インフォメーション
プレシナリオ「リライズしようよ!」の遊び方 ※11月16日 追加
クエスト&マーケットキャンペーン情報

Illustrator : / 若楓


こちらはシナリオ「リライズしようよ!」の関連ページです。
本ルールはプレシナリオ用の暫定的なものとなっております。
今後変更される場合がございますので、予めご了承ください。


こちらの世界ではスキルの発動条件に【戦闘中に上昇していくリミット】を追加しています。
どうスキルを使い、強力な勝ちパターンに持っていくか、といった戦略性が問われます。
※この世界ではスキルはカードの一種となります。
目次
新シリーズの冒頭を先行公開!
【宮澤 理香子と陸奥 純平のエヴァーライト調査レポート】
特異者が数日、エヴァーライトを調べた結果、
分かったことが1つある。

エヴァーライトではリライズバトルを行うことで
エネルギーが空間に放出され、
それは電気や熱に変換されて利用されているのだった。

放出されたエネルギーを収集し、それを手の平大の結晶に収める、
保存性が高く、軽量で、原子エネルギー以上の効率を誇るクリーンな資源。

それは人々の生活を豊かにし、従来では作れないような様々な機器が開発された。
しかし、当然ながら革新的な資源の発見は文化的な発明だけでなく、
軍事的な発明も多く生み出すこととなった。

その中でも最も優れたものの1つがリライズアーマーだ。
これは通常の銃器や刃を無効化する性質を持つバリアであり、
これを纏った人や軍艦は無敵の防御力を備え、
ミサイルは迎撃不可能な兵器となった。

その猛威は特異者にも振るわれた。


――エヴァーライト、廃ビル近く。
エヴァーライトの先行調査を行った宮澤 理香子と陸奥 純平は
調査結果を持ち帰るべくゲートに向かおうとしたが何者かの襲撃を受けた。

「宮澤さん! 危ない!」

明確な殺意を持った何か、おそらくレーザー光線が理香子へと放たれると、
純平はとっさに理香子の前に出て光線をその身に受けた。

「おや? 普通なら体に穴が開くところなのだがな」

仮面をつけた黒服の男が姿を現す。
男の驚きのとおり、純平の身体に外傷は見られない。
神格アバター「エロス」の力だろう。

「アーマーではないようだな……。やはりこの世界の外の者か」

「持ち運びできるレーザー銃……! 平和なはずのこの世界には似合わない代物ね!」

目の前にいる男がエヴァーライトの危機に関連している、
理香子の直感がそう告げている。

隠し持っていた銃を男に向けて放つ。
しかし、弾丸は男の身体に触れることなく直前で弾かれた。
男は動揺した様子もなく、ゆっくりと二人の元へと歩き出す。

純平も理香子もすぐさま攻撃を加えるが、
男の歩みを止めることはできなかった。

「この人は危ない! 一旦ホライゾンに戻りましょう!」

純平はいざというときのために持ってきておいた煙幕を使い撤退を試みる。

「判断が早いな。しかし、そううまくはいかないものだ」

『リアライズ』

そう男が呟くと世界が形を変えた。
宇宙空間のような場所。
ところどころ星々が瞬く黒い空間が広がった。

「これは仮想空間?」

純平が呟く。
これまでの調査で確認した「リライズバトル」を行う空間に違いなかった。
しかし、楽し気な雰囲気は見る影もない。
何か恐ろしい感覚が自身の身体を包むのが分かった。

「ひとりだけか。存外速く動けるらしい。
 女のほうは戦闘領域から離れたか……。
 いや?普段よりも領域が狭いな。
 
 お前の力か?」

純平の神格アバターの「受け入れる」という性質が
何らかの影響を与えたのだろう。
それが功を奏して、理香子はすでに仮想空間の外にいる。

「宮澤さん、必ず情報を持ち帰ってください。
 この男の存在とその力を……」

純平は理香子に情報を託し、
この男を足止めすることにした。
 
男は純平を一瞥する

「なるほど、どうやらあまり強力なデッキを持ち合わせてはいないようだな
 大した力を感じない」

(アバターの、エロスの力を感じ取れない……)
純平は気づいていた。
ここは『リライズ・クオリア』を行うための空間。
であれば、ここから抜け出すための条件はシンプルだろう。

純平はディスクを構え、デッキを展開した。


――エヴァーライト、ゲートの前

理香子がゲートをくぐる直前、
その光景に目を奪われたのは幸運だった。

空間が裂け、ボロボロの純平と仮面の男が姿を現すことに気づいた理香子は
ゲートをくぐるのを止め、そちらに目をやった。

膝をつき倒れる純平。
その姿に理香子は衝撃を受けた。
あの場所で行われたのはリライズバトルのはず……、
なぜ傷だらけになっているのだろう。

「大した力だ。こちらからすれば好都合だがな。
 それに、リライザーはリライザーでしか倒せない」

その言葉のあと、
理香子はさらに信じられないものを見た。
男がカードをかざすと、純平の身体がカードに吸い込まれていく。

「なに……あれ……?」

純平が、そして神格アバターが、敵に奪われた。
戦闘の流れ
■戦闘の概要

「エヴァーライト」の戦闘について、 こちらの世界では戦闘=カードゲームとなっておりますが、
いわゆるターン制のバトルではありません。
リアルタイムで戦闘がスタートします。
その点は従来のCRPG世界と同じです。

異なる点は以下の2点です。

1)守護霊獣という存在を使役して戦うこと
2)スキルはある規則に基づいて作ったデッキから使用すること

まず、プレイヤー=術者はお互い同時に守護霊獣を召喚します。
それが戦闘開始の合図です。
戦闘では守護霊獣を戦わせます。
相手の守護霊獣を戦闘不能にすれば勝利となります。

守護霊獣は事前に立てた作戦や指示をもとに
敵に接近したり距離をとったり、通常攻撃によって
敵にダメージを与えるという行動をとります。

そして、タイミングを見て術者は
事前に用意したデッキのカード(スキルまたは守護霊獣アイテム)を用いて、
大きく戦況を動かします。

強力な攻撃であったり、バフや状態異常を付与するカードなど様々ですが、
通常攻撃よりも遥かに強力なものになります。

ただし、カードは自由に使用することは出来ません。
PP(プレイポイント)という発動制限を表す数値が
スキルごとに設定されているコスト以上にならないと使用できません

このPPはスキルを使用することで増やすことができます。
そのため、最初から強いスキルを使用することは出来ませんが、
序盤をどう戦い、PPを貯めていくか、
あるいはPPを犠牲にして体力的な優位を作るか、
などの戦略次第でバトルの幅が広がります。

最初から強い行動が可能な赤
絡め手を得意とする青
PPを増やすのが得意な緑
守りを得意とする白
など様々な属性の力を使い、
各々の戦略で戦いましょう!
デッキの見方
■デッキの見方
基本的には構築済みデッキをお選びいただき、
アクションを記載いただく形になりますが、
デッキの見方について説明させていただきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
デッキ
1:亜竜-フレアトカゲ
2:レッドアクセル
3:フレイムカット
4:フレイムカット
5:フレイムカット

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・説明
数字は発動するカードの順番を表しています。
(カードはこの順番でしか使用できません。)

数字の横の名前は『カード』扱いのスキルおよびアイテムです。
(カードとして扱われるのは全てのスキルと【守護霊獣】カテゴリーのアイテムです)

・重要なルール
①同じ名前のカードは何枚でもデッキに加えることが出来ます。
②カードには発動条件としてPPが設定されています。
 今回は構築済みデッキを用いますが、
 今後のリリースでは、デッキを構築する際は 構築した順番で
 問題なくカードを発動できるようにデッキを組んでいただく予定です。
③今回のシナリオではメインアバターはLv20まで、
それ以外はレベル5以下のスキルとアイテムを使用できるものとしています。
 今後のリリースでは、調整させていただく予定です。

・PPについて
アバターごとに設定されたFPPがPPの初期値になります。

プロミネアス(赤)が3で
アクアリウム(青)、エメラーダ(緑)、ホワイトスノー(白)が1です。

PPはスキルの効果によって増減します。

上のデッキでは
プロミネアス(赤)がメインアバターのため、FPPは3。
亜竜-フレアトカゲの効果でPPが-1されるので、使用後はPPが2。
レッドアクセル(発動条件:PPが1以上)の効果でPPが+1されるので、使用後はPPが3。
その後使用するフレイムカット(発動条件:PP3以上)は効果によるPPの変動が0のため、
使用後はPPが3のままです。
アクション例
アクションには以下を記載してください。

・選んだデッキの記載
・行動や動機、心情などの記載。
・立ち回りなど

例:
・選んだデッキ

【赤単色速攻】
1:亜竜-フレアトカゲ
2:レッドアクセル
3:フレイムカット
4:フレイムカット
5:フレイムカット

・行動や動機、心情など
初めてのバトルにわくわくしている。

・立ち回り
まずフレアトカゲを戦闘モードにさせ、通常攻撃をスキル級の威力にし、攻撃させる。
インターバル後はレッドアクセルで強化し、スピードにものを言わせた通常攻撃を当てていく。
次に2回攻撃となったフレイムカットで速攻で敵を倒しにいく。
もし敵が攻撃を耐えきっても、6回目の強化版のフレイムカットでとどめを刺す。

スキル発動時以外の行動方針
基本的には近距離でスピードを活かしてまとわりつき的を絞らせない。
上記の通り通常攻撃で削るのが基本。
構築済みデッキ一覧
【赤単色速攻】
【赤単色ミッドレンジ】
【青単色バインド】
【青赤エージェント】
【緑単色ゴーレム】
【ハウリングメタ緑単色ゴーレム】
【緑青ミッドレンジ】
【白単色制圧デッキ】
【白赤ハウリング】

※各カードの詳細はカード名をクリックいただくことで確認できます。

--- 【赤単色速攻】
メインアバター:プロミネアス(FPP:3) (※11月15日修正)
守護霊獣:亜竜-フレアトカゲ

フレアトカゲの使用時効果を使用してから速攻を仕掛けるデッキ。
速攻は別名アグロとも呼ばれる。

★-----★
デッキ:
1:亜竜-フレアトカゲ
2:レッドアクセル
3:フレイムカット
4:フレイムカット
5:フレイムカット
★-----★

アクションの例
まずフレアトカゲを戦闘モードにさせ、通常攻撃をスキル級の威力にし、攻撃させる。
インターバル後はレッドアクセルで強化し、スピードにものを言わせた通常攻撃を当てていく。
次に2回攻撃となったフレイムカットで速攻で敵を倒しにいく。
もし敵が攻撃を耐えきっても、6回目の強化版のフレイムカットでとどめを刺す。


--- 【赤単色ミッドレンジ】
メインアバター:プロミネアス(FPP:3) (※11月15日修正)
守護霊獣:

炎竜-ミニドラを軸に序盤は距離を取り、
守りに集中。ドラグーンスピリッツから肉弾戦を挑むデッキ。
中盤(3または4枚目のカード)からフィニッシュを狙いに行く、
ミッドレンジと呼ばれるデッキタイプ。

★-----★
デッキ:
1:レッドアクセル
2:炎竜-ミニドラ
3:ドラグーンスピリッツ
4:ヒートナックル
5:スクランブルバーン
★-----★

アクションの例
レッドアクセルを使いミニドラの速度を上げ、敵から距離をとる。
ミニドラの使用時効果でバリアを張りつつPPを伸ばし、
ドラグーンスピリッツを起動。
即、一度きりの直線移動を使用し距離を潰し、
スキル相応のダメージを与えられる拳で肉弾戦を挑む。
ヒートナックルの拳圧でトドメのつもりだが、
これを凌がれたら最後にスクランブルバーン

--- 【青単色バインド】
メインアバター:アクアリウム(FPP:1)
守護霊獣:水獣-コヤマカメ

状態異常デバフで敵の動きを阻害し、
水獣-コヤマカメの使用時効果から一気に攻めに転じるデッキ

★-----★
デッキ:
1:アクアバインド
2:アクアバインド
3:アイスレーザー
4:水獣-コヤマカメ
5:バブルキャノン
★-----★

アクションの例
序盤はアクアバインドで時間を稼ぎ、被弾を減らす。
中盤はアイスレーザーでダメージを与えつつ、動きを止める。
ここまで時間を稼いで、終盤突入後にコヤマカメの使用時効果を発動
大波で敵を飲み込む。術者自身もバブルキャノンで追撃する。

【青赤エージェント】
メインアバター:アクアリウム(FPP:1)
守護霊獣:水霊-アクリア
アクリアの妨害能力と機動力を活かし時間を稼ぐとともに
アクアエージェントレッドアクセルのコンボによる爆破を狙う。

★-----★
デッキ:
1:アクアバインド
2:水霊-アクリア
3:アクアエージェント
4:レッドアクセル
5:バブルキャノン
★-----★

アクションの例
序盤はアクアバインドで動きを封じつつ、
アクリアのそこそこのスピードと小回りを活かし、
敵の攻撃の回避を見込めそうな程度に距離をとる。
アクリアの使用時効果で更に敵を拘束し時間を稼ぐ。
アクアエージェントを使いトークンを生成し、敵を掴むように指示。
タイミングを見て、レッドアクセルを発動し、自身とトークンを強化。
このときアクアエージェントは火の力に接触したため爆発する。
そしてダメージを受けた敵にバフのかかった速度で接近し、
至近距離からアクリアの効果でパワーアップしたバブルキャノンを打ち込む。


--- 【緑単色ゴーレム】
メインアバター:エメラーダ(FPP:1) (※11月15日修正)
守護霊獣:地霊-ゴーレム

防御強化と回復を行いながらPPを大きく伸ばし、
ゴーレムの巨大化を目指すデッキ

★-----★
デッキ:
1:ブレッシング
2:ブレッシング
3:ヒーリング
4:地霊-ゴーレム
5:ガイアスマッシュ
★-----★

アクションの例
序盤はブレッシングの連打で防御を固めながら、PPを増やす。
中盤にヒーリングでこれまでのダメージを回復し、
地霊-ゴーレムの巨大化へと繋げる。ゴーレムの力で敵を追い詰め、
巨体を活かしたパンチやキックで攻撃する。
トドメとしてガイアスマッシュをゴーレムの拳で放つ。


【ハウリングメタ緑単色ゴーレム】
メインアバター:エメラーダ(FPP:1) (※11月15日修正)
守護霊獣:地霊-ゴーレム

ゴーレムの巨大化を目指すデッキだが、
フィニッシュ手段としてガイアスマッシュではなく、
ガーディアンを採用している。
ガイアスマッシュでの決定力の代わりに、
敵の最後の攻撃をガーディアンで確実に防いで、
ゴーレムの巨大化が解けるまでの間の通常攻撃でトドメを指す。
仮想敵はホーリーハウリングをフィニッシュとして採用したホワイトスノーだが、
それ以外に対しても高い防御力での後詰めは効果を発揮するだろう。

★-----★
デッキ:
1:ブレッシング
2:ブレッシング
3:ヒーリング
4:地霊-ゴーレム
5:ガーディアン
★-----★

アクションの例
序盤はブレッシングの連打で防御を固めながら、PPを増やす。
中盤にヒーリングでこれまでのダメージを回復し、
地霊-ゴーレムへと繋げる。ゴーレムの力で敵を追い詰め、
巨体を活かしたパンチやキックで攻撃する。
後詰めとしてガーディアンを使用し、
巨大化が解けるまでの間の通常攻撃をフィニッシュ手段とする。

--- 【緑青ミッドレンジ】
メインアバター:エメラーダ(FPP:1) (※11月15日修正)
守護霊獣:栗食-メープル
アースキャノンをフィニッシュ手段としたデッキ。
中盤(3または4枚目のカード)からフィニッシュを狙いに行く、
ミッドレンジと呼ばれるデッキタイプ。

★-----★
デッキ:
1:栗食-メープル
2:ブレッシング
3:アクアバインド
4:アースキャノン
5:アースキャノン
★-----★

アクションの例
メープルの使用時効果で守りを固め、PPを増やす。
PPが3になるため、ブレッシングの追加効果で強化と回復を行い
さらに固くする。
アースキャノンへの繋ぎのため、
次にアクアバインドを使い、拘束により敵の手を遅らせる。
そしてアースキャノンを発動。
2ターンに渡る発動で2門の大砲と合計10発の砲弾で敵を倒す。


--- 【白単色制圧デッキ】
メインアバター:ホワイトスノー(FPP:1)
守護霊獣:電竜-ミニボロス

耐性と防御力を活かし序盤を乗り切り、
中盤から敵の動きを封じながら削っていって大技へと繋げるデッキ

★-----★
デッキ:
1:ホーリーヴェール
2:電竜-ミニボロス
3:ブライトサンダー
4:ブライトサンダー
5:ホーリーランス
★-----★

アクションの例
ホーリーヴェールとミニボロスで序盤の敵からの妨害や攻撃を止めていく。
中盤はブライトサンダーを使って弱らせつつ動きを止める、
そのあとにホーリーランスでトドめを指す。

--- 【白赤ハウリング】
メインアバター:ホワイトスノー(FPP:1)
守護霊獣:白猫-キューブ

強力なフィニッシュ手段であるホーリーハウリング
さらに強化を重ねることで一撃によるフィニッシュを狙う。
ワンショットと呼ばれるデッキタイプ。

★-----★
デッキ:
1:レッドアクセル
2:白猫-キューブ
3:トライレーザー
4:白猫-キューブ
5:ホーリーハウリング
★-----★

アクションの例
レッドアクセルで速力を上げ、
ある程度距離を確保しながら敵の攻撃を回避することに集中、被弾率を下げる。
狙いとしては、最後のホーリーハウリングを決めるために
距離を詰められる程度の位置を保ちながらも、被弾を減らしたいというもの。
白猫-キューブの使用時効果で回復し、回避行動を続け、
インターバル後にトライレーザーを放つ。
これは敵の水や炎の防御壁を打ち消すために使う。
もし、防御壁がなければ縦方向に3本ばらけさせて撃ち、
横方向への回避を誘い、自身は相手の回避方向と逆方向に動くことで
距離を稼ぎつつ、視界から一瞬逃れる。そうして、できる限り被弾率を下げ、
白猫-キューブの使用時効果を再度使い回復し、敵の攻撃に備える。
最後に敵に接近し、ホーリーハウリングで敵を引き寄せつつ、
白猫-キューブ二回分のバフが乗った衝撃波でトドメを指す。

プロミネアスのアイテム/スキル一覧
○プロミネアスのスキル一覧

レッドアクセル
レベル:5
発動条件PP:1
効果:
守護霊獣およびスキルの効果で形成された術者の
トークンの脚から炎を噴出させ、戦闘中、速力を得る。

このスキルを使用するとPPが1増える。

フレイムカット
レベル:10
発動条件PP:3
効果:
守護霊獣の正面から炎のカッターを飛ばすスキル。
炎の力を得ている自分の守護霊獣は追加でもう1発連続で放つことができる。
合計5発使用すると次の1回に限り、威力と攻撃範囲が格段に増加する。

ヒートナックル
レベル:15
発動条件PP:3
効果:
守護霊獣の拳に炎を纏い、パンチを繰り出す技。
またパンチは炎を纏った拳圧として撃ちだすことが可能。
速度と攻撃範囲は自身の速さと攻撃力に依存する。

ドラグーンスピリッツ
レベル:20
発動条件PP:5
効果:
竜の如き闘志を発揮するスキル。
守護霊獣を強化し、Lv10以下の敵スキルにより受けた状態異常を解除する。
また、これ以降に受けるLv10以下の敵スキルによる状態異常は無効になる。
攻撃力と速さも長時間、大きく上がる。
また通常攻撃でもLv10の攻撃スキル相当のダメージを与えられるようになるため、
次のスキル発動のためのインターバルの間にもダメージが期待できる。
このスキルの使用後に一度だけ、超高速の直線移動が可能。

スクランブルバーン
レベル:20
発動条件PP:4
効果:
守護霊獣が炎を纏い高速で移動、敵に直線の体当たりを喰らわせる技。
強力だが反動が大きく、攻撃後に自身がマヒしてしまう。
3回まで直角に曲がることが可能で、曲がるほど火力が上がる。

このスキルを使用するとPPが1減る。


○プロミネアスのアイテム一覧
亜竜-フレアトカゲ
レベル:15
種別:特殊
発動条件PP:3
効果:
守護精霊の一体。
人よりも一回り小さい二足歩行のトカゲ。
言語を理解できないが敵味方の区別はつく。
鋭い鎌のような腕を持ち、機動力に優れている。
回避力もなかなかで直線的な攻撃ではなかなか捉えられない。
ただし、打たれ弱い。

使用時効果:
攻撃力と耐久力を上げ、戦闘モードに移行する。
この状態のフレアトカゲがバフを受けると追加で鎌のような腕に炎の力が宿り、
攻撃力が増加するようになる。
また通常攻撃でもLv1相当のスキルと同等の攻撃力を発揮するようになる。

このアイテムを使用するとPPが1減る。

また赤の守護霊獣の特徴として、他の属性のスキルの使用が苦手で
PP2以上の他の属性のスキルを使用するとスタンする。
このスタンは無効化されず、スキルやアイテムの効果では回復しない。

炎竜-ミニドラ
レベル:15
種別:特殊
発動条件PP:3
効果:
守護霊獣の一種。
小さな炎を吐く小さなドラゴンの子ども。
腕白で食いしん坊。
小さいながらも腕力はなかなかのもの。

使用時効果:
自身の周囲に炎の防御壁を貼る。
水には弱いが、光や雷に強い。

この効果を使用するとPPが1増える。

また赤の守護霊獣の特徴として、他の属性のスキルの使用が苦手で
PP2以上の他の属性のスキルを使用するとスタンする。
このスタンは無効化されず、スキルやアイテムの効果では回復しない。

アクアリウムのアイテム/スキル一覧
○アクアリウムのスキル一覧

アクアバインド
レベル:5
発動条件PP:1
効果:
リライザーの視界内の敵を水の輪が拘束する。
水の輪は持続時間が短く、拘束力も弱いため、
敵から距離を取る。攻撃を回避する、
といった時間を稼ぐ使い方がメインになる。

このスキルを使用するとPPが1増える。

アイスレーザー
レベル:10
発動条件PP:2
効果:
氷のレーザーを守護霊獣の正面から放つ。
ダメージはそれほどではないが、
少しの間、敵を凍り付かせ動きを封じる効果がある。
炎を纏っている相手などには効果が少し薄くなり、
動きを封じる力が下がるものの、
エメラーダの動植物などには反対に効果が高まる。

このスキルを使用するとPPが1増える。

バブルキャノン
レベル:15
発動条件PP:3
効果:
守護霊獣あるいは術者の正面から大きな水の塊を打ち出すスキル。
水塊自体にも攻撃力があるが、
着弾すると周囲に泡をバラまき、
泡は僅かな時間経過で小さな爆発を起こす。
エメラーダに対しては効果が薄い。

このスキルを使用するとPPが1増える。


ウォーターウォール
レベル:20
発動条件PP:2
効果:
水の壁を術者の視界内レンジLに出現させるスキル。
壁は敵の攻撃を防ぐ防護壁になるほか、バリアのような形で守護霊獣にまとわりつかせることも可能。
バリアの形状では透明な膜であるが、。
壁の状態では不透明なため、目隠しにも使用できる。

このスキルを使用するとPPが1増える。

アクアエージェント
レベル:20
発動条件PP:3
効果:
術者の簡単な命令を聞く水人形型のトークンを守護霊獣の近くに2体生成する。
攻撃力や運動能力全般が高い。
ただし首や胴体に攻撃を受けるなどして原型を大きく損なうと消滅してしまう。
炎属性の力と接触すると爆発を起こす性質がある。
また雷を受けると霧散し対消滅するため、
雷に対する防御壁2枚分としても使用可能。


○アクアリウムのアイテム一覧
水獣-コヤマカメ
レベル:15
種別:特殊
発動条件PP:4
効果:
守護霊獣の1体。
体長5mほどのカメ。
戦闘空間ではゆっくりと泳ぐように移動する。
速度はないが、体は頑丈。

使用時効果:
この効果の発動後、ある程度の時間、大波を何回か起こして攻撃する。
また、代わりにボディプレスという強力な攻撃を指示することも可能だが、
動きが鈍いので相手を動けない状態にしない限り、基本的には当たらない。

この効果を使用するとPPが1増える。


水霊-アクリア
レベル:15
種別:特殊
発動条件PP:2
効果:
守護霊獣の1体。
膝のやや上から頭までの身体を持つ女性型の水の精霊。
人間の年齢でいうと19歳程度だが、
落ち着いた性格で判断力に優れている。
防御力は高くないが、スピードはそこそこで小回りが利く

使用時効果:
敵の背後から水がまとわりつき、速度と攻撃力を下げる。
また、今後使用するバブルキャノンの威力を上げる。

このアイテムを使用するとPPを+1する。

エメラーダのアイテム/スキル一覧
○エメラーダのスキル一覧

ブレッシング
レベル:5
発動条件PP:1
効果:
守護霊獣をやや頑丈にする。
PPが3以上のときに使用すると、
さらに追加で最大HPを増やし、少し傷を回復する。

ただし、メインアバターがエメラーダ以外の場合、スタンになりしばらく動けない。
このスタンは無効化されず、スキルやアイテムの効果では回復しない。

このスキルを使用するとPPが2増える。

ヒーリング
レベル:10
発動条件PP:3
効果:
自分の傷を癒す。
PPが7以上のときに使用すると、1回限りだが、
効果が高まり、HPを全回復する。

このスキルを使用するとPPが1増える。

ガイアスマッシュ
レベル:15
発動条件PP:4
効果:
大地の力を込めた大きな拳を召喚し敵を殴りつける技。
威力はそこそこ。
拳が存在するタイプの守護霊獣の場合、
拳を召喚する代わりに守護霊獣の腕に大地の力を込めて
殴りつけることも可能。
その場合、拳が大きいほど威力と範囲が増大する。

このスキルを使用するとPPが1増える。

アースキャノン
レベル:20
発動条件PP:6
効果:
守護霊獣あるいはリライザーの近くに強力な大砲を召喚する。
5回までレンジLLの範囲に無属性の砲撃を放つことが可能。
砲は360°、どの方向にも向けられる。
大砲は一度召喚すればリライザーの意思で発射可能だが、
召喚した場所から動かすことはできない。
また、複数回使用した場合でも大砲は残り続ける。
(二回使用すれば2門の砲で狙うこともできる)

ガーディアン
レベル:20
発動条件PP:6
効果:
強力なな無属性の結界を纏わせ、守護霊獣を守る。
光や炎に対して特に高い防御能力を発揮し、攻撃を遮断する。
結界は一定時間後消滅する。

○エメラーダのアイテム一覧
地霊-ゴーレム
レベル:15
種別:特殊
発動条件PP:6
効果:
守護霊獣の一体。
本来は巨大なゴーレムだが、召喚時にはミニサイズ。
ゴーレムは土と樹の身体で出来ていてそこそこ丈夫。
炎や水に耐性があるが、光や闇には弱いので注意が必要。

使用時効果:
巨大化し、本来のサイズに戻る。
巨体ながらも素早く、防御力も強化されている。
通常攻撃でさえ、Lv15相当のカードに相当するダメージを与えられるようになる。
長時間経過で元のサイズに戻る。
元のサイズに戻ったあとは著しく疲労し、
非常に打たれ弱くなる。

栗食-メープル
レベル:15
種別:特殊
発動条件PP:1 ※11月16日修正
効果:
守護霊獣の一体。
「くりはみ」と読む。
リスの姿の精霊。
言語を話すことはできないが、理解はしているようだ。
ドングリなどを好んで食べる。
通常攻撃では小さな木片を飛ばして攻撃する。

使用時効果:
樹木のツタで繭のようなものを作り防御を固める。
ただし、メインアバターがエメラーダ以外の場合、自身はスタンになりしばらく動けない。
このスタンは無効化されず、スキルやアイテムの効果では回復しない。

この効果を使用するとPPが2増える。

ホワイトスノーのアイテム/スキル一覧
○ホワイトスノーのスキル一覧

ホーリーヴェール
レベル:5
発動条件PP:1
効果:
光の膜で守護霊獣を包み、一定時間、
レベル10以下のスキルによる状態異常を無効にする。
また既に受けたレベル10以下のスキルによる状態異常から回復する。

このスキルを使用するとPPが1増える。


トライレーザー
レベル:10
発動条件PP:1
効果:
三本の細い光のレーザーを守護霊獣の頭上から放つ。
水や火の防御壁については中和する力があり、
レベル5以下程度の防御力であれば、ほとんど無視できる。
また、レベル15以下までなら対消滅が狙える。
三本を集約することでレベル相当の威力になるが、
ばらけさせると威力は大きく落ちるものの
範囲は3本撃つ分広くなる。
打たれ弱いが、すばしっこいタイプには後者が有用。

このスキルを使用するとPPが1増える。


ブライトサンダー
レベル:15
発動条件PP:3
効果:
敵の上空から雷を落とす。
水の防御壁に対しては、電気が分散してしまい
敵の守護霊獣までは届かないことが多いが、
水を霧散させる効果が期待できる。
このスキル単体では敵をマヒさせる力はないものの、
「雷竜-ミニボロス」の使用時効果などで威力が増大していると、
追加で敵をマヒさせる効果を発揮するようになる。
この追加効果はレベル10相当の状態異常スキルと同程度。

このスキルを使用するとPPが1増える。


ホーリーランス
レベル:20
発動条件PP:5
効果:
一定時間、強力な光属性の槍を出現させる。
槍は守護霊獣が持ち、白刃戦を行うことも、投擲で遠くに飛ばすことも可能。
デッキの一番下にある状態のこのスキルを使用する際に、
巨大な光の槍として術者あるいは守護霊獣の頭上に生成され、
かなりの速度で飛ばすことが出来る。
この場合、槍は着弾後に光属性の爆発を起こす。


ホーリーハウリング
レベル:20
発動条件PP:5
効果:
守護霊獣の手や近接武器が光を帯びる。
光はある程度近くにいる敵を引き寄せる力があり、
守護霊獣が直接あるいは武器越しに触れると、相手の内部に強力な光の振動波を炸裂させる。
非常に高い威力を発揮するが、炎や光といった無生物の防御壁には効果が薄く、
威力減衰や対消滅することが多い。
ただし、植物のツタなどの生物的な防御壁に対しては
むしろ防御壁の発動者である守護霊獣へと振動波が伝播する。
内部破壊は巨大な守護霊獣に対してはさらに強力な効果が期待できる。

このスキルを使用するとPPが1増える。


○ホワイトスノーのアイテム一覧
電竜-ミニボロス
レベル:15
種別:特殊
発動条件PP:2
効果:
守護霊獣の一体。
電気を体内に貯蔵できる蛇のようなサイズの竜。
手足を持たない。
気まぐれだが、蛇のように腕や首に巻きついて甘えることもある。
通常攻撃では小さな雷を飛ばす。

使用時効果:
巨大化し、やや小さな竜になる。
手足は生えない。
術者の周囲に電磁バリアを貼る。
電磁バリアはそれなりの防御力があり、
また、素手や金属の武器で触れてくる敵には電撃が走る。
威力はそこそこ。
またこのスキルの使用後かつPPが4以上の間、
電気を放つスキルの威力が増大する。

このアイテムを使用するとPPが1増える。

白猫-キューブ
レベル:15
種別:特殊
発動条件PP:2
効果:
守護霊獣の一体。
きまぐれで昼寝が好き。
通常攻撃の手段は持たないが回避力に優れている。

使用時効果:
自身および術者が味方と認識している存在の傷を癒し、混乱を解除する。
このスキルの使用後は、自身あるいは術者の光を放つスキルの威力が増大する。
2回使用た場合、威力増大効果は重複し、傷の回復力もやや増える。

このアイテムを使用するとPPが1増える。
FAQ
1.先攻や後攻の概念はありますか?
ターン制ではなくリアルタイムでの戦闘なるため、
先攻や後攻の概念はありません。

2.デッキに記載している数字の順番であれば連続でスキルを使用できますか?
デッキの数字はスキルの発動順となりますが、
スキルは他の世界と同様に基本的には連続での発動は出来ず、ある程度のインターバルが必要になります。

3.状態異常で行動できない場合、スキルの発動順はどうなりますか?
また状態異常によって行動できない場合でもスキルの発動順は変わりません。
もしスタンなどで動けない状態になった場合には、敵が2枚目のカードを使用しているが、
自分はまだ1枚目のカードを使用しただけで、2枚目のカードはインターバル中という状況もありえます。

4.通常攻撃とはなんですか?
こちらはスキルを使わない状態での攻撃になります。
スキル発動のインターバル中は通常攻撃でダメージを与えたり、間合いを整えたりという行動が可能です。
こちらはアクションで指定できます。

またスキルには通常攻撃をスキル級の威力にする、というものもあります。