三千界のアバター

アーキタイプ

【覚醒のアーキタイプ】文明衝突トーナメント―第一回戦―

リアクション執筆中

【覚醒のアーキタイプ】文明衝突トーナメント―第一回戦―
基本情報

マスター:三千界のアバター運営チーム
ワールド:アーキタイプ
参加状況:100  定員:100
 

料金

MC参加:150ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

リアクション公開予定:2017年05月31日
※アクション締切時の参加PC数で正式な公開予定が決定されます。詳しくはこちら

シナリオガイド

最強の文明を決めるトーナメントが今、始まる。

シナリオ名:【覚醒のアーキタイプ】文明衝突トーナメント―第一回戦― / 担当マスター:三千界のアバター運営チーム



暗黒世界アーキタイプ。

他の世界に比べてあまりに広大であり、多くの謎を秘めたこの世界では、
一定以上に発展した文明が世界のシステムによって滅ぼされてきました。

パチャカマク文明圏もその危機に瀕していましたが、
ワールドホライゾンとTRIALは、現地のトレジャーハンター協会と共にシステムとの戦いを乗り越え、
滅亡を防ぐことに成功します。

しかしそれは、あくまで一時的なものに過ぎないのでした――。

■□■


パチャカマク文明圏、ルインの街。

「ついにこの時が来たね……」

トレジャーハンター協会のケチュア会長マタカを介した“アーキタイプの声”から、先に滅びを超えた六つの文明が復活したことを知りました。
TRIALのリサ・グッドマン、ワールドホライゾンの紫藤 明夜の両代表に声を掛け、
いつでも特異者が動けるよう、準備は万全に整えています。

『今ここに、“八大文明”による三千界継承トーナメントの開催を宣言する!』

文明圏同士を戦わせ、最強の文明を選ぶ。
その文明を礎とし、新たな三千界を創造することがシステムの目的のようでした。

復活した文明にはそれぞれ支配者と、“滅亡者”でもある大守護者を擁しています。
それは、以下の通りです。

・第一文明 夏后文明圏
 支配者:北極紫微大帝 
 大守護者:蚩尤

・第二文明 メンフィス文明圏
 支配者:シヌヘ
 大守護者:スフィンクス

・第三文明 ハイパーボリア文明圏
 支配者:アブドル・アルハズラット
 大守護者:アトラク・ナチャ

・第四文明 アビシニア文明圏
 支配者:女王シバ
 大守護者:プレスタージョン

・第五文明 シュメール文明圏
 支配者:ギルガメッシュ
 大守護者:アヌンナキ

・第六文明 カホキア文明圏
 支配者:デサナ
 大守護者:ワキンヤン

・第七文明 パチャカマク文明圏
 支配者:ケチュア
 大守護者:テラコッタ(TRIALによって分解保存中)


「デサナとヨギがいなくなったのは、カホキアにスカウトされたからか。
 ……待ちな。今、『八大』って言ったね? 最後の一つは何なんだい?」

「それは僕を見れば分かるだろう?」

ケチュアの前に現れたのは、田中 全能神でした。

『――ムー文明圏。未だ支配者が健在である事から、滅びを超えたものと判断した』

全能神の事は無視して、システムが言いました。
これにより、

・第八文明 ムー文明圏
 支配者:ラ・ムー
 大守護者:モビ・ディック


が加わったのです。

「僕の力でムーは復活し、ムーの力で僕は肉体を取り戻すことができた。
 だからちょっとだけひいきしてあげないとね」

何も聞いていないのに、全能神はムーに協力することを告げ、去っていきました。

■□■


トーナメント開始にあたり、パチャカマク文明圏以外にも特異者たちが訪れていました。

「ハイパーボリア……そこに、スポーン因子の謎を解く手がかりがある」

フリーデンは名前からゴダムに通ずるものを直感し、ハイパーボリアへ。

「八大文明の頂上決戦か。興奮するねぇ!」

椚 狂介はトーナメントの報に興奮した後、何かに気付いてアビシニア文明圏へ。

そして三バカ最後の一人、鄭国然は――。

「あんたまで行かせやしないよ」

当然のようにパチャカマク文明圏を出て他の文明圏につくつもりでしたが、ケチュアに捕まります。

「皆様に嬲り、罵り、蔑んでもらうためにも……私は行かなくてなりません」

「これでもかい?」

ケチュアがちらつかせたのは、言葉では形容しがたい衣服でした。

「オーパーツ、『奴隷を殺す服』。パチャカマクが勝ち残った暁には、あんたにこいつをくれてやる」

「はい、喜んでお仕え申し上げます!」

掌を返したように、国然はケチュアに絶対の忠誠を誓うのでした。

■□■


その後、代表者による抽選により、一回戦の組み合わせが決まりました。
パチャカマク文明圏の対戦相手は、夏后です。
他の対戦カードは、

・メンフィス対シュメール

・アビシニア対ムー

・ハイパーボリア対カホキア

となりました。

「初っ端から厄介な相手とぶつかったね」

ケチュアは顔を歪めました。
夏后文明圏はアーキタイプ最初の文明とも言われる古豪です。
その支配者である北極紫微大帝がルインの街へやってきました。
大帝の傍らには、昭烈帝の姿がありました。
彼女は界賊ピリー・レイスの手引きで、アーキタイプへ至ったのです。
※クエスト「ルネッサンス千国」参照。

「では、勝負の方式を発表する」

マタカがシステムから伝えられた勝負方式を発表しました。

それは「借り物競争」です。
ルールは至ってシンプルで、
「石板に書かれたオーパーツを手に入れて、先にルインの街に戻ってきた方の勝利」
というものです。

「石板はここにある。
 記されているオーパーツは全部で五つで、パチャカマクのどこかのポイントに“必ず存在する”。
 石板の内容に一致するものを持ってくるがいい」

「ルールはそれだけかい?」

「ああ。伝わってきたのはこれだけだ」

「つまり、勝負はもうここから始まっている――その解釈でよいか?」

北極紫微大帝の言葉にマタカが頷きました。

「ならば、先に死んで頂きましょうっ!」

と、国然があからさまに北極紫微大帝に特攻をかましました。
マタカが言ったことが全てなら、対戦相手の妨害や殺害も自由です。

「ドレッシング極星拳!」

「ンギモヂィッ!!」

国然はあっさりと大帝に殴られて吹き飛び、嬉しそうな声をあげながら四散しました。

「拳法型のクロークってわけかい。
 だがいくら秘拳だからって、きれいに一センチ角に砕け散るのはおかしくないかい?」

(ドレッシングクラッシャブル。
 大きなダメージを受けると体が四散するようになっております。

 ――もちろん、その痛みは全て味わえる♪)

「パチャカマクで最も堅牢な“盾”である鄭国然。極星がその程度見抜けぬと思うてか。
 貴様は再び我が拳を味わおうと体を合一しようとする。

 ――だが」

(に、肉片が離れていく!)

「お前の意志とは裏腹に体は遠のく。これで貴様は無効化された」

国然の肉片は散り散りになったまま、風に吹かれてしまいました。

こうして、パチャカマクと夏后の戦いが始まったのです。

■□■


一方その頃。

「――我が偉大なる空の神々がッ!!」

シュメール文明圏の大守護者アヌンナキは四方から大ダメージを受け、破壊されました。

「ラストミステリー・パーフェクト。
 ――ケチュア、お前がたどり着けていないトレジャーハンターの神髄だ」

アヌンナキの残骸を見下ろし、シヌヘは呟きました。

パチャカマクが今まさに勝負をしようとしていた最中、
メンフィス文明圏はシュメール文明圏に圧勝していたのです。

「それにしても……あんた突っ立ってるだけだったね」

「超越者サマだっけ? 高見の見物とは、いいご身分じゃない。
 ご主人様も、よく迎え入れたものね」

スフィンクスのアクリャであるアイシストトメスが、
地上にいる褐色の男に目を遣りました。
超越者の一人、アヌビスです。

「俺は俺の目的を果たす。それだけだ」

彼はシヴァの命を受け、シュメール文明圏を訪れていたのでした。


担当マスターより

▼担当マスター:三千界のアバター運営チーム

マスターコメント

「覚醒のアーキタイプ」、新章突入です!
暗黒世界アーキタイプのトリガーシナリオ「文明衝突トーナメント―第一回戦―」をお送りします。

アクション締切が4月30日の10:30までとなっており、
通常のトリガーシナリオよりも長めとなっています。

本シナリオはグランドシナリオ『覚醒のアーキタイプ~完結編~』の後の話となり、関連クエストとして、
第23話「文明が復活する時」
第24話「スカウト」
が公開されています。

また、当シナリオの関連クエストも公開されます。

以下、注意事項となります。

★アバター死亡/停止
本シナリオでは、難易度を鑑みず無茶な行動をしたとき、勝てない敵と戦ったときなど特異者が死亡する、
あるいはアバターが機能停止に陥るケースがあります。
そうなった場合、一定期間アバターチェンジできなくなります。
ただ、アバターが死亡したことで別のアバターで再度参加したとしても、
過去の功績などが消えることはありません。
死亡の場合は「死んだと思っていたが、実は生きていた」扱いとなります。

●功績称号について
過去のアーキタイプのトリガーシナリオと同じく、功績称号が発行されます。

各パートにおいてトレジャーハンター協会から見て功績とみなされる行動をしたPCには
功績称号が発行されます。
称号発行者についてはリアクションで発表させて頂きます。
功績称号はその内容に応じて、ステータス上昇効果が存在します。

●守護者の交換について
2017年4月21日より、アクリャと守護者の交換が期間限定で復活する予定です。
守護者を手に入れていない方は、この機に守護者を入手して下さい。



●基本的な状況

パチャカマク文明圏はワールドホライゾンとTRIALの協力もあり、滅亡を防ぐことに成功しました。
しかしそれは、「三千界の礎」となる資格を得たに過ぎず、
アーキタイプのシステムはかつて同様に滅びを乗り越えた文明を蘇らせ、争わせることによって、
最もそれに相応しい文明を決めようとしています。

一年近い時間をかけ、かつて栄華を誇った六つの文明は復活。
それにパチャカマク文明圏とムー文明圏を合わせた八大文明によるトーナメント形式の、

・三千界継承トーナメント

が行われる事となりました。
なお、特異者たちの間では「文明衝突トーナメント」と呼ばれています。

パチャカマク文明圏の対戦相手は古代中国を彷彿とさせる夏后文明圏ですが、
対戦種目である借り物競争のフィールドはパチャカマクであるため、
地の利はパチャカマク文明圏側にあります。
また、ルインの街は米軍のポストヒューマン部隊が警備を行っています。


■各パートについて
アクションパート別の注意事項は以下のようになります。
アクションパートを跨いだアクション、グループアクションはダブルアクションとなり不採用となる場合がございます。ご注意ください。

オーパーツは各パートに一つずつ存在します。
最終的に獲得数の多かった方の文明圏が勝利となります。

石板の内容は、以下の通りです。

最も高き場所に翼を、最も深き場所に心臓を。
その身は空を漂い、両の足は大地に屹立せん。
伸ばした腕は、光へ通ず。


どうやら全部集めることで、何らかの意味があるもののようです。
また、それぞれのオーパーツは人間が一人で持てるサイズではありません。

なお、各パートでは夏后の守護者や代表者と戦う事となります。
彼らは拳法と仙術を融合した“仙闘術”を使う、一筋縄ではいかない相手です。
各パートに記されているのは、特に目立った人物です。

【B14】老いたる峰 難易度:8

「岩壁の巫女」と「大空の守護者ヘルグリューン」が発見された、パチャカマク文明圏の最高峰です。
トレジャーハンターの拠点となるルイン、ライミ、クンカといった町から遠く離れているため、
アクリャと守護者の発見以後は本格的な探索がなされていません。
一時はアーキタイプのシステムの干渉によって無人ヘルグリューンが飛び回っていましたが、
現在は地形の険しさ以外の危険は少なくなっています。
頂には山の大精霊を祀る祠があると言われていますが、未だそこに到達した者はいません。

こちらのパートにはリーゼロッテ・マルセイユが登場します。

また、大守護者蚩尤と北極紫微大帝もこちらに来ます。
蚩尤は「武器による攻撃では傷を負わせることができない」特性を持っているようです。

【C3】蒼穹の島 難易度:7

「蒼穹の巫女」と「蒼穹の守護者サニディン」が発見された浮遊島です。
厳密には、蒼穹の島を含む浮遊島群となります。
砂塵の神殿の北方にある遺跡からゲートが繋がっていますが、飛行できる守護者であれば直接行く事も可能です。
島の遺跡の多くは守護者の格納庫兼補給施設だったのか、
壊れたパーツや守護者のフレームのようなものが安置されています。
一つ一つの島の面積は狭く、守護者が下りて戦うにはやや手狭です。

こちらのパートには叶 勝利とマイアが登場します。
乗機のザフィーアは現在、分解したテラコッタの技術解析のもとで改修が行われている最中のため、
二人とも生身での参戦です。

夏后からは空中戦に特化した守護者「大風」が来ます。

【F6】森人の村 難易度:6

ルインとクンカの間、ワユラの森の目と鼻の先にある小さな村です。
トレジャーハンターたちは危険地帯としてほとんど近づかない場所ですが、その理由は住人にあります。
パチャカマク文明圏には植物が動物の姿に進化した「プラントアニマル」がいますが、
この村の住人は植物が知性を得て進化した「森人」と呼ばれる者たちです。
会話はできますが、その見た目と本能はパペットマスターのそれであり、
彼らの「友好の証」は相手の意思を奪って傀儡にすることです。
危害を加えれば敵と判断して襲ってきますが、
そうでない場合は「友達の誘い」に乗りさえしなければ危険はありません。

なお、このブロックには洞窟があり、その中には何かが納められているようです。
森人たちはそれを「御神体」として崇めています。

こちらのパートにはカルメンシータとリリアナが登場します。
夏后からは花のクロークを持つ女夷という人物が来ます。

【J13】マユ川 難易度:6

「たゆたいの巫女」が沈んでいた、マユ川の中流域です。
マユ川の底には古代の遺物が多数沈んでいるとされており、
トレジャーハンターの中には「宝物庫」と呼ぶ者もいるほどです。
今も熱心に探索が進められていますが、海中を泳ぐ無人守護者や人食い魚の存在により、
底まで辿り着けた者は多くないようです。

ケチュア会長はマタカの片割れと共に、こちらに向かいます。
夏后からは水にまつわるクロークを持つ水母娘娘という人物が来ます。

【M5】南パチャカマク平野 難易度:8

パチャカマク南部の広大な平野の一部です。
かつての文明の残滓と思しき遺構が点在しているものの、
そのほとんどは原型がないただの岩石と化しています。
障害物が非常に少ないため、守護者の戦闘訓練のために用いられる事が多く、
発掘調査はあまり行われていません。

こちらのパートには、レベッカとイダテンが登場します。
レベッカは元米軍の特異者で現在はワールドホライゾンの、
イダテンは三千界管理委員会のエージェントで現在はTRIALの所属です。

夏后からは昭烈帝が向かっています。
ピリー・レイス同様亡霊兵をアーキタイプで召喚する術を得ており、
五虎大将軍を守護者サイズにして挑んできます。
また、ガラの悪そうな青年を伴っており、昭烈帝からは「ジロー君」と呼ばれています。


それでは皆様のご参加をお待ちしております。


【2017年4月20日11:00 追記】守護者の期間限定交換につきまして追記を行いました。

【B14】老いたる峰

8

【C3】蒼穹の島

7

【F6】森人の村

6

【J13】マユ川

6

【M5】南パチャカマク平野

8