三千界のアバター

ポイント追加

ワールドホライゾン

ゲームマスター
  • 寺岡志乃
    (てらおかしの)
  • 最終更新日:2018年03月28日
  • 作品数:31
  • シナリオ一覧

プロフィール

こんにちは。あるいははじめまして。2013年8月から三千界でもGMをさせていただくことになりました、寺岡志乃といいます。
ジャンルにこだわらず、何事も挑戦と、いろいろと書いていく予定です。
楽しく読んでいただけていましたら幸いです。

--------------------------------------------------------

03月28日 スペシャルシナリオ「星を護る者」
        リアクション公開されました。
        ご参加いただきました皆さん、大変お待たせすることになってしまい、本当に申し訳ありませんでした。

  思えば去年もそうでした。1~3月は本業のほうが繁忙期で、なかなかまとめて休みがとれません。(そのかわり、夏~秋がかなり暇となるわけですが)
  二度とこのようなことを起こさないための対策として、来年から1~3月は思い切って休筆をいたしたいと思います。
  遅延してリアクションをお待たせするよりも、そのほうが絶対にいいと、今回身に染みて分かりました。
  たぶんそれで、今回のようなことはなくなると思います。

  今は何を書いても信じていただけないかもしれませんが、大好きなフロンティアワークスのGMとしてあるために、できる限り努力をしていきたいと思っています。
  どうかこれからもよろしくお願いいたします。

--------------------------------------------------------

 『扉絵にキャラクターを登場させよう!』 企画について。

リアクション公開時に、そのシナリオに参加されていますキャラクター1~4名を、アルカナ扉絵を背景にして掲載します。どんなふうになるかは寺岡の明正シナリオ扉絵をご参照ください。
 企画参加条件は以下のようなものになります。(※以下「参加」とは扉絵参加の意味です)
 1.全身図であること。(セフィロトおよびこのシリーズ用に注文された全身図優先)
 2.スパーク等、派手な効果・物が背景に入っていないもの。Exでないもの。
 3.扉絵初参加者優先。2度目の参加は初めての方がいない場合になります。
 4.LCあるいは特定の方と一緒に参加したい場合、一言入れておいてください。最初の1回だけ、次回からは不要です。
   ただし、人数の関係から優先度が下がる場合があります。個人参加優先です。

※参加を希望される場合、アクションの最終行にイラストの番号「al○○○○○○」を入れておいてください。
※イラスト番号は1回だけで構いません。参加辞退の申し出がない限り、次回以降も有効となります。
※採用優先度は  アルカナの全身図>セフィロトの全身図>他世界の全身図  となります。
※条件該当者多数の場合、ダイスを振って決めます。
※期間は今のところ考えていませんが、なんらかの事情により突然終了するかもしれません。あらかじめご了承ください。

 こちらの企画は今回のシナリオから適用します。
 この格好でこのシナリオに参加しています! という風に使っていただけましたらと思います。

--------------------------------------------------------

以下は寺岡のシナリオにおける諸注意になります。アクションを書く際の参考にしていただけましたなら幸いです。


【寺岡攻略の傾向と対策】(16/11/11 更新)

■お願いしたいこと
1.できれば、プレイヤーの意図を1行でもいいので書いておいてください。このシナリオでPLが何をしたいのかを重視しています。
2.戦争もしくはバトル等戦闘シナリオにおいて不殺でいきたい場合は、自由設定欄かアクション内に必ず書いておいてください。
3.行動アクションは、いつ・どこで・だれと・何をするか、を明確に書いて、抽象的な表現は避けてください。
  5W1Hを意識して書いてください。
4.基本的に、転んでも泣かない、というスタンスだととてもありがたいです。

・アクション欄は、キャラ口調で心情とセリフをまじえて行動を書いてくださると、キャラへの理解が深まります。
心情のみだと何をしたいかが分かりませんので、ただその場で黙々と考えていただけというモノローグ扱いになる可能性が高いです。
いただきましたアクションや自由設定を読み込みまして、イメージをふくらませていますが、読み違えることも多々あります。特に初めての方の場合。次回ご参加のときにでもご指摘、具体例で教えていただけますと、さらに理解の引き出しが増えます。
・「 」で書かれていましたものはセリフとして使用します。
「 」で書かれていなくても、セリフあるいは心情として地の文で使用することがあります。マスターに知っておいてほしいだけで絶対書いてほしくないものは、明確に指示をお願いします。
・文章で主語が抜けている場合が多々見られます。読んでいて、これだれに言ってるの? だれのこと言ってるの? となることがしばしば……。
 読むマスターが知っている前提で書いていないか、気をつけてください。


■できるだけ避けていただきたいこと
1行アクションです。「MCといる」「応援している」「観察している」「無言で見ている」「何もしない」これではキャラを理解できません。
リアクションは文字ですから、無言でいられると名前しか登場しなくなってしまいます。
なぜそうするのかという心情とセリフがいただきたいです。
言い回し1つでキャラは別人になってしまいますので、特に「セリフ」の具体例はとても重要だと思っています。
アクション文字数が多いとそれだけしたいことが伝わってくるため、こちらも把握しやすいです。
反対に少ないと何をしたがっているのか理解できないことが多いため、無難な登場となってしまいます。
できる限り、アクション文字数はご活用ください。


■ダブルアクションについて
ダブルアクションを書かれてくる方が結構多い印象です。
できる限りご希望に沿うようにしたいのですが、書いてこられてもそのうちの一部しか採用できない場合がほとんどです。
たしかに、あれもこれもとシーンをまたいでの複数アクションを入れてくるのは、ある意味有効かもしれません。
こっちは駄目でもこれなら採用できるかも……ということは、ままあります。
ただし、当然ながら同じ場所で同じことをしていて、かつダブルアクションでない方がいた場合、そちらの方を優先し、ダブルアクションの方の採用率は一番低くなります。
1つに絞るか、複数書いたことで描写が薄く採用率が低くなってもかまわないと思うか、ですが、活躍したいのであれば、後者はおすすめしません。


■判定について(※重要)
・基本的に、いただきましたアクション内容の文字数より多く描写することを心がけています。
ただし、いただいた文字数が少なかった場合、たくさん書かれている方より多くなるということはありません。相応の描写となります。

・バトルの場合武装欄は重視します。アクションに書かれてなくても有効と思えばスキルを発動させてアクションと組み合わせたりします。
武装していない装備やスキルはアクションにあっても使用できないか、使用しても失敗アクションになりますのでご注意ください。「~しようとしたけどできなかった」です。

・レベルよりアクション内容を重視しています。先達者が常に有利とならないように、ということからです。
しかしアクションの中には使用できるスキルや武装が反映されます。
ですので、かけられるアクションの選択肢も多くなりますから、ある程度はレベルの高い方が有利となる部分は出るでしょう。
それに対してどういったアクションで渡り合うか、考えることも楽しみ方のひとつかと思います。
(※レベルをまったく考慮していない、ということではありません)

・基本的に、いただきましたアクションは積極的にほぼ採用します。不採用の基準は
1.三千界のアバターのマニュアルに違反している
2.著しくガイド、マスターコメントを読み間違っている(ガイド、マスターコメント違反)
3.アクションの結果がほかのPCに迷惑・被害が出るものである
4.シナリオを組み立てる上でどうしても入れることができない
等です。

・ガイドに登場していない人物(PC・NPC含む)は「出そうとしてもできなかった」となる可能性が高いです。
場合によっては名前だけ登場することもありますが、本人が登場することはまずありません。

・白紙あるいは「描写不要」と書かれていましたPCは描写いたしません。
同じく私信のみでアクションがないLCも不参加扱いとさせていただき、名前が載ってその場にいたとなるだけです。
MCもしくはほかのLCのアクション文字数のために入れられているとはっきり分かるものも同じです。(本人のアクションがないもの)

・サンプルアクション投稿だった場合、アクションはおまかせ扱いとなります。まずシナリオ内で重要な活躍はできません。
結果的に不満なリアクションとなる可能性が高いです。
   したい事を文字数いっぱい書いている人>少ない人>>>>おまかせな人>白紙(MCがサンプルでLCが白紙)
こんな感じです。


■おまかせアクションについて
行動内容をすべてマスター任せにしたアクションは、マスター側にはPLがPCをどう行動させたいのかが分かりづらいです。
結果的に、無難な登場で不満な行動に終始してしまう場合が高いかと思います。
マニュアルにもありますように、行動が採用されない場合や描写がされない場合、極端に登場が薄くなってしまう場合がありますのでご注意ください。


■確定ロールアクションについて
できる限り拾えるところは拾うようにしますが、結局のところこれは「確定=そのPCに都合がいいことづくめ」で「自分で自分のアクションを判定までしてしまっている」ことになります。
厳しく判定するシナリオでは没、あるいは失敗となる可能性がかなり高くなります。
反対に、ゆるゆる判定なシナリオ、日常系やフリーシナリオでは歓迎させていただきます。


■NPCについて
必ずしもPCが望むとおりの行動をとるとは限りません。性格から予想するのはかまいませんが、NPCのとる行動が確定しているかのように組み込んでアクションを組み立てるのはしないようにお願いします。



以上です。
長くなりましたが、シナリオで失敗をしないために必要なことですので、よろしくご理解をお願いいたします。

--------------------------------------------------------

 イラストレーターのタカハシケイマ様に、楽戦支中隊長真継成人のイラストを描いていただきました。

 美麗なイラストをありがとうございました。
 タカハシケイマ様に、心より、最大級の感謝の気持ちを捧げます。

参考イラスト

サンプルイラスト