三千界のアバター

ユグドラシル

【シグトゥーナ】明けぬ闇の帳/第二話

リアクション公開中!

【シグトゥーナ】明けぬ闇の帳/第二話
基本情報

マスター:九道雷
ワールド:ユグドラシル
 
 

料金

MC参加:150ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2017年05月09日公開!

シナリオガイド

漆黒の世界にて過ごす、色々。

シナリオ名:【シグトゥーナ】明けぬ闇の帳/第二話 / 担当マスター:九道雷



ヘジンとヘグニの話

「何でしょう、何だか身体が重いようなだるいような感じです……」
「あんた今更それ言ってるの!?」
「だって私、今迄こんな感じじゃなかったです……ううっ、私は何故精霊達に笑われているの……?」
「あたしも大爆笑よ」
「ああ、神殿が酷い有様に……どうして誰もいないの……?」
「半分はあんたの豹変ぶりに逃げ出したし、半分はあんたが半死半生にして追いだしたじゃない」
「……言われてみれば何となく憶えているようないないような……み、皆無事に生きてますように……」
「あんたってそのうすらぼんやりしたところを塔の主に付け込まれたんじゃないの」


グルヴェイグとブロウズの話(回想)

「やあ、グルヴェイグじゃないか、久しぶりだな」
「あっ…………ど、どうも……はい」
「折角だ、いい時間だし一緒に飯でもどうだ? 奢るぜ。セイズコナの旅の話を聞かせてくれよ」
「えっ、でもあの……そ、そうですね……でもあの…………」
「どうした?」
「…………あの……、いえ、失礼します」

「……俺嫌われてるのかな?」


ゲヴンとウォデンの話

「ゲヴン、あの連中を放っておくのか」
「はて、どの連中よ」
「あの蛆虫共だ!」
「やれ、気の短きことよ。気に病む程のものでは無いと思うが、蛆虫とて蠢かれれば痒かろうな」
「……ゲヴンは、気が短いのは嫌か?」
「ふむ、われは気が長い方ゆえな。つり合いが取れて丁度よいやもな」
「……ふん」
「ぬしらは好きにするがよかろ。われは面倒よ」
 
担当マスターより

▼担当マスター:九道雷

マスターコメント

 シグトゥーナ第二部二回目のシナリオガイドをお届けします。

 今回は、少し変則的なシナリオとなります。
 今回、一人を除いた全てのNPCは、自ら行動を起こしません。
 皆さんのアクションに対して反応を返すのみ、となります。
 ただし、一人だけ、何らかの行動を起こすNPCがいます。誰が何をするのかはノーヒントです。
 次回以降の展開に関わっています。


 今回のシナリオには、

・フリーシナリオとして自由に行動
・NPCと親睦を深めたり、一回目のリアクションで生じた疑問などに基づいて行動
・どのNPCが何をするのか、その行動を予測して対応する

 という内容で参加できます。
 三番目の『行動するNPCを予測して対応』をする場合のみ、外れてしまった場合の為に、サブアクションをかけることができます。
 ダブルアクションとしては判定しませんが、どちらかのアクションのみがリアクションに描写されます。

■主なNPC■
・グルヴェイグ/外見25歳くらい(女)。セイズコナ。
・ヘジン/15歳くらい(女)。セスルムニルに在するセイズコナ。
・ヘグニ/ものすごく口の悪いアールヴ(女)。
・ブロウズ/25歳くらい(男)。全く見えていないのに見えているとしか思えない凄腕の剣士。
・ゲヴン/外見28際くらい(女)。塔の主。
・ウォデン/外見10歳くらい(男)。ゲヴンと一緒にいる。
・ブリージンガメン/神の使いと呼ばれている。複数存在する。明かりを付けると飛んで来て攻撃する。

■第一話での主な舞台■
・塔/ゲヴンとウォデンの居る場所。吹雪に囲まれ、谷に阻まれているらしい。
・セスルムニル/ヘジンとヘグニのいる神殿。半壊されている。結界に覆われていて敷地内は明るい。
・ヒャズニング/昔神々の武器を鍛えていたという鍛冶師の村だった。明かりが外に漏れないよう、地下で行き来している。
・最初の町/ゲートが近い。明かりが外に漏れないよう、慎重に生活している。


 また、このシナリオにはローカルルールが存在します。

■ローカルルール1/ステータス
 この世界では現在『塔』の主による精神抑圧により、動作に不自由が生じています。
 こちらに届いたアクションのステータスの全ての数値は半分になるものとして判定します。
 数字を半分にすることで、武装が装備できなくなる等はありません。

■ローカルルール2/ローカルアバター・セイズコナ
 この世界には、セイズコナという巫女が存在します。
 この世界においては稀少な存在で、民の畏敬の対象とされています。
 希望するPCさんは、シグトゥーナにてセイズコナアバターを成長させることができます。
 この世界ではセイズコナは女性が殆どですが、男性がなることもできます。
 メインアバターをユグドラシルアバターに設定した場合に、付属アバターとして、セイズコナとなることができます。
 シナリオ第一部において、言霊レベルが3に到達している人はレベル2から、それ以外の人はレベル1からスタートします。(レベルはこちらで把握していますので、称号を設定する必要は特にありません)
 通常、ユーラメリカのスーパーパワー以外の複数スキルの同時使用はできませんが、セイズコナの魔法は、ユグドラシルのスキルとのみ、同時使用をすることができます。

 取得した魔法一覧は、マスターページより確認することができます。
 リアクション公開後、次回シナリオガイド公開前には更新されます。



※このセイズコナルールは、特にものすごい魔法が使えるようになるわけではありません。
 公式で膨大な量の魔法が存在していますので、むしろそちらを使用する方が有利にアクションを掛けられるという場合もあります。
 小世界シグトゥーナの雰囲気を楽しむ為に、こちらのルールを活用していただければと思います。


 以上の解説をお読みの上、興味がありましたら是非参加をお願いします。
 

フリーシナリオとして自由に行動

1

NPCに関わる

1

NPCの行動に備える

3