三千界のアバター

嘘と悪の救済

リアクション公開中!

嘘と悪の救済
基本情報

マスター:朱坂理樹
ワールド:アルテラ
 
 

料金

MC参加:100ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2017年01月05日公開!

シナリオガイド

自我のなくなったユミを救うため、悪と正義を振るえ!

シナリオ名:嘘と悪の救済 / 担当マスター:朱坂理樹



「ユミお姉ちゃん……」

 声を掛けるリリィの目の前、宿屋のベッド。
 そこには、リリィの声かけに微動だにせず、ただ呆然と虚空を眺めるユミの姿がありました。

 昨夜の事をリリィは思い出します。
 炎を操る女性、アジェスがユミに掛けた魔法。直後、頭を抱えて悲鳴を上げたユミでしたが、
 その悲鳴の後というもの、ユミは途端一切声を出さなくなり、ただ虚空を眺めるようになってしまったのでした。

「……まるで、お人形さんみたい……」
 リリィは悲しそうにつぶやきました。

「ユミ!!」
 突然、激しく扉を開く音と共に、少女が駆け込んできました。
 おもわず「ひゃっ!?」と、リリィは驚嘆の声をあげました。
 その女性は何度も、ユミの体を揺さぶったり、ほっぺを何度も叩いてみたり……と、乱暴に扱うのでリリィは怪訝そうな表情を浮かべて、ユミとその少女の間へ入り込みます。

「あ……」
 少女は頭をかきながら、汗を浮かべながら笑い始めました。
 どうやら、このワッフルという少女は以前、ユミとあったことのある親しい友人のようでした。
 ユミが倒れたという話を聞き駆けつけたらしいです。

「本当に声を掛けても反応すらないのね……そうだ!」
 ワッフルは名案が浮かんだとばかりに、手を小槌のように叩きました。

「悪党を演じれば、正義心の強いユミも元に戻るかも?」
「……あ!」
 ユミの心奥に眠る正義心を起こせば、もしかすれば正気に戻るかも。
 リリィにもそれは納得のいくことでした。

「善は急げ……さ、始めるわよ!」
「うん!」

 ワッフルに連れられてリリィは一緒に街へと飛び出すのでした。
 でも、ふとリリィは思いました。
(何か大事なことを忘れてるような……)

担当マスターより

▼担当マスター:朱坂理樹

マスターコメント

 お久しぶりです、または初めまして。朱坂理樹と申します。
 今回も頑張りますので、よろしくお願いします!

■概要
 さて、今回皆様には2つの依頼が入っています。

 -----------------------------------
   ~悪役のお誘い~
 ユミを助けるために、
 一緒に悪役になりませんか!?
 泥棒、悪戯、なんでもあり!
 上手くやれば報酬がもらえるよ!
 詳しくは、ワッフルまで
 -----------------------------------

 -----------------------------------
   ~悪者退治の依頼~
 「ワッフル様参上」などといった
 落書きや、スカートめくりを行う
 迷惑行為が近頃起こっています。
 これらを止めるため、
 街の警備団結をします。どうぞ
 皆様のお力を貸してください。
 少しくらいならお礼も用意もします。
 -----------------------------------

 なお、この依頼は一般市民にも広がっており。
 街の中は無茶苦茶の模様です。
 悪役になるも、街に秩序を取り戻すも自由! もちろん、その他も可能です。

■悪役について
 さて、街の中は今や、悪役だらけです。
 美味しい話に釣られたのか、モヒカンに木の棒をもった人がうろついたり、世紀末とハロウィンが同時に来ているようです。
 どうぞ、悪役になった方は、好きな格好、好きな悪戯や悪さを仕掛けてください。
 ただし、ワッフルからは「暴力は禁止!」とお達しがきています。
 よほど常識を逸脱したりしない限りは大体の事は成功するかもしれません……。
 ただし、ちょっと腕の立つ一般人ならびに特異者による邪魔が想定されます。
 ※ワッフルやリリィとの行動を行う場合はこちらを選択した方が、成功しやすいです。

■悪者退治について
 一番の目的は、上記の悪役を止める事です。
 ただし、あちらについても同じように一般人、並びに特異者が想定されます。
 また、街には平和主義が根付いているため、過度な暴力行使は止められますのでご注意ください。
 
 ワッフルは基本的に、子供っぽい悪戯をして回っています。(落書きやスカートめくりなど)
 リリィは街の至る所(水道や道)を氷漬けにして街の人々をこまらせているようです。

■今回の目的とユミについて
 今回は、盛り上がれば盛り上がるほど、ユミの意識は回復するのかもしれません……。
 より様々な悪事、また対処を行う事で、ユミの正義心や過去の記憶が呼び起こされるかもしれません。

■簡単な前回のあらすじ
(前作:炎を纏いし悪鬼に襲われた街
 炎に包まれた街や、謎の力に操られた町人達がユミ達を遅う。
 首謀者であるアジェスを倒したユミ達だったが、苦戦しつつも倒す。

 消える間際、アジェスは
「ふふふふ、じゃあ、1つ教えてあげる。貴方は村を1つ消したわ」
 そんな一言と共に、謎の力をユミにかける。
 途端、ユミはその場に崩れ、発狂するのだった。

■各キャラクターについて
~ユミ・ハーマイン~
 まだ14歳になったばかりの小さな女の子です。
 神聖騎士団の凜々しい姿にあこがれており、自分も神聖騎士団になれればと思っているようです。
 街を壊し、殺し、親しかった師匠の友人までを殺した、黒服集団達を追いかけ、旅を続けます。
 しかし、謎の魔法を掛けられ、ユミは頭を抱え、自我を無くしてしまいました。

~リリィ~
(前作登場:氷雪少女と獣達の遊び
 寂しさから、町中を凍りづけにしたことがある。ユミ達と友達になることで落ち着いた。
 家は魔法の一流家系で、氷の魔法を使うのが得意。
 常にピグとパグと呼ばれる4本足の獣を連れ歩いている。

~ワッフル~
(前作登場:乱闘と人さらいの闘技場
 “コルリスの紅き雷”ルキアにあこがれ、兵団に入ることを夢見ている。
 ユミに対して、良きライバルという意識がある。
 性格などは何処かユミとそっくりなところが多々ある。


ワッフルの悪役をうける

2

警備団に立候補する

2

その他

2