インフォメーション
クリエイティブRPG10周年記念オフィシャルイベント開催!
10周年記念オフィシャルイベント

Illustrator : FBC / saitom / 池上茜 / 透子


開催日:2019年8月17日(土)
募集期間:2019年7月1日(月)~2019年7月31日(水)23時59分


2019年8月17日(土)に、
クリエイティブRPG10周年を記念して、オフィシャルイベントを開催いたします!

★オフィシャルイベントとは?
普段はキャラクタートークや掲示板といったオンライン上で交流されているお客様同士でお会いできます。
こちらでお茶やお菓子をご用意いたしますので、ご来場されたお客様や普段は交流できないクリエイターと歓談をお楽しみいただけます、
※クリエイターはお話する内容によってはお応えできないものもございます。あらかじめご了承ください。

今回は『蒼空のフロンティア』、『三千界のアバター』、『ヒロイックソングス!』の合同オフィシャルイベントとなります。

雰囲気や内容については、過去のオフイベのレポートをご覧ください!

>>クリエイティブRPG合同オフィシャルイベント2019レポート!

>>クリエイティブRPG合同オフィシャルイベントレポート

>>『三千界のアバター』4周年記念オフィシャルイベントレポート

告知
【2019年8月29日】
オフィシャルイベントレポートを更新しました!
クリエイティブRPG10周年記念オフィシャルイベント参加者募集!
クリエイティブRPG10周年記念オフィシャルイベントの概要は以下の通りです。

【開催日時】
2019年8月17日(土)

開始 13:00
終了 16:00

【会場】
東京都内
※会場の詳細は2019年7月31日以降にメールにてお知らせいたします。

【会費】
無料

【来場特典】
(未定)

【イベント内容】
・来場特典
 今回も来場特典がございます。ぜひご来場ください!

・CRPGを振り返る
 CRPGの3作品をプロデューサー、ディレクター陣が振り返っていきます!
 10周年を迎える「蒼空のフロンティア」、ついにシヴァとの決戦に至った「三千界のアバター」、
 レジェンドスターズを終えた「ヒロイックソングス!」シリーズについて、それぞれお話します。

・「蒼フロ」「ヒロうた」の新展開!
 「三千界のアバター」をプラットフォームにして生まれ変わる「蒼空のフロンティア」と、
 新たな展開が始まる「ヒロイックソングス!」ついてお話します。

・これからのCRPG
 三千界のアバターで開始される大型新シリーズと、これからの予定を軽くお話しします。

・質問コーナー
 参加者様から頂いた質問に答えるコーナーです。
 後日質問を募集いたしますのでぜひご応募ください!

※イベント内容は仮のものになります。変更される場合がございますのでご了承下さい。

【参加クリエイター(順不同・敬称略)】(8月5日クリエイター更新)
・ゲームマスター
猫宮烈
常葉ゆら
篠崎砂美
黒羽冴
式条 蒼
灰島懐音
るう
革酎
トヨシロ
泉 楽
砂糖しろくろ
卜部イ蔵
イヴェール
北織 翼
秋みかん
影山リョウガ
有沢楓花

・イラストレーター
i-mixs
藤宮紅尾
楽音
みつきありあ
きりしまなるせ
楠木なっく
モロ蔵※欠席になりました。
空人
田中健一
藤丸あお
白黒橙
夏凛とーご
宮幻ハツ
At@mo
茶座波
明日かける
ぷらた

※参加クリエイターは順次更新されます。お楽しみに!

【参加方法】
事前予約制とさせて頂きます。
受付期間は2019年7月1日より2019年7月31日までとさせて頂きます。
基本的に順次受付をさせて頂きますが、万が一定員を超えて多くのお申込みをいただいた場合は
抽選になる可能性がございます。
※2019年7月31日以降の参加申し込みについても可能な限り対応させていただきますが、
難しい場合もございますのでご了承下さい。


当日の途中入退場は可能です。
なお、来場者プレゼントは当日ご来場いただきましたお客様にプレゼントいたします。

参加を希望される(当日ご用意する名札に掲載する)PCでログインしていただき、
ユーザーサポートの

・「イベント」

宛てに

・「オフィシャルイベント参加希望」

と書いてお送りください。
運営チームからの返信を以て受付とさせて頂きます。
受付のお知らせは、お申込みから10日以内にご連絡させていただきます。

>>『蒼空のフロンティア』ユーザーサポートはコチラ

>>『三千界のアバター』ユーザーサポートはコチラ

>>『ヒロイックソングス!』ユーザーサポートはコチラ

【ご注意】
・参加申込は名札の作成を希望するゲームにログインのうえ、お送りください。
※参加申込をされたゲームのアカウントのMC名の名札を一つ作成し、お渡しいたします。
※「三千界のアバター」から参加申込をされた場合、
 「蒼空のフロンティア」や「ヒロイックソングス!」での参加申込は必要ございません。

・来場者プレゼントにつきましては、
 来場者プレゼントはご来場いただきました全員にプレゼントいたします。

・事前予約をキャンセルされる場合、2019年8月16日までご連絡いただきますようお願いいたします。

クリエイティブRPG合同オフィシャルイベント・イベントレポート!
2019年8月17日(土)に都内で開催されました、
クリエイティブRPG10周年記念オフィシャルイベントのレポートを
ヒロイックソングス!担当のディレクターQがお届けます。

当日は気温が非常に上がり猛暑となりました中、
お越しいただきましたお客様には厚く御礼申し上げます。
・開場
本年は来場者の皆様に

・「蒼空のフロンティア」「三千界のアバター」「ヒロイックソングス!」キービジュアルポストカード14枚セット

をプレゼントさせていただいております!

「蒼空のフロンティア」からは、蒼空のフロンティア、蒼フロReのビジュアル、
「三千界のアバター」からはガイア、テルス、RWO、エデン、アーモリー、ローランドのビジュアル、
「ヒロイックソングス!」からはセブンス、華乱葦原、クロスハーモニクス、オルトアース、芸能界、新章のビジュアルを
大放出させていただいたポストカードセットでした!
・開会式
まずプロデューサーの栗田より挨拶させていただきましたのち
参加クリエイターの皆様をご紹介させていただきました。
今回は13名のイラストレーター、16名のゲームマスターに参加いただいておりました。
・蒼フロ:振り返りと蒼フロReについて
『蒼空のフロンティア』の裏話や、蒼空のフロンティアReについて
プロデューサーの栗田からお話しさせていただきました。

●蒼空のフロンティア
2009年に2019年を舞台にした作品を考えたのが蒼空のフロンティアです。
当時はオンラインゲームのノウハウなく、年末のプレゼントに何の効果もない「サラダ油セット」を贈ってしまうなど試行錯誤の運営でした。
その中でもユーザーの皆様とクリエイターの皆様のおかげでパラミタでの物語を紡ぐことができました。
そしてゲームが展開する中で、PCの皆様やNPC関係性や世界や学校の存在そのものも大きく変化していったと思います。それこそがクリエイティブRPGの醍醐味なのではないかと思っています。
「蒼空のフロンティア」のサイトそのものは今もオープンですので、当時のリアクションやイラストを見返して頂けると幸いです。

●蒼空のフロンティアRe(アールイー)
「蒼空のフロンティア」の本格的な続編は考えておりませんでした。
ただ、蒼空のフロンティアのスタートとなった2019年の世界が実際に訪れた時に、
「蒼空のフロンティア」を再構成して再演するという形であれば、
どなたにも新しく「蒼空のフロンティア」をお楽しみ頂けるのではないかという思い至り、
「蒼空のフロンティアRe」をリリースさせて頂きました。
本格展開は9月から行う新しい「建国の絆」からとなりますので、お楽しみ頂ければ幸いです。
参加者の皆様と新たなシャンバラ建国の物語を紡げればと思っております。
・ヒロウタ:振り返りと新シリーズについて
『ヒロイックソングス!』にて2019年にリリースされたシリーズの裏話や新シリーズについて
担当からお話しさせていただきました。

●レジェンドスターズ(芸能界)
芸能界を担当させていただくにあたって、フィナーレらしくより自由に・派手にライブができるようにスイッチスキルやレジェンドスタイルなど新要素を盛り込みました。
また、グランドシナリオではアンラ・マンユが愛や優しさでフルボッコにされているのを見て、アイドルによるオーバーキルはすごいなと震えました。
心の無い怪物アジ・ダハーカですら、よりによって「愛の力でお前を倒すリング」で倒されたのもとてもヒロイックソングス!らしかったです。(もちろん尻尾を切るなどの決定打が打たれたそれまでの流れもあった結果ですが!)

●新シリーズ
移行後初のシリーズですが、出来る限り今までと変わらないヒロイックソングス!をお届けできればと考えています。
スタイルはアイテムになったりしていますが、これはこれで自由度が上がっている面もあるので色々試してみてください。
特異者や契約者の皆さんのライブも新鮮で、彼らの能力も合わせるとライブの幅もさらに広がったのではないかなと思います。
展開としては、おなじみの各世界のNPC達が引き続き登場します。またぜひ協力や切磋琢磨などしてあげてください。
今のところ怪しいマナPについても、今後の皆さん次第でまたいろいろなことが判明していくでしょう。
・フリートーク
お客様とクリエイターの皆様、運営チームを交えまして思い思いにお話しさせていただきました。
クリエイターの中には同人誌・グッズの頒布を行っている方もいらっしゃいました。
ディレクターQもコミュ障を発揮しつつも何人かのお客様とお話をさせていただきました。
・三千界:振り返りと新シリーズについて
『三千界のアバター』にて2019年にリリースされたシリーズやシナリオの裏話や
新シリーズ「レヴァナント・クロニクル」について式条蒼さんからお話しさせていただきました。

●トライアングル・レゾナンス(アーモリー)
特異者は教導官となり、フェローである武姫たちを指揮して戦うといった
今までの「現地の協力者」であるフェローとは違った関係性を楽しめる内容でした。
新たな試みとして、シミュレーションのような戦場のマップをシナリオガイドに掲載しました。
PCと武姫との掛け合いを楽しんでいただけたら幸いです。

●XFADE(ガイア)
「ギアーズ・オブ・エタニティ」にも少しだけ登場した「モスコヴィア連邦」を舞台としたシリーズです。
異なる四つの視点とルートからのスタート、そして交差する物語。
想定される分岐があまりに多くなったため、フラグ管理がかなり大変でした。
黒幕のアイワス打倒のためのルートもあったものの、そのためには序盤の一、二の間に仕込みを済ませる必要がありました。
とはいえ、首都で黒幕と邂逅するところまで行けただけでもさすがだと思います。
なお、ダンテに関しては完全にサブキャラクターのつもりでしたが、がっつり物語に食い込んだために主要人物に昇格しております。
視点NPCそれぞれでの物語は完結しているので直接の続編の予定はありませんが、ガイア自体はまだ展開できる余地が色々と残っているので、いずれまた何らかの動きはあると思います。

●アンリミテッドヒーローズ(ユーラメリカ)
今年の前半は「海洋皇国ポセイドン編」を展開しました。「Unlimited Heroes~Final~」の結果を受けて派生したシナリオです。
敵組織の幹部が複数おり、幹部同士でも思想の違いから争いがある、幹部とヒーローとの共闘など、
戦隊ものや宇宙刑事シリーズをイメージした造りになっています。
ビューティフル・シュガーこと佐藤花の姉妹を含めて、構想自体は初期の頃からありました。

●オルタナティブ・ウォー(テルス)
第二部で登場したマルグリット・バルティカの祖国であるバルティカ公国の奪還戦と、
ワラセア・パイレーツの討伐シナリオを展開しました。
バルティカ公国は冥王軍から解放されましたか、ガンデッサはワラセアへ逃げてしまいました。
また、ワラセア・パイレーツも暑苦しいトランスヒューマンのインパルス・ジードがいたり、
オリハルコニウム・マグナム弾を放つ謎のメタルキャヴァルリィの存在など、
どうもただのワラセア・パイレーツでは無かったようです。
エーデル・アバルトは大それたことを計画しているようですし、テルスの戦火はまだまだ消えなそうです。

●幻神戦戯(大和)
「大和はまだ潜在的なポテンシャルを秘めている世界」ということで、大和妖奇譚の流れを汲む坂西動乱以来、実に四年ぶりにがっつりと大和に関わらせて頂きました。
大和浄土譚や穢夷の鬼神の流れも取り込み、これまでのシリーズのガイド役が集結したまさに大和の集大成となりました。
担当を引き受けて下さったゲームマスターのお二人もノリノリでリアクションを進めて下さったので、非常に嬉しかったです。
夕凪の正体については実は妖奇譚の時点で考えていましたが、神祇アバターのアイデアもできたことで、シリーズの中で登場させることができました。
ちなみに、展開次第では玄浄と並ぶラスボスになっていました。

●決戦!ワールドホライゾン
「アバターリミット」から続いた一連の展開の総決算であり、三千界のアバターの今後を大きく左右するものとなりました。
三千界統合機関の超越者との直接対決、皆さんの声掛けによって集まったNPC、ウロボロスの再来、さらにはアーモリーで誕生した神格兵器の襲来と、非常に盛沢山の内容でした。
これまでの「三千界のアバター」全体の流れの区切りとなるものでしたが、特異者の冒険はまだまだ続きます。
生き残っている統合機関のNPCたちも、今後も登場することでしょう。常に敵、かどうかはまだ分かりませんが。
ヒロイックソングスや蒼空のフロンティアReの地球とも繋がったので、そちらとの関わりも要注目です。

●スパイラル・エイジ(RWO)
RWOのシリーズ開始時点で「500層のダンジョン潜って、500階の塔を登る」と構想しており、その後半のぼりがスパイラル・エイジでした。
一部を除き、RWOのNPCたちについては全員共通して「RWOが大好き」という共通項がありました。個人としても楽しんでいるオンラインゲームへの愛が感じられればいいなと思いながらやっており、またマスターさんのプライベートシナリオにもRWOらしい世界観を補完して頂いたと感じております。
今後の展開も構想していますが、どういった形になるかなど詳しくは今後の展開をお待ちください。

●レヴァナント・クロニクル(ローランド)
「ギアーズ・オブ・エタニティ」に引き続き、メインビジュアルが岸本真夜さん、世界設定が式条 蒼です。
式条にとっては原点回帰となる「王道の剣と魔法のファンタジー」ですが、今回はアルテラよりもダークな雰囲気が前面に出るようにしました。
これまでの三千界との緩い繋がりはありつつも、一つの独立した世界・シリーズとして、全く三千界のことを知らない人でもここから始められるようになっているかと思います。
公式に「裏アルテラ」と出ていることや、マップがあからさまにロディーナ大陸なので、お察しの通り「ある時点で分岐したアルテラ」となっています。
とはいえ、人の時代が始まってすぐ異なる歴史を辿ってきているので、実質別の世界とお考え下さい。
アルテラで遊んで下さっていた方なら「これは!」となる要素もあるかもしれません。
・質問コーナー
お客様より事前に質問をいただきましてお答えするコーナーを実施いたしました。
時間の都合上、すべてのご質問には答えられませんでしたが、その返答をご紹介します。

Q. 蒼フロReでは各学校専用・優先のシナリオなどはありますか?
A. 現状は「ようこそ我らの学校へ!」のようにパートで学校別に選択するような形で考えていますが、展開によってはあるかも知れません。

Q. 蒼空のフロンティアについて、今だから話せる裏話や思い出話などがあれば聞きたいです。
A.
・企画書の時の仮タイトルは「空の大陸」でした。フェロー第一弾もそこから取っています。
・パラ実の設定だけは最初から超詳細に決まっていました。
・建国の絆の結果、シャンバラが東西に分裂したのですがアクション判定の結果を受けてすごく悩んで
 「少し考えさせてください」といったのですが結局30分で決めました。
・FBCさんが凄い絵を描いてくる時があるのですがリテイクしたら負けだと思ってました。
・TOH.さんは最初の頃ものすごい勢いで納品されていて、その勢いを見て十二星華のイラストをお願いすること決めました。
・最近Reでも発表しました「大怪獣と星槍の巫女」のシナリオガイドを村上収束に渡した時にエメネアの
 「チューしますから」の部分を「女性ユーザーに嫌われる」と言われて「ぶっ〇すぞ」と思いました。
・10年前に今後の世界情勢を踏まえて設定を決めていたら10年後でも古びてないのでびっくりしています。
・戦乱の絆の前期のラストが「蒼空のフロンティア」最終回みたいになってしまい、
 心の中ではドラ〇もんが未来に帰ってしまう話と同じ位置づけでいました。

Q. ヒロイックソングス!シリーズで「芸能力」は具体的にどのように影響するのでしょうか。
A. 同じような行動をした場合は芸能力の差が結果の差となります。ただ、アクション次第で芸能力の差は十分ひっくり返ります。ぜひ自分の好きなアバター・スタイルでライブをしてみてください!

Q. アイドルデビューしたクロシェルとノーマはお揃いのアイドル衣装を着ているのですか?
A. たまたま似ただけです! 並べて初めて気付きました。

Q. 蒼空&三千界のNPCがヒロウタでライブをやるとしたら、どんな感じになりますか?
A. 全能神&さんぜんねこが聖歌庁前で路上ライブとか、ゆる族がライブ会場でバイトしてるなど…。今は独立性を強めていますが、季節イベントでは各タイトル合同でライブなどをやれたらいいなと思っています。

Q. ガイアのシリーズ「Xfade」にアフターシナリオの予定はありますか?
A. アフターシナリオの形をとるかはまだ未定ですが、「Xfade」のNPCと関わることのできるシナリオの予定はあります。

Q. メリッサの苗字は?
A. メリシアーナ・アルテアリス・ラディウス・エテルナ

Q. ゼストから分かれたイド・ネストや、ブランクから分かれたフェルドは小世界扱いになりますか?
A. はい。小世界となります。こうした事例は今後も登場するかも知れません。

Q. テルスで「こんな展開もありえたかも」というネタが知りたいです!
A.
・第一部でエーデル、レーヴェを含めたアバルト家全滅→第二部では、エーデルやレーヴェは介入せず、ドライ率いるプリテンダーとディッカが掌握したアディス・カウンターのオンリーの戦いになる予定でした。
・第二部でレズリー(ウアウ・エーデル)が死亡→キリュウ・ヤスハラがスーパーグラディウス(仮)に乗る予定でした。そのため、キリュウが乗り換えたラプタープラスを含め、グラディウスが2機、PCに配布される予定でした。
・ノルトマルク伯とブレンダム伯→サクスン伯のように、PCに開放する予定がありました。
・ドレッドノート級エアロシップ→第一部のグランドシナリオでは2隻がPCに貸与されました。今後も機会があれば貸与したいと考えていますが、未定です。なお、テルスにはスフィアとワラセアで合わせて7隻のドレッドノート級が存在します。

Q. 何かすごい情報はありませんか!?
A. こちらの画像をご覧ください!


蒼フロRe帽子に超一流Tシャツを合わせる謎の男、仲のよさげなさんぜんねことルミマル、
蒼フロReに登場する公務用ドレス姿の女性、鉱山採掘系アイドルになったアルカの
ラフイラスト、または完成イラストが発表されました。
彼らが今後いつ登場するのかは続報をお待ちください!
・抽選会
来場いただいたお客様にくじ引きで豪華景品が当たる抽選会を実施させていただきました。

イラストレーターの白黒橙さんからは色紙、夏凛とーごさんからはクリアファイル、i-mixsさんからはイラストカードのご提供をいただき、そちらもお客様にプレゼントさせていただきました。


他にも、楽音さん、猫宮烈さんからも飛び入りで景品のご提供をいただき、抽選会はさらに盛り上がりました!
この場を借りて、改めてご協力いただきましたクリエイターの皆様に御礼申し上げます。

・閉会式
今回は時間がいつもより短いこともあり、あっという間に閉会のお時間となりました。
プロデューサー栗田よりご挨拶をさせていただきました。

以上、クリエイティブRPG合同オフィシャルイベントのレポートとなります。
レポートでは伝えきれなかった細かいお話等々ございますので、次回の開催の際にもぜひお越しいただけますとうれしく思います。
プラットフォーム化したクリエイティブRPGはこれからもまだまだ進化してまいります。

『蒼空のフロンティア』、『三千界のアバター』、『ヒロイックソングス!』の各タイトル、
そしてクリエイティブRPGの今後の展開にもぜひご期待いただけますと幸いです。これからも皆様よろしくお願いいたします。