応者】として呼ばれている、と捉えてください。

2)ゼルカディアPに新規参加される方は、【感応者】にはなれません。新規参加される方は自動的に殻星者パートに参加することになります。

3)同一シナリオ中に、感応者から殻星者にアバターチェンジすることはできません。



---【殻星者】用の装備---

■殻星者が使用可能な武器

★フォーマルハウト
種別:武器・剣
攻撃属性:物理
レンジ:S
装備条件:殻星者
説明:星の力です。【フォーマルハウト】は、独自アバター【殻星者】の専用武器となります。また、【フォーマルハウト】は、殻星者がデライト殻を扱うための道具にもなります。

★シリウス
種別:武器・銃
攻撃属性:光
レンジ:M
装備条件:殻星者
説明:星の力です。デライトをビームとして発射することが可能です。【シリウス】は、独自アバター【殻星者】の専用武器となります。また、【シリウス】は、殻星者がデライト殻を扱うための道具にもなります。

★スピカ
種別:武器・杖
攻撃属性:物理
レンジ:S
装備条件:殻星者
説明:星の力です。デライトを球体状のバリアとして展開することが可能です。【スピカ】は、独自アバター【殻星者】の専用武器となります。また、【スピカ】は、殻星者がデライト殻を扱うための道具にもなります。

★KYすないぷ君1号
種別:武器・銃
攻撃属性:物理
レンジ:L
装備条件:殻星者
特徴:白色、あさるとらいふる、敵味方識別、弾道が曲がる、たぶん必中? 空気を読まない?
説明:アサルトライフルです。発射された弾は、敵味方を識別して目標を追尾します。

★エクスカリバーP
種別:魔器・魔剣
攻撃属性:物理
レンジ:S
装備条件:殻星者
説明:ジグラットで発見された伝説の剣です。Pはペンペンの略。台座ごと引っこ抜いたので台座が付属します。エクスカリバーPを装備した殻星者は、任意で刀身部分に光を帯びさせることができます。刀身部分に光を帯びさせると、大剣として扱うことができます。


■殻星者が使用可能なデライト殻

★アル・アプスゥ
技:アースバーン
特性:力のデライト
レベル:3
説明:地核の守護獣【アル・アプスゥ】のデライト殻です。記録されている技は、【アースバーン】という魔法です。アースバーンを発動すると、地割れが起こり、地下深くから熱線を放射します。これにより、敵1WAVEに複数回のダメージを与えます。また、周囲の地形に対して、ステート【地割れ】を付与することがあります。
記録されている特性は、【力のデライト】です。装着者の筋力が強化されます。また、これの装着者は10トンの物体を持ち上げたり、運搬することが可能です。


★ガルム・ダブルトゥ
技:トルネード
特性:疾走のデライトⅠ
レベル:1
説明:嵐の守護獣【ガルム・ダブルトゥ】のデライト殻です。記録されている技は、【トルネード】です。竜巻を発生させ、敵を攻撃する風属性の魔法です。これにより、周囲の敵1WAVEにダメージを与えます。
記録されている特性は、【疾走のデライトⅠ】です。装着すると、移動速度が1段階上昇します。
(例:【疾走のデライトⅠ】を装着した状態で全力疾走すると、Dタートルと同程度の移動速度で疾走できるようになる)


★ザンド・バイコーン
技:メラム低速浸透モード
特性:デライト変換M
レベル:1
説明:不純の守護獣【ザンド・バイコーン】のデライト殻です。記録されている技は【メラム低速浸透モード】です。
この技を発動すると、シナリオ終了時までメラムを低速で発射できるようになります。低速で発射したメラムは射程と貫通力こそ低いものの、周囲にメラムを撒き散らしながら前進します。そのため、破壊力はやや高めとなっています。この技を使用した際の射程はレンジ:M相当となります。この技に使用回数の制限は無いため、メラム低速浸透モードを何度でも撃てるようになります。ただし、この技は光神ニエスには通用しません。
記録されている特性は、【デライト変換M】です。このデライト殻を装着すると、自身が宿すデライトを自動的にメラムに変換します。そのため、このデライト殻を装着していると、自身のライフが徐々に減少していきます。勝手にライフ=デライトをメラムに変換してしまうため、如何なるデライト殻を装備しても、経験値を取得できません。また、デライト変換Mの変換効率は著しく悪いため、ザンド・バイコーンのデライト殻だけではメラム本来の性能は発揮できません。


★モサールサ
技:モサビーム
特性:水中行動
レベル:1
説明:モササウルス種のノラ守護獣です。
記録されている技は【モサビーム】です。この技を使うと、敵1WAVEに水属性のダメージを与えます。
記録されている特性は【水中行動】です。これを装着すると、水中においても、陸にいる時と同じように活動できるようになります。


★ハチ・ハッチ
技:ニードルショット
特性:飛翔のデライト
レベル:1
説明:ハチ種のノラ守護獣です。記録されている技は【ニードルショット】です。この技を使うと、針を発射して敵1体に地属性のダメージを与えます。
記録されている特性は【飛翔のデライト】です。これを装着すると、飛翔することが可能になります。


★ヤ・モーリ
技:乾燥接着
特性:反応のデライトⅠ
レベル:1
説明:ヤモリ種のノラ守護獣です。記録されている技は【乾燥接着】です。この技を使うと、シナリオ終了時まで、壁にぴったりと張り付いて移動することができます。
記録されている特性は【反応のデライトⅠ】です。これを装着すると、反応速度が1段階上昇します。この効果は重複します。
(例……【反応のデライトⅠ】を2つ装備すると、反応速度が2段階上昇する)


★ブルゥ・ルフ
技:未来アクセス・実体展開
特性:騎乗Ⅰ
レベル:1
説明:アオイオオカミ族のノラ守護獣です。記録されている技は【未来アクセス・実体展開】です。この技を使うと、シナリオ終了時までブルゥ・ルフが実体を得ます。実体を得たブルゥ・ルフは、呼び出した者に付いていきます。
ブルゥ・ルフは体長2メートル程度のアオイオオカミ族です。この技を使った殻星者は、自身が呼び出したブルゥ・ルフに騎乗して行動することができます。ブルゥ・ルフに騎乗すると、移動速度が2段階上昇します。呼び出したブルゥ・ルフに一定のダメージが与えられると、ブルゥ・ルフは実体を失い、デライト殻に戻ります。
記録されている特性は【騎乗Ⅰ】です。これを装着すると、ブルゥ・ルフに騎乗して行動できるようになります。
(例……【騎乗Ⅰ】を装備していると、ブルゥ・ルフに騎乗している最中においても、騎乗していない時と同様に武器を振り回したり、技を使えるようになる)


★カツ・オーン
技:カツオ斬り
特性:物理カウンター無効
レベル:1
説明:カツオ系ノラ守護獣です。記録されている技は【カツオ斬り】です。この技を使うと、カツオの力で敵1WAVEに水属性のダメージを与えます。
記録されている特性は【物理カウンター無効】です。これを装着すると、次の効果を得ます。『敵が物理的なカウンター行動を取っている状態であっても、そのカウンターを無効化するような強烈な攻撃を繰り出せるようになります。ただし、魔法的なカウンター行動には効果がありません』。


★アイズ・マルドゥクⅠ
技:EPR通信
特性:エクス・デライト
レベル:1
説明:太陽の守護獣アイズ・マルドゥクのデライト殻の破片です。
記録されている技は【EPR通信】です。この技を使うと、シナリオ終了時まで、この世界のどこかと通信を行えるようになります。ただし、必ずしも相手が対応してくれるとは限りません。
記録されている特性は【エクス・デライト】です。これを装着した殻星者は、エクス系統の鋼獣のアーマーを装着できるようになります。



~ ルール上の特殊な挙動 ~


1)殻星者にアバターチェンジしている状態で進化用のリミットキーを使用した場合、パートナー機体が進化します。
 パートナー機体はリアクション上では登場しませんが、進化したという扱いになります。

2)殻星者パートに参加しているPCのアクション欄に記載されている装備構成は、『シナリオに参加する直前の装備構成』という扱いになります。
 殻星者のパートナー機体がエクス系統である場合、1シナリオ中に1回のみ、【武器】をエクス系統専用アーマーに変更することができます。

3)殻星者にアバターチェンジしている状態でエクス系統に進化するリミットキーを使用した場合、パートナー機体がエクス系統に進化します。
 この場合、そのシナリオ中において、殻星者本人がエクス系統専用アーマーに換装することが可能です。

4)殻星者の外見は、PCの内的世界を反映したものとなります。
 過去の【ゼルカディア】シリーズで光道12宮の力や鋼獣用の武器やパーツ等を獲得していた場合、【ゼルカディアP】において、殻星者用の武器やパーツとして再現したり、多少アレンジした形で反映することが可能です。
 ただし、これらは見た目のみの変更となり、実際の性能は、現在装備している武器やデライト殻の性能に依存することになります。
 例……過去のゼルカディアで射手座の力を宿しており、なおかつ、現時点において【シリウス】を装備しており、『射手座の力の反映を希望する』とアクションに記載した場合、【シリウス】が弓のような形状になり、射手座の刻印が付与される。見た目が変更されただけなので、【シリウス】は弓であるにも関わらず銃であることに変わりはなく、矢の代わりにビームを撃つことになる。

5)殻星者の外見例は以下の通りになります。
女性:メカ少女やファンタジー系魔法使いやファンタジー系剣士やガンマンのような見た目になります。
男性:ファンタジー系戦士やパワードスーツを着用したような見た目になります。
性別不明:パワードスーツを着用したような見た目になります。
※これらの例は、あくまで例となります。



---登場人物(主要NPC)について---

●夕季 イヴェット
 女性です。特異者(NPC)です。
 ゼノス・ルーグとは恋人関係にあります。


●ゼノス・ルーグ
 男性です。特異者(NPC)です。
 夕季 イヴェットのLC(リンクキャラクター)です。
 夕季 イヴェットとは恋人関係にあります。