三千界のアバター

木漏れ日の中で2

リアクション公開中!

木漏れ日の中で2
基本情報

マスター:春乃ぽこ
ワールド:アルテラ
 
 

料金

MC参加:100ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:不可

スケジュール

2017年05月15日公開!

シナリオガイド

憩いの場の春開き!? 拗ねた妖精と木の実合戦

シナリオ名:木漏れ日の中で2 / 担当マスター:春乃ぽこ



 コルリス王国の北方に広がる森林地帯サルトゥース。

 春風にのせられ花びらが舞う中、数人のセリアンたちがある場所を目指し駆けていきます。

 その中でも尻尾を振り、特に元気なのは犬のセリアンのエルドです。

「憩いの場も久しぶりだな~」

「そうね。ブランコで遊びたいし、ハンモックでお昼寝も捨てがたいわね」

 憩いの場とは崖の下に出来た緑の温かなスペースの事で、大きな木の並木に守られ、魔物たちを心配することなく、のんびり過ごすことが出来る場所です。

 その数百メートル続く並木の先には、この辺り一帯で一番大きな木があり、その周りを囲むように美しい泉があります。

 エルドたちはこの場所を憩いの場と呼び、ハンモックやテーブル、簡単な調理場を作り、寛げるようにしていました。

「よしっ、着いた……あれ?」

 勢いよく憩いの場に飛び込んだエルドでしたが、ピタリと入り口に立ち止まったかと思えば、さっきとは打って変わって、みるみるその耳と尻尾がしゅんと垂れていきます。

「どうしたの? あー……」

 後ろから続く仲間たちも、目の前の憩いの場を見て、エルドの元気がなくなった原因が一瞬にして分かったようでした。

「冬の間全く来れなかったもんね。そういえば天候が荒れた日が何日かあったから……」

 皆で作ったボートやテーブルは壊れており、ハンモックやブランコは跡形もありません。さらに、自慢の石窯も手入れしなければきっと使えないでしょう。

 荒れた憩いの場を皆で呆然と見つめていると、エルドたちの目の前に赤い光が現れ、くるくると回ったかと思えばとふっと消えるではありませんか。


「何、さっきの!?」

 驚くのもつかの間、今度はエルドの叫び声が聞こえてきます。

「いってーーー」

「あはは」

 エルドの足元には潰れた木の実が落ちており、その服には赤い木の実の汁がべっとりとついています。

 振り向くと少女がくすくすと笑っており、エルドたちと目があうと、慌てて再び光になり、くるくると回るとふっと姿を消しました。

「あれは……きっとエラだ!」

「エラ?」

 姿こそ見たことがないものの、エラとは以前エルドが遭遇したイタズラ好きの妖精のようです。

 再びエルド目がけて赤い木の実が勢いよく飛んできます。

「おらぁあ、どうだ!」

 すかさずエルドは足元に落ちていた太めの木の枝を拾い、その飛んできた木の実を打ち返します。

「きゃっ」

 すると、小さな声と共に再びエラが一瞬ではありますが、姿を現しました。その服にもべっとりと赤い汁がついています。

 むくれた顔をしたかと思えば、再び姿を消し、どこからかまたも木の実が飛んできます。

「何度も同じ手は喰らわないぜ!? よっと」

 さらにエルドは、壊れたボートの残骸でしょうか、拾った木の板を盾替わりに次々と飛んでくる木の実を防御していきます。

「俺も反撃開始だっ! 勝負だ、エラ!!」

 右手に木の実、左手に盾となる木の板をもち、エルドはエラこと赤い光を探し、駆けて行きます。

「楽しそうだな、エルド。加勢するぞ?」

「それなら、私はエラちゃんを手伝うわ……!」

 それぞれ、木の実や枝を手にエラとエルドを追いかけていきます。

「なら、僕たちはその間にボートやハンモックを修理しておくよ」

 こうして、数人のセリアンたちが憩いの場の修繕を、エラとエルドたちは木の実合戦を始めました――……。


担当マスターより

▼担当マスター:春乃ぽこ

マスターコメント

お読みいただきありがとうございます!

憩いの場の春開き……のはずが、冬に来られない日が続き、いつの間にか荒れてしまったようです。
また、皆が寄り付かなくなり、憩いの場の妖精エラが拗ねてしまったようです。エラはエルドにいたずらを吹っ掛け、エラとエルドの木の実合戦が始まってしまいました。皆で木の実合戦をし、相手をしてあげるとエラの機嫌も直るかもしれません。
今回のシナリオの目的は憩いの場の修繕、木の実合戦に参加してエラの機嫌を良くするというものになります。

以前の「木漏れ日の中で」の関連話になります。ですが、初めての方にもご参加いただける内容になっておりますので、興味のある方はぜひご参加頂けますと幸いです。

●修理するもの●

・ハンモック
並木の間にお昼寝用にいくつか作られていたハンモックです。
ネットが破れてしまっており、もはや跡形もありません。こちらは一から作り直す必要がありそうです。

・テーブル、イス
皆で食事やお茶、休憩をするために作られていたテーブルやイスです。
テーブルは補強のみで何とかなりそうですが、イスは脚の部分が折れてしまっており、作り直す必要がありそうです。個数も少ないので新たに作ったり、色を塗って可愛くしてみてると良いかもしれません。

・泉のボート
泉を周遊できるように作られていた2人乗りのボートです。
骨組みは残っているようですが、所々板が剥がれ落ちてしまっています。また、オールはどこかへ吹き飛ばされてしまっているようです。修理、補強の必要があります。

・泉のブランコ
泉の真ん中に立つ大木に取り付けられたブランコです。左右に並んで1つずつ、合計2つほどありました。
どちらもロープがちぎれてしまったようで、飛ばされ跡形もなく消えてしまっています。一からの作り直しが必要かもしれません。

・石窯と簡単な料理スペース
料理が出来るように作られた石窯です。
大きな壊れは見当たりませんが、枯れ葉等で埋もれてしまっています。掃除をしたり、手を加えてより使いやすくするのも良いかもしれません。


●木の実合戦について●

エラとエルドはそれぞれ憩いの場に落ちていた木の実を約100個ほど確保しています。チームごとに互いの実が無くなるまで戦い続け、最後により赤く汚れていたチームが負けとなります。
憩いの場に落ちている板や木の枝を攻防に使って頂いても構いません。ですが、枝は投げられた木の実を打ち返すこと以外の使用はできません。板もまた、盾替わりの防御以外に使うことは出来ません。

攻撃……木の実を投げる、投げられた木の実を打ち返す

防御……避ける、隠れる、木の板を盾替わりに防ぐ

になります。憩いの場に落ちている木の板はテーブルやボートの残骸になりますので、あまり大きなものはありません。頭2個分くらいの大きさの盾として使えると思って下さい。

こちらの木の実は大きさや見た目はトマト、味と匂いは苺に近い、憩いの場特有の木の実になります。ぶつけられた時に少しの痛みを感じるかもしれませんが、怪我をする恐れはありません。強度は何かにぶつかれば簡単に潰れる程度だと思って下さい。ですので、一度使用した木の実を再度使うことは出来ません。

攻防に使用できるのは木の枝、木の板、木の実のみになります。剣を使って木の実を全て斬る、スキルで木の実を吹き飛ばす、シールドで木の実から自身や仲間を守る等の行為は禁止とします。回避や作戦、仲間との意思疎通でのスキル使用は可能としますが、必ず攻防は上記で記した行為のみでお願い致します。攻撃と同時のスキル使用、投げる威力を増す、等も禁止とします。

合戦のエリアは憩いの場の左右数百メートル続く並木になります。

泉の付近では他のセリアンたちがボートなどの修理を行っているため、それより向こうは侵入禁止になります。合戦参加者以外に木の実をぶつけないようにご注意ください。

●エラについて●

エラはこの憩いの場を守る妖精です。まだ完全に心を許しているわけではないため、気持ちが高ぶっている時にしか姿を現しません。今回の木の実合戦で仲良くなれば、姿を完全に見せてくれるかもしれません。

いたずらっ子で寂しがり屋

一定期間であれば姿を消す、光になることはできますが、実体が消えているわけではありません。木の実をぶつけた瞬間は必ず姿を現します。
また、まだ心を許しきっていないようなので、エラからチームの人に話しかけることはありません。ですが、話しかけられたことに対する応答は光や動きで表します。少しコミュニケーションは取りにくいですが、エラはこの憩いの場に住んでいるので地の利があります。仲良くなると裏道等を教えてくれるかもしれません。

●エルドについて●

どこか憎めない犬のセリアン。憩いの場の最初の発見者になります。感情がすぐ顔や耳、尻尾に現れ分かりやすいです。

いたずらっ子でとても人懐っこい

とても勘が良く、攻守ともに優秀です。体力や瞬発力もあり、誰とでもすぐに仲良くなれるのでコミュニケーションを取りながら共に戦う事ができます。ただ、頭脳戦に弱く何も考えずに突っ走る所があります。


ぜひ、セリアンたちの修繕作業の手伝い、エラとエルドの木の実合戦のサポートをよろしくお願い致します!

エラチームとして木の実合戦に参加する

1

エルドチームとして木の実合戦に参加する

1

セリアンたちと憩いの場を修繕していく

1