アバター
アバター一覧(『ローランド』)
★ローランドのアバター

「レヴァナント・クロニクル」の舞台となるのは、大陸“ローランド”です。
人界であるローランドには「冒険者」がおり、様々な理由で大陸を渡り歩いています。
転生者/転移者であるPCの皆さんも、冒険者としてローランドを冒険することになります。

ローランドのアバターは、いわゆる「クラス(職業)」となっています。
そのため、アバターチェンジは基本的に「転職」の扱いとなります。

●種族によるボーナス

人界にはヒューマン、エルフ、エヴィアン、ファーリー、ドワーフの五種族がおり、彼らをまとめて「人族」と称しています。
「レヴァナント・クロニクル」では、キャラクターの種族によって「STR DEX INT LUK」の4能力への修正がかかります。
また、アバターによっては種族専用スキルが存在します。
※種族についての詳細はレヴァナント・クロニクルの「種族」のページをご覧下さい。

●天賦によるボーナス

「レヴァナント・クロニクル」のアバターになっていると、選択している天賦によって「STR DEX INT LUK」の4能力への修正がかかります。
※ただしそのぶん、他の世界より総合レベルによる能力値修正への影響が小さくなります。そのため合計の能力が上がらない場合もございます。
※天賦についての詳細はレヴァナント・クロニクルの「天賦」のページをご覧下さい。


●「レヴァナント・クロニクルⅡ」からの仕様変更

「レヴァナント・クロニクルⅡ」開始に伴い、以下のアバターを新規に覚醒させた方は、
覚醒時点でのアバターレベルが10となります。
※既に一度でも覚醒している場合、この仕様の対象外となります。

・マーセナリー
・マギアシューター
・クレリック
・ローグ
・ミンストレル
・モンク

---
【マーセナリー(傭兵)】(職業系)

・概要
マーセナリー(傭兵)は剣をはじめとする近接武器を扱うアバターです。
冒険者に占める割合が高く、冒険者といえば傭兵、と思い浮かべる人は少なくありません。
また、定住せずに大陸を旅する者が大部分なこともあり、
一を極めるよりも幅広い戦闘技能を修め、「生き抜く」ことに重きを置く傾向にあります。
マーセナリーは人間に多いですが、力自慢のドワーフも見られます。
・アバターチェンジ
マーセナリーにアバターチェンジすると、近接武器や防具を扱えるようになります。
また、筋肉がついて体格が良くなり、戦士らしい風格を身につけます。
・初期値
STR:8 INT:4 DEX:6 LUK:7 HP:17 MP:13
・上昇値
STR:3 INT:1 DEX:2 LUK:2 HP:11 MP:5
※上昇値は、レベルアップ時に上昇するステータスの基本値で、実際の上昇値には幅があります。また、上昇しない場合もあります。
・アバターサイズ
M
・耐性
地:― 水:― 火:〇 風:― 光:― 闇:― 物:―
・初期スキル
ウェポンスワイプ:
力を込め、思い切り武器を振り抜いて敵を強打する。
クエストでは敵1体に物理攻撃ダメージを与える。
・アバターレベル20スキル
ホリゾンタルブロウ:
横薙ぎの強烈な一閃。
敵が密集していれば、まとめて薙ぎ払うことができる。
クエストでは敵列に物理攻撃ダメージを与える。

Illustrator : 岸本真夜

---
【マギアシューター(魔法射手)】(職業系)

・概要
マギアシューター(魔法射手)は魔力を宿した弓矢や銃器を扱うアバターです。
人族にとって魔法は基本的に「神聖術」を指し、それ以外は魔界の魔族が使う超常の力と認識されています。
魔法射手の使う魔導具は「魔王祭」と呼ばれる大戦の時に発明されたものであり、
これによって魔族の力を人族も使えるようになりました。
しかしその後魔導具の製造技術は失われており、大戦期の魔道具は特に貴重となっています。
マギアシューターはエルフに多く見られます。
・アバターチェンジ
マギアシューターにアバターチェンジすると、弓や銃の扱い方が分かるようになります。
また、魔導具に関する基本的な知識も身につきます。
・初期値
STR:5 INT:7 DEX:7 LUK:6 HP:13 MP:17
・上昇値
STR:2 INT:3 DEX:2 LUK:1 HP:6 MP:8
※上昇値は、レベルアップ時に上昇するステータスの基本値で、実際の上昇値には幅があります。また、上昇しない場合もあります。
・アバターサイズ
M
・耐性
地:― 水:― 火:― 風:〇 光:― 闇:― 物:―
・初期スキル
スティッフェン:
硬化術式により、強度を高めた矢/弾を放つ。
クエストでは敵1体に物理属性の魔法攻撃ダメージを与える。
・アバターレベル20スキル
ゲイルブリング:
風の術式の刻まれた矢/弾を放つ。
射撃と非常に相性が良く、広範囲に突風を巻き起こすことができる。
クエストでは敵列に風属性の魔法攻撃ダメージを与える。

Illustrator : 岸本真夜

---
【クレリック(聖職者)】(職業系)

・概要
クレリック(聖職者)は輝神オータスの加護を受け、神聖術を行使するアバターです。
神聖術は人界において奇跡の力と認知されており、その多くは「守るため」のものとなっています。
そのため治癒や結界の術式が大部分を占めますが、高位の者は“神裁”と呼ばれる攻撃の術式群が行使できます。
その性質上クレリックの多くは輝神教徒ですが、信仰していなくても適性を持つ者も、稀にいます。
クレリックはエヴィアンに多く見られます。
・アバターチェンジ
クレリックにアバターチェンジすると、神聖術の基本的な知識が身につきます。
また、精神に余裕ができ、大らかになる傾向があります。
・初期値
STR:4 INT:9 DEX:5 LUK:7 HP:10 MP:20
・上昇値
STR:1 INT:3 DEX:2 LUK:3 HP:9 MP:7
※上昇値は、レベルアップ時に上昇するステータスの基本値で、実際の上昇値には幅があります。また、上昇しない場合もあります。
・アバターサイズ
M
・耐性
地:― 水:― 火:― 風:― 光:― 闇:〇 物:―
・初期スキル
ホーリーグレース:
輝神オータスの加護を受け、敵に光を放つ。
あくまで自衛のための術式のため、神裁術式とは異なり威力は低い。
クエストでは敵1体に光属性の魔法攻撃ダメージを与える。
・アバターレベル20スキル
ヒーリングブレス:
強力な治癒術式。
致命傷でなければ大抵の傷は癒せる。
その効果は、四肢の欠損であっても欠損部位が無事であれば繋ぎ合わせられるほど。
ただし魔力の消費は大きい。
クエストでは味方1人のHPを大きく回復し、MPも少し回復する。

Illustrator : 岸本真夜

---
【ローグ(無頼)】(職業系)

・概要
ローグ(無頼)は奇襲や隠密を得意とするアバタ―です。
技術の多くはならず者が独力で生き抜くために編み出し、
それが無法者たちの間で共有され、発展していったものです。
彼らは正面切っての戦闘には限界があることを知っており、
様々な搦め手を駆使して敵を翻弄します。
ローグはファーリーに多く見られます。
・アバターチェンジ
ローグにアバターチェンジすると、警戒心が強くなります。
また、目つきが悪くなる傾向にあるようです。
・初期値
STR:5 INT:5 DEX:9 LUK:6 HP:18 MP:12
・上昇値
STR:2 INT:1 DEX:3 LUK:2 HP:12 MP:4
※上昇値は、レベルアップ時に上昇するステータスの基本値で、実際の上昇値には幅があります。また、上昇しない場合もあります。
・アバターサイズ
M
・耐性
地:〇 水:― 火:― 風:― 光:― 闇:― 物:―
・初期スキル
ハイドスロー:
ローグの投擲術。
武器を隠した状態から、素早く敵に投げつける。
クエストでは敵1体に物理攻撃ダメージを与える。
・アバターレベル20スキル
シャドウバニッシュ:
気配を遮断し、存在を感知されなくする技術。
物陰に隠れたり、暗闇に紛れることで高い効果を発揮する。
ただし動くと効果がなくなるため、敵を待ち伏せしたり、厄介な相手をやり過ごす際に用いられる。
クエストでは一定時間、自身が敵にターゲットされなくなる。

Illustrator : 岸本真夜

---
【ミンストレル(芸人)】(職業系)

・概要
ミンストレル(芸人)は吟遊詩人や踊り子といった、ローランドの芸能に携わるアバターです。
宮廷や貴族に仕える芸人が発祥ですが、現在では広く芸人全般を指すようになっています。
冒険者には不向きのようですが、彼らの芸には人々を魅了する力が宿り、仲間が本来の実力以上の力を発揮する一助となります。
また「英雄の物語を伝える側」であり、吟遊詩人に謳われたり、演劇の名目になることは一種の誇りでもあります。
・アバターチェンジ
ミンストレルにアバターチェンジすると、ローランドの芸能に関する基礎知識が身につきます。
また芸を披露するためか、堂々と前向きになる傾向にあります。
・初期値
STR:6 INT:7 DEX:6 LUK:6 HP:15 MP:15
・上昇値
STR:2 INT:2 DEX:2 LUK:2 HP:10 MP:6
※上昇値は、レベルアップ時に上昇するステータスの基本値で、実際の上昇値には幅があります。また、上昇しない場合もあります。
・アバターサイズ
M
・耐性
地:― 水:○ 火:― 風:― 光:― 闇:― 物:―
・初期スキル
プレリュード:
前奏。吟遊詩人が導入の際に奏でるものに由来し、
転じて「芸を披露するために注目を集める」ための行動を指すようになった。
ミンストレルにとっての「戦闘開始」の合図でもある。
クエストでは味方列の速さを少し上げ、自身の最大HPを上げる。
・アバターレベル20スキル
フォルテ:
力強い演芸。その姿は味方を勇気づけ、奮い立たせる。
これによってパーティの仲間のコンディションが上がり、全力が発揮できるようになる。
クエストでは味方全体の攻撃力を上げる。

Illustrator : 岸本真夜

---
【モンク(武闘家)】(職業系)

・概要
モンク(武闘家)は修練を積み、己の肉体を強靭な武器へと鍛え上げたアバターです。
その名は輝神教の武装修道士に由来しますが、現在では輝神教の信徒かどうかに関わらず、武闘家全般がモンクと呼ばれています。
かつては信仰心の厚さゆえに力を授かったと考えられていましたが、「己が信じるべきもの」を持って鍛えればいいようです。
彼らの鍛錬に終わりはなく、英雄として名を上げられる者にはもはや人の限界を超えたとしか思えない武勇伝もあるほどです。
・アバターチェンジ
モンクにアバターチェンジすると筋肉が増え、体が引き締まります。
また、ストイックになる傾向があります。
・初期値
STR:10 INT:4 DEX:5 LUK:6 HP:20 MP:10
・上昇値
STR:3 INT:1 DEX:1 LUK:3 HP:13 MP:3
※上昇値は、レベルアップ時に上昇するステータスの基本値で、実際の上昇値には幅があります。また、上昇しない場合もあります。
・アバターサイズ
M
・耐性
地:― 水:― 火:― 風:― 光:○ 闇:― 物:―
・初期スキル
アイアンフィスト:
鍛えられた拳によるシンプルな一撃。
基本的な技だが、石を容易に砕くだけの威力がある。
クエストでは敵1体に物理攻撃ダメージを与える。
・アバターレベル20スキル
不動穿砕:
ふどうせんさい。
力を溜め、間合いに入った敵に強力な一撃を与える“待ち”の大技。
溜めた上での攻撃動作は一瞬で、その威力は騎士の甲冑を砕き、衝撃を内側に浸透させるほど。
その威力から障害物の破壊にも用いられる。
クエストでは自身の攻撃力を大きく上げ、一定時間後に敵1体に強力な物理攻撃ダメージを与える。

Illustrator : セクマッオ

---
【エレメンタリスト(精霊使い)】(職業系)

・概要
自然の守護者である『精霊』の力を借り、精霊魔法を操るアバターです。
精霊は基本的に火、風、水、地のいずれかの属性を司っており、
精霊使いもまた契約精霊の属性を操るのが一般的です。
精霊によれば「契約はきっかけに過ぎず、コツさえ使えば自然界そのものに干渉できるようになる」といい、
実際に複数の属性を操る、複数の精霊と契約を成した者も過去にいたようです。
精霊の力は輝神の加護と干渉し合わないため、契約前まで培った戦闘スタイルを阻害することなく、
活かすことも可能です。
※精霊についてはコチラ
・アバターチェンジ
精霊使いになることで、精霊の存在を身近に感じられるようになります。
また、どことなく神秘的な雰囲気を帯びることになります。

※アバターチェンジにはアイテム「精霊契約の証」、称号「精霊に認められた」、社会性「5」、「1000G」が必要となります。
称号はレヴァナント・クロニクル第15話のEXPERTをクリアすることで、一定確率で入手可能です。
・初期値
STR:6 INT:7 DEX:7 LUK:6 HP:20 MP:15
・上昇値
STR:3 INT:3 DEX:2 LUK:1 HP:9 MP:7
※上昇値は、レベルアップ時に上昇するステータスの基本値で、実際の上昇値には幅があります。また、上昇しない場合もあります。
・アバターサイズ
M
・耐性
地:― 水:― 火:― 風:― 光:― 闇:― 物:―
・初期スキル
ニンブル:
精霊魔法の一つである加速術式。
精霊による加護を受けて体が軽くなり、俊敏に動けるようになる。
クエストでは、自身の速さと回避率を上げる。
・アバターレベル20スキル
エレメンタルバースト:
精霊の力を限界まで引き出し、エレンメントの奔流として敵に放つ精霊魔法。
属性は基本的に契約した精霊のものに基づくが、
シナリオでは火、風、水、地の四属性のうち任意の一つを選択して放つことができる。
ただし使用後は魔力のほどんどを失うため、使えるのは一度のみ。
※装備するには前提として「コネクトスピリット」が必要となります。
クエストでは敵全体に無属性の魔法攻撃ダメージを与えるが、自身は沈黙になる。

Illustrator : 岸本真夜

---
【ナイト(騎士)】(職業系・上級アバター)

・概要
重厚な鎧に身を包み、高い防御力と卓越した戦闘技術で敵を打ち倒すアバターです。
多くは国家の軍や騎士団で訓練を受け「騎士」として叙任された者ですが、
冒険者から騎士となった者や、逆に騎士団を辞め、自由騎士として冒険者になった者もいます。
その見た目から防御特化のような印象も持たれますが、単に守るだけでなく、
その硬さを活かした攻撃や粘り強さにも定評があります。
また、騎乗にも優れており、伝承にある「竜騎士」もナイトに含まれています。
・アバターチェンジ
ナイトにアバターチェンジすると、長柄武器や大盾といった重武装を扱えるようになります。
また、騎士として気高さや風格が身に付きますが、中にはプライドが高くなる者も出てくるようです。
・前提アバター
マーセナリーLV30
※この他、アバターチェンジにはアイテム「ナイトメダル」と社会性「5」「3000G」が必要となります。
・初期値
STR:10 INT:7 DEX:5 LUK:6 HP:30 MP:10
・上昇値
STR:4 INT:2 DEX:2 LUK:2 HP:12 MP:6
※上昇値は、レベルアップ時に上昇するステータスの基本値で、実際の上昇値には幅があります。また、上昇しない場合もあります。
・アバターサイズ
M
・耐性
地:― 水:― 火:― 風:― 光:― 闇:― 物:○
・初期スキル
アラウンドガード:
周囲にいる味方を守るための、ナイトの防御術。
味方と敵の間に割り込んで攻撃を受け止め、相手の体勢を崩す。
相手の隙を作り、味方に攻撃のチャンスを作るために用いられることが多い。
クエストでは、自身の防御力を上げ、一定時間敵の攻撃を自身に引き寄せる。
・アバターレベル20スキル
ヘヴィチャージ:
重武装を活かしたナイトの攻撃技術。
力を溜め、さらに自身の体重を乗せて敵に攻撃を繰り出す。
その一撃は軽装の相手であれば軽く吹き飛び、自身より体格の優れた者でも突き崩すほど。
槍や大剣で繰り出すと効果的で、敵が密集していればまとめて突き崩しうる。
クエストでは敵1体に強力な物理攻撃ダメージを与え、一定時間別のランダム1体の敵にもダメージが及ぶようになる。

Illustrator : 岸本真夜

---
【ルインシーカー(探究者)】(職業系・上級アバター)

・概要
ルインシーカー(探究者)は各地の遺跡を渡り歩き、魔王祭以前の遺物や歴史の謎を追い求めるアバターです。
冒険者の中でも特に探索に優れており、トレジャーハンターとしての性質が強くなっています。
遺跡は様々な罠が張られていたり、魔物の巣窟になっていたりと危険が多いため、
ルインシーカーは生存能力を高めるべく、閉所・暗所での戦闘技能はもちろん、
古代語の解読や遺物の鑑定のような知識も身につけます。
ルインシーカーはファーリーとドワーフが高い適性を持つと言われています。
・アバターチェンジ
ルインシーカーにアバターチェンジすると探索に必要な基礎能力が身につき、鞭やロープ、短剣などを扱えるようになります。
また、好奇心が強くなる傾向にあります。
・前提アバター
ローグLV30
※この他、アバターチェンジにはアイテム「歴史学入門書」と「3000G」が必要となります。
・初期値
STR:5 INT:6 DEX:10 LUK:7 HP:25 MP:15
・上昇値
STR:2 INT:2 DEX:4 LUK:2 HP:11 MP:5
※上昇値は、レベルアップ時に上昇するステータスの基本値で、実際の上昇値には幅があります。また、上昇しない場合もあります。
・アバターサイズ
M
・耐性
地:〇 水:— 火:— 風:— 光:— 闇:— 物:—
・初期スキル
地図記憶:
ルインシーカーの基礎技能となるマッピング能力。
一度通った道を記憶し、地図に書き起こすことができるようになる。
位置や空間を把握する能力があれば、より正確なマッピングが可能。
自身は頭の中で地図をイメージできるため、作成後の地図と睨み合う必要はない。
書き起こすのは情報共有および記録として残すためである。
クエストでは味方列の命中率が少し上がる。
・アバターレベル20スキル
クロースコンバット:
ルインシーカーの近接戦闘術。 閉所、かつ敵と接触寸前の非常に近い距離を想定しており、
敵の接近にギリギリまで気づけなくても危機的状況を脱せる事に重きを置いている。
短剣と体術を利用して敵の攻撃を捌きつつ反撃するのが基本だが、
必要に応じてありあわせの道具も組み合わせることで効果的となる。
転生者に由来する技術と言われている。
クエストでは敵1体に強力な物理攻撃ダメージを与え、自身の完全回避率を上げる。

Illustrator : ひゅの

---
【ビショップ(聖導士)】(職業系・上級アバター)

・概要
輝神教会の修道院で心身を鍛え上げ、人界を守る者としての力と強い信念を得た者。
それがビショップ(聖導士)です。
高度な神聖術を扱えるだけでなく、武器による直接の戦闘に秀でた者も少なくありません。
治癒や結界の術式を中心とするクレリックに対し、ビショップは神裁術式や、
それよりもさらに強力な神罰術式といった攻撃寄りの術に秀でています。
「人界にとっての脅威を取り払う」ことに重きを置いており、
白銀等級冒険者に相当する教会の『執行官』はビショップから任命されるのが慣例となっています。
・アバターチェンジ
ビショップにアバターチェンジすると、光の力を身近に感じられるようになります。
高潔な精神や強い責任感を持つ傾向にありますが、中には頑固になったり、狂信的になったりする者もいるようです。
・前提アバター
クレリックLV30
モンクLV25
※この他、アバターチェンジにはアイテム「ビショップクロス」と「3000G」が必要となります。
・特殊な前提アバター
ビショップは、モンクを「メインアバター」に準ずる形で使用可能になります。
・初期値
STR:8 INT:9 DEX:5 LUK:6 HP:15 MP:25
・上昇値
STR:3 INT:4 DEX:2 LUK:2 HP:10 MP:6
※上昇値は、レベルアップ時に上昇するステータスの基本値で、実際の上昇値には幅があります。また、上昇しない場合もあります。
・アバターサイズ
M
・耐性
地:- 水:— 火:— 風:— 光:— 闇:〇 物:—
・初期スキル
コンセクレーション:
ビショップの基礎となる神聖術。
武器を聖化することで、魔界由来の存在に対し有効打を与えやすくする。
「ブレッシング」とは異なり他者への付与はできないが、武器の種類を問わず、
長時間持続可能な利点がある。
クエストでは一定時間、自身の攻撃属性を光に変える。
・アバターレベル20スキル
シーリングフラッシュ:
神罰術式の一つ。 魔封じの光を敵に放つ。
魔力阻害の一種であり、この光を受けた者はしばらくの間身体に痺れを感じ、「魔法」がまともに使えなくなる。
魔法には魔族の使うもの以外に神聖術や精霊魔法も含まれるが、どの程度阻害できるかは相手との実力差と相性次第である。
その性質上、格下相手であれば非常に高い効果が期待できる。
クエストでは敵1体に光属性の魔法攻撃ダメージを与え、沈黙、マヒにする事がある。

Illustrator : セクマッオ

---
【フォートレンジャー(特殊偵察者)】(職業系・上級アバター)

・概要
罠を張り巡らせ、姿を人前に晒すことなく獲物や侵入者を仕留める。
工作・隠密活動を中心とした野外活動と拠点防衛のプロフェッショナルがフォートレンジャーです。
フォートレンジャーの技能は狩猟の知識や技術が元となっており、
それを対魔族でも使えるよう発展させたものが主体となっています。
魔導具の扱いにも長け、特に超長射程の弓や銃による狙撃を得意とします。
冒険者として活動する時は能力柄相性が良いルインシーカーと組むことが多いです。
フォートレンジャーはエルフが高い適性を持つと言われています。
・アバターチェンジ
フォートレンジャーにアバターチェンジすると魔導具に関する基本的な知識が身につき、銃や弓を扱う上での基礎能力が身につきます。
また警戒心が強くなり、周囲の物音に敏感になります。
・前提アバター
マギアシューターLV30
ローグLV20
※この他、アバターチェンジにはアイテム「レンジャーバッジ」と「3000G」が必要となります。
・特殊な前提アバター
フォートレンジャーは、マギアシューターを「メインアバター」に準ずる形で使用可能になります。
・初期値
STR:6 INT:8 DEX:8 LUK:6 HP:20 MP:20
・上昇値
STR:2 INT:4 DEX:3 LUK:2 HP:9 MP:7
※上昇値は、レベルアップ時に上昇するステータスの基本値で、実際の上昇値には幅があります。また、上昇しない場合もあります。
・アバターサイズ
M
・耐性
地:— 水:— 火:— 風:○ 光:— 闇:— 物:—
・初期スキル
ファラウェイ:
使用する銃・弓に射程延長の術式を刻む。
超長射程を実現する、フォートレンジャーの代名詞ともいえるものである。
ただし非常に遠く離れた目標を観測できるかは術式の使用者次第。
クエストでは自身のレンジをXLにする。
・アバターレベル20スキル
トリックトラップ:
獲物を狩る、あるいは防衛するためのフィールド構築技術。
陣地の周辺の地形・環境を利用し罠を張る。
「罠があると悟らせず、誘い込む」ことに主眼を置いており、
罠も狙撃によって起動するようにする事が多い。
土地鑑がある場所や、陣地やトラップ構築に役立つスキル、アイテムを他に持っているとより効果的。
また、天賦が「頭脳明晰」もしくは「器用な手先」の場合、レベルに応じて効力が高まる。

クエストでは敵全体に物理属性の魔法攻撃ダメージを与える。

Illustrator : ひゅの

---
★砂漠地方のアバター

砂漠地方は北部地方とは異なる文化が発達しており、
【機導】と呼ばれる機械と魔法が融合した技術が用いられています。

機導を扱う者たちは「機導使い」と呼ばれます。
※【機導】についての詳細はレヴァナント・クロニクルⅡの「機導」のページをご覧下さい。

砂漠地方でも引き続き北部地方のアバターを使用する事は可能ですが、
【機導】が使えるのは機導使いのアバターがメインアバターの時のみとなります。

ヴァンガード、ウォーロック、エンジニア、グラディエーター、スペルマスターは覚醒時点でアバターレベルが10となります。
---
【ヴァンガード(機剣士)】(職業系)

・概要
機導剣をはじめとした、近接型の機導武装を扱うのがヴァンガードです。
パーティでは前衛を務め、果敢に斬り込んでいくことからこの名で呼ばれるようになりました。
いわゆる魔法剣士のような立ち回りをする者もいますが、
多くは身体強化系の術式をコア・クリスタルに組み込み、持ち前の武技と合わせ、
過酷な砂漠で戦い抜くことに重きを置いています。
北部地方のマーセナリーに相当しますが、
傭兵というよりも魔物や盗賊を退治する賞金稼ぎに近い立ち位置の者が多くなっています。
・アバターチェンジ
ヴァンガードにアバターチェンジすると、近接型の機導武装に関する基本的な知識が身に付き、扱えるようになります。
また、冒険者らしい風格が身につく傾向にあります。
・初期値
STR:8 INT:4 DEX:7 LUK:5 HP:17 MP:13
・上昇値
STR:3 INT:2 DEX:2 LUK:1 HP:11 MP:5
※上昇値は、レベルアップ時に上昇するステータスの基本値で、実際の上昇値には幅があります。また、上昇しない場合もあります。
・アバターサイズ
M
・耐性
地:― 水:― 火:― 風:― 光:― 闇:― 物:―
・初期スキル
機導式【鋭刃】:
強化系の機導式。
機導武装の刃の切れ味が増し、本来の性能以上の攻撃力を発揮することが可能となる。
また、刃を持たない鈍器を斬撃が可能な武器にするのにも用いられる。
クエストでは自身の攻撃力を上げ、敵1体に物理攻撃ダメージを与える。
・アバターレベル20スキル
フィアスラッシュ:
頑強な皮膚を持つ魔物や機械族に有効打を与えるために編み出されたヴァンガードの攻撃技。
突進と同時に強く踏み込み、武器を大きく振り下ろす。
【機導】による強化術式を施した上で行う事を想定した技だが、通常の武器で行使する場合でも十分強力である。
クエストでは敵1体に強力な物理攻撃ダメージを与え、魔法防御力を下げる事がある。

Illustrator : ろくさきえい

---
【ウォーロック(機術師)】(職業系)

・概要
機導杖を介し、疑似的に魔法を行使する者がウォーロックです。
人界には神聖術と、精霊との契約によって使えるようになる精霊魔法がありますが、
砂漠地方では機械と魔導技術の融合によって、魔族の扱う魔法を再現するというアプローチが取られました。
裏切者、誓いを破る者という名前には輝神オータスに背いたという当時の者たちの自虐の意味も籠っているといいます。
ウォーロックの多くは杖型の機導武装を用いていますが、銃型や魔導書型等、
魔法をイメージできるものであれば形状を問いません。
・アバターチェンジ
ウォーロックにアバターチェンジすると、遠隔型の機導武装に関する基本的な知識が身に付き、扱えるようになります。
また、知識人らしい知的な風格が身に着く傾向にありますが、中には胡散臭さが増す者もいるようです。
・初期値
STR:5 INT:8 DEX:6 LUK:5 HP:12 MP:18
・上昇値
STR:1 INT:3 DEX:2 LUK:2 HP:6 MP:9
※上昇値は、レベルアップ時に上昇するステータスの基本値で、実際の上昇値には幅があります。また、上昇しない場合もあります。
・アバターサイズ
M
・耐性
地:― 水:― 火:― 風:― 光:― 闇:― 物:―
・初期スキル
機導式【火炎Ⅰ】:
火を操る術式のうち、最も基礎となる初級の機導式。
火力は低く影響範囲は狭いが、攻撃以外にも明かりとして使えるなど、
ある程度操作がしやすい。
クエストでは敵1体に火属性の魔法攻撃ダメージを与える。
・アバターレベル20スキル
コアブースト:
機導武装に負荷を与え、一時的に魔力の活性化、術式の効率化を行う荒業。
術式起動までの時間が短縮され威力も上がるが、機導武装損壊のリスクも大きく上がる。
修復不能になるほどのダメージはよほどのことがなければ追わないものの、
エンジニアには露骨に嫌な顔をされる技である。
クエストでは短時間、自身の魔法攻撃力を大きく上げる。

Illustrator : ろくさきえい

---
【エンジニア(機整士)】(職業系)

・概要
機導武装やコア・クリスタル、「砂船」のような砂漠の乗り物・機械の運用・整備を担うのがエンジニアです。
機導使いの能力は、その大部分が機導武装とコア・クリスタルに依存するため、
日頃のメンテナンスは欠かせません。
また、コア・クリスタルの素材となる魔石の質も重要となるため、発掘や鑑定の技術・知識を持ち合わせている者も少なくありません。
エンジニアには手先が器用なドワーフが多いですが、
次いでファーリーの割合が高くなっています。
エンジニアの機導武装は鎧や乗り物がメインですが、これは自身が倒れて整備ができなくならないよう、
身を守るためです。
・アバターチェンジ
エンジニアにアバターチェンジすると、防具型の機導武装に関する基本的な知識が身に付き、扱えるようになります。
また、職人らしい雰囲気を纏うことになります。
・初期値
STR:7 INT:7 DEX:6 LUK:5 HP:15 MP:15
・上昇値
STR:2 INT:2 DEX:2 LUK:2 HP:9 MP:7
※上昇値は、レベルアップ時に上昇するステータスの基本値で、実際の上昇値には幅があります。また、上昇しない場合もあります。
・アバターサイズ
M
・耐性
地:― 水:― 火:― 風:― 光:― 闇:― 物:―
・初期スキル
ハンマークラッシュ:
ハンマーで殴りつけるかのような振り下ろしの一撃。
武器はハンマー(槌)でなくても問題なく可能だが、槌や斧だと他の武器よりも威力が出やすい。
クエストでは敵1体に物理攻撃ダメージを与える。
・アバターレベル20スキル
機導式【多層結界】:
魔族の持つ魔神の加護や神聖術の結界術、機械族の持つ対魔シールドを解析した結果生み出された機導式。
一見すると機導武装を覆う薄い膜のような結界だが、実際には幾重にも重なった堅牢なものとなる。
物理、魔法を問わずダメージを大きく軽減するが、「破防」の術式を持つ攻撃のダメージはその限りではない。
クエストでは一定時間、自身の防御力と魔法防御力を大きく上げる。

Illustrator : 白黒橙

---
【グラディエーター(剣闘士)】(職業系・上級アバター)

・概要
卓越した戦闘技能と【機導】を駆使し、多彩な戦術で敵を追い詰める戦士、それがグラディエーターです。
その名前はかつてヴュステラント大公国に存在した公営闘技場の闘技者に由来します。
機導武装の扱いに長けているのはもちろんですが、
グラディエーターにとって機導武装・【機導】はあくまで選択肢の一つに過ぎません。
実戦経験と鍛錬で磨き上げた直感と分析力が最大の武器であり、時に純粋な武技のみで戦う事もあります。
また、機導武装に限らず、複数の武器の切り替えや併用しての運用にも長けています。
・アバターチェンジ
グラディエーターにアバターチェンジすると、歴戦の戦士らしい風格が身につきます。
また、機導武装を含む近接型の武器をひと通り扱えるようになります。
・前提アバター
ヴァンガードLV30
マーセナリーLV25
※この他、アバターチェンジにはアイテム「グラディエータータグ」と「3000G」が必要となります。
・特殊な前提アバター
グラディエーターは、マーセナリーを「メインアバター」に準ずる形で使用可能になります。
・初期値
STR:9 INT:5 DEX:8 LUK:6 HP:25 MP:15
・上昇値
STR:4 INT:2 DEX:3 LUK:1 HP:11 MP:7
※上昇値は、レベルアップ時に上昇するステータスの基本値で、実際の上昇値には幅があります。また、上昇しない場合もあります。
・アバターサイズ
M
・耐性
地:— 水:— 火:○ 風:- 光:— 闇:— 物:—
・初期スキル
戦士の直感:
実戦経験や鍛錬、依頼を通して培ってきた実戦での勘。
戦闘に特化したものであり、瞬時に相手の能力を分析するとはいかないものの、
相手と自身の実力差が肌感覚で分かるようになる。
これにより、見かけやハッタリに騙され難くなる。
装備する事でヒット数と命中率が上がる。
・アバターレベル20スキル
機導式【浸透Ⅰ】:
標的の内部にダメージを直接浸透させる『攻撃系』機導式。
「破防」や「貫鉄」が表面の結界や魔力耐性、頑強な装甲を突破し有効打を与えるものであるのに対し、
こちらは表面を傷つけられずとも、内側にダメージを届かせるものである。
Ⅰの時点では、このスキルのみでは相手の防御で弱められてしまうが、
他の防御突破の機導式や、高威力の攻撃技と組み合わせる事で、
十分な威力を保ったまま浸透させることが可能となる。
クエストでは敵1体に無属性の攻撃ダメージを与える。

モデル:草薙 コロナ様
Illustrator : 九尾みか

---
【スペルマスター(術式巧者)】(職業系・上級アバター)

・概要
スペルマスターはその名の示す通り、【機導】の機導式と神聖術に精通したアバターです。
また、機導式同様に魔界の魔法が由来となっているマギアシューターの術式も扱うことができます。
輝神教会は魔界の力を嫌っているものの、“敵を知る”という目的のため、
魔術体系を調べる事自体は禁じていません。
スペルマスターの多くは輝神教徒のクレリックが砂漠地方でウォーロックとして【機導】を学び、
必要に応じて【機導】と神聖術を使い分ける、あるいは併用する事に長けるようになった者たちです。
しかし魔界のダークプリーストに近い領域にまで踏み込む者も少なくなく、そのまま闇に飲まれてしまう者もます。
・アバターチェンジ
スペルマスターにアバターチェンジすると、機導式や神聖術の基本的な知識が身に付き、魔力を有する武装や魔導具の類を扱えるようになります。
また、未知のものを知りたいという知的好奇心が強まる傾向にあります。
・前提アバター
ウォーロックLV30
クレリックLV20
マギアシューターLV20
※この他、アバターチェンジにはアイテム「聖魔術式読本」と「3000G」が必要となります。
・特殊な前提アバター
スペルマスターは、クレリックを「メインアバター」に準ずる形で使用可能になります。
・初期値
STR:6 INT:10 DEX:7 LUK:5 HP:15 MP:25
・上昇値
STR:2 INT:4 DEX:2 LUK:3 HP:7 MP:10
※上昇値は、レベルアップ時に上昇するステータスの基本値で、実際の上昇値には幅があります。また、上昇しない場合もあります。
・アバターサイズ
M
・耐性
地:— 水:— 火:- 風:- 光:○ 闇:— 物:—
・初期スキル
レジストシーリング:
スペルマスターはまず「術式を使えない状態に陥る」事が極力ないよう、対策を行う。
輝神の加護と神聖術を利用したものであり、
シナリオでは装備者個人に対する沈黙効果(魔法使用不可)を防ぐことができる。
ただし、その場全体に影響するような力に対してはその限りではない。
クエストでは、自身が沈黙になるのを防ぐ。
・アバターレベル20スキル
機導式【浄火】:
浄化の炎を操る『攻撃系』機導式。
聖なる力を宿した炎を放ち、対象を浄化する。
この機導式単体では対アンデッドに特化した術式だが、
【機導】の組み合わせ次第で結界を打ち消したり、呪いのみを祓ったりと、
純粋な攻撃魔法以外での応用も可能となる。
クエストでは敵1体に火属性と光属性の魔法攻撃ダメージを与える。

モデル:天峰 ロッカ様
IIllustrator : 若崎にこ