NPC
ここでは、『三千界のアバター』に登場するNPC(ノンプレイヤーキャラクター)を紹介します。
この項目はゲーム展開やシナリオ状況でキャラクターが増えることや内容が変更されることがあります。
各世界の特異者キャラクター
各世界のキャラクターたち(NPC)は、PCたちと一緒に活動することで特異者に目覚めることがあるようです。
また、最初から特異者のNPCもいます。
その中でもワールドホライゾンと縁の深いキャラクターとなります。年齢は合流当時のものとなります。
【アルテラ】
ルキア(女、20歳)
「私の力が必要であれば喜んで手を貸そう」
コルリス王国軍第二兵団の団長を務める女性剣士。
遠目からでも目立つ紅い長髪と、常人には捉えられないほどの剣速と流麗な体さばきから「コルリスの紅き雷」の異名を持つ。
「紅雷のルキア」と呼ぶ者もおり、彼女の武勇は他国にも広く知れ渡るほど。
その身分や実力に驕ることなく誰とでも分け隔てなく接するため、国民からの信頼は厚い。
真面目な性格で、冗談をしばしば真に受けてしまうことがある。
ワールドホライゾンに合流してからは、特異者への剣の指導を任されることもある。

▼主なアバター:剣士
ルキア

Illustrator : NP

---
【アルテラ】
リンシア(女、14歳)
「にゃしし、悪者退治ならリンシアにお任せだよ!」
アルテラの大国、コルリス王国に住む、猫のセリアン(獣人)の少女。
自称、森の義賊。悪人、特に盗賊と悪徳商人をこらしめることを生業としている。
困っている人から依頼を受けて動くことが多いものの、気まぐれで行動することもしばしば。しかし第一優先は自分の命であるため、危ない橋は極力渡らない。
ワールドホライゾンに合流してからは、興味のままに様々な世界を飛び回っている。
それでも、自分の出身世界が一番居心地がいいらしい。

▼主なアバター:セリアン
リンシア

Illustrator : NP

---
【アルテラ】
ユリウス(男、23歳)
「世界はきっと、ゆっくりと変わっていくのでしょう」
コルリス王国の王子であり、コルリス王国軍第三兵団の団長。
『蒼流の貴公子』の異名を持ち、「元素の王」の“青の王”であった。
冒険家ジュリーという顔を持ち、十代の頃に数年がかりで世界を旅している。
普段は王家の者として礼節のある振る舞いをするが、根はじっとしていられない性格。
王剣戦争後は青の王の力を失い、王位継承のために王都ケントルムに帰っている。
現在はコルリスとワールドホライゾンとの仲介役を担っている。

▼主なアバター:魔導騎士
ユリウス

Illustrator : NP

---
【アルテラ】
メリッサ(女、18歳)
「――咲き誇れ、白き光の花よ!」
本名メリシアーナ。神聖エテルナ帝国の皇女であり、神聖騎士第三席。
帝国最強と謳われる魔導騎士で、「元素の王」の“白の王”であった。
『エテルナの白き花』『光速のメリッサ』といった異名を持つ。
皇帝エレオノーラの曾孫に当たるが、彼女の出自には大きな秘密があり、一時期はそれに悩んでいた。
王剣戦争後も変わらず神聖騎士であり、「お忍び」と称して帝都を抜け出すことの多いエレオノーラに振り回されている。

▼主なアバター:魔導騎士
メリッサ

Illustrator : NP

---
【アルテラ】
ベルナデッタ(女、年齢不詳)
「頼んだよ、アンタたち。ま、背中くらいは支えてやるさね」
長命種である少数種族ドワーフの女性であり、神聖騎士第九席。
『震天の鉄槌』の異名を持つ魔導騎士で、「元素の王」の“黄の王”であった。
外見は小柄な少女だが、実年齢は『大体200歳くらい』とのこと。
神聖エテルナ帝国の「建国の十騎士」であり、神聖騎士結成当初からいる最古参の一人。
また優れた鍛冶師として、帝国の武器や魔導具の製造に携わっている。
王剣戦争後は新体制となった魔導研究所の所長を兼任している。
現在はエテルナとワールドホライゾンとの仲介役を担っている。

▼主なアバター:魔導騎士
ベルナデッタ

Illustrator : モリソー

---
【ゴダム】
イサミ・フォックス/平良 勇(女、18歳)
「すまないが、ステラのことは頼む!」
黄昏の世界ゴダムのガンスリンガーで、エミリアに雇われている。
エクソダスを巡る事件の結果、故郷である大和に飛ばされ
そこで実の父である平良正門と対峙することになる。
その事件が解決した後、エミリアの元に復帰し、“外なる神々”との戦いに身を投じた。

そして、桜・アライラー(SAM0003922)の義兄弟である。

▼主なアバター:ガンスリンガー /
イサミ・フォックス

Illustrator : TOH.

---
【ゴダム】
エミリア・バーレット(女、20歳)
「仕方ないから雇ってあげるわ。
その代わり、しっかり働くことね」
黄昏の世界ゴダム出身のマギウス。
ゴダムからのエクソダスを巡る事件を経て、
マギウスの最高位である“スルターン”となりワールドホライゾンにも所属した。
越界聖具でもある“アル・アジフ”を操る。
現在は地球侵攻を企む“外なる神々”との戦いの最高指揮官として活躍している。

▼主なアバター:アストロノーツ
エミリア・バーレット

Illustrator : TOH.

---
【ゴダム】
ウリエラ・サブロフ(女、21歳)
「来る奴全員、殺してあげるんだから。アハッ♪」
黄昏の世界ゴダム出身のマフィア。
「サブロフの子供たち」と呼ばれる改造された人間の一人。
“旧神”であるアームストロング元大統領の因子を組み込まれており、邪神に匹敵する力を持つ。
特異者と敵対していたが、現在は友好関係にある。
またマイケル・サブロフに執着心を持っていたが、最近はそれも薄れつつある。

▼主なアバター:マフィア / 旧神(ユニークアバター)
ウリエラ・サブロフ

Illustrator : 彩葉キミコ

---
【大和】
夕凪(女、16歳)
「いかな穢れであろうと浄めてみせるっ!」
本名、宗形 夕姫(むなかた ゆうひめ)。
幽玄の世界大和出身の巫女であり、六鬼衆との戦いを経て特異者に覚醒。
ワールドホライゾンに所属することとなった。
その身に宿す浄化の力は、低級妖魔であれば近づいただけで消滅させてしまうほど。
当初その力は眠っていたが、戦いの中で目覚めた。
純粋で天然なため、時々突拍子もないことをすることがある。

▼主なアバター:巫女
夕凪

Illustrator : ヒラサト

---
【大和】
鴨 希一(男、18歳)
「行くよ、十二天将――八神破道!」
幽玄の世界大和出身の陰陽師。
大和の偉大なる陰陽師、阿倍 清明(あべのきよあきら)の実子。
夕凪と共に六鬼衆との戦いを経る中で特異者へと覚醒した。
再会した父から式神「十二天将」を受け継いだが、完全に使いこなすための努力中である。
幼少期を寺で過ごしており、僧兵としての訓練を受けていた。
そのため体術の心得があり、対人戦闘に限れば格闘した方が強い。

そして、鴨 柚子(SAM0013680)の伴侶である。

▼主なアバター:陰陽師
鴨 希一

Illustrator : ヒラサト

---
【大和】
紀乃 刀児(女、23歳)
「穢土の穢れを祓い……もっと色んな人と話がしたいんだ」
大和の「大陸」の一地域である穢土に暮らしている女侍。
かつて大陸に渡り、穢土の穢れを抑制していた紀乃家の跡取り娘。
刀技、特に抜刀術を得意とする。
穢土の戦いの中で浄脈を安定させたことで、ある程度穢土の穢れを祓うことに成功。
両親を封印の役目から解放した。
無口で堅物そうな雰囲気に反し、他人と話すのが好きな性格。
見た目によらず大食らいで、米俵を一人で平らげることもあるほど。

▼主なアバター: / 戦神
紀乃 刀児

Illustrator : 岸本真夜

---
【神多品】
高槻 榛名(女、16歳)
「2つの学校が仲良くなれる方法を探さないと!」
天儀球にある神多品学園都市を形成する2校の1つ、楯無高校の普通科に通うブリンガーの少女。
誰かのために一生懸命になれるまっすぐな性格の持ち主で、今日も誰かのために学園都市内を奔走している。
豊かな感受性の持ち主故、ブリンガーの力の源であるアポカリプスの化身鈿女の憑代となってしまったこともあったが、それを友人であるオリヴィアや特異者たちと克服し、特異者に覚醒した。
ワールドホライゾンに合流して以降も、いろんな世界へ赴いては困っている人を助けているという。

▼主なアバター:ブリンガー
高槻 榛名

Illustrator : らぐほのえりか

---
【神多品】
オリヴィア・ヴァレンシュタイン(女、16歳)
「ミランダ姉さまこそ、
今の状況を打開してくれるはずです!」
天儀球にある神多品学園都市を形成する2校の1つ、リージョン・ユニバースの騎士学科に通うナイツの少女。
母親は馬上槍試合の公式戦で六十余回全勝という前人未到の功績を持つナイツ、姉は元神多品学園都市の生徒会長というエリートの家系で、本人も母親や姉に追い付くべく日々鍛錬を欠かさない努力家である。
鈿女の憑代となった親友榛名を特異者たちと共に助けた際、特異者に覚醒してワールドホライゾンに合流した。 母親や姉に追い付くためにナイツの腕前を磨くべく、各世界で活動している。

▼主なアバター:ナイツ
オリヴィア・ヴァレンシュタイン

Illustrator : らぐほのえりか

---
【神多品】
高遠 愛美(女、18歳)
「神多品学園都市を良い学園都市にするには、
生徒会長から変わらなければね」
天儀球にある神多品学園都市を形成する2校の1つ、リージョン・ユニバースの軍事学科に通うアーミーの少女。
神多品学園都市最強のアーミーであり、神多品学園都市の現生徒会長でもある。
当初はリージョン・ユニバース至上主義者だったが、特異者たちと行動を共にすることで楯無高校への見方や考え方が変わり、今では神多品学園都市全体のことを考えている。
特異者に覚醒し、ワールドホライゾンに合流した後も、生徒会の活動が忙しいためなかなか特異者として活動できていないが、寸暇を惜しんでゼストなどに行っているという。

▼主なアバター:アーミー / オールドキャプテン
高遠 愛美

Illustrator : らぐほのえりか

---
【ユグドラシル】
エリアス(男、17歳)
「俺はミッドガルドへ向かう、全ての巨人を倒してでも」
転空の世界ユグドラシル出身のエインヘリアル(英霊)。
その身に創世のルーンを秘めていたため不死の戦士として活躍していたが、
ユグドラシル復活のためにルーンは消え、その後ホライゾンに所属。
ユグドラシルの創造主であるオーディンのユニークアバターを宿している。
無口かつ好戦的な性格で、千国では柳生十兵衛を名乗っている。

▼主なアバター:エインヘリアル / 梟雄
エリアス

Illustrator : 櫻木けい

---
【ユグドラシル】
ブリギット(女、16歳)
「あのリンドヴルムは無理よ、
あんな気性荒いの初めて見たわ」
転空の世界ユグドラシル出身のエインヘリアル(英霊)。
エリアスの相棒としてユグドラシルで活躍したあと共にホライゾンに所属。
他世界でも勇敢に戦うがピンチに陥ることもしばしば。

そして、幾嶋 衛司(SAM0036471)の伴侶である。

▼主なアバター:エインヘリアル / リンクデバイサー
ブリギット

Illustrator : 東原史真

---
【ゼスト】
ミサキ・ウツミ(女、18歳)
「私たちの空は、もう奪わせない!」
海洋世界ゼスト出身のリンクデバイサー。
本国、帝政豊葦原での表記は内海 美岬。
「IF」と呼ばれる機動兵器のパイロットであり、振電参型を駆ってインテグレーターとの決戦を戦い抜いた。
現在はマリナ同様、ホライゾン・アカデミーに留学している。
ゼストに出現した新たな脅威「IDD」と戦うため、現在もマリナと共にゼストへ行く機会が多い。

▼主なアバター:リンクデバイサー
ミサキ・ウツミ

Illustrator : NP

---
【ゼスト】
マリナ・アクアノート(女、17歳)
「誤差、修正完了。狙い……撃つっ!」
海洋世界ゼスト出身のランチャーウィザード。
脳内にニューロチップを持つ「アドバンスド」と呼ばれるゼストの新人類(強化人間の一種)。
ヘカトンケイル・システムという専用の武装ユニットを持ち、インテグレーターとの戦いでは、
クアンタロス四姉妹の一体を単身で撃破するという戦果を挙げた。
現在は留学という体でホライゾン・アカデミーに在籍している。
ゼストに出現した新たな脅威「IDD」と戦うため、現在も故郷であるゼストへ行くことが多い。

▼主なアバター:ランチャーウィザード
マリナ・アクアノート

Illustrator : NP

---
【ゼスト】
ヴァイオレット(女、外見18歳)
「あ、あの、その……ごめんなさいっ!」
武装組織インテグレーターによって造られたクアンタロス“四姉妹”の三女。
防御特化型であり、エネルギーの反射、物質の分解が自在なシールドをメイン武装として持つ。
第二次極東戦役において大破し記憶を失うが、連合軍によって修復され、管理下に置かれた。
IDDとの戦いの中で特異者に覚醒し、かつての記憶を取り戻す。
戦後は軍の予備役としてエリア15で暮らしている。
趣味は料理だが、腕は壊滅的。

そして、桐ケ谷 彩斗(SAM0032241)の恋人である。

▼主なアバター:クアンタロス
ヴァイオレット

Illustrator : NP

---
【ゼスト】
マシロ・シラヌイ(女、外見15歳)
「消して、あげる」
帝政豊葦原陸軍に特例で入隊した少女。階級は特務曹長。
本国での表記は不知火 真白。
可変IF「雲雀」のテストデバイサーを務め、対IDD戦役に参加した。
その出自は秘匿されているが、資源戦争末期に造られた「機械操作」に特化した強化人間である。
身体の大部分がナノマシンで構成されており、感情が昂るとリミッターが外れて暴走してしまう。
豊葦原によって“発掘”され、冷凍睡眠を解除された事で目を覚ました。

▼主なアバター:リンクデバイサー
マシロ・シラヌイ

Illustrator : モリソー

---
【千国】
織田信長(おだのぶなが/男、20歳)
「千国は統一され、乱世は終わった。
今度は三千界の乱世を終わらせる番だ!」
戦国時代を代表する武将の一人。天下統一の偉業の半ばで家臣の謀反に遭い、本能寺の変にて死亡してしまう。
千国では特異者や劉玄徳、アーサー女王の協力を得て中原を統一して覇者となり、千国を統一した覇王へと昇り詰める。
気性は荒いが、好き嫌いがはっきりしている裏表のない性格で、出自に囚われず誰とでも分け隔てなく接する。
また、珍しいものや目新しいものが好きで、物事の事象をそのまま受け入れる度量の持ち主であり、彼の元には呂布やアーサー女王の従妹のガウェインなど、様々な人材が集まっている。
幸若舞『敦盛』を舞ったり、和歌を詠んだりと、音楽にも造詣が深い。

▼主なアバター:大君主(オーバーロード) / タレント
織田信長

Illustrator : 東原史真

---
【千国】
モルドレッド(女、20歳)
「俺はくそアネキを越えてみせる!」
アーサー王伝説に登場する英傑で、アーサーの甥であり、円卓の騎士の一人である。
「アーサー王の王国を崩壊させる」と予言された子であり、その予言通り謀反を起こし、最期はアーサー王に致命傷を与え、王国を崩壊させるきっかけとなった。
千国ではアーサー女王の実の妹であり、幼少の頃からアーサー女王と離されて、アーサー女王と比べられて育てられたため、アーサー女王に対して深い憎しみを抱いていた。
特異者たちとの邂逅でいつしかその憎しみは消え、「俺はくそアネキよりいい国を造ってやる」と姉を越えるべく、特異者として三千界の各地で武者修行をしている。
普段はぶっきらぼうだが、困っている人は放っておけない性格で、異世界の揉め事に首を突っ込むこともしばしば。
恋愛は超が付くほど奥手だが、空気は読める方である。

そして、ズィキス・バルタ(SAM0039115)の恋人である。

▼主なアバター:梟雄 / ヴィラン
モルドレッド

Illustrator : 羊毛兎

---
【ワンダーランド】
アデル(女、外見14歳)
「世界はみんなで創っていくものだよ!」
ワンダーランドに迷い込み、元の世界での記憶を失っていた少女。
「空想の欠片」の力の使い手である“アリス”として、ジャバウォックと戦っていた。
『アリスハザード』にてワンダーテラーに覚醒、さらにユニークアバターへと昇華させる。
かつてワンダーランドを訪れていた三千界管理委員会のエージェントである『アリス』と瓜二つの容姿をしているが、
彼女はそのことを知らず、かつてのアリスを知る者も似ているとは認識していない。

▼主なアバター:ワンダーテラー / アリス(ユニークアバター)
アデル

Illustrator : 田中健一

---
【ユーラメリカ】
コトネ・カッシーニ(女、25歳)
「イベントがあったら呼んでくださいね。
バッチリ実況します!」
デルタシティで視聴率95%を誇るテレビ番組「ヒーローチャンネル」の看板アナウンサー。
かつてはA級ヒーロー“ミスティックラビット”だったが、ダイナソアブロイラーの侵攻の際に妹フィーネ・カッシーニを守れず、ヒーローを引退し、“ミスティックラビット”に関する全データを抹消していた。
特異者の協力もあって妹が蘇るとヒーローに復帰し、ワールドホライゾンのイベントの盛り上げや、特異者たちの味方として協力する。
明るい性格で、誰とでも分け隔てなく接し、そして常識人。

▼主なアバター:ヒーロー
コトネ・カッシーニ

Illustrator : 小龍

---
【ユーラメリカ】
ルージュ・コーデュロイ(女、16歳)
「きゅーてぃくる流魔法少女ルージュ参上!」
ユーラメリカの小世界メイプルキングダムに無数に存在する魔法少女の流派の中で、
最多の門下生を誇るきゅーてぃくる流の師範きゅーてぃくる☆ラブベルの孫娘。
メイプルキングダムの第2王女ティアナ・ベルベットローズの幼馴染でもある。
本人は真面目で、周りを良く見て面倒見のいい委員長タイプの性格だが、
ノリの良い一面もある。

そして、優・コーデュロイ(SAM0046649)の伴侶である。

▼主なアバター:ヒロイン(魔法少女) / 剣豪
ルージュ・コーデュロイ

Illustrator : いつだって8番

---
【ユーラメリカ】
佐藤 花(女、24歳)
「“ビューティフル・シュガー”、華麗に登場ですわ!
そこ、花と呼ばないで!」
宝石や貴金属、絵画から人間まで、美しいものをコレクションしていたヴィラン。
悪の秘密結社デスクライムに、自分の名前に対するコンプレックスを操作され、利用されていたが、特異者たちの活躍で正気に戻った。
現在はヒーロー連盟(ソサエティー)に所属し、罪滅ぼしのために悪の秘密結社やevilたちと戦っている……が、荒事は配下の凸凹コンビ・バッドとルウに任せていたため弱く、もっぱら頭脳労働がメインである。
本名は佐藤 花で、彼女のヒーローネームは本名をもじったもののようだ。

そして、佐藤 一(SAM0036648)の伴侶である。

▼主なアバター:ヴィラン
佐藤 花

Illustrator : 里麻りも子

---
【テルス】
“エクセリアの騎士”キリュウ・ヤスハラ(男、15歳)
「キリュウ、ラプタープラス、出撃します!」
ベンセレム3に住んでいた、メタルキャヴァルリィやエアロシップ好きの少年。
セリアやワールドホライゾンの特異者と出会いを経て戦争へ身を投じてゆく。
元々リトルメック乗りとして生計を立てており、
メタルキャヴァルリィの操縦センスは高かったが、
戦いの中で伝説の騎士サクセサーへと覚醒し、
ラディア連合王国軍でもトップクラスのエースパイロットへと成長した。
ワールドホライゾンに何度か遊びに来ており、特異者の要請があれば駆け付けるようだ。

▼主なアバター:サクセサー / シビリアン
キリュウ・ヤスハラ

Illustrator : Azma

---
【テルス】
“影の女豹”エーデル・アバルト(女、25歳)
「外の世界に、こんなにもメタルキャヴァルリィ用の研究素材があるとはね……」
グランディレクタ共和国軍現総帥。
ラディア連合王国とは休戦状態にあり、
共同開発部隊の兵器開発意見会などを経て
ワールドホライゾンの特異者たちと交流を深めるうちに特異者に覚醒した。
紅茶とメタルキャヴァルリィ・エアロシップ研究をこよなく愛する根っからの研究者肌で、
一度部屋に閉じこもってしまうと、食事の時間になっても出てこないようだ。
立場上、表立って行動することは少ないが、
兵器開発などでワールドホライゾンに協力している。

▼主なアバター: ゼネラル / サクセサー
エーデル・アバルト

Illustrator : Azma

---
【テルス】
“女好きの掃除屋”ロメオ(男、36歳)
「各世界のかわいこちゃんを紹介してくれよ!」
グランディレクタ共和国軍の名物隊長。
無類の女好きとして知られており、暇さえあれば女性をナンパしている。
彼が指揮する小隊員も全て女性で編成されているが、皆ロメオが保護した身寄りのない子供たちで、
彼女たちは進んでメタルキャヴァルリィの操縦技術を身に付け、ロメオの小隊員になっている。
なお、共和国軍で出回っている「エーデル写真集」をはじめとした女性士官の写真集は、彼の手によるものである。
ワールドホライゾンの特異者と交戦したり共闘したりする機会が多かったためか、サクセサーに覚醒しており、
特異者に協力する傍ら、各世界の女性たちの写真集作りに執念を燃やしているようだ。

▼主なアバター: センチュリオン / サクセサー / エアマスター
ロメオ

Illustrator : セクマッオ

---
【テルス】
“哀涙の聖母”ナティス(女、不明)
「おねーさん、嬉しいわ」
ラディア王国の現宰相である妙齢のゼネラル。
元女王ガートルードの王女時代のプリンセスガードであり、
一緒にヤンチャをやった仲で、当時は相当のじゃじゃ馬だったらしい。
聖母のような笑顔と泣き落としを使いこなして外交を行っており、
表情や感情のコントロールはお手の物。
ラディア連合王国軍にしては珍しく柔軟な考えの持ち主で、
ワールドホライゾンの特異者たちにも理解を示している。
特異者と接する機会が多かったためか、特異者に覚醒しており、
ラディア連合王国とワールドホライゾンとのパイプ役を担っている。

▼主なアバター: ゼネラル / サクセサー / センチュリオン
ナティス

Illustrator : KKR

---
【テルス】
“晴嵐の白薔薇”ルーニャ(女、22歳)
「私でよければお手伝いしますよ!」
女王エクセリア・ラディア公認の、“哀涙の聖母”ナティスの配下“プリンセスガード”の副隊長。
入隊後数年で副隊長になり、異名を得るなど、歴代のプリンセスガードの中でも異例の成長を遂げている。
特異者と接する機会が多かったためか、サクセサーに覚醒している。
これといった趣味がなく、空いている時間も訓練に費やしているのが悩みの種らしい。
ラディア連合王国を救ってくれたワールドホライゾンの特異者に恩義を感じており、
呼ばれればすぐに駆け付けてくれるようだ。

▼主なアバター: センチュリオン / サクセサー / シビリアン
ルーニャ

Illustrator : 佳苗いより