クリエイティブRPG

ポイント追加

ワールドホライゾン

ゲームマスター
  • 常葉ゆら
    (ときわゆら)
  • 最終更新日:2021年11月24日
  • 作品数:14
  • シナリオ一覧

プロフィール

常葉ゆらです。ときわと読みます。
未熟者ではありますが、少しでも皆様にお楽しみ頂けるよう精進してまいります。よろしくおねがいいたします。

2020/11/22更新:
「ハーンデルの黄昏」リアクションが公開されました!ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。
次回はハーンデルを舞台とした一連のシナリオの最終話となります。シナリオガイドは12月中旬公開予定です。タイトル含め、詳細が確定しましたらまたマスターページでご案内いたします。

次回シナリオをもって一連の事件には決着が付く予定ですが、今後もハーンデルを舞台としたシナリオはちょこちょこ展開して行けたらなーと思っておりますので、今後ともご愛顧頂けたら嬉しいです。


***

マスタリング傾向:

●判定は比較的キッチリ目です。
特にダブルアクションほか、マニュアルに沿わないアクションに対しては厳しい判定を行います。また、装備やスキルに対しても割と細かくチェックを入れていますので、アクション内容と装備・スキル等が対応しているかご確認の上投稿をお願いいたします。

●「あれもこれも」はおすすめしません。
パートまたぎでのアクションは、もちろんどちらかしか採用出来ませんが、パート内でも、複数の行動が書かれていると、「どの場面にも顔を出すけれど具体的な活躍はできない」結果になりがちです。
(例えば、人捜しパートで「あっちでもこっちでも話を聞いて、そのあとあっちも探してこっちも探して…」のようなアクションよりは、「ここで○○と●●について話を聞く。ホニャホニャのスキルで相手のウソを見抜けるようにして、どれそれのアイテムで気を引いて情報を引き出す」のように、行動は一つに絞り、具体的な手順をたくさん書いて頂くと、活躍の可能性が上がります)
(あっちとこっちで聞き込んだ内容を誰々に報告する、のようなアクションが希望の場合、聞き込みを中心にするのか、報告を中心にするのか明記されている・アクション記述の分量に明確な差があれば問題ありません)

●意気込みだけのアクションや「お任せ」はおすすめしません。
具体的な行動や手段が書いていないアクションの場合、「噛ませ犬」や「行殺」、「口上や考えを述べるだけ」で処理させていただくこととなります。
特に捜査・謎解き要素のあるシナリオの場合、「こういう背景のはず、こんな裏があるはず」という推理に始終してしまう方が稀によく見られますが、その場合、描写は「ただ推理を語るだけ」となり、非常に勿体ないので……!「(こう推理したから、)こういう行動をする」の、行動の方も忘れずご記入いただけますと、さらなる活躍が期待できます。

●アクションに恋愛要素が混ざっていると、描写が本筋そっちのけになることがあります。
上手く使ってらぶらぶしても構いませんが、シナリオ本筋で活躍したいときにはご注意ください。

シナリオ傾向:
●殺伐とした話は苦手なので、「八方丸く」を目指したシナリオ展開が多いです。

●日常ゆるぐだ系・恋愛系が好きですが、ふらっとバトルや謎解き系に手を出したりもします。