三千界のアバター

何はなくとも日々幸せ

リアクション公開中!

何はなくとも日々幸せ
リアクション
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last

■訓練場にて


 昼、ブランク、訓練場。

「やあ、みんなで一緒に訓練しよう! きっと面白いよ!」
 『道化の心得』で親しみやすさを纏うサバイバー姿のアクセル・ハートビーツは付近の子供達に声を掛けていた。
「やりたい!」
「面白そう!」
 子供達はすぐに打ち解け、互いに自己紹介をし合った後
「じゃぁ、実戦形式の訓練をしよう! 実戦経験があれば役立ちそうだしね」
 アクセルは訓練を提案。
「俺の必殺技を見せてやる!」
「勝つのはオレだ」
 7歳の二人の少年サバイバーのカガリ・ロウとノスフェラトゥのホクト・ルウが一番に声を上げた。しかも『道化の心得』を持つアクセルを侮っていたり。
 そして
「じゃぁ、始めよう!」
 アクセルは合図を出すと同時に
「よっと」
 ホライゾンホバーボードで飛びつつ『ソリッドアーツ』の立体的な軌道で
「くそぉ」
「当たらない」
 カガリとホクトの攻撃を回避し
「最初は剣で相手をするよ!(ここはちょっと危なっかしいなぁ)」
 短剣の瞬刃・蒼隼を振るい少しでも楽しい訓練にしようと務めつつ飛び回りながら密かに『エマージェンシー』で周囲の危険箇所を探る。
「むぅ!!」
 何とかアクセルの攻撃に耐えたカガリとホクトは
「今度は俺の番だ!」
「見てろよ、オレの本気!」
 すぐに攻撃に転じた。

「やぁぁ!!」
 力任せのホクトの攻撃に
「うわぁっ!!」
 アクセルは派手に吹っ飛ばされ
「いてて……」
 崩れそうな箇所に着地し
「あちゃー、崩しちゃったよ、ゴメンねー?(安心して遊べるように危険なとこは崩したりして少しでも減らさないと)」
 足元が崩れると同時に離れた。
「大丈夫か?」
「怪我ないか?」
 アクセルがわざと攻撃を受けたと知らぬカガリとホクトは本気で心配。
「平気だよ!(次はちょっと、スキをみせてみようかな。弱そうな相手と思って油断すると命取りになるという事を教えてもあげないとこれから先不安だしね)」
 答えてから『道化の心得』により侮られていると知るアクセルは
「あっ!」
 わざと瞬刃・蒼隼を取り落としてみせた。
 途端
「よし、今だ! 俺の必殺技!!」
 カガリがチャンスとばかりに攻撃を仕掛けるも
「……」
 アクセルは回避しつつ懐に隠していた無幻のカードを『ファストドロー』で素早く抜き取り
「はい、チェックメイト」
 カガリの首筋につきつけ
「ダメだよ、敵を侮っちゃあ。実戦での慢心は死に繋がるよ? 楽しみながらも油断なく、ね?」
 助言。
「くそぉ……分かったよ」
 悔しげにしつつもカガリは助言を胸に刻んだ。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last