三千界のアバター

ストロベリーフィールズ 後編

リアクション公開中!

ストロベリーフィールズ 後編
リアクション
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last

■プロローグ■

 ――ブランク、ハイドホーム“ストロベリーフィールズ”近郊

 歌唄いの女の子三人組“ストロベリーズ”は、かつての自分達の仲間であり、自分達に「歌と音楽」という生きる糧を与えてくれた恩人であり、そして自分達を創ったストロベリーに戦いを挑もうとしていた。

「……タクミさんたちから連絡があったわ」

 出発間際に、クランベリーのハンドヘルドシンセに、タクミから連絡があった。
 クランベリーたちはタクミたちがコロニーにいたころから親交があり、こうして時々情報の交換などを行っている。
 今後のブランクを左右する、重要な内容だった。

「……ボクたちの答えは決まっているよ」
「とても素晴らしい提案ですね~。協力できないのが残念ですが~」

 ブルーベリーラズベリーは、タクミたちの出した応えに快く賛同した。
 しかし、ストロベリーと事を構える以上、直接協力することは出来ない。

「考え過ぎかもしれないけど、ストロベリーがこの段階で事を起こしたのは、こうなる事を想定していたからかしら……」

 ストロベリーの性格を考えると、それもあながち嘘ではなさそうだ。
 帰ってこられるとして、彼女たちはタクミに協力することはできないだろう。

「大丈夫ですよ~。フィリップとアザミ達を信じてあげましょうよ~」
「……クランベリーは肝心な時信じきれない。でも、今は信じる時」
「……そうか……そうね……信じなければね。そしてみんなで帰ってきましょう、ここに!」

 ラズベリーとブルーベリーに突っ込まれ、くらんべりーは思わず苦笑してしまう。
 改めて自分達の帰る家であるハイドホーム「ストロベリーフィールズ」を見返すと、3人は真顔になって踵を返し、ストロベリーの研究室である工場跡へ向かうのだった。


1ページ プロローグ・目次

【3】ストロベリーフィールズ拡張/アンノウンリージョン探索
2ページ 北東ハイドホーム
3ページ ギガンティックの巣窟
4ページ 北北西の雪原探索
5ページ アンテナ建造物内部
6ページ ハイドホーム充実計画 1
7ページ ハイドホーム充実計画 2
8ページ ハイドホーム充実計画 3
9ページ ハイドホーム充実計画 4
10ページ シェルプロジェクト
11ページ リアン・アルモニー 1
12ページ リアン・アルモニー 2

【2】過去へ向かう
13ページ ネオギガンティックとの攻防 1
14ページ ネオギガンティックとの攻防 2
15ページ 培養装置破壊工作 1
16ページ 培養装置破壊工作 2

【1】ストロベリーを倒す
17ページ 【立ちはだかる軍勢1】
18ページ 【立ちはだかる軍勢2】
19ページ 【立ちはだかる軍勢3】
20ページ 【倒れぬ創造主1】
21ページ 【倒れぬ創造主2】
22ページ 【倒れぬ創造主3】
23ページ 【生まれた「ゆらぎ」1】
24ページ 【生まれた「ゆらぎ」2】
25ページ 【生まれた「ゆらぎ」3】
26ページ 【主が果てる時1】
27ページ 【主が果てる時2】

28ページ エピローグ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last