アバター
アバター一覧(独立小世界)
※「独立小世界」アバターのワールド補正について
これらのアバターは、クエスト・イラストボーナスではワールド「独立小世界」扱いとして補正を得ることができますが、
シナリオではワールド「独立小世界」であっても、対応する小世界でない場合は補正が得られないことがあります。
---
【オートマタ】(種族系)

・概要
外界の小世界である、『機巧世界クロノス』に暮らす種族です。
一見すると人間とほとんど変わりませんが、身体は歯車を中心とする機械部品で構成され、ぜんまいによって動く“時計仕掛け”な人々です。
思考や感情は人間と同様に備わっており、また、身体の表面は生体組織で覆われているため、それを維持するために食事を必要とします。
機械ではあるもののデリケートな構造なため、強い負荷がかかると著しく動作が鈍くなってしまいます。
・アバターチェンジ
オートマタにアバターチェンジすると、アンティークドールのような外見となります。
また、時計がなくても時間が正確に測れるようになります。
・初期値
STR:3 INT:3 DEX:2 LUK:2 HP:11 MP:9
・上昇値
STR:2 INT:2 DEX:1 LUK:1 HP:10 MP:6
※上昇値は、レベルアップ時に上昇するステータスの基本値で、実際の上昇値には幅があります。また、上昇しない場合もあります。
・アバターサイズ
M
・耐性
地:○ 水:△ 火:△ 風:○ 光:― 闇:― 物:―
・初期スキル
オートカウンター:
オートマタが持つ自己防衛機能。
攻撃を自動的に察知し、相手にカウンターを繰り出す。
シナリオでは、敵に狙われている状態でなければ発動せず、カウンターが成功するとは限らない。また、遠距離からの攻撃に対しては回避行動を取るのみである。
クエストでは、敵1体に物理攻撃ダメージを与える。
・アバターレベル20スキル
クロックアップ:
体内の歯車の回転速度を限界まで高める事により、常人には視認出来ない速さで動く事が可能となる。
ただし身体への負担が非常に大きいため、数秒程度しか持続できない。
クエストでは自身の速度を大きく上げ、ランダムの敵2体に物理攻撃ダメージを与える。
オートマタ

Illustrator : KOTA

---
【イミテーション】(種族系)

・概要
プラスチックや紙、布で作られた「おもちゃの人形」、それがイミテーションです。
イミテーションは外界の独立小世界「ボックス」の聖具「トイメイカー」に由来するアバターで、生まれつきの種族としてはほとんど存在しません。そのため、特異者がアバターチェンジしたものがほとんどです。
彼らの身体はありふれた素材と完全な空洞からなるため生命としては到底成立しそうにありませんが、特異者の精神と聖具の力のかけらを宿すことで仮初の命を得ているものと考えられています。
能力面では他のアバターに劣りますが、聖具に由来する特殊なアイテムを取り扱うことができるようです。
・アバターチェンジ
イミテーションにアバターチェンジすると、プラスチックや紙の人形、もしくは布製のぬいぐるみの姿となります。一般に、元種族の姿をモチーフとした姿をとることが多いようです。
また、身体の内部が空洞となり、極めて体重が軽くなります。
※シナリオにおいてこの種族的特徴を能力として活かす場合、専用のスキルを装備する必要があります。
・初期値
STR:3 INT:2 DEX:3 LUK:2 HP:9 MP:11
・上昇値
STR:1 INT:1 DEX:2 LUK:1 HP:9 MP:7
※上昇値は、レベルアップ時に上昇するステータスの基本値で、実際の上昇値には幅があります。また、上昇しない場合もあります。
・アバターサイズ
M
・耐性
地:― 水:― 火:× 風:○ 光:― 闇:○ 物:△
・初期スキル
フェザーマインド:
イミテーションの身体は空洞であり、極めて体重が軽い。
シナリオでは、体内に小物をしまう、不安定な足場に乗るなど、空洞と体重を活かした行動が取れるようになる。
ただし体内が雑多な状態になるほどイミテーションは気分が悪くなってしまうようだ。
装備すると速さが少し上昇する。
・アバターレベル20スキル
プラスチックソウル:
イミテーションはその性質上、急所を看破されにくい。
シナリオでは、このスキルを装備していると稀に、重大なダメージを受けたときに「ダメージを受けたように見えたが、実はかすめていただけで無傷だった」と判定されることがある。この効果はアクションに書くことで発揮することはできない。
装備すると完全回避が少し上昇する。
イミテーション

Illustrator : 外殻キャンサー

---
【リベレーター(解放者)】(職業系)

・概要
リベレーターは内界の小世界「ノスティア」にて育まれた、
地形を利用した戦術を得意とするアバターです。
生来の観察眼と高い運動神経によって、高い壁や深い谷であっても、
専用のアイテムを用いることで移動することができます。
また、自然と共存して生きており、小動物などを懐かせることも可能なようです。
さらに、自然を熟知したリベレーターは、部隊の統率をとり、
戦場においては指揮官の役割を担う事も多いようです。
・アバターチェンジ
リベレーターにアバターチェンジすると、ノスティアの基礎知識が身につきます。
また、ノスティアの小動物や自然に好かれるようになります。
・初期値
STR:6 INT:6 DEX:6 LUK:7 HP:20 MP:10
・上昇値
STR:2 INT:2 DEX:2 LUK:2 HP:10 MP:6
※上昇値は、レベルアップ時に上昇するステータスの基本値で、実際の上昇値には幅があります。また、上昇しない場合もあります。
・アバターサイズ
M
・耐性
地:― 水:― 火:― 風:― 光:― 闇:― 物:―
・初期スキル
【号令】索敵散会:
敵地へ向かう中用いられる散会命令。
自身が装備している【兵士】を前方放射状へ散会配置する。
散会した兵士は敵を発見するとリスや小鳥などを用いて
指揮官へ伝える他、攻撃を受けた場合は反撃する。
・アバターレベル20スキル
マイグレーション:
地形を熟知したリベレーターの移動手段兼攻撃手段。
リール付きの鍵縄を連続で射出、回収する事で縦横無尽に飛び回る。
周囲に鍵縄をひっかける場所がなければ使うことができないが、
山間部や街中では非常に高い性能を誇る。
※装備するには「アヴェイションアンカー」の装備が必要となります。
リベレーター

Illustrator : 猫星一之進

---
【コーポレーター(協調者)】(職業系)

・概要
コーポレーターは内界の小世界「ノスティア」にて生まれた、動物と心を通わせて戦闘を行うことを得意とするアバターです。
長い時間をかけて動物との意思の疎通を可能とし、息の合ったパートナーとして活動します。
また、その力を応用することで野生生物を一時的に手懐けたり、騎乗することも可能になるようです。
さらに熟練のコーポレーターは動物の個性を自らに付与することも可能とし、戦場においては遊撃兵的な役割を担うことも多いようです。
・アバターチェンジ
コーポレーターにアバターチェンジするとノスティアの動植物について基本的な知識が身につきます。
また、周囲の気配に機敏になるようです。
・初期値
STR:7 INT:4 DEX:7 LUK:7 HP:20 MP:10
・上昇値
STR:2 INT:1 DEX:3 LUK:2 HP:9 MP:7
※上昇値は、レベルアップ時に上昇するステータスの基本値で、実際の上昇値には幅があります。また、上昇しない場合もあります。
・アバターサイズ
M
・耐性
地:― 水:― 火:― 風:― 光:― 闇:― 物:―
・初期スキル
【指令】基礎戦闘Ⅰ:
使役している動物に対し、追従、戦闘、索敵、撤退を指示することが可能となる。
但し、Ⅰの時点では使役者のそばを離れらず、攻撃の際は同一目標を攻撃することになる。
※シナリオでは【使役獣】を装備していなければ使用することはできない。
クエストでは敵1体に物理攻撃ダメージを与える。
・アバターレベル20スキル
コザティヴ:
動植物を熟知したコーポレーターによる索敵兼攻撃手段。
自身が使役している動物と同種の野生生物がいる場合、一時的に協力して
索敵や奇襲を仕掛けることが可能となる。
但し、敵の使役する生物や敵が同時に同様の行動をした場合にはうまく機能しない場合もある。
クエストではランダムの敵3体に物理攻撃ダメージを与える。
コーポレーター

Illustrator : 狼森

---
【探索者】(職業系)

・概要
探索者は小世界ヨルムにおける人間のアバターです。
アバターが成長しても、その能力がほとんど変化しないという特殊な性質を持ちます。
一方で成長と共に様々なスキルを習得する器用さを持ち、人間の限界ギリギリの力を発揮できる可能性を秘めています。
・アバターチェンジ
アバターチェンジすることでヨルム内で時間が巻き戻っても記憶を保持できるようになります。
・初期値
STR:1 INT:1 DEX:1 LUK:1 HP:10 MP:10
・上昇値
STR:0 INT:0 DEX:0 LUK:0 HP:0 MP:0
※上昇値は、レベルアップ時に上昇するステータスの基本値で、実際の上昇値には幅があります。また、上昇しない場合もあります。
・アバターサイズ
M
・耐性
地:― 水:― 火:― 風:― 光:― 闇:― 物:―
・初期スキル
素手格闘:Lv1:
素手での格闘技能全般の熟練度を示すスキル
目安として難易度1相当の敵と互角に戦えるものの、それは相手も素手であった場合に限る。
ヨルム以外では使用できない。
クエストでは敵1体に物理攻撃ダメージを与える。
・アバターレベル20スキル
受け身【ヨルム】:
ある程度の高さから落下した時や投げ技を受けたときなどに
そのダメージを和らげる技術。
シナリオではこのスキルを装備していれば、
状況に応じて使用しダメージを和らげてくれる。
レベル3以上の【素手格闘】を装備しているときにしか使用できない。
ヨルム以外では使用できない。
探索者

Illustrator : 仁科かけり