三千界のアバター

ポイント追加

ワールドホライゾン

ゲームマスター
  • 九道雷
    (くどうらい)
  • 最終更新日:2018年02月07日
  • 作品数:12
  • シナリオ一覧

プロフィール

 
 よろしくお願いします、九道です。
 オーソドックスな冒険ものを主に書いています。
 
 
 個別コメントが……出せませんでした……がくり。

 二部ではかなりのNPC死亡率でしたが、三部では誰にも死亡判定が出ませんでした(過去世界以外。あと敵以外)。
 折角貰った竜の卵とか、孵化させる機会がなかったので、それを絡めたりして後日談シナリオを出したい気持ちもありましたが、このシリーズでの自分の体たらくを省みるに、もうお前いい加減にしとけ、と囁くのよ……私のゴーストが……

 ……需要があるとも思えないですしね……
(あ、私信で後日談シナリオリクエストして下さった方有難うございます……土下座して感謝とお詫びをしたい気持ちです……)
 何はともあれ、最後までのご参加、そしてシナリオを大団円で終わらせてくださり、本当に有難うございました。
 色々と、私の思惑とは違う方向に進んだりして、どきどきしながら皆さんの冒険を見届けていた感じです。

 思えばこのシナリオを作ったのはユグドラシルが出てきてすぐでしたが、もたもたぐうたらしている間に過去世界に行ける世界が出てくるわ、獣人のいる世界が出てくるわでどんどんオリジナリティが無くなって行きましたが、シグトゥーナ小世界とセイズコナルールは本当に楽しくやらせていただきました。

 最後ですのでちょっとNPCについても語ります。書き出してみたらかなり大勢いてびっくり。
 作ったけど出てこなかったNPCもいます(精霊召喚用)
 女性キャラはヴィーギヤ以外妙齢の美女です!
(一応『勇ましき方々(本人達は『造られし者』と呼んでました。そしてウルヴヘズナル達には『戦士様』と呼ばれてました)』については20代の肉体が最も色々能力が高いからという設定がありました。
 あと神々は美しいものが好きだから醜い顔作らない、っていう設定もありました)


・ヘルヴェル/幼くして両親を亡くした後、一族で優秀なユングヴィを教育係として育ったお兄ちゃん(?)子。
・ユングヴィ/直系のヘルヴェルを王にすべく育てていたのに自分が王になってしまった。
・スキルニル/ユングヴィの優秀な部下であり親友。ヘルヴェルの幼い頃から一緒に面倒を見ているので割と容赦が無い。
・ヴィーギヤ/国一番のセイズコナ。ヘルヴェルに200歳まで生きると思われている。
・フユルギ/ガムラ・ウプサラの輝力柱守護役。
・ギヴタ/ガムラ・ウプサラの書庫の番人。
・ブロウズ/影の薄かったガムラ・ウプサラ最強の剣士。
・ビュグヴィルとベイラ(※偽名)/スキルニルの密偵。実は特異者でした。お前等遅かったな~あとは頼んだぞー、と思ってた模様。
・エルレンド/あのまま過去にいたら三年後くらいに過労死する、という設定でした。

・グルヴェイグ/放浪の人、というイメージで作りました。ナイチンゲール美しい……
・ゲヴン/最もお気に入りのキャラ。フロージに次ぐナンバー2の実力者。
・ウォデン/ゲヴン大好き。名前が中々決まらなかった思い出。
・グローア/魔術師……というか魔女、というイメージで作りました。
・フロージ/最強の『勇ましき者』。瀕死でヘルタと戦った際に街を壊滅させた。
・ネルトゥス/フロージに勝る力を持つ昼行灯。敵対キャラ以外で唯一、作成段階で死亡が決まっていたNPC。彼の死亡フラグを外せるかどうかという判定があったわけです。
・ヘルタ/『勇ましき者』達の絶望を一身に背負って世界を滅ぼすことを決意する(嘘)。

・クヴァシル/座敷童子なイメージというか世界の擬人化というか……。居るだけで何もできない子。
・エギスヒャルム/登場しなかった。
・チビ/あのままだとすぐ死ぬので……輝力石に封印とかされるんちゃうかな……?



 あと、ひとつだけ、結構執筆の際に悩みますので、書いておきますね。
 アクション内に書かれている「台詞」と、ステータス欄の口調が違う場合です。
 アクション内の「台詞」をそのままリアクション内で話す場合は、そのまま書きます。
 が、アクション内に無い台詞をアドリブで入れる場合、アクション内等どこかで口調についての注釈がなければ、私の判断でマスタリングします。
 というマイルールで今後やっていきますのでよろしくお願いします。




 セイズコナアバターの魔法説明とレベル一覧です。


★☆★セイズ説明★☆★

■精霊視■
・レベル1/夜の闇の中でも夜明け前の朝のように、全体的に暗いが何処に何があるか等は問題なく見える。
・レベル2/夜の闇の中でもくもりや雨の日の昼間のように、薄暗いが何処に何があるかははっきり見える。精霊を視覚的に捉えることができる。

■精霊伝心■(※要輝力石)
・輝力石を持っている者間で会話ができる(一対一限定)。
 片方が見ている光景を、相手の脳裏に映し出すこともできる。

■精霊託■
・レベル1/精霊の存在が感じとれ、言葉っぽいものを聞き取れたりできる。
・レベル2/精霊と会話っぽいことができる。

■精霊憑依■
・寒さや暑さを感じなくなり、水の中で呼吸することもできる。

■精霊感■
・レベル1/幻覚を見せることができる。
・レベル2/自分より弱い対象を操ることができる。

◇催眠術です。シグトゥーナのセイズコナは精霊感2を、下位の精霊を使い魔みたいに飼う(?)感じで使っています。

■精霊飛■
・精神を体から離脱させることができる。

◇昭和の名作アニメ、みらいしょうねんこなんを視聴の方しか解らない説明ですが、その終盤でヒロインの女の子が「飛ぶ」んですけどあんな感じです。
 精神を鳥のように飛ばして、何処までも何処までも飛んで行けますが物理的に飛ぶのと同じ時間が掛かります。戻るのは一瞬です。まあ幽体離脱です。公式で似たような魔法が……ありますね……

■守護結界■
・自分の周囲に、任意のひとつのものを完全に遮断する結界を張る。

◇「闇を遮断」とすれば夜でも結界内が明るくなり、「雨を遮断」とすれば傘になります。「剣を遮断」とすれば攻撃の防御になりますが、過負荷が過ぎるとセイズコナの魔力が力尽きるので永久完全防御とはいかないです。範囲の広さは直径レベルメートルという感じです。

■精霊呪■(※要輝力石)
・レベル1/攻撃を身代わりで受けるセイズを輝力石に込める。
・レベル2/攻撃を反射して相手に返す。※攻撃が強力過ぎる時は、受け切れずに失敗することもある。

◇シナリオでは輝力石使い捨て魔法なのですが、皆さんは大量の輝力石を入手できないと思われますので、皆さんの場合は使用しても砕けないとしますが、シナリオ1回につき使用できるのも1回とします。

■猛霊憑依■
・戦闘能力が3倍になる。

■精霊伝身■
・訪れたことのある輝石柱の場所に転移できる。
 ※転移できるのは使用する本人のみですが、システム上パートナーも転移できます。

◇輝力柱という輝力石の強化版間で転移できるセイズですが、名前のついた輝力石に対しても使えます。ただしその場合輝力石は使い捨てです。
 輝力柱⇔輝力柱
 輝力柱⇒輝力石(石は砕ける)
 輝力石⇒輝力柱(石は砕ける)
 輝力石⇒輝力石(石は砕ける)
という感じです。

■精霊伝声■(※要輝力石)
・範囲内にいる、輝力石を持った全員に声を伝えることができる。
 声を聞いた相手は『精霊伝心』を持っていれば返事を返すことができる。
 レベル1/直径レベル100メートル
 レベル2/直径レベルキロメートル
 レベル3/半径レベルキロメートル

■精霊回帰■(※レベル8で自動取得)
・命と引き換えに『何か』が起きる。何が起きるかは解らない。

◇簡単に説明しますとマハマン……? パルプンテ……? 何が起きるか解らない博打呪文です。何が起きるか解りません。出来ることは使用者のセイズコナレベルにもよりますが、使用するとアバター死となり、その後のシナリオにユグドラシルアバターでの参加ができなくなります。参加してくださっても死亡している扱いになってしまいます。
 ニュアンスとしては、死ぬというより、精霊になっちゃう感じです。
※使用する際にはダイスを振ってください。無い場合はこちらで振りますので大丈夫です。

■精霊召喚■(※レベル10で自動取得)
・任意の精霊またはクヴァシルを召喚できる。
 精霊から固有の名前を教えてもらうことで契約が成立し、その精霊を召喚できるようになる。


※ちょっと説明※
 シグトゥーナで言われている一般的な精霊とは、自然信仰のようなもので、妖精のようにはっきりと存在や形があるものではありません。
 なので、見えたり聞こえたりというのは、某モンスタープリンセス映画のコダマみたいな、それよりはもうちょっと意思っぽいものがあるかな、という感じです。
 高レベルの精霊になると、某同映画の犬神のように実体化できたり、擬人化できる程の存在もあるかもしれません。
 
 

参考イラスト

サンプルイラスト