三千界のアバター

廃墟と化した村と記憶

リアクション公開中!

廃墟と化した村と記憶
リアクション
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8  Next Last

プロローグ 侵入を阻む者

「ユミお姉ちゃん、怖いの?」

 薄気味悪い木々の間をゆっくりと歩いて行く。
 その中で、リリィはユミの真っ青な顔を見上げて聞いた。
 ユミは再び、両手でボロボロになった剣を抱え込む。

「……怖い……」
 なぜ、自分はここにいるのだろうか。
 なぜ、あのワッフルという人はここに(無理矢理)連れてきたのだろうか。
 なぜ、知らない人がこんなにも接してくれるのか。
 ユミの頭の中で、混乱の渦は大きくなるばかりだった。

「…………本当にこの村が」
 自分の生まれた村なのだろうかとつぶやきかけたが、悪寒のようなものを感じ、引っ込めた。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8  Next Last