三千界のアバター

神多品学園都市

神多品 障害物マラソン大会!

リアクション公開中!

神多品 障害物マラソン大会!
基本情報

マスター:attima
ワールド:神多品学園都市
 
 

料金

MC参加:100ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2017年03月01日公開!

シナリオガイド

一風変わったマラソン大会開催。優勝者は誰だ!?

シナリオ名:神多品 障害物マラソン大会! / 担当マスター:attima



リージョンユニバースのとある日ー……

「うぅ~~っ、寒い~~!!最近寒すぎ……」
首に巻いたマフラーへ顎を埋めるようにして、小走りに下駄箱へと駆けこんできたのは、ショートボブの女子生徒、沢木 杏珠(さわき あんじゅ)。

「本当、嫌んなるよねぇ~……この寒さのせいで女子生徒たちはスカートの中に短パンとか着込んでくれちゃうしさ」
杏珠を追うようにして下駄箱へとやって来た男子生徒、樽井 咲哉(たるい さくや)が大袈裟にため息をつきました。

「あんたは……そんなことしか頭にないワケ」
「仕方ないじゃん? 健全な年頃男なんだからさ、なぁ?姜くん?」
「え!? い、いや……俺は……別に」
たまたま居合わせたばかりに突然話に巻き込まれて困惑する大河 姜(おおかわ きょう)の反応を気にする様子も無く、咲哉は言葉を続けます。
「なんつーか、こう……女子も開放的になっちゃいそうな熱い行事でもないもんかねぇ」
「そんな都合のいい行事、あるわけが……」
「熱い行事なら、あるぞ」
杏珠の言葉を遮るように上から振って来た低い声。
振り向くより前に、杏珠の顔が面倒そうに歪みます。その理由はー……
「兄貴、また何か面倒なことを企んでるんだろ?」

言いながら杏珠が振り返ると、そこに立っていたのは教師であり、杏珠の兄である沢木 劉(さわき りゅう)。

「人聞きの悪いことを言うな。俺はただ教師として……生徒たちの才能を伸ばせるチャンスがあれば逃したくないと考えているだけだ」

「センセ、それでその……熱い行事って?」
興味深々、といった様子で杏珠と劉の間に割り込む咲哉でしたが……

「あぁ、今朝、興味深い話を小耳に挟んでな……なんでも、近々神多品湖周辺で『障害物マラソン大会』なるものが開催されるらしい。そこでその参加者募集の案内を校内にも広めようかと考えている」

「マラソン……マラソンすか……」
その内容を聞き、「期待はずれ」とでも言いたげに咲哉は大きく肩を落としました。
「兄貴の考える熱い行事なんて、そんなもんだよ」
杏珠は呆れたように笑い、咲哉の肩を軽く叩きます。

「当然、お前は参加するだろう? 杏珠。熱くなりたいなら、君たちも参加決定だな」

「お……俺も、ですか!?」
「いや、待って、オレマラソンとか超苦手なんだけど」

「参加手続きはこちらで行っておこう。詳しい案内は後で渡す。
他にも参加を希望する友人がいれば遠慮なく言ってくれ」

困惑する咲哉、姜をしれっと流し、劉は仄かな笑顔を残して踵を返し、さっさとその場を去って行ってしまいました。
呆然とする咲哉、姜。そして「またか……」とげんなりする杏珠。

こうして3人は、こ極寒の中、神多品湖で開催される『障害物マラソン』に参加せざるを得なくなってしまったのでした……

***

その後、リージョンユニバース校内には、劉が掲示した障害物マラソン大会の案内が貼り出され……

熱血代表の男子生徒、梶原 周太(かじわら しゅうた)をはじめ、何人かの参加希望も現れたようです。
校内行事では無いため、当然一般参加も多く、今回は教師である劉自身も参加を予定しているという噂。

さて、その内容は、以下の通りとなります。


『神多品湖・障害物マラソン大会』


 神多品湖周囲で行われるレースです。
 ルールは至ってシンプル。コースを走り抜け、最も早くゴールした物が優勝となります。
 ただし、その名の通り、ただ走るだけではなく……様々な罠、障害物が待ち受けていますので、各自工夫を凝らしてクリアしてください。
 途中には「ワケあり」給水スポットがあります。体力回復・水分補給が出来るかどうかは運次第ですが……上手く活用してください。
 

 
 また、参加者とは別に運営協力者の募集も行われている模様。
 運営協力者の募集内容は以下となります。

 
 
 障害物マラソン大会開催における、運営、盛り上げ役を大募集!

 
 〇雰囲気を盛り上げるためにこちらで衣装を用意しています。(着用は強制ではありません)
 〇用意されている衣装は、メイド、執事、応援団服(長ラン、短ラン、特攻服の3種)です。
 〇当日、各コースにスタンバイしていただき、参加者の応援・給水所での給仕・罠の発動や邪魔、写真撮影をお願いします。
  ただし、応援や邪魔をされる場合、参加者全員に平等に行うことが条件となります。
 〇罠のアイデアの提供も歓迎いたします。
 
 

 
 今回、周太の恋人である笹野実槻、運動は得意ではない真尋メイは運営協力者として参加を考えているようです。 



担当マスターより

▼担当マスター:attima

マスターコメント

神多品学園都市にて、寒さを吹き飛ばすマラソン大会が開催されます。
マラソン、と名がついてはいますが、「走る」に限定する必要はございません。
いくつかのルールはありますが、基本的に自由度は高くなっておりますので、どなたも気軽にご参加下さい。

皆様の個性と工夫の溢れるアクションをお待ちしております。

参加する上でのポイントは以下の通りです。

《走者として参加する場合》

・マラソン大会ですが、各所に障害物が設置されています。現在想定されている障害物は以下の通りです。
 1、道を塞ぐ大岩。
 2、つるつる滑る氷ロード
 3、運営からひたすらボールをぶつけられるゾーン
 4、踏めば爆発。爆竹ロード
 5、パイ投げをしながら走り抜ける、パイ投げゾーン(参加者同士でぶつけ合っていただきます)
 6、食べ終わらないと突破出来ない、ケーキコーナー(直径10センチ程度のホールケーキを1人1つ食べ切っていただきます)
 
 *その他、障害物は予告なく変更、追加される可能性がありますのでご了承ください。

・上位3位までの方には栄えある称号が送られる予定です。

・数キロおきに給水ポイントが設置されています。ただし、給水ポイントに置いてある飲み物・食べ物はロシアンルーレットとなっているため、必ずしも体力回復を測れるとは限りません。(例:スポーツドリンク、ただし3杯だけ激すっぱジュース、など)

・道具の使用は認めますが、乗り物の使用は一切禁止です。(ペットも不可)

・スキルの使用は全て可。ただし、飛行系のスキルの場合は地上から1m以内の高さでの使用限定とします。

・人の邪魔をするのは構いませんが、重症に至る程の事態があった場合、退場とさせていただく場合があります。

・コース内には罠が設置されている可能性もありますので十分ご注意ください。

・数人で協力する、といった参加も可能ですが、順位はあくまで個人に与えられます。


≪運営協力者として参加する場合≫

・誰もが認めるベストショットを撮影した方に称号付与を予定しております。

・メイド服、執事服、応援団服を着用することが出来ますが、持参したコスプレ衣装等も認めます。
 *強制ではありませんので、普段着でも構いません。

・カメラをお持ちで無い方にはポラロイドカメラを貸出しますが、終了時に返却いただきますので壊さない様注意してください。

・運営協力者については乗り物の使用を許可します。事故には十分注意してください。

・給水所でのロシアンルーレット、各所での障害物のお手伝いをお願いしますが、その他オリジナルアイデアでの盛り上げも勿論歓迎いたします。(ただし内容次第では採用が難しい場合もございますのでご了承ください)

・会場での警備、反則者の取り締まりも担っていただけますと助かります。

・運営協力者として、参加者全員に平等に対応してください。知り合い以外を攻撃する、等の行為は禁止です。


今回参加を予定しているNPCについては以下の通りです。

 ◆マラソンに参加◆
   ・梶原 周太(かじわら しゅうた)治安維持部隊所属の熱血馬鹿。体育会系の行事には一先ず参加する。
   ・沢木 杏珠(さわき あんじゅ)教師、劉の妹であり、男勝りなハンサムガール。マラソンは得意。
   ・樽井 咲哉(たるい さくや)女の子大好きなチャラ男。運動はそんなに得意ではないし面倒なので嫌い。
   ・大河 姜(おおかわ きょう)無口で不器用な男子生徒。ガタイが良く力はあるが、スピードには自信が無い。
   ・辻 久司(つじ ひさし)元問題児だが今は「本気で好きになれる人」を探し続ている純粋な男子生徒。自分磨きのために参加。
   ・沢木 劉(さわき りゅう)杏珠の兄であり、リージョンユニバースの教師。常に冷静だが教育に対しては熱血。
   
 ◇運営協力者として参加◇
   ・笹野 実槻(ささの みつき)周太の彼女であり、ヤキモチ焼きな女子生徒。周太の雄姿を撮影しようとカメラ持参で参加。
   ・真尋 メイ(まひろ めい)小悪魔妹系女子。男性陣の活躍を間近で見つつ、応援で人気を集めようと企んでいる。

 *参加NPCは、神多品を舞台としたattimaのシナリオに毎度のように登場しています。
  マスターページにも簡単な紹介がありますのでよろしければご参照ください。 

マラソン大会に参加する

2

大会の運営に協力する

1