イマジナリィセイヴァーズ『ロディニア』
『ロディニア』

※クリックすると大きいサイズで表示されます。

Illustrator : もりさわともひろ

「イマジナリィセイヴァーズ」概要
■「イマジナリィセイヴァーズ」について

「イマジナリィセイヴァーズ」は「三千界のアバター」プラットフォーム化後の三つ目のシリーズです。

「三千界のアバター」のストーリーとの繋がりはありつつも、
当シリーズの舞台となるのは、これまでの三千界とは異なる次元に存在する世界となっています。

そのため高い独立性も持っており、
これまでの三千界のアバターを知らなくても支障なく遊ぶことができます。

・クリエイティブRPGを既に遊んでいる方
・新たにクリエイティブRPGを遊びたい方


いずれの方でも楽しめますので、ぜひご参加ください

■「イマジナリィセイヴァーズ」の新要素

「イマジナリィセイヴァーズ」ではこれまでの「三千界のアバター」の要素に以下の新要素が追加されています。

・ブレイブソース
「イマジナリィセイヴァーズ」では、PCは“救世主(セイヴァー)”となり、
5つの「ブレイブソース」のうち一つを選択することになります。
「ブレイブソース」とは、セイヴァーの力の由来(出典)を指します。
このブレイブソースに応じて能力値にボーナスがつくことになります。
ブレイブソースにはレベルが存在し、レベルが上がれば能力値にかかるボーナスも増えます。
さらにレベルがMAXになれば、自分専用のスキルやアイテムを創造することもできます。

詳しくは「ブレイブソース」をご覧下さい。

・ファン(=サポーター)
セイヴァー個人のファンの人数です。
セイヴァーが人々を助けることでファンを獲得できるようになります。

カディヤックヒルにおけるセイヴァーは誕生したばかりであり、信頼は無いに等しいです。
ですが、一方で、人々は自分たちを救ってくれる「救世主」を求めています。
ファンは陰ながらセイヴァーズを応援する存在となり、
セイヴァーズの力の源である「ブレイブ」が溜まってゆきます。
ファン数はワールド「ロディニア」のシナリオに参加したり、
クエストでドロップすることがあるアイテムと交換できる、
『ブレイブスペクトル』と特定のアイテムを交換することで増えていき、
一定の「人数」に到達すると報酬がもらえます。

詳しくは「ファン(=サポーター)」をご覧下さい。

・ブレイブ(=ファンの全体数)
ブレイブはセイヴァーズの力の源であり、
セイヴァーによって助けられ、彼らや彼女たちのファンとなり、
サポートしてくれる人々の「想いの力」を「ブレイブコンバーター」によって数値化したものです。
多く集まるほどセイヴァーズの装備やスキルが解禁されていきます。
一定の「全体数」に到達するごとに、強力な装備やスキルが解放され、クエストなどで入手可能になります。

詳細は後日発表予定です。

「イマジナリィセイヴァーズ」の世界
「イマジナリィセイヴァーズ」の舞台となるのは都市国家「カディヤックヒル」です。
周囲を海で囲まれた、絶海の孤島の上に建設された都市です。
アメリカのデトロイトを思わせる洋風の街並みが広がっていますが、
決定的な違いは人間以外の種族が存在するという点と、
彼らからもたらされる科学力や魔法の力が共存している点です。

現代のカディヤックヒルは地球の令和時代に相当し、雰囲気も似ています。
しかし文化や技術には異なる点も多く見受けられます。

●「異世界」と繋がる世界
カディヤックヒルのある世界「ロディニア」は
異世界(=小世界)と繋がりやすいという特徴を持ちます。

新たな異世界と繋がる前に予兆があり、繋がった後は地殻変動が起こります。
そのため、新しい異世界が繋がることを予知することは可能となっています。
ただ、いつ繋がるのかは分かっておらず、不規則であるため、
ロディニアの人々は、「ああ、また異世界と繋がるんだな」くらいの認識しかありません。

また、異世界と繋がるたびに地殻変動が起きるため、ロディニアの9割は水没しています。
人々は水没を免れた場所に都市国家を築いて生活しています。
そのため、都市間の行き来はほぼなく、
その都市国家だけで生活が賄えるようになっています。

●異邦人(エトランジェ)
ロディニアには元々は人間とさんぜんねこしか住んでいなかったと言われています。
そこへ異世界が繋がったことで、新たな種族が移り住むようになりました。

カディヤックヒルには現在、サイボーグやミュータント、妖精とデーモンが住んでいます。
彼らは「異邦人(エトランジェ)」と呼ばれ、
ロディニアに本来ない技術を各都市にもたらしてくれます。
そのため、各都市は都市だけで自給自足が可能となっています。

ですが、エトランジェたちにはロディニア由来の武器が効かない、
効いても効果が薄い、という特徴をもたらしています。
ロディニア人々と友好的なエトランジェばかりではなく、
中には都市国家を乗っ取ってしまったエトランジェたちもいるようです。

そういったエトランジェたちを“ヴィラン”と呼びます。

エトランジェを倒せるのは同じエトランジェであることから、
カディヤックヒルではサイボーグとミュータントが人々から搾取するヴィランであり、
妖精は人々に味方し、デーモンは気まぐれで味方をするといった構図で、
辛うじて平和が保たれていました。

ワールドホライゾンやフェイトスターアカデミー、パラミタやローランドといった、
ロディニア以外の世界からやってきた者たちも広義ではエトランジェとなります。
全世界共通の武装やスキルはエトランジェたちにダメージを与えることは可能です。
ただ、強力なエトランジェになると、それらも効かなくなるようです。

エトランジェを倒せる兵器、それが「ブレイブコンバーター」なのです。

●ブレイブコンバーター
稀代の女性天才科学者プロフェッサー・ソルフォードが提唱し、実用化した画期的なエネルギー変換装置です。
目に見えない「勇気」や「想い」といった「正の感情」をエネルギーに変換することができます。
これを搭載した装備を身に着けた、とあるカディヤックヒルの少女はエトランジェを倒せるようになりました。
ですが、人一人の勇気や想いでは、巨大なヴィランに対抗することは難しいことも分かっています。
ブレイブコンバーターの出力を高めるには、多くの人々の勇気や想いが必要であり、
そのためにも人々の支援を取り付ける必要があるのです。
ブレイブコンバーター

Illustrator : 岸本真夜

●「ユーラメリカ」との関係
ロディニアはワールドホライゾンが存在する三千界とは異なる次元に存在しており、
ワールドホライゾンから「裏世界」と呼ばれているものの一つです。
三千界の大世界の「ユーラメリカ」に近い雰囲気があること、
異世界(=小世界)と繋がりやすい特徴が共通して存在することから、
「裏ユーラメリカ」とも言われています。

ワールドホライゾンでは「ユーラメリカのもう一つの未来」と見られていますが、
まだヒーローがほとんど誕生しておらず、
ヴィランが敵として存在しているといった世界の性質が変化しているため、
ユーラメリカの力をそのまま活用することは困難になっています。

特にアバターには注意が必要です。
カディヤックヒルではヒーローは市民に認知されていないので、
他のセイヴァーズを危険にさらしかねません。
また、ヴィランは敵という認識ですので、
ヴィランで活動すると他のセイヴァーズにも敵として認識される場合があります。

カディヤックヒル
カディヤックヒル

Illustrator : 今里浬

度重なる地殻変動によって大半が水没したロディニアにあって、
水没を免れた高地に建造された都市国家です。
エトランジェからもたらされた技術によって衣・食・住全てにおいて自給自足が可能となっています。

市庁や警察機構、病院や学校といった都市機能が集中する「ブレイン」を中心に、
都市内で使用される全ての工場製品が生産される「ファクトリー」
農産物や水産資源を生産する「プラント」
中流~下流層の人々が住む「アンダープレート」
富裕層の人々が住む「プラチナプレート」
遊園地や映画館、ブールといった娯楽施設が建ち並ぶ「ユートピア」
闘技場や競技場、ドーム球場といったスポーツ施設が点在する「コロシアム」
ギルティアス教国のカディヤックヒル支部「ギルティアスミレニアム」
といった地域に分かれており、
それぞれの地域は「ハイパーループ(真空チューブ列車)」で繋がっています。

基本的な街並みは21世紀初頭のアメリカのデトロイト風ですが、
聳え立つ摩天楼の隙間を縫うようにハイパーループが宙を走り、
巨大なビニールハウスの様なファクトリーやプラントを都市のどこからも見ることができ、
アンダープレートには日本家屋(のような建物)も存在するカディヤックヒルは、
種族のるつぼといえるでしょう。

●イマジンレガリア
セイヴァーズの本拠地です。
その正体はアンダープレートにある、漫画家・光牙 影路郎(こうが えいじろう)の仕事場です。
月間連載2本、隔週連載1本を抱える彼は、
カディヤックヒルに住む者はその名を知らないくらい売れっ子のヒーロー漫画家であり、
その仕事場も大きいです。

プロフェッサー・ソルフォードが作った「ブレイブコンバーター」に反応したのが彼の読者であったことから、
影路郎が長官として抜擢され、組織名はそのまま仕事場の名前が付けられています。

漫画家であるためアシスタントが出入りしており、セイヴァースが出入りしていても怪しまれないようです。
イマジンレガリア

Illustrator : 田中健一 / ひゅの / 孤高のオヤジ

ヴィラン
元々は異世界の住人でしたが、ロディニアと繋がったことにより元の世界へ戻れなくなり、
ロディニアに定住した種族たちです。
サイボーグとミュータントはカディヤックヒルの人々と敵対していましたが、
ギルティアス教国の出現により妖精とデーモンも敵対することが多くなっています。

●サイボーグ
マッドサイエンティスト・エジソンによって機械の身体へ改造された者たちです。
彼らの世界はエジソンよって全員が改造しつくされてしまったと言われています。

それでもエジソンは「究極のサイボーグ」を造る研究に余念がなく、サイボーグたちはカディヤックヒルの人々を攫ってエジソンに提供しています。

カディヤックヒルの人々は抵抗できないのは元より、サイボーグたちはプラントやファクトリーの運営も行っているため、下手に逆らうと工業製品や食料品を止められてしまう危険性もあります。
マッドサイエンティスト・エジソン

Illustrator : あまの

●ミュータント
オルグキングに率いられた者たちです。
ロディニアと繋がる前から様々な世界と繋がっていたようで、繋がった世界を次々と征服してきたといわれています。

彼らは戦うことが仕事であり、物を生産する術を知りません。
そのため、食料を始め武器や生活用品に至るまで、全て「強奪」しています。

彼らにとって「弱肉強食」は当たり前であり、自分たちより弱いものから奪うのは当然だと思っているのです。

普段はコロシアムで闘技大会を行ったり、スタジアムで競技を行い、常に肉体を鍛え続けています。
その気になればカディヤックヒルを支配することもできるようですが、支配しないのは単に「食い扶持が無くなるから」、だけのようです。
オルグキング

Illustrator : もりさわともひろ

●妖精
フェアリークイーン・カリーミアによって生み出された妖精たちです。
みんな人間が大好きで、サイボーグやミュータントからカディヤックヒルの人々を守っていました。

しかし、ギルティアス教国が現れると態度が一変します。
カリーミアがギルティアス教国に恭順してしまったのです。

ギルティアス教国はマンガやアニメといった想像の産物を良しとせず、弾圧する傾向にあります。
カリーミアも率先してそれに加わっており、妖精たちは泣く泣く参加している状態です。

カリーミアが何故ギルティアス教国に恭順したか、その理由は誰も知りません。

ユートピアにある遊園地は妖精たちが管理していましたが、今では休園してしまっています。
フェアリークイーン・カリーミア

Illustrator : 岐兎こるた

●デーモン
デーモンプリンセス・ニムフを頂点とした悪魔たちです。
悪魔もまたミュータントと同じく強さで序列を決める傾向にありますが、ニムフは最強のデーモンであり、悪魔たちは基本的に彼女に従います。

ニムフ自体が気まぐれな性格ということもあってか、
気まぐれにヴィランから人々を助けたり、
気まぐれにサイボーグやミュータントを倒したりと、
その行動に一過性はありませんでした。

ですが、ニムフもまた、ギルティアス教国が現れると真っ先に恭順してしまいます。
一説では、「ギルティアス教国の司祭が用いる神罰はデーモンの存在そのものを一瞬で消し去ってしてしまうため、身の保全を図った」、とも言われています。

ギルティアス教国に恭順したデーモンたちですが、気まぐれなのは変わらず、ギルティアス教国にはあまり従っていないようです。
デーモンプリンセス・ニムフ

Illustrator : 村埜

ギルティアス教国
「贖罪の神ギルティアス」を信奉する神官たちが治める国です。
各異世界に支部を持ち、最近になってカディヤックヒルにも繋がり、司祭セレナと神官たちがやってきました。

『生物は生まれ出た瞬間から罪を犯している。
 その罪とは、自分を偽ること。
 内なる欲望を肯定し、それに従うことでギルティアスは生まれた罪をお許しになる』


といった、欲望のままに生きることを教義としています。
信者になっても縛られるものはなく、また実行部隊(アコライト)が信者を守ってくるため、瞬く間に一般人から多くの信者を得て、本拠地であるギルティアス・ミレニアムを建造してしまいました。

一方で、「贖罪の神ギルティアス」以外の神を否定する武力集団でもあり、特にマンガやアニメといった想像のものを弾圧する傾向にあります。
影路郎の仲間である漫画家や小説家も監禁されてしまっています。
司祭セレナ

Illustrator : MUZY

イマジナリィセイヴァーズの特殊ルール
■【ブレイブアタック】

ロディニアのアバターが使用するオリジナル技、それがブレイブアタックです。
ロディニアのアバターは自身の特性に合わせてこれを創りあげ、
“悪(ヴィラン)”と戦う切り札として使いこなしています。
ワールドホライゾンの特異者たちにも“あなたらしい”ブレイブアタックを習得することができます。

★ブレイブアタックとは?

ブレイブアタックは装備しているすべての「ブレイブマテリアル」を合成し、
効果を同時に発動することができるものです。
『クリエイティブRPG』では基本的に本来1キャラクターが複数のスキルを同一タイミングで使用することはできませんが、このブレイブアタックではそれが限定的に可能となっているものと考えるとよいでしょう。

例えば、

「≪火≫」「≪剣≫」

この2つのブレイブマテリアルを装備しているとき、
ブレイブアタックは、≪火≫が刀身となった≪剣≫というスキルとして扱われます。

ブレイブアタックはそのままでも使用可能ですが、
あなたオリジナルの名称や解説を設定することができます。

「バーニングソード」

という名前を付けるなどして、ぜひ“あなたらしさ”を追求してください。

また、ブレイブマテリアルの効果から逸脱しない限り、演出は自由に設定することができます。
先の例であれば、「火龍剣」とすることもできますし「フレイムエッジ」とすることもできるのです。

★ブレイブマテリアル

ブレイブマテリアルとは「≪素材名≫」といった名称のスキルで、ロディニアのアバターのスキルです。
素材名はこのブレイブマテリアルの性質を端的に表したもので、ブレイブマテリアルには「コスト」が設定されています。
コストが高いほど、一般的には難度が高かったり規模が大きかったりするブレイブマテリアルとなります。

なお、ブレイブマテリアルはブレイブアタックの素材として扱わず、単体で通常のスキルとしても使用することもできます。
ただし、この場合は解説に書いてある以上の効果はありません。
また、ブレイブアタックで使用できるのはブレイブマテリアルのみになります。

★アイテム【ブレイブアタック】

アイテム【ブレイブアタック】はブレイブアタックの核とでも言うべき存在です。
実体がないことも多いものですが、【特殊】枠に装備するアイテムとして扱われます。
これを装備しているときだけ、ブレイブアタックが使用可能となります。
また、中にはコストの無い、ブレイブマテリアルを内包している【ブレイブアタック】も存在するようです。

★ブレイブアタックのユニーク化

ブレイブアタックはそのままでも使用可能ですが、ぜひオリジナルの技名を付けて使用することをオススメします。

ブレイブアタックの命名には「アイテムユニーク」を使用します。
アイテム【ブレイブアタック】をユニークあるいはプレゼントする際、

ユニーク名称として「ブレイブアタックの名称」
ユニーク解説として「その内容の補足(演出)」

をお書きください。
なお、必須ではありませんが、ユニーク解説に組み合わせるブレイブマテリアルの一覧を記載するとよりわかりやすいでしょう。

ただし、ユニーク解説は「自由設定」「アバター設定」に準ずる扱いであることは通常のユニークに関するルールと変わりません。
どういったブレイブアタックであるかは、名称だけでもできるだけわかりやすくしておきましょう。

例)
元アイテム名:【ブレイブアタック】100
ユニーク名称: カミソリキック
ユニーク解説:
 ≪風≫、≪格闘≫
 風を纏った蹴りを繰り出す。カミソリのように切れ味が鋭く、普通の服であれば切り裂いてしまう。


★ブレイブアタックの使い方

ブレイブアタックは原則としてワールド「ロディニア」のシナリオでのみ一度だけ使用可能です。
使用する際は

・アイテム【ブレイブアタック】
・(その内容にあった)ブレイブマテリアル

をすべて装備し、アクションを送信する必要があります。
なお、ブレイブアタックの使用できないシナリオでも、ブレイブマテリアル単体での使用は行うことができます。

■ブレイブアタックに関する注意事項

ブレイブアタックはその性質上、ブレイブマテリアルが正しく装備されていない場合は不発となったり、不完全な発動となる場合があります。
以下のような状況にお気を付けいただき、アクション送信を行ってください。

×アイテム【ブレイブアタック】を装備していない
ブレイブマテリアルを装備していたとしても、アイテム【ブレイブアタック】を装備していないとブレイブアタックとして使用することはできません。

×アイテム【ブレイブアタック】のユニーク設定が装備しているブレイブマテリアルで説明できない
装備しているブレイブマテリアルの内容より規模が大きかったり、あるいはまったく関係のない内容であった場合、ブレイブアタックは一部ないし全て不採用となる場合があります。
この判定は、シナリオの状況・展開に応じて変動する場合があります。
また、この判定に関してのお問い合わせには運営チームは原則としてお答えできませんのでご了承ください。

×アイテム【ブレイブアタック】の許容コストが足りていない
アイテム【ブレイブアタック】にも許容コストが存在します。
アバターのレベル的にブレイブマテリアルのコストが足りていても、アイテム【ブレイブアタック】の許容コストが足りていない場合、ブレイブアタックを放つことはできません。
特にブレイブアタックに関係ないブレイブマテリアルを装備していても、コストは加算されますので、許容コストが足りない場合が出てきます。
ブレイブアタックに使用しないブレイブマテリアルの装備にはご注意ください。

×ブレイブアタックの名称や内容が不明瞭である
ブレイブアタックのユニーク名称・ユニーク解説が解釈困難である場合、そのブレイブアタックは不採用となる場合があります。
また、ユニーク解説はあくまで「自由設定」「アバター設定」に準ずる扱いとなり、そのすべての採用は保証されるものではありません。

○≪斬撃≫と≪銃撃≫の組み合わせなど、両立しにくい組み合わせの場合
こういった組み合わせでも問題ありませんが、同時に発動できないと判定された場合はコンビネーション技のように取り扱われることがあります。

■ロディニアの通信について

ワールド「ロディニア」の【BC】を搭載しているアイテムにはすべて無線通信機能が搭載されており、
これらのアイテムを武装に装備することで、カディヤックヒル内で無線通信を行うことができます。
シナリオでは明記がない限り無線通信の使用に制限はありませんが、
スキルやアイテムなどで補強されていない通信は、盗聴・妨害の可能性があります。

【BC】に搭載されている無線は基本的に一対一であり、複数人が同時に通信を行うことはできません。
また、他の世界の無線機との互換性はないので、【BC】装備内のやり取りになります。

なお、イマジンレガリアの本部からの通信、及び光牙影路郎とプロフェッサー・ソルフォードからの通信は
【BC】アイテムを武装に装備しているキャラクターたちへ一斉通信、グループ通信、個別通信が可能となっています。

■セイヴァーネームの名乗りについて

ワールド「ロディニア」では、【BC】アイテムを武装に装備して変身を行ったセイヴァーは、
本名で呼び合ってもヴィランにその正体が露呈することはあまりありません。

ですが、セイヴァーに変身した際の呼称である「セイヴァーネーム」は名乗っていただいて構いません。
ただし、ロディニアのヴィランは名乗っている最中に待ってくれるとは限りません。

セイヴァーネームに既存の著作物、及びクリエイティブRPGのNPC名(生死に関わらず)を使用されるのは
ご遠慮いただきますようお願いいたします。
こちらに該当するセイヴァーネームを書かれていた場合、
そのシナリオでのセイヴァーネームの使用を不採用とさせていただくことがございます。


■ヴィランの動向を調査せよ!

カディヤックヒルではヴィランが我が物顔でのさばっており、セイヴァーズは影路郎やプロフェッサー・ソルフォードからの救援要請を請けて現場に駆け付けてヴィランから人々を助けます。
ですが、事前にヴィランの動向を調査することで、キャラクターがその現場に居合わせることが可能となります。

ロディニアのパブリックシナリオでは、フェロー一人の参加が【無料】となっています。
ロディニアのフェローを参加させ、そのアクションの冒頭に【調査】と書いた上で、
キャラクターが調査したいヴィランの動向や起こりそうな事件をお書きください。

例1)
【調査】サイボーグがお年寄りに勝手に義手や義足を移植し、操ろうとしているらしい。


例2)
【調査】妖精が受験生に悪夢を見させて寝不足に陥らせ、受験を失敗させようとしている。
    自暴自棄になった学生はギルティアス教国に入信してしまうかもしれない。


ロディニアのアバターの全身カットイラストを持っているキャラクターは調査が採用されることがあり、 関連したシナリオガイドやクエストがリリースされた際、登場する場合があります。
シナリオガイドに登場した場合、そのキャラクターには招待が出されます。
※参加費はご負担となります。
不参加の場合NPC扱いとなり、リアクションで名前のみ登場する場合があります。

もしかしたら、キャラクターの調査の結果、巨大なヴィランと戦うシリーズに発展するかもしれません!

■ヴィランの動向を調査せよ!に関する注意事項

・調査を行えるのはロディニアのフェローのみとなります。
 ロディニア以外のフェローで調査を行った場合、内容に関わらず不採用となります。
・調査を行ったフェローは、リアクションには登場しません。
・調査は必ず採用されるとは限りません。
・ロディニアのパブリックシナリオでは、フェローの二人目からは参加ポイントが【50ポイント】になりますのでご注意ください。

・ロディニアのプライベートシナリオでは、フェローは通常料金となり、【調査】アクションを掛けることはできません。
 代わりにシナリオの「アクション相談/リアクション感想」掲示板に、【調査】の内容を書き込むことができます。
 採用基準はパブリックシナリオと同じですが、【調査】の書き込みは一アカウントにつき一回とさせていただきます。
イマジナリィセイヴァーズのプライベートシナリオ
ロディニアのプライベートシナリオは、カディヤックヒルが主な舞台となります。
それらの依頼には以下のようなものがあるかも知れません。

・銀行やスーパーを襲撃するヴィランを倒す
・幼稚園バスをバスジャックするヴィランを倒す
・ヴィランに誘拐された令嬢を救出する
・ヴィランによって薬や兵器の実験台にされる人々を救出する
・ギルティアス教団によって拘束された漫画家や学生を救出する

イラスト関連情報
イマジナリィセイヴァーズのイラストをオーダーされる際、以下の項目にご注意ください。

●セイヴァーズの武装や異形化
形状が通常の手持ち武器の範疇、形状変化が小さいものであれば基本レギュレーションで描写可能です。
ただし、全身を覆うもの、形状変化が大きいもの、宙に浮遊しているもの、オーラや炎などのエフェクトが含まれるものについては、エクステンドレギュレーションでのご注文を推奨とさせていただきます。

【!】ロディニアの種族描写を希望する場合、必ずオーダー内容に明記いただきますようお願い申し上げます
基本・かんたん・エクステンド問わず、必ずオーダー内容に明記ください。

●ブレイブコンバーター
ロディニアの武装には必ずブレイブコンバーターが搭載されています。
基本的な形状は「フィンガーレスグローブの手の甲に着いた水晶玉」となり、特に指定がない場合こちらの形状で描かれます。
腕輪やペンダントなど、自由に形状を変えることができますので、形状を変える場合、
基本・かんたん・エクステンド問わず、必ずオーダー内容に明記ください。

●プロフェッサーの「乗り物」
乗り物を描写することは可能ですが、エクステンドレギュレーションのみの対応となります。

また、以下の項目にご注意ください。

【!】実在する作品のヒーローをそのまま描写することはできません
シナリオ・イラストいずれについても、実在する作品のヒーローの名称・外観・能力名等をそのまま描写することはできません。
納品後の商品であっても、運営チームの判断で修正を行う場合がございますのでご了承下さい。
「イマジナリィセイヴァーズ」FAQ
1.既存キャラクターの場合、イマジナリィセイヴァーズにおけるブレイブソースはどうやって決定するのでしょうか?
1.ロディニアのアバターの状態で、「世界データ」より設定(変更)が可能です。
2.イマジナリィセイヴァーズでは、どのような外見になるのでしょうか?
2.MC・LC共に、基本的に「人間」として扱われます。
  ただし、今後「さんぜんねこ」など、人間以外の種族が登場した場合、
  LCは元フェローの種族として扱われます。
3.人間以外の種族でイラストオーダーをしたい場合、どうすればいいでしょうか?
3.外見の変更はブレイブソースによって行われます。
  イラストオーダーをする際に、オーダー文に「ブレイブソース」「希望する種族」を忘れずにご記入ください。
4.「ブレイブソース」に既存の作品を反映することは可能でしょうか?
4.いいえ。既存の作品(版権物)は反映できません。既存の作品が掛かれていた場合不採用となり、描写されない場合があります。
  ただし、「おとぎ話」「神話」など、版権物ではない既存の作品は採用される場合があります。
5.「禍神伝」や「八男って、それはないでしょう!」とのコラボレーション、「新クレギオン」から新規で始めた神通者/冒険者/クレギオンもロディニアで活動できるでしょうか?
5.できます。いずれの場合もワールドホライゾンを経由してロディニアに来たセイヴァーとなります。
6.『機甲指令メタルハウンド』のように解説に必殺技のブレイブマテリアルの組み合わせが書いてあるアイテムがありますが、シナリオでブレイブアタックとして使う場合、装備は必須でしょうか?
6.いいえ、アイテムを装備していなくても使用は可能です。