三千界のアバター

ワンダーランド

いたずらウサギとチョコレート

リアクション公開中!

いたずらウサギとチョコレート
基本情報

マスター:夕季 麗野
ワールド:ワンダーランド
 
 

料金

MC参加:100ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2017年03月07日公開!

シナリオガイド

ウサギが盗んだ恋のチョコをジャバウォックの森から探せ!

シナリオ名:いたずらウサギとチョコレート / 担当マスター:夕季 麗野



 ――ワンダーランド。
 とある名も無き小さな街に、リーザという名の少女が住んでいました。

「明日こそ、カイダーにこのチョコレートを渡して告白して見せるわ」
 
 実は、リーザは街の地主の息子・カイダーに恋(?)をしていて、いよいよ告白を! と考えているところです。
 カイダーは、文武両道でルックスも上等と女性人気は抜群ですが、性格はナルシストでサディスト。
 人として、大いに難がありました。
 しかし、リーザにとって重要なのは、カイダーの性格ではありません。
 
「やっぱり、お金よ。男は金だわ。カイダーの財力があれば、家の家計は救われるのよ!」

 リーザは幼い頃母を病気で亡くして以来、売れない画家をしている父親と二人暮らしです。
 父の絵は殆ど家計の足しにならない為、リーザが牛の乳を売ったり編み物をしたり、
 その他掃除婦のアルバイトをするなどして、なんとか生活をしていました。
 リーザは今の境遇にはウンザリしていて、何がなんでも家を助けてくれる(資金を持った)恋人が欲しくなったのです。

 しかし、派手好きのカイダーに贈り物をしようと思っても、家計が苦しいリーザが用意できたのは手作りのチョコレート一切れだけ。
 もうこのチョコレートに、全てを託すしかありません。
 幸い、リーザは柔らかい金の髪に美しいブルー・サファイアの瞳を持っています。
 外見だけなら、他の街娘にも引けは取らないでしょう。

 ***

「なんだって!? あの変態カイダーに告白するだって?」
「そうよ! もう我が家の貧乏を救えるのはカイダーしかいないわ」
「そんな……君は、金の為に好きでもない男と……」

 しかし、リーザが告白すると知った幼馴染のクルトは気が気ではありません。
 クルトはリーザとは幼い頃よりの付き合い。密かに彼女に憧れているのです。

「リーザ、考え直してよ。カイダーなんかと一緒になったら、君は一生家畜扱い。毎日罵られるぞ」
「そんなの平気よ。お金さえあればね!」

 クルトはなんとかリーザを説得しようとしますが、リーザはお金に目が眩んでいるので無理でした。
(確かに、僕は貧乏だ。カイダーより身長も低いし、色々と劣る。でもリーザを想う気持ちなら絶対負けないのに)

 クルトは、リーザを止める為にある罠をしかけます。
 それは、可愛がっているペットのウサギ『キャンディ』に、リーザが用意したチョコレートを盗ませる作戦です。
 翌朝にはリーザはカイダーの元へ行ってしまいますから、夜の内にキャンディをリーザの家に放ったクルト。
 しかし、それが波乱の一日の幕開けとなるのです――。

担当マスターより

▼担当マスター:夕季 麗野

マスターコメント

 皆様こんにちは、夕季 麗野です。
 ガイドのご閲覧、ありがとうございます。
 今回も事件解決に向けてのお力添え、どうぞよろしくお願い致します!

 本シナリオで皆様が取った行動により、リーザとクルト、そしてカイダーの恋の展開やお話の結末が変わります。
 下記サンプルアクションの説明をご覧の上、ご自身の行動を決めていただければと思います。

①クルトのウサギ・キャンディを捕まえる【夜】 難度:2
 
 クルトの可愛がっているウサギ・『キャンディ』は、背中に括りつけられた小さなリュックにリーザのチョコレートを入れたまま、
 街外れの深い森へと逃げてしまいました。
 キャンディは非常に賢く、何故か人の言葉を理解する能力があるようです。
 広い森の中を闇雲に探すより、キャンディをおびき出す作戦が有効かもしれません。
 また、キャンディはウサギなのにも関わらずお菓子が好きです。
 甘いもので罠を仕掛けるのも有効ですが、人の気配に敏感なので気をつけてください。

 森の中には、他にも小動物が存在しています。
 キャンディに良く似た甘い物好きのウサギも生息しているため、間違えないようにしましょう。
 キャンディはマシュマロのように白く、左耳にはクルトがつけたピンクのリボンをつけています。
 そして、気に入らない相手には足ダン攻撃や、脚力を生かしたとび蹴りを喰らわせてきます。
 地味に痛いので気をつけて下さい。 

 ※キャンディはジャバウォック化しません。

 ②森のジャバウォックと戦う【夜】 難度:3
 
 注意したいのは、森の中にはジャバウォックが複数ウロウロしているという事です。
 狼のように素早く動き、鋭い爪と牙で獲物を狩る凶暴なジャバウォックです。
 もしもジャバウォックに見つかれば、ウサギのキャンディはチョコレートごとジャバウォックに食べられてしまう事に……。 
 特異者の皆様にはこのジャバウォックたちを退治していただく必要があります。
 取り囲まれないよう、各個撃破が望ましいです。
 一度背中を見せると勢いよく噛み付いてきますので、その点にも注意して下さい。

 ③リーザに協力する【夜】 難度:1
 リーザは十七歳で、これまで一度も誰かに告白した事がありません。
 そのため、どのようにカイダーに告白すればよいか分からないようです。
 リーザに恋愛の手ほどきをしていただく、
 若しくはチョコレート以外のプレゼントや料理を一緒に作っていただける方がいてくれると心強いです。
 衣装やメイクのサポート・または会話など、出来る範囲で構いませんのでリーザに力を貸してあげて下さい。
 
 
 ④クルトに協力する【夜】難度:1
 クルトはリーザが彼に告白しないよう、なんとか阻止したいと思っているようです。
 クルトに知恵を貸していただけるのなら、もしかしたらリーザに正式に告白する勇気を持てるかもしれません。

 ※リーザ、クルト、カイダーはジャバウォック化しません。

 
 それでは、皆様のご参加お待ちしております!

NPC紹介

・リーザ
 明るく逞しい十七歳の少女。着古したワンピース姿だが、黙っていれば可憐。
 お金の為だけにカイダーに告白しようとしているが、そこに彼への恋はないらしい。
 幼馴染のクルトとは何でも打ち解けて話せる関係。

・カイダー
 二十歳。街の地主の長男。黙っていれば絶世の美男子。
 文武両道で全てにおいて完璧だが、ナルシストが入った超絶ドS。人として残念。
 自分に群がる女性は、自分より美しいかそうでないかで判断している。
 
・クルト
 十八歳の平凡な青年。リーザと同じく貧しい家の生まれ。気弱だがリーザへの愛は人一倍あるらしい。
 普段は物静かなタイプだが、時々突拍子も無い行動を取る事も。
 何故か動物たちの言葉を理解できる能力がある。

クルトのウサギ・キャンディを捕まえる【夜】

2

森のジャバウォックと戦う【夜】

3

リーザに協力する【夜】

1

クルトに協力する【夜】

1