三千界のアバター

ポイント追加

ワールドホライゾン

ゲームマスター
  • 泉 楽
    (いずみ がく)
  • 最終更新日:2018年11月29日
  • 作品数:26
  • シナリオ一覧

プロフィール

以下、アクションをかける際の参考にして頂ければと思います。

○アクションについて
・アクションはキャラクターの口調で書いて頂けると助かります。微妙なニュアンスの違いもあると思いますので、設定よりそちらを優先します。キャラの口調かどうかはっきりしない場合は、設定を優先します。
・決めゼリフは必ずしも出るわけでないことをご了承下さい。
・なお、特に指定がなければ目上の人間には敬語を使わせます。

・ダブルアクションは無理がない限り極力採用しますが(無理がある。或いは他の人で行動がいっぱいだった場合は、一つだけ採用となります)、MCの行動を優先させます。その結果、LCがセリフだけ、逆にセリフなしとなることもあります。ご了承下さい。
またMCのみ、或いはMCとLCが一緒の行動を取っていた場合は、物語的に面白いか無理がない方のアクションを採用します。

○リアクションについて
・スキルは【スキル名】でくくります。
・武器は固有名詞のみ「」でくくり(例「○○のナイフ」)、一般的な種類、たとえばリボルバーなどは、そのまま記します。
・基本的に「悪は敗れます」が、それなりに描写します。(「悪があってこその正義」だというのが持論なもので)


現在、展開中シナリオ
≪GOE≫瑞穂皇国舞台
「蒼の空、翠の花:1~」
蒼の星導石が奪われて数か月。伽耶の輿入れから間もなく一年。
金嗣の一周忌を控え、西都では結婚の儀の準備が着々と進んでいました。
しかし伽耶は何者かに襲われ、アルカイルも何やら企んでいる様子。
一方、蒼の星導石を奪った翠の行方は杳として分かりませんが、協力したであろう人物の名が浮かび上がってきました。
果たして、翠の背後にいるのは…?

「東の果ては蒼茫として・前後編」(終了)

瑞穂皇国では現将軍の妹、御母衣 伽耶と、帝の息子の一人との婚礼が執り行われることとなりました。
この婚姻の実態はかつての将軍家と皇家が現在は友好関係にあるということを国内外に正式に示すための政略結婚であり、皇国が平和であることを証明するための、極めて重要な行事です。
国の一大行事とあって、伽耶は開通したての長距離路線を走る汽車に乗って、西都を目指す事になりました。
しかしそちらは影武者であり、本物の伽耶はお庭番の護衛を伴い、秘密裏に徒歩で向かいました。
ところが作戦は漏れており、お庭番は汽人である皇 蒼を除いて全滅。
彼は伽耶を連れ、お頭と知己である星導士である色 九十九を頼りました。

九十九は仲間を募り、まずは伽耶の叔父である御母衣 金嗣が県令を務める阿由知に向かいましたが、道中襲われ、蒼が攫われてしまいました。

実は金嗣が伽耶と蒼の誘拐を企んだ張本人でした。彼は自分こそ、将軍の地位に相応しく、それが皇国のためだと考えていたのです。
しかし、何者かによって彼は殺害されました。

蒼を取り戻し、異人のアルカイル・イルの襲撃から逃れた伽耶も無事に西都に辿り着きましたが、金嗣の死により、婚礼は延期となってしまいました。

自分の正体が何であるか分からぬまま伽耶の傍にいるのは危険と判断した蒼は、九十九と共に星導士として働くことに決めたのでした。

「蒼穹の彼方・前後編」
伽耶と皇子の結婚が延期となって四か月。
九十九の元へ、朝陽が依頼を持ってきました。近頃、異人の排斥派とそれに反対する異人の団体の軋轢が酷い。誰か裏で糸を引いているのではないか、というのです。
調べを進める内に、複数の団体に謎の少女と男が関わっていることが分かりました。
更に、大蔵大臣の福山有吉を狙った者たちを少女が殺害してしまいます。

異人の排斥運動は遂に頂点に達し、異人たちは隔離地区に送られることになりました。無論、それに反抗する人々も出てきました。

アルカイル・イルは維新の塔を襲い、逃亡。そのことで、一躍ヒーロー扱いされることになりました。

そして蒼は、少女――巴翠によって、星導石を奪われてしまったのでした……。

NPC
・皇 蒼(すめらぎ・あお):汽人。外見年齢は十五歳。お庭番の一人で伽耶の護衛。現在は星導石を奪われ、身体のみが纏の元にある。
・色 九十九(しき・つくも):四十二歳。B-2ライセンスの星導士で賞金稼ぎ。倉浜に個人事務所を構えるが、あまり流行っていない。元は皇家護衛の“北天の武士”だった。
・巴 翠(ともえ・みどり):謎の少女の名前。黒目黒髪。「蒼穹の彼方・後編」ラストで登場時、蒼と同じ水色の瞳に変化していた。

・アルカイル・イル:狼の獣人(異人)。雇われて、蒼と伽耶を狙う。元は幕府に雇われていたが、御一新後、異人という理由で迫害される。左目を失明。犯罪者であるが、ダークヒーローとして人気もある模様。現在は西都に潜伏中か……?
・南門 纏(なんもん・まとい):二十代。九十九御用達の星導技師。女性。
・御母衣 友嗣(みほろ・ともつぐ):現将軍。二十七歳。
・御母衣 伽耶(みほろ・かや):十五歳。前将軍の末娘で、現将軍の腹違いの妹。政略結婚のため、東都から西都へ輿入れしたが、延期となった。
・御母衣 金嗣(みほろ・かねつぐ):四十二歳。友嗣と伽耶の叔父。阿由知県の県令。何者かに殺される。
・御堂 朝陽(みどう・あさひ):二十七歳。将軍の副官。カナの兄。
・御堂カナ:十八歳。伽耶の影武者。伽耶の幼馴染で朝陽の妹。伽耶は彼女の名前を名乗っていた。
・瓜生(うりゅう):朝陽と同じく、友嗣の副官。階級は大尉。
・真柴(ましば):B級星導士。軍人。大尉。御乗列車に乗っていた。
・登坂(とさか):C級星導士。特別差別主義者というわけではないが、異人を捕らえることに疑問は持っていない。(皇国における一般の考え方である)
・野田(のだ):維新の塔の警備主任。
・富田林(とんだばやし):庶民向けの娯楽記事を主に載せている「東都俱楽部」の記者。ペンネーム。本名不明。
・夏木(なつき):大新聞「皇国日報」の若い記者。
・青山(あおやま)、有本(ありもと):皇国日報の記者。夏木の先輩。
・オビシテクル・クル:皇国のギアーズギルド所属の星導士。猫耳と尻尾を持った初老の異人。
・神崎(かんざき):金嗣の執事。
・馨(かをる)、昴(すばる)、千羽矢(ちはや):帝の正室の子。伽耶と結婚するのは馨。
・時子(ときこ)、籐子(とうこ)、輔子(すけこ):帝の側室。
・天羽 帯刀(あもう・たてわき):阿由知の新しい県令。排斥派。
・アシリレラ・レラ:女性。豹の異人。戦闘力が高い。けんかっ早い。Bの団体の代表。
・オペリクン・クン:鷹の異人。男性。アシリレラの宥め役。
・アイトゥレ・トゥレ:孔雀の異人。男性。Cの組織の広報担当だった。
・杠 あやめ(ゆずりは・あやめ):伽耶のお付きの女性。年齢は三十代後半。結婚の儀のパーティも仕切っています。
・土生 朱門(はぶみ・しゅもん):皇家護衛の北天の武士の当代当主。年は二十代半ば。腕は立つ…はず。
・東雲 清十郎(しののめ・せいじゅうろう):賢所(かしこどころ)警備担当。北天の武士ではありません。年は三十前後。
・玖珂 采女(くが・うねめ):御所警備の責任者。
・物集 法眼(もずめ・ほうがん):皇家お抱えA級星導技師。代々、天文方として使えてきた家柄。今は何代目か不明。
・石動 天馬(いするぎ・てんま):旧幕府方A級星導技師の二代目で、現在は政府お抱え。汽人オタク。
・辺見 鎌太郎(へんみ・かまたろう):維新の塔に事務所を構えていた星導器輸入の個人業者。年は二十代前半。
・小山内 寿々(おさない・すず):鎌太郎の秘書で幼馴染。
・オタウシ・タウシ:狸の異人。解散したDの団体のメンバー。現在はAの団体にいます。
・赤城(あかぎ):3の排斥団体の長。ちなみに潰れました。
・風早 鏡太郎/蘭(かざはや・きょうたろう/らん):風天組の組長夫婦。妻の蘭は星者。

〇異人排斥派団体(一部。これ以外もあります)
1:変わらず排斥運動をしている。「蒼穹の彼方・前編」で蒼が訪れたところ。
2:穏便な手段で、異人を隔離地区に送っている。
3:翠が目撃されている団体。潰れました。
〇異人を主とした反政府団体(一部。これ以外もあります)
A:運動継続中。Dの団体と合流。
B:運動継続中。
C:解散し、逃亡組織を結成。
D:解散し、Aと合流。

風天組:「東の果ては蒼茫として」及び「蒼穹の彼方」に出てきたヤクザ。現時点で、ほぼ全員が捕まっています。
赤駒(あかごま)一家:風天組に代わって東都を仕切っているヤクザ。


〇現実世界の地名と皇国の地名
(ただし、現実世界の地名はおおよその位置とイメージであって、必ずしも全てが同じというわけではありません。あくまで参考レベルです)

東京=東都:帝と将軍がいます。
浅草=戸枝(とぐさ):維新の塔があります。
横浜=久良岐(くらぎ)県倉浜(くらはま):九十九の事務所があります。
山梨=山城(やましろ)県
静岡=駿東(すんとう)県
愛知=阿由知(あゆち)県
滋賀=淡海(あわうみ)県
京都=西都:御所があります。伽耶と皇子が住んでいます。
神戸=兵津(ひょうつ)

〇三種の神器
黄泉勾玉(ヨミノマガタマ)
金鵄鏡(キンシノカガミ):偽物だったことが判明。
蛇之魂断(オロチノタマダチ)


終了したシナリオ
「ストーンヒルシリーズ」
第一話「ストーンヒルの用心棒たち」
第二話「ストーンヒルに来た男」
第三話「カームエンド行き、3:10」
第四話「ストーンヒルの町興し」
第五話「ストーンヒルの総選挙」
第六話「ロイヤルアークの悪党たち」
第七話「ストーンヒルの逃亡者」
第八話「ロイヤルアークの決斗」
第九話「ロイヤルアークの仇討」
第十話「続・ストーンヒルの用心棒たち」

「Möbius Ring」
1~5

「【ヴァラス】滅びの世界の物語」
1~9



このページは、時々更新されますので、たまーに覗いてやってください。